無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 杉並区清水にて腐食した破風板の交換工事を行いました

杉並区清水にて腐食した破風板の交換工事を行いました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:木下


 杉並区清水にお住いのM様よりお問い合わせいただきまして、屋根の点検にお伺いしたことが工事のきっかけでした。当初のお問い合わせ内容は棟板金の浮きを近くで工事をしているという業者に指摘され心配なので一度見て欲しいとのものでした。
 現地調査にお伺いして屋根に登らせていただくと、非常に状態の良い屋根が迎えてくれました。後々M様にお話をお伺いすると10年前に瓦からスレートへ葺き替え工事を行ったとのことでした。葺き替えを行って10年で棟板金の浮きが生じるかと言われるとよっぽど強い風の影響を受けたか、もともとの施工が上手くいっていなかったという事でなければほとんど事例のない話だと思います。
 案の定棟板金には何の不具合も生じてはおりませんでした。最近こういった内容のお問い合わせが非常に増えてきております。中には悪質な業者もおり、自作自演のようなことも行われる可能性がありますのでよっぽどのことがない限りはそういった業者を屋根に上げないようにしましょう。
 棟板金の異常はございませんでしたが、破風板が腐食しているのが目に入りましたので破風板の交換工事のご提案をさせていただきました。破風は風から屋根を守る大事な部材なのでしっかりとメンテナンスを行って屋根の寿命を延ばしてあげましょう。
 杉並区清水にお住いのM様よりお問い合わせいただきまして、屋根の点検にお伺いしたことが工事のきっかけでした。当初のお問い合わせ内容は棟板金の浮きを近くで工事をしているという業者に指摘され心配なので一度見て欲しいとのものでした。
 現地調査にお伺いして屋根に登らせていただくと、非常に状態の良い屋根が迎えてくれました。後々M様にお話をお伺いすると10年前に瓦からスレートへ葺き替え工事を行ったとのことでした。葺き替えを行って10年で棟板金の浮きが生じるかと言われるとよっぽど強い風の影響を受けたか、もともとの施工が上手くいっていなかったという事でなければほとんど事例のない話だと思います。
 案の定棟板金には何の不具合も生じてはおりませんでした。最近こういった内容のお問い合わせが非常に増えてきております。中には悪質な業者もおり、自作自演のようなことも行われる可能性がありますのでよっぽどのことがない限りはそういった業者を屋根に上げないようにしましょう。
 棟板金の異常はございませんでしたが、破風板が腐食しているのが目に入りましたので破風板の交換工事のご提案をさせていただきました。破風は風から屋根を守る大事な部材なのでしっかりとメンテナンスを行って屋根の寿命を延ばしてあげましょう。


担当:木下


【工事内容】
その他の工事 破風板交換工事
【工事詳細】
使用材料
木製(厚さ20mm)
施工期間
3日間(足場の架け払い含む)
築年数
築30年以上
平米数
破風板 3.6m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
M様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証はお付しておりません
【工事内容】
その他の工事 破風板交換工事
【工事詳細】
使用材料
木製(厚さ20mm)
施工期間
3日間(足場の架け払い含む)
築年数
築30年以上
平米数
破風板 3.6m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
M様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
保証はお付しておりません

破風板の腐食が生じておりました

 杉並区清水にお住いのM様よりお問い合わせいただきまして、屋根の調査を行ったことが工事のきっかけでした。最初にお問い合わせいただいた際は、通りがかりの業者に棟板金の指摘を受けて心配になったので見て欲しいとのお問い合わせでした。10年前に瓦からスレートへの葺き替え工事を行ったとのことで、屋根自体は非常に良い状態でした。

破風板

 それよりも目に入ったのは破風板の一部が腐食していたことです。破風とは屋根を構成する部材のことでその名の通り風を受けて屋根へのダメージを軽減する働きを持っております。古くから木材が使用されておりますが、最近では金属製のものや窯業系のものもございます。木材と窯業系のものはどちらも元々は水を吸いやすい素材でできておりますので塗装でのメンテナンスは必要になりますが、しっかりとメンテナンスを行えば長年ご使用いただけます。

腐食した破風板 塗装が剥がれていました

 既存の破風板は塗装が剥がれてしまっており既存の破風板の表面が見えてしまっておりました。かなりの期間水を吸ってしまったようで、触ると簡単に崩れてしまうような状態でした。

 反対側は腐食が進んでおりませんでしたので今回は腐食が酷い部分のみの交換を行うことにいたしました。

破風板を取り外していきます。

 既存の破風板は少し変わったもので、一般的には30mmの厚みのものが主流なのですが、20mmのものが取り付けられておりました。ですので厚みを合わせたものの取り付けを行っていきます。

