無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 町田市大蔵町でコロニアルNEOの屋根をエコグラーニでカバー工.....

町田市大蔵町でコロニアルNEOの屋根をエコグラーニでカバー工事しました

【施工前】
カバー前のコロニアルNEO

【施工後】
カバー後のエコグラーニ

【お問い合わせのきっかけ】


担当:高田


 昨年の台風で屋根が1枚外れてしまい、そのままにしていたが心配なので様子を確認してほしいというお問い合わせをいただき、町田市大蔵町のK様邸にお伺いしたことが今回の工事のきっかけでした。

 現地に赴き屋根に登らせていただくと、北面の屋根が1枚根本から外れてしまい、抜け落ちている状態でした。屋根は屋根材の下に防水紙と呼ばれる防水シートが敷かれていて、この防水紙が破れない限り雨漏りをすることはありません。しかしながら抜け落ちたままにしておくのは防水紙にも良くないので、全体的なメンテナンスを行うこととしました。

 今回のように台風の被害でお住まいが被害を受けた場合は、火災保険の申請対象となる場合があります。K様も火災保険にご加入とのことでしたので申請を行い無事に保険金が下りたため工事代金に充てて工事を行うこととなりました。

 工事費用を抑えるために、既存の屋根は残したまま上から新しい屋根を被せるカバー工事を行うこととし、屋根材はオシャレで耐久性に定評のあるディートレーディングのエコグラーニを使いました。

 10日ほどで工事も無事に終わり、生まれ変わった屋根にとてもご満足いただけました。
 昨年の台風で屋根が1枚外れてしまい、そのままにしていたが心配なので様子を確認してほしいというお問い合わせをいただき、町田市大蔵町のK様邸にお伺いしたことが今回の工事のきっかけでした。

 現地に赴き屋根に登らせていただくと、北面の屋根が1枚根本から外れてしまい、抜け落ちている状態でした。屋根は屋根材の下に防水紙と呼ばれる防水シートが敷かれていて、この防水紙が破れない限り雨漏りをすることはありません。しかしながら抜け落ちたままにしておくのは防水紙にも良くないので、全体的なメンテナンスを行うこととしました。

 今回のように台風の被害でお住まいが被害を受けた場合は、火災保険の申請対象となる場合があります。K様も火災保険にご加入とのことでしたので申請を行い無事に保険金が下りたため工事代金に充てて工事を行うこととなりました。

 工事費用を抑えるために、既存の屋根は残したまま上から新しい屋根を被せるカバー工事を行うこととし、屋根材はオシャレで耐久性に定評のあるディートレーディングのエコグラーニを使いました。

 10日ほどで工事も無事に終わり、生まれ変わった屋根にとてもご満足いただけました。


担当:高田


【工事内容】
スレート屋根工事 屋根カバー工法 スレート屋根カバー工事 金属屋根カバー工事
【工事詳細】
使用材料
ディートレーディング エコグラーニ
施工期間
10日(足場掛け払い含む)
築年数
13年
平米数
91.8㎡
施工金額
お問い合わせください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年
【工事内容】
スレート屋根工事 屋根カバー工法 スレート屋根カバー工事 金属屋根カバー工事
【工事詳細】
使用材料
ディートレーディング エコグラーニ
施工期間
10日(足場掛け払い含む)
築年数
13年
平米数
91.8㎡
施工金額
お問い合わせください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
10年
火災保険アイコン屋根カバー工事

屋根の状況確認

コロニアルNEOの屋根

 昨年の台風19号(令和元年東日本台風)の被害で屋根が1枚外れてしまっており、そのままにしておくのも心配になってきたので状態を確認・点検してほしいと無料点検のご依頼をいただいたことが今回の工事のきっかけでした。実際に現地に赴き屋根に登らせていただくと、まず目に映ったのは屋根に苔が生えた状態でした。写真の左が北面、右が南面です。南面は日当たりがよく苔などが発生しにくい傾向にあり、反対に北面は日が当たりにくく乾燥しづらく苔の発生が見られる場合が多くなっています。今回のK様邸でも傾向に沿った状況が見られました。

