無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 中央区月島で陸屋根のシート防水を通気緩衝工法のウレタン防水に.....

中央区月島で陸屋根のシート防水を通気緩衝工法のウレタン防水に改修して雨漏り解消

【施工前】
雨漏りしていたシート防水の陸屋根

【施工後】
ウレタン塗膜防水となり雨漏りを解消した陸屋根

【お問い合わせのきっかけ】


担当:白石


雨漏りしており、室内の壁に雨染みやカビが発生してきてしまったという中央区月島のお客様です。建物はALC外壁の3階建てで、陸屋根ということでした。一般的な屋根に較べると、陸屋根は傾斜がなく、水捌けも悪いので雨漏りしやすく、それだけ防水が重要になります。また、ALC外壁は多数の気泡を内包していることから、雨水が染みやすいので定期的なメンテナンスが必要です。今回の雨漏りの原因はシート防水された陸屋根が原因でしたので、通気緩衝工法のウレタン防水に改修します。
雨漏りしており、室内の壁に雨染みやカビが発生してきてしまったという中央区月島のお客様です。建物はALC外壁の3階建てで、陸屋根ということでした。一般的な屋根に較べると、陸屋根は傾斜がなく、水捌けも悪いので雨漏りしやすく、それだけ防水が重要になります。また、ALC外壁は多数の気泡を内包していることから、雨水が染みやすいので定期的なメンテナンスが必要です。今回の雨漏りの原因はシート防水された陸屋根が原因でしたので、通気緩衝工法のウレタン防水に改修します。


担当:白石


【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
DS カラー・ゼロ
施工期間
8日間
築年数
27年
平米数
87.0㎡
お施主様
A様邸
【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
DS カラー・ゼロ
施工期間
8日間
築年数
27年
平米数
87.0㎡
お施主様
A様邸
3階建て防水工事

【点検の様子】

中央区室内天井の雨染みとカビ 中央区小屋裏の雨染み

中央区月島で室内に雨漏りしているということで、お部屋を拝見させてもらいました。確かに天井に雨染みができており、カビも生えて黒くなってきています。こうなってくると、カビの健康への影響も懸念されます。天井裏も拝見させていただきました。雨染みと思われるところが何ヵ所か残っています。染みては室内へ漏水、その後、乾燥を繰り返しているのでしょう。

 

中央区雨水が溜まっている陸屋根 中央区排水口

屋根は陸屋根でシート防水でした。うまく排水勾配が取れていないようで、排水口手前で雨水が溜まっています。また、排水口手前ではシート防水の継ぎ目がはっきりと分かる状態になっています。室内への漏水位置などを考えると、この周辺から浸水していることは間違いないようです。

 

【施工の様子~シート防水から通気緩衝工法のウレタン塗膜防水へ】

中央区立ち上がり部のシート防水を撤去 中央区樹脂モルタルの塗布

シート防水全体の老朽化が進んでおり、浸水部分を直しても、その後、他のところから雨漏りしてくることが考えられるため、陸屋根全体の防水を改修することになりました。現在、お部屋やフロアをテナントに貸し出しているということで、そういった店子様にもご迷惑をかけないようお施主様はしっかりと直してほしいということでした。これまでのシート防水を撤去し、ウレタン塗膜防水を行います。まずはパラペット部のシート防水を撤去し、樹脂モルタルを塗布し、下地を改修していきます。

 

シーラーの塗布 床面のシート防水を撤去

樹脂モルタルの塗布が終わりましたら、ウレタン防水材を密着させるためにシーラーを塗布します。その後、床面のシート防水を剥がして、撤去していきます。

 

剥き出しになった床面 樹脂モルタル塗布

シートを全て剥がし終わりました。経年によるひび割れが様々なところに入っています。こちらも樹脂モルタルを塗布して、クラックを埋め、しっかりと下地の表面処理を行います。

 

床面へのシーラー塗布 床面へのシーラー塗布完了

モルタルには防水性がありませんので、この後、ウレタン防水を行います。モルタルでの下地作りが終わりましたら、通気緩衝シートを密着させるためにシーラーを塗布していきます。面積が広いので柄の長いローラーで作業を進めていきます。

 

床面に通気緩衝シート敷設 通気緩衝シートの継ぎ目にメッシュテープ貼り

シーラーを塗布しましたから、通気緩衝シートを敷いていきます。通気緩衝シートの継ぎ目にはメッシュシートでできたテープを張り、ズレや剥がれを防止します。通気緩衝シートは液体の水は通しませんが、水蒸気は通過させることができます。液体の水の粒子よりも水蒸気の粒子の方が小さいため、通気緩衝シートを通り抜けることができるのです。

 

u14 脱気筒の設置

陸屋根の一番高い部分に脱気筒を設置します。こちらは通気緩衝シートを通り抜けてきた水蒸気を排出するための装置となります。水蒸気を排出することによって防水層の膨れを防止します。通気緩衝シートの継ぎ目の部分にはメッシュシートのテープの上からウレタン防水材を塗布しておきます。

 

