無題ドキュメント

HOME > ブログ > 国立市西で破損した軒天の復旧工事

国立市西で破損した軒天の復旧工事

更新日:2021年10月19日

 国立市西で軒天修理工事をおこないます。

 軒天の仕上げがモルタル仕上げになっているのですが、下地が劣化してしまいモルタルの自重によって一部が落ちてしまいました。モルタルを塗る際には金網を補強に使用しているので、落ちる時には周りを巻き込んでしまり被害が広がってしまう事があります。また、非常に重いので落下したモルタルにあたってしまうと非常に危険ですので、傷んだ部分を直す必要があります。

傷んだ軒天修理工事

下地が劣化して軒天が剥がれました
足場を架けて作業開始

 屋根の角部分の軒天が剥がれています。下地が劣化していてモルタル仕上げの軒天を支えられなくなっているようでした。補強の金網によって引っかかっている部分もあり、このままですと更に被害が広がる可能性がありますので、足場を架けて軒天修理工事をおこなっていきます。

モルタルが剥がれています
傷んだ木下地を撤去

 屋根は箱樋になっていて配管のジョイント部分や回りの下地が傷んでいます。木で軒天の下地が作られていますが剥がれた部分はだいぶボロボロになっていました。このままでは復旧が出来ませんので下地を補強していきます。

下地を補強していきます

下地を組みなおします

 今回は剥がれた部分の部分補修を行うのですが、今までと同じようにモルタルは使用しません。重いモルタルではなく軽いべニア板で仕上げるのですが、腐食した部分の木下地を補強して新しい下地を作ります。

 国立市西で始まった軒天修理工事は、被害が拡大する前に傷んだ部分の補修作業をおこなっておりますので、ひとまず安心できる状態になります。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

軒天の雨染みと剥がれは見逃し厳禁! 雨漏りや鳥獣被害に繋がります

軒天の雨染みと剥がれは見逃し厳禁! 雨漏りや鳥獣被害に繋がります

 お家を維持する上でかなり重要なお家の各部位の名前というと「破風板」や「鼻隠し」、「ケラバ」など聞きなじみのないものも多く、漢字も難しいものが多いのですが、「軒天」という字面を見るとどの場所かは何となく想像がつくのではないでしょうか。 そうです、「屋根の軒」の「天井」だから軒天で…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

国立市西で下地が腐食して脱落したモルタルの軒天をカラーべニアで修復工事

【施工内容】

屋根補修工事

小金井市緑町で棟板金のビス補強と割れたスレートの補修工事

【施工内容】

屋根補修工事

江東区大島で強風被害によるポリカ波板の交換工事、火災保険を活用して施工致しました

【施工内容】

屋根補修工事

その他の施工事例一覧→

国立市と近隣地区の施工事例のご紹介

府中市押立町で散水試験で雨漏りの原因を調査し外壁修理工事を実施しました

【施工内容】

雨漏り修理

府中市是政にて、スレート屋根へのカバー工事、アイジー工業のスーパーガルテクトを使用しました

【施工内容】

屋根カバー工法

立川市砂川町で固定が弱まってきた棟板金をビス補強いたしました

【施工内容】

その他の工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る