無題ドキュメント

HOME > ブログ > 葛飾区で室内に残る雨漏り跡、どこから雨漏り?

葛飾区で室内に残る雨漏り跡、どこから雨漏り?

更新日:2017年8月6日

室内の天井にシミが・・・。これは雨漏りなのか?いつ、どこから?そんなお悩みで葛飾区のお客様から調査依頼を頂き、早速伺って参りました。実際に現場を見てみないとなかなか原因はわからないものです。まずは屋根の素材、形状、築年数、メンテナンス歴などなど、事前にわかる限りの情報があると想像はしやすいのですが、現場現場でそう上手くはいかないものです。今回の現場も二階にシミがある、という情報のみでした。

屋根面確認

屋根の形状は切妻屋根の瓦棒葺きです。都内の密集地だけにケラバは日射のかんけいや土地の関係で変則になっています。塗装は行った形跡がありますが塗膜はひび割れてきています。錆が出てきているところも有ったりといつごろ塗装をされたのかは不明です。当初の予想では、下から見た状態で屋根形状と素材は大体分かったので錆びて穴があいているのでは?と思ったのですが何とも分からないといったところが正確なところです。

 

室内にあった漏水跡は二カ所、ケラバ側ですが棟の直下でもありません。もう一か所も変則ケラバの周辺です。双方とも同じ屋根面側にあります。これは何かのヒントになりえるかもしれません。

 葛飾原因不明雨漏り001

気になる部分は雨漏り箇所では無く、軒先の唐草が錆びてほぼほぼ無くなっているところです。完全に水が廻りそうな勢いだったのですが、雨漏りはそこではありません。屋根面は雨漏り屋根にありがちなフワフワした感触が全面にわたってあります。工事となると方法は二通り考えられますが、立地上かなり荷揚げに問題が発生しそうです。カバー工事の場合は棟から軒までの長さの屋根材を作って持ってくる必要がありますが現場前まで車が入れず人海戦術が必要となりそうです。葺き替えの場合は屋根上に機械をあげて、ガルバ鋼板のコイルを屋根で加工をして行います。ただし屋根のフワフワ感から野地板増し張りは必須となるため悩みどころです。

 

原因究明のために小屋裏点検を行いたかったのですが、天袋からの侵入もできず断念いたしました。雨漏り該当箇所近辺のケラバには外部から確認できるモルタル面のひび割れなどは見られませんでした。不安解消には思い切って先ほどの二通りの方法でお客様と話し合いをしていきたいと思っています。

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

東京都狛江市西野川で散水試験で雨漏り箇所特定して葺き替え工事で直します

【施工内容】

屋根葺き替え、雨漏り修理

三鷹市井口で強風により屋根が飛散、縦ハゼ葺きの金属屋根スタンビーで葺き替え工事しました

【施工内容】

金属屋根工事、屋根葺き替え

八王子市犬目町で浮いてしまった棟板金を該当箇所のみ交換工事を行いました

【施工内容】

屋根補修工事、棟板金交換

その他の施工事例一覧→

葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

江戸川区船堀で倉庫の大波スレート屋根からの雨漏りが発生、棟の部分交換工事で解消致しました

【施工内容】

雨漏り修理

江戸川区東小岩でスレート屋根のカバー工事、スーパーガルテクトのSシェイドブルーで施工

【施工内容】

屋根カバー工法

江戸川区東小岩でベランダ波板屋根の破損に伴い修繕工事を行いました

【施工内容】

その他の工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る