無題ドキュメント

HOME > ブログ > 中野区丸山でアスベスト含有のスレート屋根を調査。屋根カバー工.....

中野区丸山でアスベスト含有のスレート屋根を調査。屋根カバー工事で撤去費を節約します

更新日:2022年7月26日

 中野区丸山で、自宅の屋根の状態を確認してほしいとご依頼をいただきました。築年数は30年になるということで、劣化が酷い場合は強風時に屋根材飛散などが起こるのではないかと不安だとお気持ちをお話いただきました。特に強風を伴った横殴りの雨が降った際にはきっとご心配な思いをされているのではないかと思います。最適な対応を行うため、まずは調査を行い状態を確認していきましょう。

アスベスト含有スレート屋根材を調査

アスベストが含まれたスレート屋根材の特徴とは

 お住まいに使用されていた屋根材はアスベスト含有のスレートでした。現在は製造が禁止されているアスベスト含有のスレート屋根ですが、築30年以上であるということでアスベストが含まれているニューコロニアルが使われています。
 アスベストは健康被害の観点から製造が中止されておりますが、強度という点では非常に優れた性質を持っています。お客様のお住まいでも塗膜の劣化こそあるものの、築30年であるにも関わらず屋根材自体の劣化は激しくありませんでした。

スレートの塗膜が劣化していました

黒ずみや色褪せが
塗膜劣化は屋根材の損傷を招く恐れも

 こちらは屋根に上り、調査をさせていただいている際の様子です。色褪せが起こり、ところどころで黒ずんでいるような箇所が見られます。また、チョーキング現象も発生しており大変滑りやすい状態となっていました。チョーキング現象は塗装がされた外壁でも見られる現象で、発生している場合は指で表面を触ると白い粉のようなものが付着します。この白い粉は塗膜が劣化することによって発生するため、もしご自宅でこのような現象が見られたら要注意です。被害が進行してしまう前に、是非塗装メンテナンスをご検討くださいね。

ヒビや欠けも見られます

ひび割れが発生
欠けている箇所も

 屋根材にはヒビや欠けが発生している箇所がありました。築30年であることを考慮するとこの劣化は軽度であると言えますが、屋根材の劣化であることは間違いありません。また屋根材の下には防水紙という、建物内部へ雨水が侵入しないよう防いでいるシートが敷き詰められています。この防水紙は25~30年ほどで耐用年数の限界を迎えるため、屋根材全体の改修工事が必要です。

屋根カバー工事をご提案

 お客様に調査内容をご報告し、屋根カバー工事をご提案させていただきました。屋根カバー工事は既存の屋根材をそのまま使用し、上から新しい防水紙と屋根材を敷設する工法です。築30年にもなると屋根葺き替え工事も視野に入りますが、葺き替え工事では既存の屋根材を撤去する必要があります。そのため撤去費用が高額なアスベストに屋根葺き替え工事を行った場合は余計に工事費用が嵩んでしまうのです。

 屋根カバー工事であれば既存の屋根材をそのまま使用するため撤去費用がかからず、費用を抑えて工事を行うことが可能です。ただ、屋根を2重にするという特性上、屋根の重量が大きくなり耐震性に問題が生じますので、金属屋根など軽量な屋根材を使用するようにしましょう。

 私たち、街の屋根やさんでは屋根カバー工事を税込み767,800円から承っております。現地調査も無料で実施させていただきますので、お住まいのことでお悩みの際はお気軽にご相談ください。新型コロナウイルス対策として、マスクの着用や体温管理の徹底にも引き続き取り組んでまいります。

 記事内に記載されている金額は2022年07月25日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。「屋根カバー工法」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
アスベスト含有スレート屋根材の見分け方と最適な解決方法|街の屋根やさん東京

アスベスト含有スレート屋根材の見分け方と最適な解決方法|街の屋根やさん東京

 戸建て住宅などの建築において最後にアスベスト入りの屋根材、スレート(カラーベスト・コロニアル)が使われてから十数年が経過しようとしています。屋根葺き替え・屋根カバー工法などの大規模な屋根リフォームをそろそろ検討しなければならない時期に来ていると言っていいでしょう。 有害と言われるアスベスト、それ…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
アスベストでの健康被害について正しく理解して適切に取り扱いましょう

アスベストでの健康被害について正しく理解して適切に取り扱いましょう

目次【非表示表示】 ●そもそもアスベストって何なのでしょうか? ●アスベストって何が問題なの? ●アスベストのことをもっと知りたい!お客様とのQA ●私たちがお客様へお伝えしたいこと ●建物でアスベスト含有の建材が使われている可能性がある部位一覧 ●アスベストが使用されている撤去や解体も…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

中野区中央にてトップライトの交換と、スーパーガルテクトでの屋根のカバー工事をおこないました

【施工内容】

スレート屋根カバー工事

杉並区和泉にてディプロマットスターを使用して屋根のカバー工事を行いました

【施工内容】

スレート屋根カバー工事

稲城市坂浜にてヒランビーで屋根のカバー工事を行いました

【施工内容】

金属屋根工事、スレート屋根カバー工事

その他の施工事例一覧→

中野区と近隣地区の施工事例のご紹介

北区神谷にてアイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドチャコール)を使用した屋根カバー工事を実施

【施工内容】

屋根カバー工法

中野区中央にて、内装工事(クロス、フローリング張り替え工事)を行わせていただきましたのでご紹介いたします

【施工内容】

その他の工事

豊島区駒込にて釘浮きが発生している棟板金の交換工事を実施、下地材に樹脂製貫板を使用致しました

【施工内容】

棟板金交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る