無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 中野区中央にて、ダイフレックスのDSカラー・ゼロにて屋上防水.....

中野区中央にて、ダイフレックスのDSカラー・ゼロにて屋上防水工事を行わせていただきました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:木下


 中野区中央にお住いのS様より、屋上からの雨漏りが発生しており、応急処置はしてあるが心配なので見て欲しいとのことでご依頼いただきましたことがきっかけでした。
 既存の防水層はシート防水で、手摺の架台部分に裂け目が生じてしまいそこから漏水してしまったとのことでした。
 今回は既存の防水層を活かしつつ、上からウレタン塗膜防水をかける工事のご提案を行い、工事のご用命を頂きました。

 新規防水材として使用したのは、ダイフレックスのDSカラー・ゼロという防水材です。通常、ウレタン防水材には特定有機物質が含まれておりますので、シート防水との相性があまり良くありません。しかしながらこのDSカラー・ゼロは特定有機物質が含まれておらず、脱TXの防水材なのでシート防水の上からでも施工することができます。

 ウレタン防水工事は乾燥期間を設けなければなりませんので、施工に時間がかかってしまいます。しっかりと乾燥させなければ不具合にもつながりますのであらかじめお含みおきください。

 施工後は雨漏りも再発せず、S様からもこれから安心できるとおっしゃっていただけました。
 中野区中央にお住いのS様より、屋上からの雨漏りが発生しており、応急処置はしてあるが心配なので見て欲しいとのことでご依頼いただきましたことがきっかけでした。
 既存の防水層はシート防水で、手摺の架台部分に裂け目が生じてしまいそこから漏水してしまったとのことでした。
 今回は既存の防水層を活かしつつ、上からウレタン塗膜防水をかける工事のご提案を行い、工事のご用命を頂きました。

 新規防水材として使用したのは、ダイフレックスのDSカラー・ゼロという防水材です。通常、ウレタン防水材には特定有機物質が含まれておりますので、シート防水との相性があまり良くありません。しかしながらこのDSカラー・ゼロは特定有機物質が含まれておらず、脱TXの防水材なのでシート防水の上からでも施工することができます。

 ウレタン防水工事は乾燥期間を設けなければなりませんので、施工に時間がかかってしまいます。しっかりと乾燥させなければ不具合にもつながりますのであらかじめお含みおきください。

 施工後は雨漏りも再発せず、S様からもこれから安心できるとおっしゃっていただけました。


担当:木下


【工事内容】
陸屋根工事 
【工事詳細】
使用材料
ダイフレックス DSカラー・ゼロ
施工期間
6日間
築年数
築30年以上
平米数
平場70.7㎡、立ち上がり40.8m
施工金額
143万円
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
積水ハウス
保証年数
施工保証3年
【工事内容】
陸屋根工事 
【工事詳細】
使用材料
ダイフレックス DSカラー・ゼロ
施工期間
6日間
築年数
築30年以上
平米数
平場70.7㎡、立ち上がり40.8m
施工金額
143万円
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
積水ハウス
保証年数
施工保証3年

防水工事のご用命を頂きました

 中野区中央にお住まいのお客様よりお問い合わせいただき、調査したことが工事のきっかけでした。お問い合わせ内容としては、屋上防水からの雨漏り調査でした。

防水層の確認 ドレン廻り
 調査にお伺いするとご自身で防水テープ等を使用して補修し調査時点では止まっているとのお話でしたが、いつ雨漏りを起こすかわからないのでしっかりと修理したいとのことでした。

雨漏り発生個所

 既存の防水層は機械式固定のシート防水でお隣りの解体工事の際に建物が大きく揺れてしまい、その時にシートの一部が断裂してしまったことで雨漏りが発生してしまったそうです。

架台部分 非歩行部
 歩行ができるように作られた防水にはほぼ必ずといっていいほど立ち上がり部が存在します。この立ち上がりのことをパラペットというのですが、既存の防水層はそのパラペットの手前に手摺の土台がついており、その土台の入隅に断裂が生じておりました。

裂け

 入隅は建物の動きがあった際に特に引っ張られる部分になります。大きな地震や台風でも建物が動きますので、注意しましょう。

 今回は既存防水の断裂した部分や機械式固定のディスクが歪んで裂けてしまった部分の補修を行い、既存の防水層を活かしつつ上からウレタン防水の密着工法を施工する工事のご提案をいたしました。ウレタン防水はシームレスな防水なので、凹凸の多い陸屋根(屋上)には非常に適した防水方法です。室外機の架台等も一緒に巻き込んで施工ができますので、ビルの屋上などにも多く使用されております。

ダイフレックスのDSカラー・ゼロを使用しました

 通常はシート防水の上にウレタン塗膜防水を施工すると、ウレタン防水材に含まれる有機溶媒によってシートが変性を起こして不具合が生じる場合がございます。そのため、既存の防水層がシート防水で上からウレタン防水を重ねる場合には専用のウレタン防水材を使用する必要があります。
 防水工事の流れをご紹介する前に材料の説明を行ってまいります。
 今回使用した防水材はダイフレックスのDSカラー・ZEROです。防水メーカーといえばダイフレックスの名が出るほどの大手メーカーで、多くの施工実績に基づいた高い信頼を持った防水メーカーです。

