無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 羽村市神明台で瓦葺きパラペットの棟瓦を乾式ハイロールで取り直.....

羽村市神明台で瓦葺きパラペットの棟瓦を乾式ハイロールで取り直し工事しました

【施工前】
漆喰は剥がれたパラペットの棟瓦

【施工後】
ハイロールで棟取り直し工事

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 羽村市神明台で棟瓦の取り直し工事をおこないました。
 お問合せのきっかけは瓦が落ちて割れてしまったという事でした。屋根の軒先をぐるっと囲う様に壁が立ち上がっているパラペット部分に瓦が葺かれています。角部分は屋根と同じように棟瓦が取り付けてありますが、漆喰(しっくい)が崩れてしまい瓦が落下していました。
 芯木という木を下地にして釘で固定しているところもありましたが、漆喰(しっくい)と銅線によって固定してある部分の棟瓦が崩れていました。土を土台にいして銅線で固定している部分は、角度が急なのでしっかっりと固定が出来ていませんので、経年によって崩れが起きてしまいます。
 今回の工事は崩れた棟瓦を一旦取り外して下地を直してから瓦を元に戻す、棟取り直し工事をおこなう事になりました。
 羽村市神明台で棟瓦の取り直し工事をおこないました。
 お問合せのきっかけは瓦が落ちて割れてしまったという事でした。屋根の軒先をぐるっと囲う様に壁が立ち上がっているパラペット部分に瓦が葺かれています。角部分は屋根と同じように棟瓦が取り付けてありますが、漆喰(しっくい)が崩れてしまい瓦が落下していました。
 芯木という木を下地にして釘で固定しているところもありましたが、漆喰(しっくい)と銅線によって固定してある部分の棟瓦が崩れていました。土を土台にいして銅線で固定している部分は、角度が急なのでしっかっりと固定が出来ていませんので、経年によって崩れが起きてしまいます。
 今回の工事は崩れた棟瓦を一旦取り外して下地を直してから瓦を元に戻す、棟取り直し工事をおこなう事になりました。


担当:富田


【工事内容】
瓦屋根工事 棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
ハイロール
施工期間
5日間(足場含む)
築年数
25年
平米数
9m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
【工事内容】
瓦屋根工事 棟瓦取り直し 
【工事詳細】
使用材料
ハイロール
施工期間
5日間(足場含む)
築年数
25年
平米数
9m
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
K様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
3年間
足場アイコン台風アイコン棟瓦取り直し

被害の状況を調べます

剥がれ落ちた漆喰の欠片 ずり落ちそうな棟瓦

 軒下には漆喰(しっくい)の欠片が落ちています。瓦屋根の棟部分には漆喰(しっくい)が詰めてあるのですが、経年によってひび割れたり浮いてしまうので、欠片が剥がれ落ちてしまう事があります。

 瓦が葺いてある屋根は、瓦自体が長持ちする屋根材ですのでメンテナンスが必要無いと思われがちですが、実際には今回のように漆喰(しっくい)が剥がれたりしますし、瓦の下に葺いてある防水紙(ルーフィング)にも寿命があり劣化してしまいます。防水紙の劣化は雨漏りに直結しますので、定期的なメンテナンスはおこなう必要があります。

ズレた棟瓦 銅線固定の棟瓦

 屋根の軒先をグルっと囲う様にパラペットが作られています。パラペットとは、平面の屋根やバルコニーなどの外周部に作られた壁の事をいい、調査した建物には瓦が葺かれていました。

 納め方は通常の瓦葺き屋根と同じで角には棟が積んであります。今回劣化しているのはその棟部分で崩れて落下しているところもありました。落下したのは土を土台にして銅線で固定している部分で、支えられずに落下した様です。

釘固定の棟瓦

 銅線で縛ってある部分と、芯木という木を下地にして釘で固定している部分がありますが、どちらも漆喰を詰めて仕上げていますので、漆喰が剥がれて土がむき出しになっているところもあります。笠木の替りに棟瓦を被せて雨水が入り込まない様にしてありますが、固定するための釘穴から雨水が入り込んで下地が傷んでいる可能性があります。

棟取り直し工事

銅線と土で固定してありました

 崩れそうになっていた棟瓦を撤去します。瓦を剥がして土の下地と隙間に詰めてある漆喰(しっくい)を撤去します。動線を下地の中に通して棟瓦を固定していましたが、新しく積み直す時には銅線は使用しません。

