無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 調布市飛田給で、雹災害に遭ったバルコニーの波板を火災保険で交.....

調布市飛田給で、雹災害に遭ったバルコニーの波板を火災保険で交換工事しました

【施工前】
骨組みだけのバルコニー

【施工後】
ポリカーボネートの波板で張替完了

【お問い合わせのきっかけ】


担当:高田


 調布市飛田給でバルコニーの波板交換工事を行いました。

 2019年のゴールデンウィークに降った雹によって、波板に穴が開いてしまったバルコニー屋根。応急処置として防水テープで養生をしていましたが、今後また割れてしまったりする心配や、見た目も悪いということでお問合せをいただきました。

 知らない方も多いのですが、火災保険に加入していれば雹災として申請をすることで保険で工事できる場合もございます。今回の被害についても申請を行っていただいたところ、無事に審査を通過して保険で工事ができる運びとなりました。B様は火災保険が利用できるとご存じなかったとのことで、大変喜んでおられました。

 もともとは塩化ビニールにガラスネットが入った波板が使用されていましたが、強度に不安もあるため、丈夫なポリカーボネートの波板で交換交換工事を行いました。透明度も高く、以前よりも日差しが入り込む明るいバルコニーに生まれ変わりました。
 調布市飛田給でバルコニーの波板交換工事を行いました。

 2019年のゴールデンウィークに降った雹によって、波板に穴が開いてしまったバルコニー屋根。応急処置として防水テープで養生をしていましたが、今後また割れてしまったりする心配や、見た目も悪いということでお問合せをいただきました。

 知らない方も多いのですが、火災保険に加入していれば雹災として申請をすることで保険で工事できる場合もございます。今回の被害についても申請を行っていただいたところ、無事に審査を通過して保険で工事ができる運びとなりました。B様は火災保険が利用できるとご存じなかったとのことで、大変喜んでおられました。

 もともとは塩化ビニールにガラスネットが入った波板が使用されていましたが、強度に不安もあるため、丈夫なポリカーボネートの波板で交換交換工事を行いました。透明度も高く、以前よりも日差しが入り込む明るいバルコニーに生まれ変わりました。


担当:高田


【工事内容】
その他の工事 バルコニー波板交換
【工事詳細】
使用材料
住友ベークライト P960-32
施工期間
3日間(足場含む)
築年数
30年以上
平米数
5.4㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
調布市B様邸
ハウスメーカーその他
地元工務店
保証年数
保証は付けておりません
【工事内容】
その他の工事 バルコニー波板交換
【工事詳細】
使用材料
住友ベークライト P960-32
施工期間
3日間(足場含む)
築年数
30年以上
平米数
5.4㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
調布市B様邸
ハウスメーカーその他
地元工務店
保証年数
保証は付けておりません
足場アイコン雹災害

雹災害によって穴が開いた波板

雹で穴が開いた波板 雹で穴が開いた波板のアップ

雹災害に遭った波板 雹災害に遭った波板のアップ

 2019年のゴールデンウィークに、関東甲信地方で雹が降ったというニュースがありました。東京でも、府中市の方で最大直径3~4cmもの雹が降りました。今回の事例は、その際の雹で被災し、穴が開いてしまった波板の交換工事をご紹介いたします。

 写真を見ていただくと、いたるところに穴が開いてしまった波板に、防水テープを貼って補強している状態がわかります。もともと取り付けられていた波板は塩化ビニールにガラスネットが入った波板で、塩化ビニールのみのものと比べれば強度がありますが、現在主流のポリカーボネートのものと比べると、経年劣化でひびや割れが生じやすいものです。B様は応急処置として防水テープを貼って凌いでいましたが、再び割れてしまうことや見た目を気にされて今回ご依頼をくださったとのことです。

 経年劣化による割れであれば基本的に工事費用は自己負担となりますが、雹による災害となれば話が変わってきます。もし火災保険にご加入されていれば、火災保険の雹害として申請できる可能性が高くなります。火災保険と聞くと火事による被害への保険というイメージが先行しがちですが、風災や雪害といったような自然災害を広くカバーしているケースが多くなっています。そのため、自然災害による被害でご自宅が被害に遭われた場合は、まず加入の保険会社に問い合わせて保険の対象となるか確認することをおススメいたします。
今回のB様邸の波板も申請したところ承認が下り、火災保険を使って工事ができるようになりました。B様は今回の件で火災保険が使えるとは全く思っていなかったとのことで、大変お喜びでした。

