無題ドキュメント

HOME > ブログ > 杉並区荻窪で強風により飛散したスレート屋根を火災保険で直しま.....

杉並区荻窪で強風により飛散したスレート屋根を火災保険で直します

更新日:2019年2月7日

杉並区荻窪で屋根の調査をおこないました。スレート葺きの屋根は全体を下から確認することが難しいので、不具合に気付かない事があります。今回伺った建物は、先日の強風で屋根材が一枚落ちてきたとの事でしたので、他にも被害が出ていないか屋根に上って確かめなければなりません。屋根の勾配が急な場合は下から屋根の状態が見えやすいのですが、こちらの建物は比較的緩めなので更に見えにくくなっています。屋根に上ると全体的にスレートに傷みが出ているのが確認出来ます。塗装工事でのメンテナンスの跡は無いので、表面の撥水性が落ちていて北面にはコケの付着が出ています。南面から上ったので全然気づかなかったのですが、北面の棟板金の近くで綺麗に一枚スレートが無くなっていました。

【強風の被害を受けたスレート屋根】

劣化したスレート屋根 強風でスレートが脱落しています

スレート葺きの屋根には塗装工事のメンテナンスが必要です。理由は、紫外線によってスレートの表面が劣化するのを保護する為で、塗装をしないとコケやカビが付着して、反ったり割れたりしてしまいます。お問い合わせにあった屋根材が一枚落ちてきたというのは、棟板金の近くの場所でした。

【スレートが剥がれると必ず雨漏りする訳ではありません】

スレートが剥がれて釘が見えています

スレート屋根は、一番低い軒先から釘で下地に打ち付けて固定していくのですが、上の段は半分ずらしてジョイントの位置が互い違いになる様に納めていきます。打ち付けた釘が隠れる様に上のスレートを重ねていくので通常は釘が外に出る事はありません。

赤ラインの上は通常隠れています

赤いラインの位置が剥がれる前のスレートの位置です。釘は下に隠れているので屋根の上を流れる雨水には影響は出ていません。スレートに限らず、屋根は屋根材と下に葺かれている防水紙(ルーフィング)によって雨から建物を守っています。例えば、今回伺った杉並区荻窪の屋根の様にスレートが剥がれたとしても、下に葺いてある防水紙(ルーフィング)に不具合が無ければ直ぐに雨漏りする訳ではありません。とはいえ、このままにしておく訳にはいきませんので、剥がれたスレートを直さなければなりません。強風による被害の場合、火災保険の風災を適用出来る場合があります。今回は適用になるために元に戻す復旧費用を保険会社が負担してくれますので、自己負担無く復旧工事をおこなう事が出来ます。自然災害による建物の被害は火災保険を使える事がありますので、一度ご加入の火災保険の内容を確認する事をお薦めします。

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

【最新版】火災保険が適用される屋根修理

【最新版】火災保険が適用される屋根修理

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか? 特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメ…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

江東区東砂にて瓦棒屋根の棟板金交換工事を実施、貫板にタフモック(樹脂製貫板)を使用致しました

【施工内容】

棟板金交換

世田谷区赤堤にて飛散してしまった棟板金を火災保険を使用して交換いたしました

【施工内容】

棟板金交換

杉並区宮前で下地の劣化により浮いてしまった棟板金を樹脂製貫板で棟板金交換工事

【施工内容】

棟板金交換

その他の施工事例一覧→

杉並区と近隣地区の施工事例のご紹介

練馬区富士見台にてセメント瓦からジンカリウム鋼板への屋根の葺き替え工事を行わせていただきました

【施工内容】

瓦屋根葺き替え

世田谷区北沢にて、雨漏りの発生している可能性のある笠木の交換工事を行いました

【施工内容】

雨漏り修理

中野区中央にて、内装工事(クロス、フローリング張り替え工事)を行わせていただきましたのでご紹介いたします

【施工内容】

その他の工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る