無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 杉並区浜田山で強風で捲れてしまった急勾配の屋根を火災保険で葺.....

杉並区浜田山で強風で捲れてしまった急勾配の屋根を火災保険で葺き替え工事しました

【施工前】
スレート屋根

【施工後】
葺き替え工事が完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 杉並区浜田山で屋根葺き替え工事をおこないました。お問合せのきっかけは強風によって屋根のスレートが剥がれてしまったという内容でした。現地調査に伺うと屋根が急勾配で上る事が出来ません。剥がれている事は確認出来ましたが養生するにしても足場をまず先にかける必要が有りましたので、足場と養生のご契約を先に締結させていただきました。
 通常足場は建物の外周部を囲うように架けて外側に飛散防止のためのメッシュシートを架けます。今回は急勾配の屋根面も足場が無いと作業が出来ませんので、屋根足場も併せて架けました。足場を架け終えましたので捲れたところの養生もおこなっております。剥がれたスレートは回りに飛散することなく敷地内へ落ちていましたので、被害は最小限に抑えられています。
 強風によって建物が被害を受けた場合、建物に掛けてある火災保険を使用する事が出来ます。火災保険は、建物の火災だけでなく、雪・風・雹(ひょう)・雷などの自然災害によって建物が被害を受けた際に、元に戻す為にかかる費用を保険会社が負担してくれます。ご加入の保険内容によって補償の内容は変わりますが、自己負担なく工事をおこなう事が出来る場合もあります。作業をおこなうために必要な足場も対象になりますので、その足場を利用して他の工事も併せておこなうと費用を抑える事に繋がります。
 今回工事をおこなった建物は、被害を受けたのは屋根の一面のみでしたが、通常の足場と屋根足場を架ける必要がありますので、屋根全面の葺き替え工事をおこなう事になりました。
 葺き替え工事で下地から新しくしていますので、工事後は今回の様に風の影響を受けにくくなり、お客様にも安心していただく事が出来ました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。
 杉並区浜田山で屋根葺き替え工事をおこないました。お問合せのきっかけは強風によって屋根のスレートが剥がれてしまったという内容でした。現地調査に伺うと屋根が急勾配で上る事が出来ません。剥がれている事は確認出来ましたが養生するにしても足場をまず先にかける必要が有りましたので、足場と養生のご契約を先に締結させていただきました。
 通常足場は建物の外周部を囲うように架けて外側に飛散防止のためのメッシュシートを架けます。今回は急勾配の屋根面も足場が無いと作業が出来ませんので、屋根足場も併せて架けました。足場を架け終えましたので捲れたところの養生もおこなっております。剥がれたスレートは回りに飛散することなく敷地内へ落ちていましたので、被害は最小限に抑えられています。
 強風によって建物が被害を受けた場合、建物に掛けてある火災保険を使用する事が出来ます。火災保険は、建物の火災だけでなく、雪・風・雹(ひょう)・雷などの自然災害によって建物が被害を受けた際に、元に戻す為にかかる費用を保険会社が負担してくれます。ご加入の保険内容によって補償の内容は変わりますが、自己負担なく工事をおこなう事が出来る場合もあります。作業をおこなうために必要な足場も対象になりますので、その足場を利用して他の工事も併せておこなうと費用を抑える事に繋がります。
 今回工事をおこなった建物は、被害を受けたのは屋根の一面のみでしたが、通常の足場と屋根足場を架ける必要がありますので、屋根全面の葺き替え工事をおこなう事になりました。
 葺き替え工事で下地から新しくしていますので、工事後は今回の様に風の影響を受けにくくなり、お客様にも安心していただく事が出来ました。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
コロニアルクアッド
施工期間
7日間(足場含む)
築年数
25年
平米数
60㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
【工事内容】
屋根葺き替え
【工事詳細】
使用材料
コロニアルクアッド
施工期間
7日間(足場含む)
築年数
25年
平米数
60㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
H様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年間
足場アイコン屋根足場アイコン火災保険アイコン台風アイコン屋根葺き替え

強風で破損した屋根を調べます

急勾配の切り妻屋根 剥がれ落ちたスレート

 お問合せのきっかけは、強風で屋根材は落ちてきてしまった、というものでした。スレート屋根は釘を打って屋根に固定しているのですが、釘がサビてしまい脱落したり、今回の様に強風によって剥がれてしまう事があります。

