無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 葛飾区新小岩にてスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を.....

葛飾区新小岩にてスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事を実施、色はSシェイドブラックになります

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 葛飾区新小岩で訪問業者より棟板金に異状があるとの指摘を受けたとの事で、当社の方に点検調査のご相談を頂いた事が始まりです。
 屋根の確認を行いましたところ、棟板金自体には言う程の劣化症状は無く、若干の釘の浮き等が発生している程度でした。しかしスレート屋根自体に全体的な汚れやコケの付着が見られ、数年前に塗装工事は行ったとのお話でしたが、若干塗装塗膜の撥水性が失われて、徐々に劣化の症状が進みつつある状況でした。
 お客様もその辺りを気にかけておられ、この際なので屋根全体のメンテナンスを進めて行きたいとのお話となり、塗装施工によるお手入れよりもっと耐久性のある金属屋根によるカバー工事を選択され、工事を進めて行く運びとなりました。
 今回使用する屋根材はアイジー工業のスーパーガルテクトとなります。ガルバリウム鋼板製の屋根材で、断熱材も有している事から、耐久性と快適性の両者を兼ね備えた非常に良い材料でのメンテナンスとなりました。色は全5色の中からお客様ご希望のSシェイドブラックをお選びいただきました。
 葛飾区新小岩で訪問業者より棟板金に異状があるとの指摘を受けたとの事で、当社の方に点検調査のご相談を頂いた事が始まりです。
 屋根の確認を行いましたところ、棟板金自体には言う程の劣化症状は無く、若干の釘の浮き等が発生している程度でした。しかしスレート屋根自体に全体的な汚れやコケの付着が見られ、数年前に塗装工事は行ったとのお話でしたが、若干塗装塗膜の撥水性が失われて、徐々に劣化の症状が進みつつある状況でした。
 お客様もその辺りを気にかけておられ、この際なので屋根全体のメンテナンスを進めて行きたいとのお話となり、塗装施工によるお手入れよりもっと耐久性のある金属屋根によるカバー工事を選択され、工事を進めて行く運びとなりました。
 今回使用する屋根材はアイジー工業のスーパーガルテクトとなります。ガルバリウム鋼板製の屋根材で、断熱材も有している事から、耐久性と快適性の両者を兼ね備えた非常に良い材料でのメンテナンスとなりました。色は全5色の中からお客様ご希望のSシェイドブラックをお選びいただきました。


担当:藤崎


【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト Sシェイドブラック
施工期間
足場設置から足場撤去まで1週間
築年数
30年
平米数
47㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
U様邸
保証年数
10年
【工事内容】
屋根カバー工法
【工事詳細】
使用材料
スーパーガルテクト Sシェイドブラック
施工期間
足場設置から足場撤去まで1週間
築年数
30年
平米数
47㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
U様邸
保証年数
10年
足場アイコン屋根カバー工事

現地調査の状況

屋根のひび割れ

 先ずは現地調査となります。冒頭にも申し上げた通り、訪問業者による指摘を受けたとの事で、内容としては棟板金の浮きやめくれが発生しているのでは無いかとのお話でした。しかし言う程の症状は見受けられず、お客様にもその旨をきちんとご報告させて頂きました。見受けられた症状としては、若干スレートにひび割れが入っている箇所が有る事や、全体的に汚れやコケの付着が見られる事が挙げられ、これらの内容を併せてご報告させて頂きました。

雪止め金具の変形 汚れとコケの付着状況

 前回塗装施工をされている様ですが、年数を経過してしまっている事も有り、表面塗膜の撥水性が少しずつ低下していると事が想定されます。水分を吸収し易くなる事で、汚れやコケの付着が発生する様になり、これらはお手入れのタイミングを知らせるサインであるとも判断出来ます。お客様もその辺りを気にされており、更に雪止め金具が変形している事や、テレビアンテナの結束線が外れてしまっている事等もあり、全体的なメンテナンスをご検討される事はお住まいを維持していく上でも、非常に良い頃合いである事はお伝えさせて頂きました。

築30年のスレート屋根

 そのメンテナンスの方法として、前回同様塗装工事による施工とするか、若しくはより長い耐久性を求める場合には屋根カバー工法も良い方法である事をご説明させて頂き、お客様の方でご検討され結果、耐久性の有る屋根カバー工法にて施工させて頂く事となりました。使用する新しい屋根材はアイジー工業のスーパーガルテクトとなります。ガルバリウム鋼板製の軽量の金属屋根材で、断熱材も有しているので耐久性と共に快適性にも優れた材料となります。

足場仮設から工事が始まります

狭い場所での足場仮設 足場仮設の完了

 今回屋根工事ですので当然足場仮設が必要となります。しかしご覧の通り、前面道路に車両が乗り入れられず、少し離れた場所に車両を停めて、そこから部材を運搬して仮設させて頂きました。暑い中の施工でしたが、足場職人さんもよく頑張って工事を全うしてくれて本当に感謝です。

屋根作業がスタート

棟板金の撤去 貫板も撤去してフラットに

 屋根作業の始まりです。突起となる箇所の撤去作業です。具体的に言うと棟板金や雪止め金具の撤去作業です。こうして棟板金を剥がすと下地の木製貫板が出てきます。やはり年数を経過している事も有り、木製貫板が変色して弱っている状況が見て取れました。

役物板金の取り付け

役物板金の取り付け 唐草、ケラバの取り付け

 棟板金等の撤去作業に続き、屋根の縁廻りに当たるケラバ板金や軒先唐草板金の設置を行います。屋根の下側の雨樋の付いた水平箇所を軒先唐草、側面に当たる角度の付いた袖部分をケラバと呼びます。これらの屋根本体とは異なる部位の板金を役物板金と呼んでいます。

