無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 板橋区東新町にて釘が浮いている棟板金のメンテナンス、樹脂製の.....

板橋区東新町にて釘が浮いている棟板金のメンテナンス、樹脂製の貫板を使用した棟板金交換工事を実施

【施工前】
釘浮きが発生している棟板金の調査

【施工後】
釘浮きが発生していた棟板金の交換工事

【お問い合わせのきっかけ】


担当:岡野


 板橋区東新町にお住まいのK様邸にて行ったスレート屋根の棟板金交換工事の様子をご紹介致します。「近くで工事をしていた業者に屋根の板金が外れていると言われたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致しました。
 梯子を使い屋根に上がると棟板金を固定している釘が浮いている箇所があるのを発見しました。棟板金は屋根の山状になっている頂点部分に設置されていますので、風の影響を受けやすく台風などの強風や突風の被害に遭い部分になります。棟板金を固定している下地材の貫板は木製ですので経年により劣化してしうと棟板金を固定する釘が浮いてきてしまうのです。釘が浮いてしまうと棟板金を固定する力が弱くなってしまい、飛散や落下に繋がります。棟板金の飛散や落下はご近隣の建物やご自宅やお隣のカーポートの屋根を破損させてしまう危険性がありますので、お客様に調査のご報告をし、棟板金交換工事のご提案をしたところ工事のご依頼をいただきました。
 板橋区東新町にお住まいのK様邸にて行ったスレート屋根の棟板金交換工事の様子をご紹介致します。「近くで工事をしていた業者に屋根の板金が外れていると言われたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致しました。
 梯子を使い屋根に上がると棟板金を固定している釘が浮いている箇所があるのを発見しました。棟板金は屋根の山状になっている頂点部分に設置されていますので、風の影響を受けやすく台風などの強風や突風の被害に遭い部分になります。棟板金を固定している下地材の貫板は木製ですので経年により劣化してしうと棟板金を固定する釘が浮いてきてしまうのです。釘が浮いてしまうと棟板金を固定する力が弱くなってしまい、飛散や落下に繋がります。棟板金の飛散や落下はご近隣の建物やご自宅やお隣のカーポートの屋根を破損させてしまう危険性がありますので、お客様に調査のご報告をし、棟板金交換工事のご提案をしたところ工事のご依頼をいただきました。


担当:岡野


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
GL鋼板 樹脂製貫板
施工期間
1日間
築年数
築30年
平米数
棟板金:12.9m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
お付けしておりません
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
GL鋼板 樹脂製貫板
施工期間
1日間
築年数
築30年
平米数
棟板金:12.9m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
お付けしておりません
棟板金交換

調査の様子

釘浮きが発生している棟板金の調査

 スレート屋根の棟板金の調査の様子です。梯子を使い屋根に上がると、お問い合わせのきっかけになりました棟板金が外れている箇所は御座いませんでした。

棟板金の釘浮き  棟板金の釘浮き

 棟板金を固定している釘が浮いている様子です。調査を続けると隅棟の棟板金を固定している釘が浮いているのを発見しました。棟板金は下地材の貫板に釘で固定されていますが、貫板は木製のものになりますので経年により劣化していまいます。貫板が劣化してしまう事により釘が徐々に抜けてきてしまい浮いてくるのです。釘が浮いてしまうと棟板金を固定する力が弱くなり、台風などの強風や突風の影響により飛散してしまったり落下してしまいますので早めの対応が必要になります。

棟板金自体の浮きは飛散に繋がります

 棟板金自体が浮いている様子です。棟板金は屋根の山状になっている部分に設置されていますので風や地震などの揺れの影響を受けやすい部分になります。貫板の劣化や釘の浮きにより固定する力が弱くなってくると棟板金は捲れてきますので浮いてきてしまいます。棟板金自体が浮いてしまうと風の抵抗を受けやすくなりますので台風などの強風や突風の影響により飛散や落下に繋がります。また、棟板金が飛散したり落下してしまうとスレートの下に敷設されている防水紙が露出してしまいます。防水紙が雨水に晒されてしまうと雨漏りに繋がりますのでお客様に外れている棟板金はありませんでしたがメンテナンス時期になる旨をお伝えし、屋根全体の棟板金交換工事をご提案したところ工事のご依頼をいただきました。

棟板金交換工事の様子

棟板金交換工事にて既存の棟板金を解体撤去  棟板金交換工事にて既存の棟板金を解体撤去

 棟板金交換工事の様子です。棟板金交換工事は先ず、既存の棟板金と下地材の貫板を解体し、撤去する工程から行います。この工程では、雨水が浸入した形跡が無いか確認しながらバール等の専用の工具を用い作業を進めていきます。

