無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 葛飾区東立石で令和元年東日本台風による玄関庇屋根の損壊に伴い.....

葛飾区東立石で令和元年東日本台風による玄関庇屋根の損壊に伴い、火災保険を活用し交換施工を行いました

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 葛飾区東立石で、玄関庇に取り付けているポリカーボネート製平板の屋根が、令和元年東日本台風のご被害で亀裂や変形が生じてまったとのご相談をお受け致したのが始まりになります。早速現地調査にお伺いすると、通常長方形で規格サイズの屋根材を使用されてるケースが多いですが、こちらのお宅はオシャレな形状の屋根で、屋根全体が台形で更に支柱が放射線状に巡らされている独特な形状をしておりました。お客様もその辺りをご心配されておりましたが、現地において形状加工しつつ取付させて頂ける事をご説明すると共に、更に台風によるご被害でしたので、火災保険を申請しご活用される事もお勧めさせて頂き、無事保険の方の承認も下りて、弊社で施工させて頂く事となりました。
 葛飾区東立石で、玄関庇に取り付けているポリカーボネート製平板の屋根が、令和元年東日本台風のご被害で亀裂や変形が生じてまったとのご相談をお受け致したのが始まりになります。早速現地調査にお伺いすると、通常長方形で規格サイズの屋根材を使用されてるケースが多いですが、こちらのお宅はオシャレな形状の屋根で、屋根全体が台形で更に支柱が放射線状に巡らされている独特な形状をしておりました。お客様もその辺りをご心配されておりましたが、現地において形状加工しつつ取付させて頂ける事をご説明すると共に、更に台風によるご被害でしたので、火災保険を申請しご活用される事もお勧めさせて頂き、無事保険の方の承認も下りて、弊社で施工させて頂く事となりました。


担当:藤崎


【工事内容】
庇工事
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート
施工期間
1日
築年数
15年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
K様邸
【工事内容】
庇工事
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート
施工期間
1日
築年数
15年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
K様邸
火災保険アイコン台風アイコン庇工事

現地調査において

庇屋根のポリカが損壊

 先ずは点検調査になります。こちらのお宅は建てられてから約15年程のお住まいです。玄関上部に庇屋根が有りますがポリカーボネート製の平板になり、新築時から取り付けられているとの事で、お住まい同様に15年程、年数を経過している状況となります。一見見ると完全に飛ばされている状況では無いのですが、中央部分に大きなひび割れも有り、その他各所に割れが生じていて、台風の衝撃で平板屋根がかなり動いてしまっていた状況が推察されました。この状態ですと水漏れなどの症状に繋がると共に、また次なる強風の際には完全に離脱し飛ばされてしまうと建物などにも大きな被害をもたらす要素となります。原状回復の観点からすれば、当然台風のご被害により発生した事案として、火災保険の適用を受けての修繕工事となる訳です。

ポリカ平板の損傷 亀裂の入った平板屋根

 下部からになると判り易くなります。このような亀裂が各所において大小問わず幾つか見受けられました。

角から割れているポリカ屋根 湾曲変形している平板屋根

 割れ箇所と共に側面から見ると平板屋根が湾曲変形している様子も判ります。このポリカ製屋根は基本的に割れや変形があると新しい部材に交換が必要となりあす。ほとんどの平板屋根に亀裂、或いは変形が有りましたので庇屋根全体の交換工事をご報告申し上げました。尚且つ火災保険の申請の為の書類のご提出の流れと手順もご説明させて頂き、正式に承認を経ていよいよ施工となります。

工事の様子、既存撤去からスタート

支柱の金具を外します 平板を原型のまま外します

 工事の開始は既存のポリカの撤去から始めます。撤去交換の場合、古い屋根材は廃棄となりますので、多少割れてしまっても全く問題ないですが、今回のお宅の庇屋根はデザイン性が高く、独特な形状の屋根となります。支柱が放射線状に広がって、ポリカの1枚1枚が全て形状が異なる事からも、現状の形を維持しつつ丁寧に撤去を行い、それを基に型を取って現地でポリカ屋根を切断加工しながら取り付けて行く必要性が有りました。

ポリカを外した庇屋根 屋根交換に伴い外壁の幕板も外します

 更に平板屋根が外壁に取り付いている場所には外壁の幕板と接合してシーリング処理もなされていたので、この幕板の方も平板屋根と共に一旦外し、幕板の撤去取り付けも必要となりました。

屋根1枚1枚の型を取ります

外した平板屋根 形を壊さずに外します

 このように極力既存の形を維持して撤去致しました。一つとして同じ形状の屋根材は有りません。台形や三角形、或いはかなり変形な形をした部位も有り、この原型を基に型を取って形状加工していく事となります。

既存屋根のかたどり 平板屋根の型取り

 型取りの様子になります。少し大きめのポリカーボネート平板を準備し、そこにそれぞれの現状の屋根材の形に合わせて寸法を取ります。

形状に合わせてポリカを裁断

 その寸法に合わせて裁断していきます。この手法で屋根材を加工して行けば、既存の物と同じ様に取り付ける事が容易に出来る様になります。勿論飛ばされたり、粉々に割れてしまっている様な状況ですと出来ない事ですが、今回は幸いある程度原型を留めている状況でしたので、こう言った処置が取れた次第です。

屋根の取り付け

ポリカ屋根の取り付け ビスで固定し強度維持

 ここまで来れば、後は型を取って裁断したそれぞれの屋根を所定の場所に取り付けて行くだけです。より頑丈に取り付けられる様、新たなビスを使用し強度維持の面も万全にしていきます。

