無題ドキュメント

HOME > ブログ > 多摩市一ノ宮にて棟土が流れ出てきた棟瓦の取り直し工事をおこな.....

多摩市一ノ宮にて棟土が流れ出てきた棟瓦の取り直し工事をおこないました

更新日:2021年07月17日

 多摩市一ノ宮にお住まいのお客様より「茶色い泥水が屋根から流れているようだ」とのご連絡をいただき現地調査へ伺いました。「茶色い泥水」というのは、漆喰が剥がれたところから棟土(むねつち)が雨などの影響で流れ出てしまったようです。点検結果と下り棟の取り直し工事についてご報告します。

状況を確認

漆喰劣化

 漆喰の経年劣化が確認出来ました。漆喰の破片もいくつか見受けられ、劣化が進行している状態でした。漆喰の寿命はおよそ20年ほどです。漆喰が剥がれてしまっても、ただちに雨漏りが発生するわけではありません。下地の防水紙に破れなどの不具合が無く、きちんと機能していれば建物内部への水分浸入を防いでくれます。瓦は長寿命のため、瓦そのものより、漆喰や防水紙が先に劣化してしまうことがほとんどです。定期的なメンテナンスをおすすめいたします。

棟瓦取り直し工事

熨斗瓦ズレ 棟瓦撤去

 寄棟(よせむね)や方形(ほうぎょう)、入母屋(いりもや)などの形状では、屋根のてっぺんにある棟(大棟)から下っている棟「下り棟」や「隅棟(すみむね)」があります。点検をしたところ、こちらの棟瓦がズレている状態でした。矢印は熨斗瓦(のしがわら)がズレている部分を指しています。漆喰のメンテナンスには、状態により「漆喰詰め直し」や「棟瓦の取り直し」があります。棟瓦にズレが発生している場合は、棟瓦の取り直し工事が必要です。お客様とご相談の結果、大棟部分は「部分的な棟瓦取り直し」を行い、下り棟は「棟瓦の取り直し工事」となりました。さっそく、隅棟部分の棟瓦(冠瓦)と3段に積まれていた熨斗瓦を一旦撤去しました。土台となる棟土は水分を吸収して劣化が進行しているのが分かります。

南蛮漆喰(シルガード)で長持ち

シルガード 下り棟取り直し完成

 土台の土を撤去後キレイに清掃し、南蛮漆喰「軽量シルガード」で土台を作ります。シルガードは、防水性に優れ吸水率も低減していますので強度耐久性に優れており、近年では主流になっています。熨斗瓦、棟瓦を銅線で固定して完成です。銅線でしっかりと固定することにより、地震などの揺れでも倒壊しにくくなります。また、強風時の飛散防止にもなりますので安心です。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウィルスへの感染対策として、手指の消毒やマスク着用の徹底を行っています。zoomでのお打ち合わせも承っておりますので、まずはご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2021年07月17日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

多摩市ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

工事種類

防水工事

お問い合わせ内容

多摩市のT様
雨漏りについてご相談をいただきました。散水試験を行ない原因箇所を特定のうえ、バルコニーの防水工事を行なわせていただきました!

関連動画をチェック!

和瓦?セメント瓦?漆喰補修や塗装などのメンテナンス【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 「瓦屋根はメンテナンスフリーだから安心」  と、ご自宅の瓦屋根のメンテナンスを怠っていませんか?  瓦屋根は半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですが、台風や強風が吹いた際に最も多くの補修や点検のご依頼をいただきます。  長寿命の瓦屋根をさらに安全に、安心してお住ま…続きを読む
早めの棟瓦の修理で自然災害・悪徳業者による不安を完全払拭!

早めの棟瓦の修理で自然災害・悪徳業者による不安を完全払拭!

 お住まいが瓦屋根の方。  飛び込み業者から「棟がずれている」「漆喰が剥がれている」と指摘を受けたことはありませんか?  心配だから見てほしい、とご相談をいただくことも非常に多いです。  悪質業者による不安を払拭するためにも、棟瓦は早めに修理しましょう!  瓦屋根にお住いの方へ、瓦屋根の仕組みと指…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

調布市小島町で雨漏り箇所の部分葺き直しで、最小限の工事費用で雨漏りを止めました

【施工内容】

屋根葺き直し、棟瓦取り直し 、雨漏り修理

江戸川区中央にてシルガードを使用した瓦屋根の棟取り直し工事を実施

【施工内容】

棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

足立区花畑にて瓦屋根の棟の漆喰が剥がれてしまったので棟取り直し工事(税込790,000円)を実施!

【施工内容】

棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

その他の施工事例一覧→

多摩市と近隣地区の施工事例のご紹介

稲城市若葉台にて破損して落下したスレートの簡易補修工事を税込33,000円で行わせていただきました!

【施工内容】

スレート屋根補修工事

多摩市連光寺にて棟の取り直しと屋根の部分葺き直し工事を税込420,000円で行わせていただきました

【施工内容】

瓦屋根工事

稲城市押立にてスレート屋根の部分葺き替え工事を税込660,000円で行わせていただきました!

【施工内容】

スレート屋根工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る