無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 世田谷区赤堤にて飛散してしまった棟板金を火災保険を使用して交.....

世田谷区赤堤にて飛散してしまった棟板金を火災保険を使用して交換いたしました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:木下


 世田谷区赤堤にお住いのお客様より棟板金が落ちてしまっているので、一度確認に来て欲しいとのことでお問い合わせいただいたことが工事のきっかけでした。

 調査にお伺いさせていただだくと、完全に板金部分が飛んでしまって中の貫板が露出してしまっておりました。基本的に貫板には木材が使用されておりますので、吹きさらしになって余計にボロボロになっておりました。

 棟板金は屋根の取り合い部分に当たりますので、この部分が破損したまま放置してしまいますと最悪の場合雨漏りにつながってしまいます。

 今回は、火災保険の申請を行い棟板金の交換工事を行うことにいたしました。無事に保険も下りてお客様のご負担も少なく工事を行うことができました。なお、火災保険の申請を行える部分はあくまでも被災した部分のみになりますので、今回のケースですと部分交換での申請になります。あくまでも現状復旧に対する保険という事あらかじめお含みおきください。
 世田谷区赤堤にお住いのお客様より棟板金が落ちてしまっているので、一度確認に来て欲しいとのことでお問い合わせいただいたことが工事のきっかけでした。

 調査にお伺いさせていただだくと、完全に板金部分が飛んでしまって中の貫板が露出してしまっておりました。基本的に貫板には木材が使用されておりますので、吹きさらしになって余計にボロボロになっておりました。

 棟板金は屋根の取り合い部分に当たりますので、この部分が破損したまま放置してしまいますと最悪の場合雨漏りにつながってしまいます。

 今回は、火災保険の申請を行い棟板金の交換工事を行うことにいたしました。無事に保険も下りてお客様のご負担も少なく工事を行うことができました。なお、火災保険の申請を行える部分はあくまでも被災した部分のみになりますので、今回のケースですと部分交換での申請になります。あくまでも現状復旧に対する保険という事あらかじめお含みおきください。


担当:木下


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
棟板金:GL板金、貫板:樹脂製貫板
施工期間
3日間(足場の架け払い含む)
築年数
築20年
平米数
棟板金 17.3m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
施工保証3年
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
棟板金:GL板金、貫板:樹脂製貫板
施工期間
3日間(足場の架け払い含む)
築年数
築20年
平米数
棟板金 17.3m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
T様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
施工保証3年
棟板金交換

棟板金が飛散してしまっておりました

 世田谷区赤堤にお住いのお客様より棟板金が飛散してしまっているのでお見積りをいただきたいとのことでお問い合わせいただきまして調査に行ってまいりました。

 既存の棟板金を確認すると、確かに板金が飛散してしまっており、中の貫板が露出してしまっておりました。貫板は木材なので雨風に曝されると劣化して痩せていってしまいます。そうなりますと釘が利きにくくなり、新たな板金の飛散を引き起こしてしまう可能性がございます。

 棟板金の役割としては、屋根同士の取り合い部分からの入水を防ぐというものですのでこの部分が露出しておりますと最悪の場合雨漏りにつながってしまいます。

 気が付いたときには早めに直しておきましょう。

 屋根が勾配違いの屋根になっておりましたので、棟板金にかかる負担は大きなものになります。換気棟や残っている棟板金も折れ曲がってしまっておりました。

 お客様にお話をお伺いすると2019年10月の台風の際に飛散してしまっていたがそのままにしてしまっていたとのことでしたので、今回は風災という事で火災保険の申請を行いました。

 火災保険と聞くと火災のみの補償と思われがちですが、多くの場合風災や雹災など自然災害による被害も適応されます。一部契約内容によっては申請ができない場合もございますので、申請前にお手持ちの契約内容をご確認いただけますと幸いです。

 また、火災保険の申請ができるのが3年以内の被害になりますので2019年10月の台風に関しては今年2022年がラストイヤーになります。被害を受けたという方はお早めにご対応ください。

棟板金交換工事を行っていきます

 それでは棟板金交換工事に移ってまいります。

 まずは既存の棟板金の撤去を行っていきます。貫板を見ると経年劣化で痩せてしまっている部分もありました。

既存棟板金の撤去 貫板まで撤去完了

 段違いの屋根にもなっているので、ケラバとのト試合部分が存在します。雨の当たりやすい部分なので貫板が若干水を吸ってしまっておりました。

押さえ部分 壁際の貫板撤去

 貫板の撤去まで終了しましたら、新規の貫板の設置を行ってまいります。

 新規の貫板には樹脂製の貫板を使用いたしました。木材の物と比べると腐食をしないのでがっちりと棟板金を固定することができます。価格も木材とほとんど変わりませんので、お勧めです。

樹脂貫板 腐食しません

 貫板の設置が終了いたしましたら棟板金の設置を行ってまいります。ガルバニウム鋼板でできた棟板金なので、耐久性は申し分ありません。

勾配違い 板金の設置

 固定をする際も釘ではなくねじ切りのついたビスを使用しておりますので、余計に抜けにくくなっております。

棟板金工事完了です

 棟板金交換工事が終了いたしました。通常の屋根に比べると少し特殊な屋根ではありましたが問題なく納まりました。

 今回のように急な勾配の場合は屋根足場の設置が必要になってきます。足場の設置に関しても基本的には職人の安全面を考慮し仮設のご提案をさせていただいております。

急勾配 完成

 足場の仮設に関しては火災保険の申請の際内容に含めることができます。工事に必要な部分は入れることができますので、しっかりと判断して入れるようにいたしましょう。

大棟

 棟板金交換工事は20mで税込132,000円から承っております(※足場代別途料金)。建物の階数や今回のように屋根足場が必要な場合は追加の料金がかかってまいりますので詳しくはお問い合わせください。

隅棟 段違い

 私達、街の屋根やさんでは新型コロナウイルス感染防止対策としてマスクの着用を徹底しております。何かお困りごとございましたら安心してご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2022年09月16日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
【最新版】火災保険が適用される屋根修理

【最新版】火災保険が適用される屋根修理

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか? 特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメ…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江東区東砂にて瓦棒屋根の棟板金交換工事を実施、貫板にタフモック(樹脂製貫板)を使用致しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      杉並区宮前で下地の劣化により浮いてしまった棟板金を樹脂製貫板で棟板金交換工事

      【施工内容】

      棟板金交換

      豊島区駒込にて釘浮きが発生している棟板金の交換工事を実施、下地材に樹脂製貫板を使用致しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      世田谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

      目黒区柿の木坂にて既存雨樋からアーバントップΣ90への雨樋の交換工事を行わせていただきました

      【施工内容】

      雨樋交換

      調布市上石原にてニチハパミールからスーパーガルテクトへの葺き替え工事を行わせていただきました

      【施工内容】

      スレート屋根工事

      世田谷区北沢にて、雨漏りの発生している可能性のある笠木の交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る