無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 練馬区貫井で雨漏りの起きたバルコニーの通気緩衝工法による防水.....

練馬区貫井で雨漏りの起きたバルコニーの通気緩衝工法による防水工事

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:谷中


 練馬区貫井にお住まいのお客様より雨漏りのお悩みに関するご相談がございました。雨漏りの発生個所はバルコニーと庇部分です。共に階下の軒天に雨染みが見られ、剥がれが目立ちます。まず原因究明の為、散水試験のご提案をさせていただきましたが、どの道工事することになるからと、防水工事をご依頼いただきました。
 
 築年数25年程で、新築当初から雨漏りのお悩みがあったそうです。その度に継ぎ目などにコーキングなどで部分補修を行い、雨漏りを止めていましたが雨漏りが頻発するに及んで、バルコニーを根本的に補修しようということで、今回工事のお話しをいただいた次第です。

 雨漏り箇所であるバルコニーは防水モルタルで汚れなどが目立ち、伸縮目地の劣化なども見られます。雨漏りの原因の疑いが見られる箇所は複数あり、今回はウレタン防水の「通気緩衝工法」にて施工を行います。通気緩衝工法は通気緩衝シートと脱気筒を設置することにより防水層を下地に密着させず、下から上がってきた蒸気を脱気筒から逃がすことにより、防水層の耐久性を保持します。

 ウレタン防水による厚い塗膜の形成は防水層を守る意味で大変耐久性があり、安心です。お客様も仕上がりにご満足いただき、これで雨漏りの心配はいらなくなったと喜んでおられました。
 練馬区貫井にお住まいのお客様より雨漏りのお悩みに関するご相談がございました。雨漏りの発生個所はバルコニーと庇部分です。共に階下の軒天に雨染みが見られ、剥がれが目立ちます。まず原因究明の為、散水試験のご提案をさせていただきましたが、どの道工事することになるからと、防水工事をご依頼いただきました。
 
 築年数25年程で、新築当初から雨漏りのお悩みがあったそうです。その度に継ぎ目などにコーキングなどで部分補修を行い、雨漏りを止めていましたが雨漏りが頻発するに及んで、バルコニーを根本的に補修しようということで、今回工事のお話しをいただいた次第です。

 雨漏り箇所であるバルコニーは防水モルタルで汚れなどが目立ち、伸縮目地の劣化なども見られます。雨漏りの原因の疑いが見られる箇所は複数あり、今回はウレタン防水の「通気緩衝工法」にて施工を行います。通気緩衝工法は通気緩衝シートと脱気筒を設置することにより防水層を下地に密着させず、下から上がってきた蒸気を脱気筒から逃がすことにより、防水層の耐久性を保持します。

 ウレタン防水による厚い塗膜の形成は防水層を守る意味で大変耐久性があり、安心です。お客様も仕上がりにご満足いただき、これで雨漏りの心配はいらなくなったと喜んでおられました。


担当:谷中


【工事内容】
【工事詳細】
使用材料
サラセーヌ
施工期間
30日間
築年数
25年
平米数
43㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
F様邸
保証年数
3年
【工事内容】
【工事詳細】
使用材料
サラセーヌ
施工期間
30日間
築年数
25年
平米数
43㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
F様邸
保証年数
3年

現地調査

バルコニーの状態

 南側3Fのバルコニーの様子です。

南側3Fバルコニー 南側3Fバルコニー下の軒天

 こちらのバルコニーは庇部分も同様、軒天に雨漏りが起き、2Fの室内にも雨水が浸入し、雨漏りを引き起こしています。全体的に汚れ・苔などが見受けられます。

 お住まいは築25年、雨漏りの多いお宅で、なんと新築時から雨漏りが多発していたそうです。雨漏りが起こるたびに業者に依頼して補修を繰り返していたということです。

 室内の雨漏りは主に窓際に生じており、枠の木枠に雨染みが見られます。バルコニーが雨漏りの起点になることが多く、今までは部分補修で主に笠木の部分をコーキング補修していました。

庇の状態

 庇部分も同様に雨漏りが起きています。

軒天の様子 庇の様子

 2階の玄関に続く階段上にある庇です。雨漏りによって軒天がボロボロの状態です。庇を上から確認した所、シート防水がたわんで防水が機能していない状態でした。

 今回は雨漏りを根本的に直されたいとのことでしたので、バルコニーと笠木の防水工事をご依頼いただきました。

屋上

屋上の様子 屋上の傷

 今回、屋上からは雨漏りは起きていませんが、経年劣化により下地が見えてしまっているので、こちらも補修のご依頼をいただきました。

防水工事

高圧洗浄

 防水工事の前に全体的に工事個所を洗浄致します。高圧洗浄で落ちる汚れは相当なもので、画像でもご確認いただけますが、黒く濁った水が流れ出る様子がご確認いただけます。屋上同様、ベランダ、庇部分も洗浄を行います。

