無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 文京区千石で雨漏りが酷くなった築50年のセメントプレス瓦屋根.....

文京区千石で雨漏りが酷くなった築50年のセメントプレス瓦屋根をアスファルトシングルで葺き替え工事しました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


 文京区千石のS様から私たち「街の屋根やさん」に築50年超の木造二階建ての家で雨漏りが酷いので屋根のリフォームを検討しているというお問い合わせをいただきお伺いさせていただきました。屋根はプレスセメント瓦葺きで室内のいたるところで雨漏りを起こしておりS様も屋根は葺き替え工事になる事を覚悟されていました。そのような状況で過去に他社様でお見積りを撮られたとのことですが思っていた予算より高かったこともありお問い合わせを下さったそうです。現在はご自身で室内のリフォームを週末にいらっしゃって行っているとのこともお伺いすることが出来ました。早く雨漏りを止めたいので予算以外にもすぐに施工に入れるかという事も業者選択の条件に合ったようです。ご予算に合う屋根材という事でアスファルトシングル材への葺き替え工事をご提案させていただき工期もS様のご希望の時期に着手可能という事で弊社にて工事を承る事になりました。途中、二回目の緊急事態宣言があったりで着工開始が延びましたが本格的な梅雨入り前に屋根葺き替え工事を終了することが出来ました。
 文京区千石のS様から私たち「街の屋根やさん」に築50年超の木造二階建ての家で雨漏りが酷いので屋根のリフォームを検討しているというお問い合わせをいただきお伺いさせていただきました。屋根はプレスセメント瓦葺きで室内のいたるところで雨漏りを起こしておりS様も屋根は葺き替え工事になる事を覚悟されていました。そのような状況で過去に他社様でお見積りを撮られたとのことですが思っていた予算より高かったこともありお問い合わせを下さったそうです。現在はご自身で室内のリフォームを週末にいらっしゃって行っているとのこともお伺いすることが出来ました。早く雨漏りを止めたいので予算以外にもすぐに施工に入れるかという事も業者選択の条件に合ったようです。ご予算に合う屋根材という事でアスファルトシングル材への葺き替え工事をご提案させていただき工期もS様のご希望の時期に着手可能という事で弊社にて工事を承る事になりました。途中、二回目の緊急事態宣言があったりで着工開始が延びましたが本格的な梅雨入り前に屋根葺き替え工事を終了することが出来ました。


担当:渡辺


【工事内容】
屋根葺き替え 雨漏り修理 その他の工事 屋根上バルコニーの撤去
【工事詳細】
使用材料
構造用合板12mm、改質アスファルトルーフィング(非粘着)、ニチハアルマ、GL鋼板製各種役物
施工期間
1週間(仮設解体含む)
築年数
50年
平米数
約70㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
【工事内容】
屋根葺き替え 雨漏り修理 その他の工事 屋根上バルコニーの撤去
【工事詳細】
使用材料
構造用合板12mm、改質アスファルトルーフィング(非粘着)、ニチハアルマ、GL鋼板製各種役物
施工期間
1週間(仮設解体含む)
築年数
50年
平米数
約70㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
足場アイコン屋根葺き替え雨漏り修

点検

屋根にあるベランダ ベランダ

 文京区千石にお住まいのS様から、私たち「街の屋根やさん」にお問合せを頂きました。お問い合わせの内容は、雨漏りが酷くなってしまったので屋根の葺き替え工事をご検討されているとのことでした。S様のお住まいは通りから少し奥まった場所に建てられており横に長い二階建て木造モルタル造のお宅です。屋根にバルコニーが付いているとのことで、バルコニーから屋根の様子を見させていただくことになりました。

屋根全景

 築年数が50年程経つとのことで、ところどころにを差し替えた跡がありました。セメントプレス瓦で雨漏りもそうですが、今後の事を考えて軽量化も視野に入れられているそうです。