 外した幕板の現状復旧

 それと共に一度外した幕板もしっかり元の場所に戻し、既存と同じ様にポリカ屋根との接合部分の取り合い箇所にシーリングを入れて固定して参りました。

継ぎ目をしっかりシーリング処理

 最後の屋根材を取り付け、更に取り合い処理も終えれば仕上げ完成となります。

ポリカ平板交換工事の完了です

特殊形状屋根の平板交換工事

 屋根の交換工事が完成致しました。新しいポリカ屋根が非常に綺麗に仕上がりました。独特な形状の屋根ですので新しくなると非常にオシャレ感が強く良い感じになったような気がします。新しいポリカですのでその強度も強まったことは勿論ですが、固定したビスも新しい物で取り付けましたので、その辺りの強度も心配ない筈です。私たち街の屋根やんさんでは、折角の工事となりますので、少しでも長く持たせたい、その気持ちで一つ一つの工事に拘って取り組んでおります。

庇屋根のポリカ交換

 上から見ても非常にいい感じに仕上がりました。このように昨年来発生した台風では大小問わず建物へのご被害が発生しております。更にこれからまた台風シーズンともなりますので、皆様にも是非ご参考にして頂ければ幸いです。現状新型コロナウィルスも予断を許さない状況が続いておりますが、引き続きコロナウィルス対策として、マスクの着装、或いはソーシャルディスタンスの確保と言ったところについても徹底しております。屋根工事や補修雨漏り等について、お困りの方がいらっしゃいましたら、お気軽にお声掛け、ご相談下さい。

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

葛飾区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。葛飾区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する葛飾区特設ページはこちら

葛飾区ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

  • 工事種類

    その他の工事

  • 工事種類

    屋根カバー工事, 外壁塗装

  • 工事種類

    棟瓦取り直し 

関連動画をチェック!

庇(霧除け)はあると便利?実は有能な庇の塗装・修理についてプロが解説!【プロが解説!街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

 ちょっと前のお家だと必ずといっていいほど取り付けられている庇、屋根や外壁のようにお手入れの重要性がよく指摘される場所ではないのですが、雨漏りや庇の崩落などの不具合を見てきた経験からやはりメンテナンスは重要です。最近のお家では固定資産税の影響やデザイン性や狭小地等の立地もあって庇を取り付けていないお…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
【最新版】火災保険が適用される屋根修理

【最新版】火災保険が適用される屋根修理

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか? 特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメデ…続きを読む
早めに台風対策!被害を抑える屋根とお住まいのチェックポイント

早めに台風対策!被害を抑える屋根とお住まいのチェックポイント

 毎年、台風の後には屋根修理や雨漏りに関するお問い合わせを多くいただきます。近年では特に台風の大型化が見られ、復旧が間に合っておらずブルーシートで応急処置が施された屋根をいたるところで見かける、ということもあります。 ・台風被害を未然に防ぐために ・台風被害を最小限にするために  こちらのページ…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 「前回の台風で屋根が被害を受けてしまった」  街の屋根やさんでは、季節に関係なく台風によるご相談をいただいております。そして被害を受けた屋根の多くが、シーズン前に点検やメンテナンスを行っていれば未然に被害を防止できたかもしれない例が多いのです。  「こんなことなら台風前にメンテナンスしておけばよ…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

街の屋根やさん東京ではお客様にご安心とご満足いただけるよう10のルールを定めました。スタッフ一同、このルールを厳守し、お客様がご納得されるサービスを提供することを。お約束いたします。…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      街の屋根やさん多摩川
      1. 電話 0120-989-936
        株式会社シェアテック
        1. 〒182-0025
          東京都調布市多摩川3-68-1
          店舗詳細はこちら
      1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

        街の屋根やさん横浜
        1. 電話 0120-989-936
          株式会社シェアテック
          1. 〒222-0033
            神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜 2F
        1. 街の屋根やさん横浜支店のスタッフ

          お問い合わせはこちらから

          あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

           街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

          お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

          このページと共通する工事内容の新着施工事例

          新宿区荒木町にて庇に穴が開いてしまい雨漏りが発生、庇カバー工事にて解消致しました

          【施工内容】

          庇工事

          杉並区高井戸にて、劣化した庇の下地交換工事を行いました

          【施工内容】

          庇工事

          武蔵野市中町で雨漏りで腐食した玄関の庇をアルミ製の庇に交換工事

          【施工内容】

          雨漏り修理、庇工事

          その他の施工事例一覧→

          葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

          葛飾区西亀有にてトップライトから雨漏りが発生していたスレート屋根を屋根葺き替え工事で解消!低価格高耐久のスーパーガルテクト(Sシェイドチャコール)を使用致しました

          【施工内容】

          屋根葺き替え

          江戸川区東小岩にて雨漏りが発生していたセメント瓦屋根を屋根葺き替え工事で解消、アイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)を使用致しました

          【施工内容】

          屋根葺き替え

          江戸川区平井にて強風の影響により割れてしまったベランダ屋根のポリカ波板交換工事を実施

          【施工内容】

          その他の工事

          その他の施工事例一覧→

          屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

          お問い合わせ・資料請求
          • 屋根リフォームの流れ
          • 徹底したお住まい調査
          • 不安ゼロ宣

言
          • 屋根のお役立ち情報
          • 当社のご案内
          • 屋根の資料請求
          点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

          点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

          株式会社シェアテック
          街の屋根やさん東京
          東東京支店
          〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          TEL :0120-989-936 
          E-mail : info@sharetech.co.jp
          多摩川支店
          〒182-0025
          東京都調布市多摩川3-68-1
          Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
          ページトップへ戻る