無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 三鷹市新川で破損したスレート屋根をアスファルトシングルのリッ.....

三鷹市新川で破損したスレート屋根をアスファルトシングルのリッジウェイで屋根カバー工事

【施工前】
破損したスレート

【施工後】
屋根カバー工事完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 三鷹市新川町で屋根カバー工事をおこないました。
 お問合せのきっかけはスレートが落下したので、火災保険を使用して直したいという内容でした。まずは屋根の状況を確認するためにお伺し、落下したスレートを確認します。割れてしまったという事でしたが、欠片を組み合わせるとスレートの形になります。幅が短いので、屋根の一番端の部分であることが想定できましたので、どの部分が破損しているのかと併せて屋根の状態を確認していきます。
 梯子を架けて屋根の調査を行いたいのですが、梯子が架けられる軒先部分は高基礎になっていて一般的な木造2階建ての建物よりも高いので梯子が届きません。そのため、今回はドローンを使用して屋根の状態を確認していきます。
 築22年でメンテナンスをおこなった事が無い屋根で、大きな破損は見られませんが表面が劣化していて汚れやコケが付着し、色も褪せていました。色々な角度から撮影して破損した部分が確認出来ました。スレートが破損して脱落したのは強風が原因でしたので、火災保険の風災を適用して申請をおこなっております。保険が下りましたので、費用を追加して屋根全体のカバー工事をおこなう事になりました。
 使用したのはアスファルトシングルという屋根材で、旭ファイバーグラス社のリッジウェイです。ガラス繊維にアスファルトを染み込ませたシートに着色した石粒を接着した屋根材で、柔軟性がある屋根材で複雑な形状にも施工が可能です。
 2階の屋根と1階の一部に屋根がありましたので、今回の工事ではスレートが葺かれている部分全てリッジウェイでカバー工事をおこないました。
 破損して見た目にも汚れが目立っていましたが、屋根カバー工事でとても綺麗な屋根になりましたので、お客様にも大変喜んでいただけました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。
 三鷹市新川町で屋根カバー工事をおこないました。
 お問合せのきっかけはスレートが落下したので、火災保険を使用して直したいという内容でした。まずは屋根の状況を確認するためにお伺し、落下したスレートを確認します。割れてしまったという事でしたが、欠片を組み合わせるとスレートの形になります。幅が短いので、屋根の一番端の部分であることが想定できましたので、どの部分が破損しているのかと併せて屋根の状態を確認していきます。
 梯子を架けて屋根の調査を行いたいのですが、梯子が架けられる軒先部分は高基礎になっていて一般的な木造2階建ての建物よりも高いので梯子が届きません。そのため、今回はドローンを使用して屋根の状態を確認していきます。
 築22年でメンテナンスをおこなった事が無い屋根で、大きな破損は見られませんが表面が劣化していて汚れやコケが付着し、色も褪せていました。色々な角度から撮影して破損した部分が確認出来ました。スレートが破損して脱落したのは強風が原因でしたので、火災保険の風災を適用して申請をおこなっております。保険が下りましたので、費用を追加して屋根全体のカバー工事をおこなう事になりました。
 使用したのはアスファルトシングルという屋根材で、旭ファイバーグラス社のリッジウェイです。ガラス繊維にアスファルトを染み込ませたシートに着色した石粒を接着した屋根材で、柔軟性がある屋根材で複雑な形状にも施工が可能です。
 2階の屋根と1階の一部に屋根がありましたので、今回の工事ではスレートが葺かれている部分全てリッジウェイでカバー工事をおこないました。
 破損して見た目にも汚れが目立っていましたが、屋根カバー工事でとても綺麗な屋根になりましたので、お客様にも大変喜んでいただけました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
アスファルトシングル屋根工事 屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
旭ファイバーグラスリッジウェイ
施工期間
7日間(足場含む)
築年数
22年
平米数
58㎡
お施主様
M様邸
保証年数
10年間
【工事内容】
アスファルトシングル屋根工事 屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
旭ファイバーグラスリッジウェイ
施工期間
7日間(足場含む)
築年数
22年
平米数
58㎡
お施主様
M様邸
保証年数
10年間
足場アイコン火災保険アイコン屋根カバー工事

現地調査

落下して割れたスレート 元の形

 お問合せのきっかけになった破損したスレートです。

 お庭に割った落下しているのに気づいて保管してあったものです。割れて破損したスレートを組み合わせると元の形が確認出来ました。通常のスレートは幅が90センチありますので、落下したスレートは屋根のケラバ側で幅をカットした部分であることが分かりました。

ドローンで確認

 梯子を架けて調査しようと思いましたが、建物が高基礎になっていて梯子が届きませんでしたので、ドローンを飛ばして屋根の状況を確認する事になりました。

汚れの付着が目立ちます 屋根の状態

 スレートの表面は、塗膜が剥がれて撥水性が無くなっていますので、汚れやコケが全体的に付着しています。大きな破損は見当たりませんので、今回落下した部分を確認していきます。

脱落した部分

 落下したのはここです。やはり屋根の側面部分ケラバのスレートが一枚落下していました。道路と向かいにマンションがある関係で、この部分は風が抜ける部分になっていましたので、強風での影響を受けてスレートが割れて落下したようです。

 強風による建物の破損は、火災保険の風災が適用になります。今回も火災保険を申請し、破損した部分の復旧工事には保険がおりましたので、費用を追加して屋根全体の屋根カバー工事をおこなう事になりました。屋根カバー工事は税込み767,800円から承っております。建物の形状や大きさによって変わってきますので、まずはお気軽にご相談ください。

