無題ドキュメント

HOME > ブログ > セメント瓦は塗装が必要な屋根材です!その特徴やメンテナンス方.....

セメント瓦は塗装が必要な屋根材です!その特徴やメンテナンス方法について詳しく解説!

更新日:2024年02月02日

 セメント瓦は、屋根材として利用される建築材料の一種で、独自の特性と長い歴史を持つ素材です。本記事では、セメント瓦の基本的な特徴やメンテナンス方法について詳しくご説明します!

セメント瓦とは?

1.セメント瓦とは

 セメント瓦は、セメントと川砂を主成分として製造された屋根瓦の一種です。その名前からも分かるように、セメントを主要な原材料として使用しており、その特有の組成から優れた特性を持っています。

セメント瓦はどんなところで使われている?

 セメント瓦はその耐久性とデザイン性からさまざまな用途で利用されていますので、簡単にご紹介します(^^)/

・住宅

 何といっても、皆様のお住まいです。セメント瓦は住宅の屋根材としてよく選ばれています。和風や洋風の住宅のどちらにも馴染み、外観を引き立てる一因となっています

・商業施設

 商業施設や公共施設でも、セメント瓦は広く使用されています。

 建物の外観が重要な要素となる場合、セメント瓦はその美しさと耐久性から選択されることがあります。商業施設やホテルなどの外観にセメント瓦を使用することで、高級感品質をアピールできます。

・その他の建築物

 セメント瓦は住宅や商業施設だけでなく、さまざまな建築物で使用されています!

 寺院や歴史的な建造物など、伝統的な建築にもセメント瓦が採用されています。その美しさと耐久性は、建築家や設計者にとって魅力的な選択肢なのです。

 セメント瓦はその多彩な種類と用途によって、高い価値を持つ建材として広く利用されてきました。その耐久性、デザイン性、さまざまな用途への適応性は、建築業界で高く評価されています。

 建物の美しさと機能性を追求したいと考えた時に、セメント瓦は優れた選択肢なんですね(*^_^*)

2. セメント瓦の特徴

長寿命な建材

 セメント瓦は、その堅牢な構造からくる優れた耐久性があり、通常の寿命は約30年から40年に及びます。この特性は、セメントと川砂という頑丈な材料から製造されていることに起因しています。そのため、セメント瓦を屋根材として採用することで、建物を長期に渡り守ることができるのです!

耐火性

 セメント瓦は、セメントと川砂が主要な成分であるため、耐火性にも優れています。火災の際、セメント瓦の屋根は燃えにくく、火災の進行を遅らせる効果があります。セメント瓦を屋根材として使用した場合、火災の際に建物が燃え広がるスピードが抑えられ、万が一の時の時間稼ぎにもなるのです。

 建物が火災にさらされる場合でも、セメント瓦の屋根は建物を保護し、火災の被害を最小限に抑える役割を果たします。

セメント瓦にはどんな種類があるの?

 セメント瓦は形状やカラーバリエーションが豊富で、和風だけでなく洋風のデザインも可能です。建物のスタイルや設計に合わせて選択できるため、デザインの自由度が高いのが特徴です。

 和風の伝統的な屋根から、洗練された洋風の外観まで、さまざまなスタイルに適したセメント瓦が存在します。洗練されたカラーやデザインを選ぶことで、建物の外観を美しくカスタマイズすることが可能です(^^♪

 では、セメント瓦にはどんな形のものがあるのでしょうか?ご紹介します!

平型瓦

 平型瓦は、その名の通り平たい形状をした瓦です。和風から洋風まで幅広い建築スタイルに適しており、汎用性が高いのが特徴です。

S型瓦(S字型)

 S型のセメント瓦は、S字の形状をしており、瓦同士を組み合わせて使用します。カラーバリエーションも豊富で、洋風の建物などでよく使用されます。そのため、外観に個性を持たせたい建物や、洋風のデザインに適しています。S型瓦は、建物に独自のスタイルを与えるのに役立っているのです。

 このように、セメント瓦のデザイン性は、建物の外観を一層魅力的にする要素となっています!

セメント瓦の耐久性に対する注意点

 セメント瓦はその耐久性やデザイン性に加えて、メンテナンスの必要性も持っています。セメント瓦の主なメンテナンスポイントとは、一体何でしょうか?

