無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区北小岩にて強風で棟板金が飛散、交換工事、火災保険の適.....

江戸川区北小岩にて強風で棟板金が飛散、交換工事、火災保険の適用

【施工前】
施工前の屋根状態

【施工後】
施工後の棟板金

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


江戸川区北小岩のお客様からのご相談で、強風により金属の板金が落ちてしまい、残っている板金も外れかかっているかもしれないとの事で交換工事のご相談を承りました。
幸いにもけが人が出ることもなく無事に済んだとの事でしたが、大きな板金が落下してきたのですからさぞ怖い思いをされたかと思います。早速調査に入りましょう。
江戸川区北小岩のお客様からのご相談で、強風により金属の板金が落ちてしまい、残っている板金も外れかかっているかもしれないとの事で交換工事のご相談を承りました。
幸いにもけが人が出ることもなく無事に済んだとの事でしたが、大きな板金が落下してきたのですからさぞ怖い思いをされたかと思います。早速調査に入りましょう。


担当:渡辺


【工事内容】
屋根補修工事
【工事詳細】
使用材料
樹脂製軒板,ガルバリウム鋼板製棟板金
施工期間
2日
築年数
18年
施工金額
20万円
お施主様
N様邸
ハウスメーカーその他
中古住宅購入で不明
保証年数
3年
【工事内容】
屋根補修工事
【工事詳細】
使用材料
樹脂製軒板,ガルバリウム鋼板製棟板金
施工期間
2日
築年数
18年
施工金額
20万円
お施主様
N様邸
ハウスメーカーその他
中古住宅購入で不明
保証年数
3年
台風アイコン

 現場調査の様子

棟板金が飛散してしまった状態 DSC_1586

スレート屋根の場合、屋根の頂部にはスレート屋根材等でカバーすることができません。そこで金属板でできている棟板金を使用し雨水の浸入を防ぎます。棟板金は釘で固定しているので、新築時にはしっかりと固定されていても、長年の風で板金が徐々に揺さぶられ、そのたびに釘が徐々に抜けていき、固定が甘くなっていきます。そこに強風が吹きつけて一気に板金を飛散させてしまうのです。だいたい築10年をすぎたあたりで一度、棟板金の点検を行うと安心でしょう。

 

DSC_1587 板金が剥がれ落ち下地材が露出

飛散せず残った棟板金もやや斜めにずれてしまってるようです。さらに見てみますと、接合部は変形し上にめくれているような個所もありました。
棟板金には非常に高い耐久性をもち錆びにくい性質のガルバリウム(GL)鋼板やステンレスなどが用いられます。しかし外れかかった状態のときに強風に煽られますと、いかに耐久性に優れていても飛散してしまうこともあるのです。やはり定期的なメンテナンスが大切といえます。

お客様のお住まいは今年で築18年目、しばらく屋根のメンテナンスは行ってこなかったとの事で、スレート屋根には全体的にカビや苔が繁殖していました。棟板金にも一部で錆が発生してすまっています。板金が外れてしまった個所は下地材を保護することもできないため、いつ漏水を起こしてしまうかわからない、非常にリスキーな状態といえます。
今回は強風が原因の為の破損との事ですので、火災保険を適用しての補修工事が可能です。この場合は加入している保険会社に速やかに連絡し、必要書類を送付、調査の後問題ないようでしたら補償の返答を頂けます。

 

施工の様子

下地材の撤去 下地材の撤去

飛散したものはもちろん、残った板金も変形してしまった板金は再利用できませんので全て取り外し、交換となります。
雨水などで黒く変色し傷んだ貫板も同様に撤去します。

 

樹脂製下地材 棟と取り合いの微調整

木製貫板のかわりに樹脂製貫板を使用します。木材と違い軽量で腐食することがありません。また耐久性も高く折れたり変形したりしにくいという特徴があります。
施工の様子 

樹脂製貫板の上に新たにガルバリウム鋼板の棟板金を取り付け、ステンレスビスで固定していきます。他の棟板金との継ぎ目にはシーリング材を充填し、雨水の浸入を防ぎます。

 

DSC_2482  交換工事完成

棟の取り合いには、他方から伸びてくる棟との角度を合せて板金を加工し、ピッタリと重なるように加工して敷いていきます。
これで工事は完了です。

 

竣工・樹脂製貫板ガルバリウム鋼板板金交換工事

完工

今回は幸い、棟板金が飛散した後は好天に恵まれた事もあり、雨漏りが起きる前に棟板金交換を行うことができました。雨漏りを伴いますと補修工事の費用も跳ね上がってしまいます。やはり日頃の点検が大切です。
特に台風や地震発生後は目に見えない不具合も発生している可能性もあります。屋根や雨樋等、気になる事がありましたらお気軽にお声掛けください。点検・お見積りは無料にて承っておりますので、ご安心してご相談ください。

 

江戸川区で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。江戸川区にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する江戸川区特設ページはこちら

このページに関連するコンテンツをご紹介

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?  特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      八王子市犬目町で浮いてしまった棟板金を該当箇所のみ交換工事を行いました

      【施工内容】

      屋根補修工事、棟板金交換

      大田区東糀谷で強風で一枚剥がれたスレート屋根は火災保険を適用して復旧工事します

      【施工内容】

      屋根補修工事、スレート屋根工事、屋根葺き替え

      世田谷区弦巻で台風被害に遭った棟板金を火災保険で交換工事しました

      【施工内容】

      屋根補修工事、棟板金交換、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区船堀で倉庫の大波スレート屋根からの雨漏りが発生、棟の部分交換工事で解消致しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      江戸川区東小岩でスレート屋根のカバー工事、スーパーガルテクトのSシェイドブルーで施工

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      江戸川区東小岩でベランダ波板屋根の破損に伴い修繕工事を行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      台風14号接近中、ご注意ください! 台風14号接近中、ご注意ください!
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る