無題ドキュメント

HOME > ブログ > 八王子市北野台で釉薬瓦を調査。天上からの雨漏りの原因は防水紙.....

八王子市北野台で釉薬瓦を調査。天上からの雨漏りの原因は防水紙の破れ

更新日:2022年10月25日

 八王子市北野台にお住まいのお客様より、2階にあるお部屋の天井から雨漏りが起きているとご相談をいただきました。築年数はもう40年になるそうです。お住まいに使用されていたのは青い釉薬瓦でしたが、せっかく工事をするならと金属屋根への葺き替え工事をご希望されていました。瓦屋根調査の様子や、瓦屋根からの葺き替え工事についてご紹介していきます。

釉薬瓦を調査

 現地調査の日程を調整させていただき、現地へとお伺いいたしました。こちらは屋根に上って調査をしている際の写真です。綺麗な青色の釉薬瓦で屋根が葺かれていますね。
 まずは雨漏りが発生している箇所付近の瓦を取り外していきます。瓦屋根は基本的に釘などで固定されず、脱着が用意であるためこのように柔軟な調査を行うことができる点も利点の一つです。

雨漏りは防水紙の破れが原因でした

瓦を取り外して調査
防水紙の破れ

 瓦を外していくと防水紙が破れてしまっていることがわかりました。これはちょうど雨漏りが起きている箇所の真上に当たります。瓦屋根の下にはこの防水紙というシートが敷設されており、雨水が建物内部へ入り込むことを防いでくれているのです。瓦屋根が破損・欠損してしまっても防水紙があることによってすぐに雨漏りが起きるということはないのですが、防水紙の破れはそのまま雨漏りの発生に直結します。

軽量かつ高耐久な金属屋根材、スーパーガルテクトをご提案

屋根の構造
スーパーガルテクト

 瓦屋根は非常に耐久性に優れた屋根材であり、その耐用年数は50年以上と言われています。しかし防水紙は10~20年ほどで劣化することが多く、定期的なメンテナンスが欠かせません。雨漏りが起きてしまうと屋根の木材部分を腐食させてしまい工事費用が嵩んでしまう恐れがあるため、しばらくメンテナンスを行っていないという方は是非屋根の点検をご検討ください。

 お客様に雨漏りの原因が防水紙の破れにあったことをご報告し、ご希望のメンテナンス方法などをご相談させていただきました。お客様は地震対策も考慮して軽量な金属屋根材への葺き替え工事をご検討であるとのことです。
 そこでご提案させていただいた屋根材が、IG工業のスーパーガルテクトというガルバリウム鋼板でできた屋根材です。1㎡あたりの重さは約5kgであり、瓦屋根と比較すると10分の1の軽さになります。耐久性にも優れるため瓦屋根からの葺き替え工事をお考えの際にはぜひご検討いただきたい製品と言えます。

 私たち、街の屋根やさんでは瓦屋根の葺き替え工事を税込16,500円から承っております。屋根面積の求め方をまとめた記事もございますのでよろしければご参考ください。新型コロナウイルス対策にも引き続き取り組んでいき、無料点検をご依頼いただいた際は雨漏りの原因やお住まいの不具合箇所等を突き止め最適なメンテナンス方法をご提案させていただきます!

 記事内に記載されている金額は2022年10月25日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありません…続きを読む
雨漏りを防止する屋根の防水紙の重要性とお薦めの「アスファルトルーフィング」をご紹介

雨漏りを防止する屋根の防水紙の重要性とお薦めの「アスファルトルーフィング」をご紹介

  早速ですが、皆さんのお住まいはなぜ雨漏りをしないのでしょうか?そして何がきっかけで雨漏りを起こさなかった住宅で雨漏りを起こすようになるのでしょうか? メンテナンス?屋根は屋根材の種類にかかわらず築10年程度で点検・メンテナンスが推奨されています。そして2回目以降は以前実施したメンテナンス内容に…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

東久留米市下里にて瓦屋根からローマンへの葺き替え工事を行わせていただきました

【施工内容】

瓦屋根工事

練馬区富士見台にてセメント瓦からジンカリウム鋼板への屋根の葺き替え工事を行わせていただきました

【施工内容】

瓦屋根葺き替え

調布市調布ヶ丘で雨漏りと地震対策で瓦屋根からスレートへの葺き替え工事

【施工内容】

瓦屋根工事、スレート屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

八王子市と近隣地区の施工事例のご紹介

八王子市小門町にてグリシェイドNEOからスーパーガルテクトへの屋根の葺き替え工事を行いました

【施工内容】

金属屋根葺き替え工事

八王子市大船町にてスレートから石粒付きのディプロマットスターへ屋根の葺き替え工事を行いました

【施工内容】

金属屋根工事

町田市木曽東にて、古くなり浮きが生じてしまった棟板金の交換工事を行いました

【施工内容】

棟板金交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る