割れやすさ

セメント瓦が外部からの衝撃に弱い!

 セメント瓦は硬く、しなりがないため、外部からの衝撃に弱いというデメリットがあります。建物に何らかの衝撃が加わると、セメント瓦がひび割れる可能性が高まります。セメント瓦がひび割れた部分から雨水が侵入し、雨漏りの原因となります。激しい雨や台風の際には、雨漏りの被害が深刻化することがあるため、雨漏りを防ぐためにも、割れたセメント瓦は速やかに交換または補修する必要があります

 定期的な点検を行い、割れた瓦を早期に発見し、対処することが大切です。

3.割れを防ぐためには…

外部からの衝撃に注意!

セメント瓦は外部からの衝撃に弱い!

 セメント瓦は外部からの衝撃に弱いため、建物周辺での作業や修繕時には注意が必要です。特に屋根周りでの作業や梯子の使用時には、瓦に負荷をかけないように工夫しましょう。また、建物周辺での物品の取り扱いにも注意が必要です!

 

応急処置なら街の屋根やさんにお任せください!

緊急時の雨漏り応急処置、雨養生は街の屋根やさんにお任せください!

 瓦が割れてしまい、雨漏りが不安…そんな方は、是非街の屋根やさんにお問合せください。

 街の屋根やさんでは、緊急時に雨漏りを防ぐための…即日対応の雨養生

 税込33,000円~から承っております!

>>即日対応の雨養生について、詳しくはコチラ!<<

耐久年数に関わらず、定期的な塗装メンテナンスが必要

 セメント瓦は、セメントを主成分としているため吸水しやすい素材です。

 スレートと同じようにその表面には塗膜が施されていますが…この塗膜は紫外線や気象条件に晒されることで劣化し、色あせや剥がれが生じる可能性があります

 塗膜が劣化すると、瓦本体の耐久性が低下し、雨漏りのリスクが高まるだけでなく、外観の美しさも損なわれます!そのため、定期的な塗装メンテナンスを行い塗膜で保護してあげるようなメンテナンスが必要です。塗料の耐久年数が近づいたら、塗り替えも必要です。

塗膜が剥がれて色あせたセメント瓦

 屋根は通常、目に見えない場所であるため、劣化が進行しているかどうかを確認しにくいことがあります。色あせ異常などの兆候が見られた場合、塗装メンテナンスを検討しましょう。セメント瓦の塗装は、屋根の防水性を保ち、劣化を防ぐために欠かせない作業なのです!

セメント瓦は耐用年数に関わらず塗装でのメンテナンスが必要です。

 また、セメント瓦の耐久年数に関係なく、劣化症状が現れた場合は、早めにメンテナンスを行うべきです。劣化が進行すると、雨漏りや建物内部の劣化が進み、トータルで見ても修復に掛かるコストが増加します。定期的な点検とメンテナンスがセメント瓦の長寿命を保つ鍵なんですね。

 セメント瓦はその特有の特性と美しさから、多くの建物で利用されています。その一方で、適切なメンテナンスが必要であることを理解し、建物の耐久性を保つために努力することが重要です!

4.セメント瓦のメンテナンスにはどんな種類がある?

・屋根塗装

セメント瓦のメンテナンス方法:屋根塗装工事

 定期的な塗装メンテナンスにより、セメント瓦の耐久性が向上します。塗膜が、屋根からの雨漏りや劣化から建物を保護してくれます。また、外観の美しさを保つことで、建物の価値の維持にも繋がります!

 塗装メンテナンスは建物の長寿命化と美観維持に貢献する重要な作業と言えます。比較的低コストでメンテナンスを行うことができるという点でも一番おススメのメンテナンス方法です。

 また、傷みすぎた屋根材に塗装を行っても短期間で塗膜が剥がれやすくなってしまったりと、折角の塗装が無駄になってしまうこともございます。その場合は、葺き替え工事しかメンテナンスの手段が無くなってしまいますので、少しでもメンテナンスに掛かるコストを減らしたいという方は早めに塗装メンテナンスを行うようにしましょう!