 いずれにしても経年劣化によって色々な所の耐久性が落ちてきたために起きてしまう症状ですので、定期的な点検をおこなう事で劣化の状態を事前に把握する事も出来ます。早期に不具合が発見出来ればメンテナンス方法も軽微な補修で済むこともありますので、建物のメンテナンスは早め早めにおこなう事が大切です。

下地まで傷みが出ています 被害が広がっていました

 強風によって被害を受けたスレート屋根は非常に急勾配のため、何をするにも足場を架けなければなりません。調査後早急に足場を建物の外周部と急勾配の屋根にかけて正確な調査をおこないました。

 スレートの剥がれは大分酷く、下に葺いてある防水紙(ルーフィング)も剥がれ野地板にも被害が広がっていました。元々傷みが出ていた部分に風の影響で回りを巻き込んでこの様な状態になってしまった様です。

 この状態ですと部分的な補修ではなく屋根全体での工事をおこなう必要がありますので、古い屋根材を全て剥がして新しい野地板と防水紙(ルーフィング)を葺いてから新たな屋根材を葺く、葺き替え工事をおこなう事になりました。

工事までのあいだシートで養生しておきます

捲れた部分に養生しています

 足場を架けて屋根の状態を調査しましたが、材料や職人さんの手配をおこなう必要がありますので、直ぐに工事に取り掛かる事が出来ません。そのため、工事までのあいだにこれ以上の被害が広がらない様にブルーシートを掛けて雨が入らない様に養生しておきます。今回はそれ程工事までの日数が空くわけではありませんが、ブルーシートも紫外線によって劣化してしまいますので、なるべく早く工事をおこないます。

 急勾配の屋根ですので、作業の手間も通常の屋根よりかかります。その点も踏まえてしっかりと工事工程を組んで進めていきます。

葺き替え工事は古い屋根材を剥がす事から始めます

スレートを剥がしました 野地板を新しく張りかぶせます

 古いスレートを剥がしていくと全体の下地の状態が確認出来ました。屋根の角度が急なため、通常の屋根と比べても雨水の排水に関しては有利になりますので、下地に雨水が回っている部分は殆どありませんでした。しかし、下地の野地板は結露などにより強度が保たれていない所もありましたので、場所によってはスレートを固定する釘が効いていない所もありました。

 釘が効いていない所は風の影響も受けやすくなっていますので、今回の様に強風によって剥がれたり脱落してしまった様です。

 古い屋根材を剥がした後は新しい合板を屋根全体に張って、新しい屋根材の下地を作ります。合板を張る事で屋根の歪みに対しても強くなりますので、今まで以上に屋根の強度を上げる事にも繋がります。

防水紙で雨水を防ぎ屋根材を葺いていきます

新しいルーフィングを葺きます

 野地板を新しくした後は改質アスファルトルーフィングを張ります。屋根は、屋根材と防水紙(ルーフィング)によって建物内に雨水を入らない様に防いでいます。そのため『防水紙』という名称なのです。裏側に絶対雨水が回らない屋根材は有りませんので、回った雨水を軒先に流す為に防水紙が張ってあります。

 防水紙を貼った後は屋根材を葺いていきます。今回使用するのはケイミュー社製のコロニアルクアッドです。今までと同じ化粧スレートで、軒先から釘で固定して葺いていく屋根材です。

新しいスレートを張っていきます 釘で固定して重ねていきます

 コロニアルクアッドは一枚に対して釘4本で固定します。軒先から横並びで葺いていき、上の段のスレートを釘が隠れる様に半分重ねて吹き上げていきます。この重なった部分は屋根にとって重要な部分で、屋根材の裏側に回った雨水を外に逃がす役割を持っています。先程、屋根材の裏側に雨水は絶対に回るとお伝えしましたが、回った雨水は防水紙(ルーフィング)の上を流れていきますが、屋根材の外側に出ようとする雨水もあります。その雨水が出るのがこの隙間で、良く塗装工事をおこなったあとに雨漏りしてしまったという様な時は、この隙間が塗料で埋まってしまい雨水が外に流れず溜まってしまった事で起きている事が多いのです。