屋根カバー工事開始

低粘着ルーフィング ルーフィング

 屋根カバー工事は、既存の屋根の上に新しい屋根材を葺く工事方法を言います。屋根カバー工事は、既存の屋根材の下地を新しい屋根材の下地として使用しますので、雨漏りなどで下地の劣化が酷い場合や、建物の築年数が経過している建物で、下地の野地板に杉板を敷きならべている屋根の場合は屋根カバー工事では無く、葺き替え工事でのメンテナンスとなります。

 屋根カバー工事をおこなう際には、棟板金や雪止めなどの出っ張った部分を撤去して屋根を平らな状態にし、新しい防水紙(ルーフィング)を葺いていきます。野地板に直接ルーフィングを葺く場合はタッカーという大型のホッチキスで固定していきますが、屋根カバー工事の場合はタッカーをスレートに打つ事になり、固いスレートには刺さりません。そのため、粘着タイプのルーフィングを使用して、屋根に貼っていきます。

破損した屋根部分

 破損したスレート部分の屋根にもルーフィングを張り付けていきます。この部分は屋根が外壁にぶつかっている所がありますので、しっかりと雨仕舞をして納めていきます。

アスファルトシングルのリッジウェイ

リッジウェイ

 今回使用するのは旭ファイバーグラス社製のリッジウェイです。

 アスファルトシングルという屋根材で、ガラス繊維にアスファルトを染み込ませたシートに着色した石を接着してある屋根材です。欧米では非常によく使われている屋根材で、施工性も良く、シート状の屋根材は柔軟性が高いので複雑な屋根形状やR屋根などの湾曲した屋根にも使用できます。

ケラバの納め アスファルトシングル

 接着してある石粒の色の濃さがランダムに接着されているので、ブラウンの屋根でも薄い部分や濃い部分があり、仕上がりがグラデーションの様になります。

軒先から葺きます 斜めにカットします

 釘を使って屋根に葺いていくのですが、裏側に粘着部分があり、熱によって溶けて密着する様になっておりますので、しっかりとした固定が出来ます。

樹脂製の貫板を使用します

樹脂製の貫板 棟板金

 屋根面と屋根面が合わさった部分には今までと同じように棟が作られます。アスファルトシングルの屋根の場合、棟も同質のアスファルトシングルの棟材がありますが、今回はガルバリウム鋼板での棟板金を使用します。同系色の棟板金を使用する事で、結構良いアクセントにもなるのですが。

 棟板金の下地には貫板を使用します。元々の屋根の貫田は木が使用されていましたが、新しい棟板金の下地には樹脂製の貫板を使用します。木と違い腐食する事がありませんので、固定が緩くなってしまう可能性も殆どありませんし、棟板金の固定も釘では無くビス(ネジ)を使用しますので、更に強固な固定になります。

大屋根カバー完成

 棟板金の取り付けが完了して二階屋根の工事は完成です。アスファルトシングル材は表面に接着された石粒によって表面がざらざらしていますので、雪が滑りにくい屋根材です。そのため、屋根の角度(勾配)によっては雪止めを取り付ける必要がありませんが、スレート屋根と違い後から雪止めを取り付けることが出来ませんので、最初から取り付けておきます。

1階の屋根工事

下屋 下屋のルーフィング

 2カ所ほど庇の様に1階部分にも屋根があります。2階の屋根との大きな違いは、屋根と外壁がぶつかる部分がある事です。この部分は壁際の雨押えという板金を取り付ける事で、雨水がスムーズに流れる様に雨仕舞をおこないます。

下屋カバー完成

 壁際を納めて完成です。2階から流れてきた雨水を流すように屋根の上に雨樋が通っていますので、ここも工事後しっかりと流れる様に納めていきます。

屋根カバー工事完成

ドローンんで確認 屋根カバー完成

 屋根カバー工事が完成しました。

 大分劣化していたスレートの上に新しい屋根材としてアスファルトシングルをカバー工事しましたので、今後のメンテナンスのタイミングを大幅に遅らせることが出来ました。

屋根カバー工事完成

 この後外壁の塗装工事にとりかかりますが、屋根はこれで完成です。

 お客様にもドローンで撮影した画像を確認していただき、凄く綺麗になったと大変喜んでいただけました。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒の徹底、オンラインでの打合せにも対応しておりますので、安心して工事をお任せください。

 記事内に記載されている金額は2022年08月12日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

【最新版】火災保険が適用される屋根修理

【最新版】火災保険が適用される屋根修理

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか? 特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメ…続きを読む
アスファルトシングル屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

アスファルトシングル屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

 皆さんは「屋根材」というとどのような屋根を思い浮かべるでしょう?多くの方は瓦やスレートではないでしょうか?新築を検討されている方や最近リフォームをされた方であれば金属屋根材も注目しているかと思います。これらはすべて日本国内の住宅で上記3種類の屋根材を使用しており毎日意識せずとも見ているか…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
柔らかな陰影が魅力のアスファルトシングル屋根材「リッジウェイ」

柔らかな陰影が魅力のアスファルトシングル屋根材「リッジウェイ」

 アメリカの住宅の80%以上に使用されているというアスファルトシングル。表面の粒状彩色石による陰影とグラデーションは屋根をとても素敵に彩ります。お家が洋風で、オシャレな屋根にしたいという方にお勧めなのがアスファルトシングルの屋根材「リッジウェイ」です。 【動画で確認「リッジウェイ」】 長い文章のペ…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

葛飾区堀切にて強風の影響で棟板金が飛散したスレート屋根を屋根カバー工事、アイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)を使用

【施工内容】

屋根カバー工法

府中市天神町で破損したスレートはスーパーガルテクトで屋根カバー工事

【施工内容】

屋根カバー工法

北区神谷にてアイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドチャコール)を使用した屋根カバー工事を実施

【施工内容】

屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る