>>屋根塗装工事について、詳しくはコチラ!<<

・屋根葺き替え

セメント瓦のメンテナンス方法:屋根葺き替え工事

 屋根葺き替えは、既存の屋根材を撤去して新しい屋根材へと葺き替える工事です。

 「築年数がかなり経っているけど、今までにセメント瓦のメンテナンスをしたことが無い…

 「止まらない雨漏りに困っている

 「地震対策で軽い屋根にしたい

 という方におススメの工法です。

 大規模な工事になる分工期も長く、費用も高くなってしまいますが、長期に渡り雨漏りの不安が解消される工事です。さらに、軽い屋根材へと替えることで、お住まいに掛かる負担を減らすことができます!瓦屋根の地震対策には最適な方法と言えますね。

>>屋根葺き替え工事について、詳しくはコチラ!<<

エコグラーニを使ったモニエル瓦の葺き替え工事の事例をご紹介!

 西東京市にてモニエル瓦葺きの屋根をジンカリウム鋼板のエコグラーニへ葺き替え工事を行ったT様

西東京市にてモニエル瓦葺きの屋根をジンカリウム鋼板のエコグラーニへ葺き替え工事を行ったT様

 築20年経つが屋根のメンテナンスを行ったことが無いことや、重たい瓦のため地震などの災害時に不安があるということから点検のご依頼を頂いたのが工事のきっかけでした。

モニエル瓦葺き替えBefore

 点検時に雨漏り等の不具合は見られませんでしたが、瓦の下に敷いてある防水紙(ルーフィング)の劣化が進んでいることもあり、そのままの状態で放置してしまうといずれ雨漏りが起こってしまう可能性が高くなってしまいます。

 また、瓦は重たい屋根材です。築年数が経つにつれ、建物への負担も強くなってしまうのが現状です。

 T様のお住いのメンテナンスとして、耐震性に優れた軽い屋根材【金属屋根】への葺き替えを提案し、ご用命いただきました!(^^)/

モニエル瓦葺き替えAfter

 葺き替え工事は野地板防水紙といった、普段は中々お手入れができない屋根下地のメンテナンスができますので長期に渡り雨漏りの不安を解消することが可能です!(^^)/

 今回葺き替え工事で使用した屋根材は、ディーズルーフィングの『エコグラーニ』です。ジンカリウム鋼板の基板に着色した石粒を吹き付けてあるのが特徴です。

 雨漏りが起きたり、地震で崩れる心配の無い屋根に生まれ変わり、T様にもお喜びいただけました(*^_^*)

→詳細な点検・工事の様子はこちらからご覧いただけます!

5.セメント瓦は定期的な点検が必要な屋根材です!

なぜ定期的な点検が必要?

・劣化の早期発見ができるから

 屋根は外部環境にさらされ、お住まいを風雨や紫外線から守る役割を果たしています。そのため、時間の経過と共に劣化が進行してしまうのです。定期的な点検を行うことで劣化が早期に発見され、修繕やメンテナンスといった対策を取ることができます。

・屋根材そのものの寿命や安全の維持のため

 セメント瓦屋根は一般的に長寿命ですが、適切なメンテナンスが行われない場合、寿命が短くなる可能性があります。また、屋根の劣化や損傷が放置されると、建物全体に影響を及ぼす可能性があります!定期的な点検とメンテナンスにより、屋根材の寿命や安全性を維持できるのです。

6.点検時に見るべきポイントや頻度の目安

セメント瓦点検時に特に見るべきポイント

セメント瓦

瓦の状態:瓦のひび割れ、ズレ、欠損などを確認します。特にひび割れがある場合、 コーキング材などでの補修が必要です。状態によっては瓦そのものの交換・差し替えが必要になることもあります。

漆喰が痛んでおりました

漆喰の状態:瓦の素材は違えど、漆喰は瓦屋根に必ず使われています。漆喰の剥がれは瓦のズレや棟瓦の倒壊を招いてしまうこともあります。この漆喰も経年で劣化するものですので、必ず状態を確認します。

セメント瓦の塗装が剥がれています

塗膜の状態:セメント瓦の塗装が剥がれていたり、変色している場合は、塗装の状態を点検し、必要に応じて塗装メンテナンスを行います。

点検の頻度の目安

 「定期的な点検が必要って言われても、どれくらいの頻度で必要なの?」その疑問にお答えします!