 取り外しを行うにあたってケラバ等が絡んでいないかは非常に重要な問題になります。ケラバの板金が絡んでしまっておりますとその部分も撤去交換が必要になってしまいます。スレート葺きの場合ですと、スレートの一部も絡んでしまいますので注意が必要です。

取り外し作業を行っていきます 取り外し終了

 今回は葺き替え工事を行っていた関係上ケラバとの絡みがありませんでしたので無事に取り外せました。

 取り外しを行った後新規の破風板を既存のものと同じ巾に加工して取り付けを行っていきます。

取り外した破風板 新規のラワン材

 既存の破風板が木材でしたので、新規のものも木材を使用いたしました。昔から木造の建物ではよく木製の破風板がしようされておりましたが最近では窯業系のものなども増えてきております。窯業系のものでもよかったのですが、左右のバランスが悪くなることと、数年後に塗装をご検討されているとのことでしたので、質感を合わせやすいという事で木材を使用することになりました。

取り付けていきます

 大きさを合わせた破風板を設置していきます。母屋に固定していくようにビスで固定を行いました。

 設置後は塗装をしていきます。既存の破風板の色に合わせて茶系のもので塗装を行いました。木材の塗装を行う際には防腐剤の入ったもので塗装すると良いです。また、塗装を行う前に防腐処理を行うのも非常に有効です。

取付完了 塗装中

 木材は先述の通り塗膜が劣化してくると水を吸って腐食していってしまいます。そのため定期的に塗装でのメンテナンスを行ってあげましょう。塗装のサイクルとして理想的なのは5~8年での塗装ですが、そのためだけに足場を組んでだと大変なので10年サイクルで外壁の塗装と同時期に行うのが良いかと思います。

塗装で仕上げ

 綺麗に塗装して仕上げていきます。破風板は屋根の中でも非常に負荷のかかりやすい箇所になります。そのため今回のような劣化症状も出やすい部分になります。劣化が進んでカスカスになってしまいますと塗装や板金巻きも難しくなってしまいます。目に見えて劣化してきたなと感じる場合には塗装や交換、板金巻きなどでメンテナンスをおこなってあげましょう。

仕上がり後 完成

 私達、街の屋根やさんでは新型コロナウイルス感染防止対策としてマスクの着用を徹底しております。また、調査時や工事中などソーシャルディスタンスをしっかりと保ち、感染リスクの低減に努めております。在宅ワークなどでお家にいる時間が長くなったからこそ建物の不調に気が付くチャンスでもあります。点検、見積まで無料で対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。

 記事内に記載されている金額は2022年02月11日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

知っておきたいお住まいの各部位名称

知っておきたいお住まいの各部位名称

 「屋根」、「外壁」、お住まいで大きい部分や面積の広い部分の名称は分かっても細かい部分は分からないところが多いですよね。いざ、お住まいに補修が必要になった場合、名称が分からないためにどこのことだか説明できなかったり、業者から説明を受けた際にどこを工事するのか分からなかったりすると困ってしまいますよね…続きを読む
屋根のプロが教える!破風板・鼻隠し・ケラバの役割と修理・補修方法

屋根のプロが教える!破風板・鼻隠し・ケラバの役割と修理・補修方法

 屋根で傷みやすい部分は天を向いている上面ではなく、むしろ側面です。屋根材は基本的に日光に晒されること、雨に打たれること、霜が降りること、雪が降り積もること、暴風に煽られることを想定して設計されています。屋根の形状によっても違いますが、破風板や鼻隠し、ケラバと呼ばれる部分は雨にも打たれますし、風の影…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      狛江市東野川で劣化して雨漏りしているカーポートの波板をポリカーボネートで張替え工事しました

      【施工内容】

      その他の工事

      中野区中央にて、内装工事(クロス、フローリング張り替え工事)を行わせていただきましたのでご紹介いたします

      【施工内容】

      その他の工事

      渋谷区千駄ヶ谷にて破損した波板の交換工事を行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      杉並区と近隣地区の施工事例のご紹介

      世田谷区赤堤にて飛散してしまった棟板金を火災保険を使用して交換いたしました

      【施工内容】

      棟板金交換

      練馬区富士見台にてセメント瓦からジンカリウム鋼板への屋根の葺き替え工事を行わせていただきました

      【施工内容】

      瓦屋根葺き替え

      世田谷区北沢にて、雨漏りの発生している可能性のある笠木の交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る