波板を撤去して工事開始

波板撤去後の骨組み

 既存の波板を撤去して、バルコニー屋根を骨組みだけにします。撤去のみであればバルコニーの中から作業が可能ですが、バルコニーの形状によっては取り付け作業に足場が必要となる場合があります。今回の現場は足場が必要な造りであったため、足場を設置しての作業です。足場の設置が必要かどうかの判断基準は、最後に設置する波板の取り付けがバルコニーの中からできるかどうかです。写真を見ていただくと、写真奥側の方であれば、バルコニーの中から脚立で作業ができそうです。そのまま施工を進めて写真の手前まで来たときに、体がバルコニーの外に出てしまいます。外に出た状態では作業ができないため、最後の波板を設置するためだけではございますが、足場を設置して安全に作業を行う必要があるのです。火災保険が適応できる場合、作業に必要な内容として足場の設置も保険の対象となりますのでご安心ください。

使う材料の紹介

シーリング 住友ベークライトの波板

 今回の波板は、波板をフックボルトという金具でバルコニー屋根の骨組みに固定していく造りのものでした。必要な材料はフックボルトと波板ですが、もとの波板が建物の外壁との設置部分でシーリング処理されていたため、同様の施工とするためにシーリング材も準備しました。フックボルトは簡単な造りをしていますが、長さの種類が非常にたくさんあるため、施工する場所に合わせて準備する必要があります。もともとは鉄製のフックボルトが使われていましたが、鉄は雨水などの影響で錆びてしまうため、今回はステンレス製のものを使って耐久性を持たせます。また、波板は現在主流のポリカーボネートのものとし、以前の塩化ビニール製のものよりもより長持ちさせるようにします。

波板をその場で加工して設置していく

カット前のポリカ ポリカをカット

 事前に波板の必要な長さは測定していますが、万が一の時のために波板は少し長めの大きさで準備します。現地で改めて採寸を行い、ちょうどよい長さになるように加工していきます。ポリカーボネートの波板は、このようにすぐに長さ調節などの加工ができる点もメリットです。

波板に穴を開ける 波板に開いた穴

 位置が定まったら電動ドライバーで波板に穴を開けます。この穴に、先ほどのフックボルトを通していきます。間違った場所に開けないように、慎重に位置を選びながら開けていきます。

手でフックボルトを取り付け ハンマーでフックボルトを奥へ入れ込む

 穴あけが終了したらフックボルトを差し込みます。穴の大きさをフックボルトの直径になるべく合うように開けているため、差し込みにくい場合はハンマーなども使って奥に差し込みます。波板に当たったら割れてしまうのではと心配な方もいらっしゃるかもしれませんが、ポリカーボネートは非常に丈夫で、防弾チョッキなどにも使われている素材です。ちょっとやそっとでは割れないため、また雹が降ったとしてももう安心です。

フックボルトを固定 締まったフックボルト

 フックの部分を金具に引っかかるように取り付けて、仕上げに電動ドライバーでフックボルト上部のボルトを締めて固定完了です。締めすぎると波板に負担がかかってしまうため、絶妙な締め具合も職人の技と言えます。

波板と外壁の接地部分をシーリングで防水加工

シーリング加工 コーキング処理

 波板と外壁が接地する部分を、シーリング材で埋めていきます。この作業は現場によって行わない場合もありますが、もともとの波板が同様の加工をしているものであったため、元の状態に合わせて加工することにしました。そもそも接地部分が屋根の真下にあるので、通常の雨などではこの部分に水が入ってくることはないのですが、念のための施工です。あまり目に付く部分ではありませんが、見た目が悪くならないようにしっかりとテープで養生して丁寧に作業します。

波板交換完了

波板交換完了

波板交換完了2 波板交換完了3

 先ほどの作業を繰り返し行うことで、波板の交換が完了しました。仕上げに周辺の掃除をして作業終了です。一つ一つの作業は簡単なように見えますが、取り付けられたフックの数の分だけ先ほどの作業を反復して行っていると考えると、なかなか大変な作業です。もともとの波板よりも透明度の高い波板にすることで、バルコニーに差す日差しがより明るくなりました。また、頑丈なポリカーボネートの波板にしたことで、当分は波板が割れてしまう心配もなくなりました。

2021年10月29日追記

火災保険への申請方法について

 火災保険の申請って難しいのではないかと良くご質問をいただくことがありますが、実はそんなに難しい作業ではございません。まずはご加入中の火災保険会社のお客様センターなどにお電話をしていただき、受付の方に現在の被害状況や、いつの災害によって被災したのかなどを伝えていただきます。被災した当日に即座に電話することは発見も含めて難しい場合があるため、基本的には被災から3年以内であれば申請できるという猶予期間が設けられている保険がほとんどです。3年以内の台風被害なども、諦めずに申請してみることをオススメしています。

 被害状況を保険会社に伝えることができれば、保険会社から火災保険の申請用紙がお手元に送られてきます。おおよそ1週間ほどで届くことが多いです。届いた申請用紙にご契約者様の情報、被害に遭った日時や被害状況を記入すればほぼ必要な作業は終了です。一緒に返送する資料として、被害状況を調査した工事業者の見積と、被害状況の写真を添付すれば申請資料の出来上がりです。それら一式を返送用の封筒に入れて、保険会社に返送すれば手続きは完了となります。