コロニアルNEO特有のひび割れが多数見られました

屋根のひび割れ コロニアルNEOのひび割れ

 スレート屋根と一口に言っても、メーカーや年代で色々なスレート屋根が存在します。今回の屋根材はコロニアルNEOと呼ばれる屋根材で、業界では名の知れた曲者の屋根材です。アスベストの健康被害がニュースで一時期取り沙汰されていましたが、屋根材も例外ではなく昔の屋根にはアスベストが当たり前のように使われていました。この屋根材はそんなアスベストを素材から抜いたノンアスベストの画期的な屋根材として登場したものでしたが、建材を頑丈にする効果のあったアスベストを抜いたことにより、とても脆い屋根材となってしまいました。築10年ほど経過したところから各所でひび割れが無数に生じるという報告が上がるようになり、問題視されていました。今回のK様邸のコロニアルNEOも、築13年という築浅にも関わらず、無数のひび割れを確認することができました。

昨年の台風で屋根が1枚外れてしまった

屋根材が抜け落ちた 抜け落ちたコロニアルNEO

 お問い合わせのきっかけとなった抜け落ちた屋根の部分を確認します。抜け落ちていたのは1枚だけでした。スレート屋根は1枚で約3.4kgほどの重さがあり、屋根から落ちてきて人に当たれば怪我では済まない場合もあります。大きな事故が起きずにまずは何よりでした。コロニアルNEOは先述したとおりひび割れを起こしやすい屋根材であるため、何も指定なくてもこのように抜け落ちてくるケースもありますが、今回は台風がきっかけで抜け落ちたということが重要です。台風の風でお住まいが被害を受けた場合、火災保険の風災の申請対象となることがあります。火災保険と聞くと火災のみの保険と思われがちですが、風災・雪害・雹害などの自然災害も幅広くカバーしてる場合が多いので、お住いが自然災害の被害を受けた場合はまずはご加入の火災保険会社に確認してみることをオススメいたします。今回のK様のケースでも風災を申請し、修理にかかる費用の殆どを保険金で賄うことができました。

板金部分を撤去します

棟板金を撤去 板金部分を撤去

 ご契約もいただき、工事着工となりました。今回は屋根材を処分しての葺き替え工事ではなく、屋根材を残したまま上に新しい屋根材を葺くカバー工事を行います。屋根材の処分費がかかる葺き替え工事と比較して、カバー工事は屋根材を処分しない分廃材費と施工費を安くできるメリットがあります。デメリットとしては既存の屋根の上に新しい屋根を乗せるので屋根が重くなることが挙げられます。屋根が重いと地震の際に屋根が大きく揺れるようになり、耐震強度は今までよりも下がってしまいます。そのため、カバー工事では重い屋根材を使うことができず、高額ながらも軽くて丈夫な金属屋根を使うケースが多くなっています。今回のK様のお住まいでも、ディートレーディングのエコグラーニという金属屋根を使ってカバー工事を行っていきます。

 カバー工事の初めは屋根の板金部分の撤去からスタートします。板金部分を残したままだと新しい屋根を取り付けることができないためです。棟板金や雪止めを撤去して、次の工程に移ります。

カバー工事の場合は粘着性の防水紙を使います

防水紙を貼り付けていく 防水紙は下から上へ巻く

 板金部分の撤去が終わったら、既存の屋根の上に新しい防水紙を敷いていきます。既存の屋根を屋根の下地として考えるイメージです。カバー工事の場合、既存の屋根に防水紙を密着させて敷いていく必要はがあるため、基本的には粘着性の防水紙を用います。今回の工事でも田島ルーフィングのタディスセルフカバーという強粘着性の防水紙を使わせていただきました。防水紙は軒先から先に巻きはじめ、ぐるっとひと回り巻き終わったら棟の方に新しく巻いていきます。この施工は雨仕舞の基本で、下から上に被せて施工することで、屋根材の内部に水が侵入した場合も、軒先まで水を排出することができます。これを逆にかぶせていった場合、つなぎ目部分から水が侵入し、防水紙の下に水が入ることになってしまいます。そうなると後は雨漏りを起こしてしまうだけとなります。このように、施工の手順にもしっかりと対応が練り込まれているのです。

金属屋根のエコグラーニを葺いていきます

金属屋根のエコグラーニ エコグラーニ施工中

 新規の屋根材は先述した通りディートレーディングのエコグラーニを使っていきます。エコグラーニはジンカリウム鋼板と呼ばれる錆に強い金属の屋根材に、石粒を吹き付けることによって耐久性を更に向上させ、見た目もオシャレにした人気の屋根材です。表面の石粒が雨音などを軽減する役割がある他、積雪時に雪の滑りを防止し、10寸勾配までは雪止めも不要と言われています。中でも耐久性には特に定評があり、塗装のメンテナンスも不要で30年はメンテナンスフリーでもつと言われています。耐久性の低い屋根材を10年ごとにメンテナンスするよりも、初期費用を少し奮発してエコグラーニのような屋根材を選ぶことで、30年のトータルで考えた場合の費用を安く抑えることができます。今後屋根のメンテナンスをお考えの方はぜひ参考にしていただければ幸いです。