防水シートの敷設作業

防水シートの敷設開始 防水シートを下から順に敷設していきます

 そして作業は防水シートの敷設作業へと進みます。カバー工法の場合、防水シートをタッカーで留める事が出来ませんので、粘着式の物を使用致します。先程設置した縁廻りの役物板金の上に被せる様に下から順に防水シートを敷設して参ります。

防水シートは改質アスファルトルーフィング

防水シートの敷設完了

 防水シートの敷設の完了です。タジマのタディスセルフと言う下葺き材で、防水シートの種別としては改質アスファルトルーフィングと呼ばれるものです。従来品と比べても耐久性にも優れた材料ですので、屋根材同様にこの先安心してお過ごし頂ける物となります。

屋根材の取り付け

ケラバ役物の上に防水シート 屋根材のケラバ部の処置

 防水シートの敷設を終えて、屋根材の取り付け作業を行います。スターターとも呼ばれる軒先唐草板金にスーパーガルテクトを咬ませて、下から葺いて参ります。袖側のケラバについては写真の様な納まりとなります。

サイズに合わせてカットします

屋根材を板金ばさみでカットします 雪止め金具を設置致します

 端側は屋根材のカット加工が必要です。板金ばさみを使用して鉄粉等の端材が出ない様、最大限配慮しながら施工させて頂きました。更に雪止め金具もしっかりと取り付けて屋根葺き作業も順調に推移していきました。

片面の葺き上がり

スーパーガルテクトの取り付け 片面の屋根葺き完了

 切妻形状の屋根ですので、面ごとの施工となります。片側の面の屋根葺き施工も棟の頂上部まで到達致しましたので、残るもう1面も同じ様に施工して参ります。

両面とも屋根材の取り付けが完了

スーパーガルテクトを頂上部まで葺きました

 もう1面の方も職人さんが手際よく作業を進めてくれて、無事両面とも屋根葺き作業を終えられました。残る作業は棟板金の取り付けと、細かい部分のシーリングやタッチアップ等の仕上げ処置となります。

棟板金の取り付け、樹脂製貫板を使用

棟の下地貫板の取り付け 樹脂製貫板の取り付けの完了

 工事は最終工程の棟板金取付作業となります。下地貫板の設置となりますが、従来の木材製の貫板ではどうしても年数と共に腐食してしまう事になり、下地の弱体化に繋がります。私たち街の屋根やさんでは、棟板金の新規取付の際は、このプラスティック樹脂製の貫板を使用して腐食に強い下地の構築に努めております。この樹脂製貫板の設置を行って棟板金を被せればいよいよ完成となります。

棟板金を被せて仕上げ

棟板金で包みます 継ぎ目にシーリング処理

 棟板金を被せました。ビス留め固定でこちらも従来の釘止めより強い取り付けとなる筈です。更に継ぎ目部分にはシーリングを施して、水の浸入防止対策も講じて参ります。

継ぎ目シーリングとビス止めの状況

棟板金の継ぎ目シーリング 棟板金のビス止め

 継ぎ目シーリングとビス止め固定のチェックを行って工事の完了です。梅雨も明けて天候にも恵まれましたので、屋根作業の工程も全て滞りなく順調に進める事が出来ました。

屋根カバー工事の完了

カバー工事の完了

 これがスーパーガルテクトによる屋根カバー工事の完成形となります。お客様も屋根の汚れやコケの付着を気にされてらっしゃいましたので、非常に綺麗になって嬉しいですとのお言葉を頂戴致しました。

雪止め金具も問題なし

雪止め金具の取付状況

 曲がっていた雪止め金具の方も新しい物に取り替えました。スーパーガルテクトの場合、屋根材と同色の純正の雪止め金具の取り付けとなります。屋根材と共にビス止めによる固定を行っているので強度の方も問題ありません。

 

Sシェイドブラックのスーパーガルテクトです

すーぱガルテクトのカバー施工の完成

 無事屋根カバー工事の方も終了致しました。今回お客様が選ばれた色はSシェイドブラックとなります。スタンダードな色合いですが、角度によって黒く見えたり、グレーに見えたりと金属屋根ならではの色味の違いが楽しめると言ったところです。私たち街の屋根やさんではこの様な屋根カバー工事は勿論、葺き替え工事や様々な屋根工事を日々行わせて頂いております。新型コロナウィルス対策の方も継続的に実施しておりますので、どうぞ皆様もお気軽にお声掛けご相談下さい。

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根工事の訪問販売で起こったトラブルをご紹介!屋根業者の訪問販売には注意が必要

屋根工事の訪問販売で起こったトラブルをご紹介!屋根業者の訪問販売には注意が必要

「訪問販売」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ 動画で見るならコチラ 【動画で確認「訪問販売トラブル事例」】 長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動画で見たいという方はこちらをご…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした屋根材の新しいスタンダード ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼板です…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区東小岩でスレート屋根のカバー工事、スーパーガルテクトのSシェイドブルーで施工

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      文京区白山で棟板金の飛散から火災保険を使用し、棟板金の修繕も含めた屋根カバー工事を施工

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      葛飾区立石でスーパーガルテクトのSシェイドブラックを使用してカバー工事を行いました

      【施工内容】

      屋根カバー工法、ガルバリウム鋼板

      その他の施工事例一覧→

      葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区船堀で倉庫の大波スレート屋根からの雨漏りが発生、棟の部分交換工事で解消致しました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      江戸川区東小岩でベランダ波板屋根の破損に伴い修繕工事を行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      江戸川区西一之江で雨漏りの発生に伴い屋根の部分葺き直し工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き直し、棟瓦取り直し 、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る