バルコニーの防水工事

 バルコニーは通気緩衝工法で施工していきます。通気緩衝工法とは通気緩衝シートを貼り付けることにより、防水層と下地を密着させない工法で、下部分からの湿気を脱気筒から逃がすことができ、防水層を長持ちさせることができます。
目地の様子 目地の撤去
 まずはバルコニー床の目地処理として、劣化した伸縮目地の撤去です。このままウレタン工事を始めてしまうと新しい防水層に膨れや剥離などの不具合が生まれ、雨漏りに繋がってしまいます。皮すきなどを使い、綺麗に撤去していきます。奥まで完全に撤去します。目地を十分に乾燥させ、バックアップ材を挿入していきます。その後シーリングを注入していきます。補強クロスを貼って目地処理は終了です。
通気緩衝シート 脱気筒
 下地調整を行った後は、全体にプライマーを塗布し通気緩衝用シートを貼り付けていきます。シートに空いた小さな穴から下部分からの湿気を逃がすための脱気筒を取り付け、また端部処理、シート同士の継ぎ目に貼るジョイントテープなども施工していきます。
ウレタン1層目 ウレタン一層目
 ウレタン防水1層目の塗布です。ウレタン防水の最初は立ち上がりから塗布していきます。そして、継ぎ目が出ないように注意しながら、平面へと塗布していきます。ローラーで塗布を行い丁寧に1層目を形成します。しっかりと厚みを付けながら塗ることにより防水層を作っていきます。塗布後は10時間以上乾燥させて、2層目の準備を行います。

2層目のウレタン

 1層目のウレタンを充分乾燥させ、ごみやほこりなどを取り除いてから、2層目のウレタンを全体的に塗布していきます。
 この塗膜が乾いてから最後にウレタン塗膜を保護するトップコート塗料を塗布して完成になります。
ウレタン防水完工 脱気筒
 最後に保護のためのトップコートを塗ってバルコニー部分のウレタン防水は完了です。ウレタン防水層は耐久性が高いですが、こちらのトップコートを塗布することによって防水層を太陽からの紫外線等から守りますので耐久性の保持に繋がります。

庇の防水工事

 まずは庇部分の防水工事です。こちらは密着工法で施工致します。密着工法とは防水層を下地に完全に密着させる工法です。

庇シート撤去 庇シート撤去広範囲

 庇のシート防水を撤去した様子です。洗浄もさせていただきました。

サラセーヌ ウレタン塗布

 AGCポリマー建材株式会社の「サラセーヌ」を用いてウレタン塗膜防水を施します。

庇シート撤去 庇シート撤去広範囲

 ウレタンを塗布し、表面にトップコートを塗って庇部分も完工です。

屋上の補修

補修前 補修後

 屋上は、下地が見えている部分のみの補修です。破れている個所に印をつけて、その部分のみに既存の色に近いウレタンを塗布します。

完工

 いよいよ完工です。

改修ドレン 立ち上がり

 排水口周りには改修ドレンを設置し、ドレン部分には、全ての雨水が勢いよく集まって流れ込みます。ここでしっかりと防水を行わなければ漏水の心配があります。
バルコニー完工
 無事にウレタン防水工事が完工しました。アスファルト下地でひび割れや汚れが目立っていたバルコニーが綺麗に蘇りました。これでバルコニーからの雨漏りは心配いりません。ひび割れから雨水が浸入する心配も解消され、お客様に大変ご満足していただけました。

 ウレタン防水のトップコートは5年程度で定期的に塗装をすることで、防水層を保つことができます。また、街の屋根やさんではお客様に安心していただけるよう、工事が終わった後も保証がついておりますので定期的に訪問して工事箇所を確認させていただきます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

 お住まいは屋根材と外壁材で守られている訳ではありません。バルコニー・ベランダや陸屋根と呼ばれる屋上は、防水工事を行い雨水の浸入を防いでいます。特に近年は狭小住宅が多く、庭の代わりにバルコニーをガーデニング等で活用しているお住まいも多く見られます。しかし防水工事の必要性を知らずメンテナンスを怠ると、…続きを読む
ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

 防水工事と聞いてもピンと来られない方も多いと思いますが、具体的にはベランダやバルコニー、屋上(陸屋根)などからの漏水を防ぐための工事がそれにあたります。ご存知のとおり、水分は建物の大敵です。建物内部に浸入してしまうと、木造では大事な柱や梁を腐食させていきます。鉄骨でも骨組みにサビを生じさせ、強度を…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      狛江市元和泉にてスレートからエコグラーニへの葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      西東京市中町で強風で飛ばされた駐輪場の屋根をポリカーボネートに張替え工事

      【施工内容】

      その他の施工事例一覧→

      練馬区と近隣地区の施工事例のご紹介

      豊島区高田にて強風の影響により飛散した棟板金の交換工事を実施、貫板に樹脂製貫板を使用致しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      板橋区氷川町にて日本ペイントのパーフェクトベストを使用した屋根塗装工事を実施、色はダークチョコレートになります

      【施工内容】

      屋根塗装

      西東京市泉町で旧松下電工製のレサス屋根の葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、スレート屋根葺き替え工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る