雨漏り養生

 屋根全体的に雨漏りが発生しているとのことでしたが、特にひどい分部には、すでにブルーシートで養生がされておりました。工事は屋根葺き替え工事で行う事はお決めになられていたので後は、どこの業者で、何の素材を使って、ご希望の予算内で、いつできるか、という事を決めていくとのことでした。そこで私たち「街の屋根やさん」では軽量化とご予算からアスファルトシングル屋根材を使った屋根葺き替え工事をご提案させていただき工事を承らせていただくことになりました。

立地条件 隣地境界

 立地が奥まったところにあるため、近隣住民の皆様のご協力が不可欠となります。足場の仮設に関してのお打合せをS様と綿密に実施しS様にもご協力を頂いての工事となります。

工事着工

近隣挨拶

 当初着工を予定していたタイミングで、東京都に新型コロナウイルス罹患者増加による2回目の緊急事態宣言が出されたことで1か月ほど着工を延ばしておりましたが、梅雨入りも近いという事で新型コロナウイルス感染防止対策をしっかり行い工事を着手することになりました。ご近隣の皆様に工事のご案内を配らせていただきご協力を改めてお願いいたしました。

まずはバルコニーの解体を実施

バルコニー解体はじめ

 屋根の点検にも利用させていただいたバルコニーですが、動線の鉄骨階段に老朽化による破損もあり実質現在使用していないとのこともあり、また屋根葺き替え工事の際に障害にもなるためこの工事のタイミングで撤去を行いました。

解体中 デッキ材撤去

 屋根が非常にもろいプレスセメント瓦だったので、葺き替え工事が前提でなければこの解体もできなかったと思われます。

バルコニー鉄部解体 部材搬出

 床を解体し、フレームもボルト固定部分はボルトを外し、切断が必要な部分は電動工具で切断し総勢5名で屋根からバルコニーを撤去していきました。

バルコニー撤去 撤去完了

 バルコニー解体・撤去に際し、やはり何か所か瓦の破損が発生いたしましたが幸いにも雨の予報もなくそのまま継続して屋根工事に入れたので問題はありませんでした。ほぼ丸一日をバルコニー解体に費やしました。

屋根葺き替え工事を行います

瓦撤去開始

 バルコニー解体の翌日より、プレスセメント瓦屋根からアスファルトシングル屋根への葺き替え工事を行いました。屋根の頂点「棟」から解体を行っていきます。

瓦外ししている 瓦を集める

 瓦を外したら、当日内に防水紙の敷設まで完了させないといけませんので時間との勝負になります。バルコニー解体と同じく5名の職人で瓦の集積、運搬を行っていきます。

清掃など 瓦降ろし中

 瓦を外した跡に黒っぽく見えるのが、既存の防水紙です。ほぼ原形をとどめていないため瓦の隙間から入り込んだ雨水が漏水していたと考えられます。昇降機を使用して屋根から瓦を降ろして行きます。

瓦まとめ 瓦積み込み終了

 おろした瓦は近くの駐車場に待機している運搬車に積み込み、瓦降ろし作業は終了となりました。朝から始めてお昼ごろには終了することが出来ました。

屋根の下地を補強します

 野地貼り前

 瓦降ろしが終了しました。このままの状態では新しく屋根を葺けないので野地板を重ね張りしていきます。雨漏りをしていたこともあり既存の野地板は弱っている所もありました。

野地板搬入

 野地板は針葉樹構造用合板の12mmの物を使用します。

野地板荷揚げ 野地板敷設

 荷揚げ機を使って屋根に運びあげ、釘打ち機を使用してタルキに固定していきます。

雨樋と軒先の関係 野地はり

 瓦屋根の場合、瓦が軒先より出ていることで雨水が樋に受けるようになっています。その軒先の出の部分を新しい野地板で作ってあげる必要があります。40mmほど雨樋側に野地板を出しています。

野地板施工 野地板施工完了

 屋根全体に新しい野地板を敷設し終えました。

新規防水紙とガルバリウム鋼板製の役物板金の取付

唐草ビス止め

 野地板敷設後は新しい防水紙と板金役物の取付です。今取り付けているのは唐草と呼ばれる板金で雨樋に雨を落とす役割を持っています。

唐草設置 唐草板金

 切妻屋根ですので、両側の軒先に唐草を付けていきます。

防水紙敷設開始 防水紙敷設完了

 唐草を設置し終えたら、新しい防水を唐草の上に被るように敷設していきます。新しい防水紙は改質アスファルト防水紙、通称ゴムアスです。粘着式ではないものになりますのでタッカーというホチキスの大型の物で野地板に止めていきます。