 屋根材によって取付方が違いますが、化粧スレートの場合はこの様に葺いていきます。

トップライト回りの雨仕舞もしっかりとおこないます

急勾配は通常よりも手間がかかります トップライト回りの雨仕舞をしっかりと

 屋根の形状は勾配は急ですがシンプルな切り妻屋根です。良く言う三角屋根で、横から見たら屋根の形が三角になっている2面で構成されている屋根の事を言います。勾配が急なので屋根の水捌けは非常に良いのですが、1カ所トップライトが設置されています。

 トップライトの取付方法は、屋根に穴を開けて専用のサッシを取り付けています。穴を開けていますので念入りに防水処理をおこなって取り付けしてありますが、経年によって建物が動いたり防水紙も劣化していきますので、築年数が経てば経つほど雨漏りの危険性が高まってしまいます。

 葺き替え工事をおこなう製には、流れてきた雨水がトップライト部分から室内に入り込まない様に専用の水切りを取り付けて左右にスムーズに雨水が長る様に納めました。

屋根葺き替え工事が完成

葺き替え工事が完成

 屋根葺き替え工事が完成します。強風によって被害を受けた屋根を下地から新しくしておりますので、同じ化粧スレートで葺いてありますが、今まで以上に屋根の造りが強固になりました。

工事前の屋根 葺き替え工事が完成

 仕上がりが分かりにくいかもしれませんが、三角屋根の2面を葺き替えておりますので、これで雨漏りの心配も無くなり安心し出来るようになったとお客様に大変喜んでいただけました。

 今回の様な強風による被害は、火災保険の風災が適用になります。ご加入の保険会社との契約内容によって色々な条件がありますが、私たち街の屋根やさんでは保険申請のお手伝いもおこなっておりますので、わからない事がございましたらお気軽にご相談ください。

 

 

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

工事を行なったH様のご感想をご紹介いたします

H様のアンケート

【工事前】

工事前アンケート

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
台風で屋根がとばされた為
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
ネットで検索しました
Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐに問合せをしました
Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
対応が早くて電話で話した限りですがていねいで信頼できるなと感じたからです
Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
とてもていねいに信身になって下さる印象でした

H様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

【最新版】火災保険が適用される屋根修理

【最新版】火災保険が適用される屋根修理

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか? 特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規模の大きさなどがメ…続きを読む
プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

プロが教える屋根リフォームで失敗しないコツ

 屋根リフォームの主な目的は、雨漏りの防止や安全対策です。頻繁におこなう必要はありませんが、定期的に屋根の状況をチェックして、必要があれば補修や清掃、塗り直しをおこなうことで、屋根そのものの寿命を延ばすことができます。春の大風や夏場の暑い日差しに台風、冬の積雪などで屋根は徐々に痛んできています。「う…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根の専門家が教えます、屋根の勾配(角度)と屋根材の関係

屋根の専門家が教えます、屋根の勾配(角度)と屋根材の関係

 普段、生活している限り、屋根のことはあまり気にしない方がほとんどだと思います。それでも、屋根というと大半の方は三角屋根を思い浮かべるのではないでしょうか。見慣れた街並みを思い出してください。大方の屋根には勾配(傾斜)が付けられています。屋根勾配は雨水を効率良く流すのに必要です。積雪地ではその勾配を…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区船堀にて瓦屋根から金属屋根への屋根葺き替え工事を実施、アイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブルー)を使用致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      練馬区石神井町で雨漏りしているアーバーニーの屋根をコロニアルクアッドで葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理

      調布市調布ヶ丘で雨漏りと地震対策で瓦屋根からスレートへの葺き替え工事

      【施工内容】

      瓦屋根工事、スレート屋根工事、屋根葺き替え、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      杉並区と近隣地区の施工事例のご紹介

      練馬区上石神井にて、経年劣化による反りや剥がれが生じたパミール屋根をスーパーガルテクトで屋根カバー工事

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      三鷹市牟礼にて飛散した棟板金の交換工事を行わせていただきました

      【施工内容】

      棟板金交換

      練馬区高松にてスレートから石粒付き金属屋根への葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      スレート屋根工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る