棟板金交換工事にて既存の棟板金と貫板を解体撤去

 雨水が浸入した形跡の有無を確認し、問題が無いようでしたら溜まっていたゴミや埃を綺麗に清掃し、次の工程に移ります。

下地材の貫板を設置する様子

棟板金交換工事にて樹脂製貫板を設置  棟板金交換工事にて樹脂製貫板を設置

 下地材の貫板設置の様子です。棟板金は下地材の貫板に固定されています。既存の貫板は木製でしたが湿気や雨水などの水分により腐食等の劣化が発生していました。貫板が劣化してしまう事により棟板金を固定する力が弱くなり、飛散や落下に繋がりますので新しい貫板には樹脂製貫板のタフモックを使用致しました。

棟板金交換工事にて樹脂製貫板を設置

 タフモックは樹脂製になりますので腐食に強く耐久性に優れている下地材になります。貫板を設置し、固定する際には従来の釘では抜けやすいので、ねじ込み式のビスを使用致し、貫板に対して真上から固定していきます。貫板全ての固定が終わりましたら貫板設置の工程が完了となります。

棟板金を設置する様子

棟板金交換工事にてSUSビスで棟板金を固定  棟板金交換工事にてSUSビスで棟板金を固定

 棟板金設置の様子です。下地材のタフモックを固定しましたら、新しい棟板金をタフモックに被せて設置し、SUSビスで固定していきます。固定する際は必ず横方向から固定していきます。棟板金に対して真上から釘やビスを打ち込んで固定した方がより強く固定できると思われがちですが、ビス等で開いてしまった穴が真上に来てしまいますので、開けた穴から雨水が浸入してしまい雨漏りの原因になってしまいますので棟板金を固定する際は必ず横方向から固定します。

棟板金交換工事の様子  棟板金交換工事の様子

 屋根の形状が寄棟屋根と切妻になりますので棟板金の端部や継目を曲げたり切ったりと専用の工具で加工しながら設置していきます。棟板金を固定する際にはステンレス製のSUSビスを使用致します。SUSビスはステンレス製ですので錆に強く耐久性に優れていますので従来の釘と比較すると風に強い棟板金になります。

繋ぎ目にシール処理を行います

棟板金の繋ぎ目をシール処理  棟板金交換工事にて継目をシール処理

 棟板金の繋ぎ目にシール処理をする様子です。棟板金をSUSビスで固定致しましたら、大棟と隅棟の繋ぎ目にシール処理を行います。繋ぎ目から雨水が浸入するのを防ぐ為にシーリング材で処理を施すことで雨漏りを防ぎます。

棟板金交換工事が完了

釘浮きが発生していた棟板金の交換工事が完了

 棟板金交換工事が完了致しました。棟板金と貫板を新しくする事で耐久性が期待でき、風に強い棟板金になります。強風などの影響による飛散や雨漏りの心配も無くなりましたのでお客様の不安も解消され、大変満足していただけました。

 私たち街の屋根やさんでは引き続き新型コロナウィルス対策を行っており、必ずマスク着用でお伺いさせていただいております。ソーシャルディスタンスを徹底し、お客様やスタッフの安全管理を徹底致します。

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなところが…続きを読む
屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

屋根工事、屋根塗装はなぜ必要?メンテナンスの必要性を教えます

 健全なお住まいに暮らしている場合、普段から屋根のメンテナンスやリフォームを意識して生活している人はほとんどいないでしょう。 しかし、どんな屋根であってもメンテナンスやリフォームが必要な時期がやってきます。屋根がどんな環境におかれているか想像してみてください。 晴れの日…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区一之江で棟板金交換工事を施工、下地貫板には樹脂製のタフモックを使用

      【施工内容】

      棟板金交換

      昭島市宮沢町にて、過去に曲がってしまった棟板金の交換工事を行いました

      【施工内容】

      棟板金交換

      江東区森下で令和元年東日本台風のご被害による棟板金の交換工事、火災保険を活用して修繕致しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      板橋区と近隣地区の施工事例のご紹介

      練馬区南田中にて雹の被害を受けた波板の交換工事を行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      練馬区上石神井町で破損した軒天の補修工事を行いました

      【施工内容】

      破風板・軒天部分補修、部分塗装

      練馬区高野台で雨漏りした瓦屋根を、地震対策もかねてスーパーガルテクトに葺き替え工事します

      【施工内容】

      瓦屋根工事、金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る