カバー工事が完了し、美しい屋根に生まれ変わりました

エコグラーニカバー工事完成 エコグラーニカバー工事完了

エコグラーニで葺き替え完了

 工事も無事に完了し、新しい屋根に生まれ変わりました。エコグラーニの高級感のある佇まいがとてもオシャレに仕上がっています。屋根の景観も含めてひび割れに悩んでいたK様も、これで屋根の心配ごとがなくなったととても喜んでいただけました。きれいな屋根になったお住まいとともに。これからも末永くご自宅での生活を送っていただければと思います。

 私達街の屋根やさんでは新型コロナウィルスへの感染対策としてマスクの着用や手指の消毒を徹底して行っております。お問い合わせの際はご安心いただければ幸いです。

2021年11月4日追記

コロニアルNEOについて

ひび割れたコロニアルNEO

 本件でカバー工事をすることになったコロニアルNEOについての詳しい説明をいたします。2001年4月にクボタ(現:ケイミュー)から販売された販売されたスレート屋根ですが、現在では廃盤品となっています。築年数でいうと14~15年あたりに建てられたお住まいでよく見かけ、時期的にはちょうど塗装を考える時期に当たることから、屋根塗装をしたいとご相談をいただいたお住まいでよく見かけることがあります。特徴は先述しているように、非常にひび割れやすいということが特徴です。こちらの写真は本件の屋根をカバー工事する前に撮影したものですが、こんな一部分だけでも非常にたくさんのひび割れが生じていることがわかります。

ヒビ

 コロニアルNEOのひび割れは製品上の特長であることから、塗装をしても食い止めることができません。極端な例ですが、煎餅に塗装したら割れなくなるかというと、当然割れます。そのような感覚で考えていただけるとわかりやすいかもしれません。もちろん、塗って塗れないことはないですが、何のために塗るのかが重要になってきます。塗装でスレートを保護して長持ちさせたいということが目的であれば塗装の効果はほぼ得られないと思った方がよいでしょう。見た目を綺麗にしたいのであれば塗装の効果を実感できます。しかしながら、ほとんどの方が塗装は長持ちさせるために行うものと考えていらっしゃるので、その場合は塗装はオススメできないことになります。よく街でも塗装されたコロニアルNEOを見かけますが、コロニアルNEOのことをよく知らない塗装専門業者さんなどはためらいなく塗装を進めてくるので、ご自身の屋根材が何なのか判別したうえで、どのような工事を行うべきか調べるようにしたいところです。

 また、塗装して雨漏りを防ぎたいというお話もよくいただきますが、塗装で雨漏りを防ぐことはできないのでその点もご注意ください。屋根は構造的に屋根材の下に葺いている防水紙で雨漏りを防いでいます。屋根材ももちろん雨を防いではいるのですが、完全に防ぐことはできません。どこかしらの隙間などから屋根材の裏側に水が入ってしまうことはある程度想定して造られています。そのため、防水紙が一番重要になってくるのですが、防水紙は屋根材を塗装してもメンテナンスすることができません。防水紙の寿命は質にもよりますが約20~30年の間が目安となってくるので、それに近い年代の屋根については塗装ではなくカバー工事や葺き替え工事をオススメする場合もございます。

 

2022年3月11日追記

1年点検にお伺いしてきました

1年点検

1年点検の屋根 エコグラーニ

 施工から1年が経過したため、1年点検にお伺いしてきました。さすがにまだ1年しか経っていないということもあり、非常に綺麗な状態でした。今回使用したエコグラーニという屋根材は天然石粒仕上げと言って、屋根材の表面に天然の石粒が無数にちりばめられています。天然の石粒なので瓦などと同じように色褪せることがなく、30年以上にわたって美しさを維持する素材です。

 石粒が剥げてきてもいいように出荷して直ぐの製品は石粒が多めに吹き付けられているため、最初の1年程は石粒が落ちてくることがデメリットとして挙げられますが、お客様に確認してみても特に気になることは無かったとのことでした。