ケラバ板金設置風景 ケラバビス止め

 つづいてケラバ水切りという板金を取り付けていきます。唐草は防水紙の下側でしたがケラバ水切りは防水紙の上側に設置します。屋根の妻面に設置する板金です。寄棟造りの屋根には基本的につきません。

ケラバ板金の取付 ケラバの固定

 ケラバ水切りの設置されている場所と様子になります。

防水紙と唐草の関係 防水紙とケラバ板金の関係

 今一度、唐草板金とケラバ水切りの防水紙との関係を確認しましょう。軒先側は唐草板金の上に防水紙が被り、妻面側は防水紙の上にケラバ水切りが被ります。

アスファルトシングル材による新規屋根葺き

アルマ

 各種板金の施工が終わりました。一日雨の日があり現場はお休みとなりましたが、防水紙まで葺かれておりますので雨漏りの心配はありませんでした。新しい屋根材はアスファルトシングル屋根材でニチハのアルマを使用していきます。

釘 ボンド

 アスファルトシングル材は釘と専用ボンドを使用して施工していきます。

シングル材 シングル材施工

 柔軟性のある素材で比較的軽量です。そのため施工もかなり早く行う事が出来ます。

ボンドと釘 釘打ち機

 ボンドと釘の併用で固定していきます。

ケラバと屋根材の関係 施工完了間近

 ケラバ水切りには水切りにかぶさるように屋根材が設置されていきます。屋根材本体の施工は1日半ほどで終了となりました。

樹脂貫 棟板金

 最後に棟をおさめて工事は終了となります。棟板金を固定する貫板は樹脂製のタフモックを使用しています。棟板金はもちろんガルバリウム鋼板製です。

屋根葺き替え工事終了

屋根の全景完成状態

 不要のバルコニーも無くなりスッキリとしました。雨漏りもこれでなくなる事でしょう。足場仮設から解体までちょうど1週間で終わる事が出来ました。本格的な梅雨入り前に終わってよかった、とS様にもいっていただくことが出来ました。

 

 

 

 

 記事内に記載されている金額は2021年06月03日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根リフォームで地震に強い屋根へ

屋根リフォームで地震に強い屋根へ

【動画で確認「地震に強い屋根」】 長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動画で見たいという方はこちらをご覧ください! ↓ ↓ ↓ 【動画で確認「地震に強い屋根」】 長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめてい…続きを読む
アスファルトシングル屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

アスファルトシングル屋根のチェックポイントとメンテナンス方法

 皆さんは「屋根材」というとどのような屋根を思い浮かべるでしょう?多くの方は瓦やスレートではないでしょうか?新築を検討されている方や最近リフォームをされた方であれば金属屋根材も注目しているかと思います。これらはすべて日本国内の住宅で上記3種類の屋根材を使用しており毎日意識せずとも見ているか…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありません…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      世田谷区八幡山でマンション廊下の長尺シート張替え工事

      【施工内容】

      その他の工事

      目黒区緑が丘で雨漏りしているルーフバルコニーの防水工事

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      豊島区西池袋にて瓦屋根から金属屋根材のスーパーガルテクト(Sシェイドブラック)へ屋根葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根葺き替え、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

      その他の施工事例一覧→

      文京区と近隣地区の施工事例のご紹介

      台東区上野にて杉皮が破れて雨漏りが発生した瓦屋根の部分葺き直し工事を実施

      【施工内容】

      屋根葺き直し

      台東区日本堤にてマンション屋上の陸屋根防水工事を実施、ウレタン塗膜防水通気緩衝工法にて施工致しました

      【施工内容】

      防水工事

      北区神谷にてアイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドチャコール)を使用した屋根カバー工事を実施

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る