無題ドキュメント

HOME > ブログ > 荒川区のコロニアル屋根雨漏り調査、葺き替えかカバーかの選択へ.....

荒川区のコロニアル屋根雨漏り調査、葺き替えかカバーかの選択へ

更新日:2017年2月3日

冷たい北風が肌身に染みる一日でしたが本日は荒川区のお客様の屋根調査に伺って参りました。屋根はコロニアル、外壁はモルタルです。部屋の天井が抜けてしまうぐらいの雨漏りがあるとの事でした。お客様としてはどのような原因で雨漏りをしているのか、対処法としては葺き替え工事とカバー工事があることはご存知ですがどちらが良いのか判断がつかないと言ったお悩みもあるようでした。葺き替え工事とカバー工事は屋根工事では皆様が迷うところではないでしょうか。実際、どちらの工事にもメリット、デメリットがあります。また既存の屋根材によっては完全に葺き替え工事でなければならないこともあります。日本瓦やセメント瓦が分かりやすい例です。葺き替え工事は既存の屋根材を撤去して新しい屋根材に葺き替えることです。瓦屋根からの葺き替えは屋根上重量が葺き替える素材によっては大幅に軽量化されるメリットが有ります。既存屋根の撤去処分費、野地板の増し張りなど費用がかさむ部分がデメリットでもあります。カバー工事は既存屋根の上に防水紙を敷設して新しい屋根材にて屋根を二重にする工事です。葺き替え工事と異なり既存屋根で撤去するのは棟廻りや雪止め金具くらいですので撤去費用や処分費が安く上がります。また屋根が二重構造となる分、断熱や遮音性にも優れるといったメリットがあります。古く傷んだ屋根がそのまま残ってしまっているというのが気になる方にはデメリットとも取れるでしょう。ただし、葺き替え工事でも既存の野地板を交換するわけでは無いため傷んだ部分は残っているともいえなくはないので予算と今後の家のリフォーム計画などと合わせながら検討することが良いと思います。

 

基本的な屋根の形は切妻屋根です。部分的にケラバの段が付いている屋根です。南面と北面では屋根の苔の状態が大きく異なっていますね。

 荒川区雨漏りコロニアル005

過去の雨漏りの補修跡でしょうか。ケラバ部分に何やらコーキングの跡が・・。ケラバ内に水が入らない様に工夫を施したようにも見えます。シールの状態からかなりの年数が経過しているようでした。

 

屋根の切れ目のケラバ部分やコロニアルの木口にもシールが充填されています。コロニアル葺き屋根の構造から一部分だけをシールしてもあまり意味の無い事であることはみなさんご存知の通りです。

 

室内の雨漏りの様子は軒先ケラバ側がひどい状況となっていました。和室の天井が落ちてきてしまっています。天井には様々な箇所に雨漏りの形跡を見ることが出来ました。

 

天井の中から各ケラバ部分、軒先を確認してみました。ケラバから水が入っていることは間違いないようです。天井の断熱材には釘穴から落ちたと思われる水跡も多数見えます。この水跡はコロニアル屋根の典型的な経年劣化と言えます。見ての通り断熱材がこれだけ入っていて天井が落ちてしまうほどの雨が入っているのはかなりの量の雨が流入しています。この雨の少ないシーズンに早目に雨漏りを止めて安心して頂きたいです。軒先の野地板はだいぶ炭化が進んでいるようですが垂木には問題が無さそうです。点検結果をもとにお客様に工事のご提案をして行きます。

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

杉並区南荻窪で暑さ対策で方形屋根の換気棟と屋根カバー工事

【施工内容】

屋根カバー工法、換気棟

墨田区本所で雨漏りのご相談からアールロックの屋根のカバー工事(料金目安:60㎡で税込767,800円~)を施工

【施工内容】

屋根カバー工法

葛飾区南水元で令和元年東日本台風による棟板金飛散のご被害、屋根カバー工事を施工し棟板金下地には樹脂製貫板を使用

【施工内容】

屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

荒川区と近隣地区の施工事例のご紹介

墨田区立花にて瓦屋根の棟の崩れを未然に防ぐために漆喰詰め直し工事を実施、袖瓦の交換も実施致しました

【施工内容】

漆喰詰め直し

文京区小石川にてパラペットの腰壁板金交換工事と笠木板金交換工事を実施

【施工内容】

屋根補修工事

台東区橋場にて瓦屋根の棟の漆喰の剥がれやのし瓦のズレが発生していましたので棟取り直し工事を実施し解消

【施工内容】

瓦屋根工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る