エコグラーニ エコグラーニ

 エコグラーニの弱点と言えば価格が㎡当たり約7,700円ほどと他の屋根材に比べて高いことと石粒が落ちてくることぐらいで、本体に30年保証が付いていて塗装などのメンテナンスをしなくても30年以上の耐久性が保証されていることや、塩害などにも強く海岸から20m以上ならばメーカー保証を問題なく受けることが出来たり、風災にも強くて60m/sの風速に耐えられる(神奈川県の過去最高でも50m/s未満)ように造られているなど、非常に利点の多い屋根材です。表面の石粒が雪の滑落を防ぐため、雪止めの設置が不要であることや、石粒が雨粒を分散させることによって雨の日でも静かに過ごすことができるなどのメリットもあります。

 石粒仕上げの屋根材はデザイン性も高く、薄くペラペラの印象になりがちな金属屋根の中でも厚みや重厚感があるため、瓦屋根などの厚みのある屋根材が好きという方にもオススメできる屋根材です。屋根工事をご検討中のお客様は、ぜひ選択肢に含めてみてはいかがでしょうか。

 記事内に記載されている金額は2022年03月11日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!
屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

町田市ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

  • 工事種類

    雨樋交換

  • 工事種類

    その他の工事

  • 工事種類

    屋根葺き替え

関連動画をチェック!

スレート屋根カバー工法で選べる屋根材【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

自然石粒の高級感、金属屋根材ディーズルーフィング

自然石粒の高級感、金属屋根材ディーズルーフィング

 雨、風、太陽熱と、建物で最も厳しい環境にさらされている屋根。それだけ傷みやすく、メンテナンスや修繕に意外と費用がかかります。 長く住むことを考えるなら、コストパフォーマンスに加えて安全性や室内設計の自由度にも目を向けて屋根を選びたいものです。 ハリケーンの多いアメリカ・カリフォルニアで生…続きを読む
コロニアルNEO(ノンアスベスト屋根材)の<br>最適なメンテナンス方法をご紹介

コロニアルNEO(ノンアスベスト屋根材)の
最適なメンテナンス方法をご紹介

 スレート屋根材を使用しているお住まいは多く見かけますが、皆さんはその屋根材がどのメーカーの何という商品目かまではご存知ないですよね?また築何年かは知っていてもその屋根材が何年製造であるのかはわかりませんよね? 現在築10年程度のお住まいに使われているスレート屋根材には全く問題ありませんが、安定した…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      街の屋根やさん東京
      1. 電話 0120-989-936
        株式会社シェアテック
        1. 〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          店舗詳細はこちら
      1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

        街の屋根やさん横浜
        1. 電話 0120-989-936
          株式会社シェアテック
          1. 〒222-0033
            神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜 2F
        1. 街の屋根やさん横浜支店のスタッフ

          お問い合わせはこちらから

          あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

           街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

          お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

          このページと共通する工事内容の新着施工事例

          中野区本町にてスーパーガルテクトを使用した屋根カバー工事(税込1,130,000円)を実施!

          【施工内容】

          屋根カバー工法

          葛飾区奥戸にて、スーパーガルテクト(Sシェイドブラック)を使用した屋根カバー工事を1,400,000円(税込み・足場含む)にて施工いたしました!

          【施工内容】

          屋根カバー工法

          西東京市ひばりが丘北にてオークリッジスーパーを使用しての屋根カバー工事を税込1,100,000円で行わせていただきました!

          【施工内容】

          スレート屋根工事

          その他の施工事例一覧→

          町田市と近隣地区の施工事例のご紹介

          町田市南大谷にて雨漏りの発生していたバルコニーのFRP防水工事を税込210,000円で工事を行わせていただきました!

          【施工内容】

          防水工事

          多摩市連光寺にて棟の取り直しと屋根の部分葺き直し工事を税込420,000円で行わせていただきました

          【施工内容】

          瓦屋根工事

          町田市金井にて下地の劣化してしまった屋根の葺き替え工事を行いました

          【施工内容】

          スレート屋根工事

          その他の施工事例一覧→

          屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

          お問い合わせ・資料請求
          • 屋根リフォームの流れ
          • 徹底したお住まい調査
          • 不安ゼロ宣

言
          • 屋根のお役立ち情報
          • 当社のご案内
          • 屋根の資料請求
          点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

          点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

          株式会社シェアテック
          街の屋根やさん東京
          東東京支店
          〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          TEL :0120-989-936 
          E-mail : info@sharetech.co.jp
          多摩川支店
          〒182-0025
          東京都調布市多摩川3-68-1
          Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
          ページトップへ戻る