 定期的な点検の頻度は、気候や環境によって異なりますが、一般的には年に1回以上が推奨されます。特に激しい気象条件や環境にさらされる場合は、より頻繁な点検が必要です。点検は季節の変わり目雨季前に行うことが効果的です。

 セメント瓦屋根の定期的な点検は、建物寿命を延ばし、修繕費用を節約するために欠かせない作業です。専門的な知識と経験を持つプロの屋根工事業者に点検を依頼することをおすすめします!ヽ(^o^)丿

>>街の屋根やさんの無料点検について、詳しくはコチラ!<<

7.セメント瓦のことなら街の屋根やさんにお任せください!

 本記事では、セメント瓦について詳しく説明し、そのメリット、デメリット、そして定期的な塗装メンテナンスの重要性について解説してきました!

 セメント瓦はその優れた耐久性とデザイン性から多くの住宅で使用されていますが、劣化や損傷から建物全体に影響を及ぼす可能性があるため、定期的な点検とメンテナンスが不可欠です。

 街の屋根やさんでは、今までに数多くのセメント瓦を使ったお住いのメンテナンスを行わせていただきました。お住いに合った最適なメンテナンス方法をご提案いたしますので、セメント瓦でお悩みの方は是非一度お問合せください(^^)/

 

 記事内に記載されている金額は2024年02月02日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

屋根塗装が雨漏りを引き起こす!?スレート屋根の方は必見!【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

セメント瓦とモニエル瓦、塗り替えを必要とする瓦の最適なメンテナンス方法

 セメント瓦とモニエル瓦は、塗装が必要な瓦だとご存知でしょうか?  1980年代から1990年代にかけて国内で広く普及したセメント瓦とモニエル瓦ですが、耐用年数は30年~40年と言われており、2024年現在屋根リフォームの必要性に迫られているという現実があります。  この記事では、セメント瓦、モニ…続きを読む
瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

瓦・スレート・金属 あなたの屋根はどのタイプ?

 和風と洋風のテイスト、現代的と伝統的の時代感、現在はそれらの枠を飛び越えた様々なデザインの建築が増えました。一般的なお住まいも実に多彩です。また、それに合わせて屋根の形状も多様になってきました。オーソドックスな三角屋根、地球環境に配慮し太陽光発電を数多く載せられるように南斜面を広く取った屋根、そし…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

長寿命な屋根材はどれ?耐用年数から考える各屋根材の耐久性ランキング

 お住まいの中で最も過酷な環境に晒されている部位を問われたら、多くの方が屋根だと答えるでしょう。高いから強風の影響を受けやすく、寒暖・雨・直射日光といった天候の影響をダイレクトに受ける、本当にとんでもないところです。寒い地方になれば、降雪や降雹はもちろんのこと、軒に氷柱ができます。積雪の重みにも耐え…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

 「お家のメンテナンスって、いつやるべきなのか分からない…」  一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れてゴールではありません。  かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていても定期的なメンテナンスが必要になってくるのです。  メンテナンスのタイミングを逃…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根のメンテナンス・屋根工事・屋根リフォームはなぜ必要?

屋根のメンテナンス・屋根工事・屋根リフォームはなぜ必要?

 どんな屋根であっても、必ずメンテナンスやリフォームが必要な時期がやってきます。  雨漏りなどの被害に遭って初めて「普通に暮らしていて屋根の手入れが必要なんて知らなかった。」と後悔する前に、屋根のメンテナンスを行い大切なお住まいを守りましょう。  このページではスレート、瓦、金属屋根それぞれの耐用…続きを読む
屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装の知識

屋根塗装・外壁塗装が必要なわけ屋根塗装・外壁塗装工事は大きくわけると2つの理由があります。1.機能・性能UP塗料を外壁や屋根に塗装すると、膜(塗膜)を形成し、雨や紫外線などから保護してくれます。しかし、この塗膜も、経年とともに劣化してきてしまいます。塗膜が劣化すると、塗装が剥げ、やがて屋根や外壁の素…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 屋根塗装348,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

立川市富士見町で雨漏りしている瓦棒葺き屋根を税込み380,000円で実施しました!

【施工内容】

金属屋根工事、屋根葺き替え

三鷹市上連雀で屋根葺き替え工事!雨漏りで腐食した下地を直してキャンペーン価格で工事します!

【施工内容】

屋根葺き替え、雨漏り修理

稲城市押立にてスレート屋根の部分葺き替え工事を税込660,000円で行わせていただきました!

【施工内容】

スレート屋根工事、屋根葺き替え、スレート屋根葺き替え工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る