DSカラー・ゼロ主剤 DSカラー・ゼロ硬化剤
 その施工実績に基づいて開発されたのがDSカラー・ZEROで、シックハウス症候群を引き起こすといわれている特定有機物質(ホルムアルデヒド等)や、強い臭気の原因となるTX類(トルエン、キシレン)を取り除いた製品になります。特定有機物質が入っていないことから、シート防水の上からも施工できるウレタン防水材になります。通常のものよりも単価は上がってしまいますが、撤去して施工するよりは価格は抑えられますので、既存がシート防水でウレタン防水に興味のあるお客様にはおススメの防水材です。

まずは下地調整を行っていきます

 それでは工事の様子に移ります。
 まず歩行用の保護マットが敷いておりましたので、マットを撤去して高圧洗浄をかけていきます。

歩行マットの撤去 高圧洗浄

 洗浄終了後は脆弱部の補修作業を行って、立ち上がりの施工から行っていきました。

シートの切り取り 脆弱部の撤去

 立ち上がりの施工を行う際には、補強用のメッシュシートをかけ、その上からウレタン防水材を施工していきます。

立ち上がり施工

 ウレタン密着工法で大事なことはそれぞれの工程の中でしっかり乾燥期間を設けることです。

 下地が濡れてしまった状態で施工を行っていくと後々浮きや膨れの原因になります。適度に乾燥期間を設けてしっかりと施工を進めていきましょう。

 端部の補修はシール処理を行い、一部勾配不良が生じておりましたので、カチオンフィラーで不陸調整も行いました。

プライマー塗布 端部補修

カチオンフィラー

 不陸調整後には既存のシートの一部を切除して脱気筒の取り付けも行っております。脱気筒は下地からの湿気を逃がす働きをしてくれますので塗膜の膨れなどを抑えてくれます。

シートを一部切除して 脱気筒の取り付け

 膨れなどが懸念される場合には取り付けをオススメいたしますが、下地の状況によってはあまり意味がない場合もありますので、必ずしも必要がないという事はあらかじめお含みおきいただけますと幸いです。

平場の施工も進めていきます

 平場の施工前にはプライマー塗布を行い、既存シートとウレタン防水との密着度を上げていきます。シートの重なっている部分の補強も行っていきました。

プライマー塗布 重なっている部分の補強

 1層目の施工が終わりましたらその日の作業は終了して翌日2層目の施工をしていきます。前述の通りウレタン防水は乾燥が大事な工程になります。ですのでFRP防水のような速乾性の防水とは異なり施工に時間がかかってしまいます。

立ち上がり施工 平場の施工
 足場の仮設がない場合でも高圧洗浄、清掃で1日、下地処理1日、1層目施工1日、2層目、トップコート各1日の計5日間は最低でもかかってきます。足場が必要な場合にはそこに2日加わって7日、天候等の問題もありますので予備日を入れて最低でも10日間程の日程になってきます。

 ウレタン防水工事で日程が明らかに短い場合は乾燥期間をしっかりと設けていない場合がありますので注意しましょう。

 順調に施工が終了し、最後にトップコートを塗って仕上げです。

トップコート施工 トップコート
 トップコートは防水層の保護の目的でとするもので、5年から7年を目安に塗装してあげるのが良いでしょう。
工期中に雨が降る日がございましたが、雨漏りが再発することはございませんでした。

完成です

 工事完了後はすごくきれいに仕上げてくれて、今後雨漏りに怯えることなく、安心してお住まいになれるとお客様もお喜びいただきました。

架台部分 非歩行部

 今回の防水工事ウレタン防水工事は1平米あたり8000円~9000円で行わせていただきました。使用する材料、既存の下地の状態等で価格は変動いたしますので、詳しくはお問い合わせください。

施工後

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス感染拡大防止対策として、マスクの着用を徹底しております。何かお困りの際は安心してお問い合わせください。

 記事内に記載されている金額は2022年05月12日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

シート防水が施工された屋上(陸屋根)のメンテナンス方法

シート防水が施工された屋上(陸屋根)のメンテナンス方法

 ゴムシート防水で10年~15年程度、塩ビシート防水であれば10年~20年程度の耐用年数が期待でき屋上防水で採用されることも多いシート防水。皆様のご自宅や所有されているマンション・建物の屋上(陸屋根)は前回の防水工事から何年経過されていますか?普段あまり立ち入らない屋上だからこそ意外と注意が向かず「…続きを読む
ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

 防水工事と聞いてもピンと来られない方も多いと思いますが、具体的にはベランダやバルコニー、屋上(陸屋根)などからの漏水を防ぐための工事がそれにあたります。ご存知のとおり、水分は建物の大敵です。建物内部に浸入してしまうと、木造では大事な柱や梁を腐食させていきます。鉄骨でも骨組みにサビを生じさせ、強度を…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      目黒区目黒にて屋上のウレタン防水工事を行わせていただきました

      【施工内容】

      陸屋根工事 

      大田区大森北でトップライトからの雨漏りをイージーフラッシュで防水しました

      【施工内容】

      陸屋根工事 、天窓工事

      豊島区南長崎で屋上陸屋根に高耐久のウレタン塗膜防水塗料ダイフレックスエバーコートZero-1Hを使って通気緩衝工法の防水工事を行いました

      【施工内容】

      陸屋根工事 、雨漏り修理、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      中野区と近隣地区の施工事例のご紹介

      豊島区千早にて棟板金交換工事と日本ペイントのファインパーフェクトベスト(色はブラウン)を使用した屋根塗装工事を実施

      【施工内容】

      棟板金交換、屋根塗装

      渋谷区千駄ヶ谷にて破損した波板の交換工事を行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      渋谷区松濤にてコロニアルクアッドを使用しての屋根の葺き替え工事を行わせていただきました

      【施工内容】

      スレート屋根葺き替え工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る