下地の腐食はありませんでした

回りの瓦を取り外します 下地は腐食していませんでした

 棟瓦を外して回りの瓦も一旦撤去します。下地の状況を確認しましたが幸いな事に腐食はしておりませんでしたので、新しく積み直しをおこなう際にも全く問題ありません。パッキン付きの釘を使用しておりましたが、経年に劣化によってゴムパッキンも劣化してしまい雨水を防ぐ事が出来ませんので、釘穴から雨水が浸入して下地を腐食させてしまう事があります。

新しい芯木を金物で支えます

高さ調整が出来る打ち込み式の金物を使用します

 元々の棟瓦は土を下地にして銅線で固定しているところと、芯木に釘で固定しているところがありました。こんかい元に戻す際には芯木を使用しますので、高さが調整できる打ち込み式の金物を使用します。

漆喰の替りに乾式ハイロールを使用します

新しい芯木を固定する金物を打ち込みます 乾式工法のハイロール

 以前の芯木を使用していた棟にも回りに漆喰が詰めてありました。しかし、新たに積み直す棟には漆喰(しっくい)は使用しません。

 漆喰の替りには『ハイロール』という材料を使用します。蛇腹状になった防水テープが芯木の左右に一体になっていて、瓦の曲面にぴったりと張り付くようになっています。今までは漆喰(しっくい)を詰めて隙間を埋める様にしていましたが、ハイロールのブチルテープが漆喰と同じ役目を果たすので、雨水が入り込まず傷みの進行を抑えられます。

また、漆喰などの様に経年劣化によって割れたり剥がれ落ちる心配もなく、土や漆喰(しっくい)を使った湿式工法よりも重さが軽くなるのでお勧めの工事方法です。

ハイロールでの棟取り直し工事が完成しました

棟取り直し工事が完成しました

 漆喰が剥がれ落ちて瓦も脱落してしまった棟瓦の取り直し工事が完成しました。経年によって下地の状態が悪くなってしまった部分を、漆喰(しっくい)の替りに乾式ハイロールを使用しましたので、工事後に建物が動いても剥がれ落ちる心配がなくなり安心出来る様になりました。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策をおこなっておりますので、安心して工事をお任せください!

このページに関連するコンテンツをご紹介

早めの棟瓦の修理で自然災害・悪徳業者による不安を完全払拭!

早めの棟瓦の修理で自然災害・悪徳業者による不安を完全払拭!

 近年は耐震性を考慮し軽量な屋根材を選ばれる、葺き替える方が非常に多い印象を受けますが、一方で重厚感、耐久性、断熱性等の高さから「やはり瓦屋根が良い!」という方も多いですよね。 和瓦・陶器瓦とよばれる瓦は吸水性が低いため塗装の必要性もなく、一定の周期でメンテナンスを行うことで半永久的に使用…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です

雨漏りの原因となりやすいパラペット、メンテナンスは必須です

 誰しも一度はビルの屋上に上がったことがあるのではないでしょうか。一般的にビルの屋上は陸屋根と呼ばれるほぼ平らな屋根で、ほぼ傾斜がありません。そして、その外周部は建物によって違いますが、低い壁か高い壁で取り囲まれていることがほとんどです。低い壁の場合、その上に手摺りが設置されていなければ歩行可能な屋…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

江東区富岡で店舗入り口庇の瓦屋根を、新しい瓦への葺き替え工事を行いました

【施工内容】

瓦屋根工事、屋根葺き直し、棟瓦取り直し 

江戸川区西一之江で雨漏りの発生に伴い屋根の部分葺き直し工事を施工致しました

【施工内容】

屋根葺き直し、棟瓦取り直し 、雨漏り修理

練馬区高野台で雨漏りした瓦屋根を、地震対策もかねてスーパーガルテクトに葺き替え工事します

【施工内容】

瓦屋根工事、金属屋根工事、屋根葺き替え、ガルバリウム鋼板、瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事

その他の施工事例一覧→

羽村市と近隣地区の施工事例のご紹介

青梅市の瓦屋根、棟取り直し工事

【施工内容】

棟瓦取り直し 、雨樋交換、その他の工事

あきる野市の竪樋交換工事

【施工内容】

その他の工事

青梅市の雨樋交換工事、105丸使用

【施工内容】

雨樋交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風16号接近中、台風への備えは出来ていますか? 台風16号接近中、台風への備えは出来ています>か?
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る