立ち上がりと天端部にメッシュシート貼り付け u17

パラペットの上端部にメッシュシートを貼りながら、ウレタン防水材を塗布していきます。メッシュシートを貼ることによって引っ張られる応力がかかった時でも裂けなどを防止できるのです。さまざまな分野で用いられている繊維強化の応用です。

 

立ち上がり部の防水 立ち上がり部の防水1層目完了

立ち上がり部にウレタン防水材を塗布していきます。ウレタン防水材には立ち上がり部(垂直面)用と平坦部用があり、それぞれに適した場所に塗らなければなりません。容器にもしっかりとそのことが記してあります。

 

床面へのウレタン防水1層目 ウレタン防水材を伸ばして平らに仕上げる

床面にウレタン防水材を塗布していきます。画像を見れば分かるとおり、塗布というよりも流し込むといった方が適切でしょうか。この固定ではローラーではなく、大きなへらのようなもので平滑に馴らしていきます。

 

立ち上がり部への防水2層目 床面への防水2層目

立ち上がり部にウレタン塗膜防水の2層目を形成していきます。こちらはローラーで塗布していきます。床面にもウレタン塗膜防水の2層目を形成していきます。こちらは先程と同じように大きなへらのようなもので平滑に馴らしていきます。

 

ウレタン防水2層目の塗布完了 立ち上がり部へトップコート塗布

ウレタン塗膜防水によって2層の防水層が成形されました。しかし、ウレタンは紫外線に弱いので、それを遮断するためにトップコートを塗布していきます。この工程では塗り残しがないように色を変えて行うのが一般的です。こちらも立ち上がり部から塗装していきます。

 

脱気筒周辺にトップコート 床面へのトップコート

脱気筒の周辺を塗った後、床面も塗っていきます。色は濃い目のグレーです。いよいよウレタン塗膜防水による改修も終わりに近づいてきました。

 

トップコート完了 排水口へのカバー設置

アンテナを所定の位置に戻し、排水溝にカバーを付けたら、シート防水からウレタン塗膜防水への改修工事は終了です。これで、雨漏りに悩まされることもないでしょう。

 

【竣工、シート防水から通気緩衝工法のウレタン塗膜防水への改修】

ウレタン防水完工

過去に雨漏りしていた場合、残存しているかもしれない水蒸気を排出するためにどんな防水方法でも通気緩衝工法を行う必要が出てきます。こちらの陸屋根は床面の高い部分が2ヵ所存在したため、脱気筒をその位置にそれぞれ設けました。人が頻繁に歩行するような屋上では脱気筒も邪魔になるでしょうが、現在では高さがない円盤状のものも存在します。用途と目的に合わせた防水工事のご相談、お待ちしております。

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

陸屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

陸屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

 陸屋根とは勾配のない(実際には排水のため勾配が設けられています)、平らな屋根の形状を言います。一般的に家屋の「屋根」というと本を逆さで閉じたような三角形の形をしていたり、単純な三角形ではなくとも勾配がある屋根が多いですよね。それと比較すると陸屋根は感じるほどの勾配がなく、ビルの屋上やマンションの屋…続きを読む
シート防水が施工された屋上(陸屋根)のメンテナンス方法

シート防水が施工された屋上(陸屋根)のメンテナンス方法

 ゴムシート防水で10年~15年程度、塩ビシート防水であれば10年~20年程度の耐用年数が期待でき屋上防水で採用されることも多いシート防水。皆様のご自宅や所有されているマンション・建物の屋上(陸屋根)は前回の防水工事から何年経過されていますか?普段あまり立ち入らない屋上だからこそ意外と注意が向かず「…続きを読む
ウレタン防水とは?メリット・デメリットとバルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)への施工工程

ウレタン防水とは?メリット・デメリットとバルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)への施工工程

 バルコニーやベランダ、陸屋根(屋上)への防水対策として現在最も一般的なのが、ウレタン防水です。  「ベランダにウレタン防水をすすめられたけれどどんな工事なの?」  「ウレタン防水の耐久性は?見積りをもらったけれど費用は妥当?」  「他の防水方法と比べてどうなの?」 とお悩みではありませんか?  …続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      青梅市新町でRC造の2階建て屋上をウレタン通気緩衝工法で防水工事

      【施工内容】

      防水工事

      立川市錦町で割れてしまったバルコニーの床をウレタン防水工事でメンテナンス

      【施工内容】

      防水工事

      台東区日本堤にてマンション屋上の陸屋根防水工事を実施、ウレタン塗膜防水通気緩衝工法にて施工致しました

      【施工内容】

      防水工事

      その他の施工事例一覧→

      中央区と近隣地区の施工事例のご紹介

      台東区上野にて杉皮が破れて雨漏りが発生した瓦屋根の部分葺き直し工事を実施

      【施工内容】

      屋根葺き直し

      江東区東砂にて瓦棒屋根の棟板金交換工事を実施、貫板にタフモック(樹脂製貫板)を使用致しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      墨田区立花にて瓦屋根の棟の崩れを未然に防ぐために漆喰詰め直し工事を実施、袖瓦の交換も実施致しました

      【施工内容】

      漆喰詰め直し

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る