無題ドキュメント

HOME > ブログ > 練馬区大泉町で築30年の瓦屋根のお宅の雨漏りで葺き替え工事の.....

練馬区大泉町で築30年の瓦屋根のお宅の雨漏りで葺き替え工事のご提案

更新日:2021年11月10日

 練馬区大泉町にて雨漏り発生のご連絡を受けて、お伺いしました。お客様のお宅は築30年の2階建てで屋根は瓦屋根で寄棟造り、味わいのある青い瓦を葺いています。

瓦屋根は日本瓦・青緑(せいろく)をお使いでした

 瓦は日本瓦の青緑(せいろく)というものです。日本瓦の中でもこちらの瓦は釉薬瓦(陶器瓦)と呼ばれ、その名の通り瓦の表面には釉薬が塗ってあり、この釉薬は焼成によってガラス質になるので、つやが出て水の浸透を防ぐことができます。お客様のお宅が建った30年前は釉薬瓦のほとんどがこのようなブルーでしたが、グリーンやオレンジ・ピンクといった多彩な色の釉薬瓦が製品化されています。釉薬瓦は塗装の必要も無く、大変丈夫なので寿命も大変長いです。

雨漏り状況

雨漏り箇所
雨漏り箇所の拡大

 雨漏りの症状が出たのは今年の8月で、北東にあるお部屋に、風を伴った雨の日に限って起こるそうです。被害箇所はクロスがふやけ、黒く雨染みができています。

屋根上の状況

棟と漆喰

 屋根に上って雨漏り箇所の真上を調査した所、そこは瓦屋根の棟にあたる部分であり、大変劣化している様子が見て取れました。まず、漆喰が屋根全体的に見て剥がれています。漆喰は屋根材の固定を目的としているため、固定力を失いつつある棟に歪みが生じています。棟は瓦屋根が接合する部分の隙間を埋める役割を持ちますので、歪みによってできた隙間から瓦の下にある防水紙を露出させてしまい、長年の風雨で防水紙が劣化して破れた結果、雨漏りが発生したとみて間違いないと判断しました。

割れた瓦屋根
防水紙も野地板も露出した瓦

 築30年以上ということもあり、劣化している部分を他にも数多く発見しました。特に気になるのがこちらの部分で瓦が割れています。下地の防水紙も丸見えで、その下には野地板も見えてしまっています。野地板の下は小屋裏になっていますので、この状態で雨漏りが起こっていないのが不思議なくらいです。

錆びた谷板金
崩れそうな棟
ところどころに落ちている漆喰の破片

 劣化箇所の一例です。谷板金は錆が起き、前述した漆喰は剥がれ、全く無くなってしまっている部分もありました。屋根のあちこちに剥がれた漆喰が落ちていました。

「屋根葺き替え工事」をご提案させていただきました

 全体的に見て、防水紙が劣化して雨漏りが多発してしまう寸前だと判断しました。ご提案させていただいた工事はコロニアルを使った「屋根葺き替え工事」です。劣化した野地板の張り増し、破れた防水紙敷き直し、桟木の打ち替えを行う必要があるためです。瓦の再利用ができる「屋根葺き直し工事」も検討しましたが、瓦の破損が目立つためにこちらはご提案していません。

屋根の事ならお任せください!

 私たち「街の屋根やさん」は昔ながらの瓦屋根に限らず、屋根全般のお悩みを解決します!日常的に屋根の点検は行いづらく、ご自身で屋根に上るのも大変危険です。最低でも築10年が経過するお家は点検をする必要があります。ぜひ、お気軽にご相談ください!

 また現在、私たち「街の屋根やさん」では、新型コロナウイルス対策として点検・工事等でお伺いする際は、マスクの着用・アルコール消毒・ソーシャルディスタンスを徹底し、お客様の安心・安全に配慮しております。もしご対面でのお打ち合わせに不安を感じるようでしたら「zoom」によるお打ち合わせも承っております。ぜひ、お気軽にお問合せ下さい。

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありません…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

西東京市泉町で旧松下電工製のレサス屋根の葺き替え工事を行いました

【施工内容】

屋根葺き替え、スレート屋根葺き替え工事

世田谷区喜多見で雨漏りの原因になっているトップライトの交換と一緒に葺き替え工事

【施工内容】

スレート屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理、天窓工事

八王子市みなみ野で防水工事とシール工事で雨漏り修理工事

【施工内容】

雨漏り修理、防水工事

その他の施工事例一覧→

練馬区と近隣地区の施工事例のご紹介

西東京市富士町で下地が腐食しているバルコニーの床を下地から直して防水工事

【施工内容】

防水工事

板橋区東新町にて釘が浮いている棟板金のメンテナンス、樹脂製の貫板を使用した棟板金交換工事を実施

【施工内容】

棟板金交換

練馬区南田中にて雹の被害を受けた波板の交換工事を行いました

【施工内容】

その他の工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る