 その後約2週間ほどの期間を経て、保管会社から返事が返ってきます。そのまま申請が通る場合もあれば、被害状況を詳しく確認するために調査機関の方が現地を見に来る場合もあります。調査機関の方が見に来る場合は調査日の調整なども発生するため、長い時では1か月ほどの期間がかかることもあるので、気長な対応となっていきます。私たち街の屋根やさんでは、火災保険に必要な見積もりと被害状況のお写真の作成対応も無料で行っております。無料ではございますが、申請が無事に通った場合には工事のご用命をいただきますようお願いしております。申請についてわからないことや相談したいことがございましたら、お気軽にお問合せくださいませ。

 私たち街の屋根やさんでは、感染拡大中の新型コロナウィルスへの対策も行っております。ご安心してお問合せいただければ幸いです。

 記事内に記載されている金額は2021年10月30日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

工事を行なったB様のご感想をご紹介いたします

B様のアンケート

【工事前】

工事前お客様写真

工事前アンケート

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
ひょうによってベランダの屋根に穴があいた為。
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
インターネット
Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
地元に支店があった為、すぐに連絡しました。
Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
地元だった為
Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
ていねいにチェックして説明してもらえた

【工事後】

工事後アンケート

Q1.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
原状回復できればと思った
Q2.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
していない
Q3.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
説明がわかりやすく地元であるということ
Q4.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
高田さんが全工程に立ち会ってくれたことが良かった
Q5.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
親切でていねいな工事。

B様のアンケートを詳しく見る→

調布市ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

  • 工事種類

    雨樋交換

  • 工事種類

    その他の工事

関連動画をチェック!

火災保険が適用できる?屋根工事・屋根修理【プロが解説!街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

東京の雹災害、火災保険で修理します

東京の雹災害、火災保険で修理します

2021年7月11日、東京23区内から首都圏周辺にかけて雹が降りました。建物に大きな被害をもたらす悪天候が雹です。皆様のお家が雹災に合われても、火災保険に加入しているのであれば、補償の対象となり、無料で修理できます。まずは街の屋根やさんにご相談ください。0120-989-936 …続きを読む
【最新版】火災保険が適用される屋根修理

【最新版】火災保険が適用される屋根修理

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか? 特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメデ…続きを読む
ベランダ・バルコニー屋根の補修・修理にかかる費用は?防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニー屋根の補修・修理にかかる費用は?防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーの屋根は強風や雪・雹などで被害を受けやすい部分です。ベランダ・バルコニー屋根、テラス屋根などの補修や交換も街の屋根やさんにお任せください。 ・台風でベランダ屋根の波板が飛んでしまった方 ・雹被害でベランダ屋根に穴が開いてしまった方 ・修理の機会にもっと強い素材に替えたい方…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      街の屋根やさん東京
      1. 電話 0120-989-936
        株式会社シェアテック
        1. 〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          店舗詳細はこちら
      1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

        街の屋根やさん横浜
        1. 電話 0120-989-936
          株式会社シェアテック
          1. 〒222-0033
            神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜 2F
        1. 街の屋根やさん横浜支店のスタッフ

          お問い合わせはこちらから

          あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

           街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

          お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

          このページと共通する工事内容の新着施工事例

          台東区池之端にて、棟板金補強工事を適正価格で行いました(^_^)/

          【施工内容】

          その他の工事

          江戸川区一之江にて、棟板金補強工事を適正価格で行いました(^^ゞ

          【施工内容】

          その他の工事

          狛江市岩戸南で劣化した波板2カ所をポリカーボネート製の波板に税込み88,000円で張替え工事!

          【施工内容】

          その他の工事

          その他の施工事例一覧→

          調布市と近隣地区の施工事例のご紹介

          小金井市緑町にてスーパーガルテクトを使用して屋根のカバー工事を税込1,400,000円で行わせていただきました!

          【施工内容】

          スレート屋根工事

          調布市下石原にて塗装後の雨漏り発生、屋根の葺き替え工事(税込200万円)で雨漏りを解消いたしました!

          【施工内容】

          スレート屋根工事

          稲城市押立にてスレート屋根の部分葺き替え工事を税込660,000円で行わせていただきました!

          【施工内容】

          スレート屋根工事、屋根葺き替え、スレート屋根葺き替え工事

          その他の施工事例一覧→

          屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

          お問い合わせ・資料請求
          • 屋根リフォームの流れ
          • 徹底したお住まい調査
          • 不安ゼロ宣

言
          • 屋根のお役立ち情報
          • 当社のご案内
          • 屋根の資料請求
          点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

          点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

          株式会社シェアテック
          街の屋根やさん東京
          東東京支店
          〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          TEL :0120-989-936 
          E-mail : info@sharetech.co.jp
          多摩川支店
          〒182-0025
          東京都調布市多摩川3-68-1
          Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
          ページトップへ戻る