無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 三鷹市大沢にて令和元年東日本台風で被害を受けた瓦から、立平ス.....

三鷹市大沢にて令和元年東日本台風で被害を受けた瓦から、立平スタンビーへの屋根葺き替え工事を実施

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:谷


 三鷹市大沢にお住まいのお客様は、昨年の令和元年東日本台風の影響を受けて、屋根瓦に被害が出てしまいました。屋根を修理するにも築年数が約50年近く経っており住宅自体が古くなってしまっている事や、火災保険にご加入していない事などが不安とのことでした。ご自宅に今後住む年数を考えると立派な金属屋根も必要なく、少しでも工事費用を抑えたいと言うのが当初のご希望でした。
 必要最低限の工事費用で今後災害などに対応でき、雨漏りが心配ない屋根復旧工事をご要望でしたが瓦を修理しても今後の台風で新たに破損しても困ってしまうし、今後メンテナンスをやらないと今回の台風の様に被害が出てしまう可能性の事を踏まえ瓦屋根から金属屋根材への葺き替え工事をお考えになったそうです。
 三鷹市大沢にお住まいのお客様は、昨年の令和元年東日本台風の影響を受けて、屋根瓦に被害が出てしまいました。屋根を修理するにも築年数が約50年近く経っており住宅自体が古くなってしまっている事や、火災保険にご加入していない事などが不安とのことでした。ご自宅に今後住む年数を考えると立派な金属屋根も必要なく、少しでも工事費用を抑えたいと言うのが当初のご希望でした。
 必要最低限の工事費用で今後災害などに対応でき、雨漏りが心配ない屋根復旧工事をご要望でしたが瓦を修理しても今後の台風で新たに破損しても困ってしまうし、今後メンテナンスをやらないと今回の台風の様に被害が出てしまう可能性の事を踏まえ瓦屋根から金属屋根材への葺き替え工事をお考えになったそうです。


担当:谷


【工事内容】
屋根補修工事 瓦屋根工事 屋根葺き替え 瓦屋根葺き替え ガルバリウム鋼板 瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事
【工事詳細】
使用材料
IC立平スタンビー
施工期間
2日
築年数
約50年
平米数
54㎡
施工金額
約70万
お施主様
O様
保証年数
10年
【工事内容】
屋根補修工事 瓦屋根工事 屋根葺き替え 瓦屋根葺き替え ガルバリウム鋼板 瓦屋根から金属屋根へ葺き替え工事
【工事詳細】
使用材料
IC立平スタンビー
施工期間
2日
築年数
約50年
平米数
54㎡
施工金額
約70万
お施主様
O様
保証年数
10年
足場アイコン台風アイコン屋根葺き替え

台風15号(令和元年東日本台風)で瓦の歪みが発生

台風被害 瓦の劣化

 三鷹市大沢にお住まいのお客様は、昨年の台風15号(令和元年東日本台風)の影響で屋根瓦に被害が出てしまいました。住宅被害は今までなく火災保険料金が高く感じてしまい、火災保険の契約を昨年やめてしまったばかりだそうです。辞めたとたん、まさかこんなに大きな台風が発生して直撃するとは思いもしなかったそうです。どこの工事店に事情を話しても、火災保険に入っていないので出来るだけ安く工事したいと言うと各工事店が、あまりいい返事をしてくれず調査にも来てくれなかったようです。(点検などの事はこちらまで)

台風被害調査

屋根の不具合

 屋根は日本瓦でしたが住宅が建って約50年経過しており、日本瓦でも現在の販売している瓦より規格が小さい古瓦と言われる瓦でした。現在販売されていない事から、屋根の瓦修理は出来ない瓦になっています。屋根の調査をして見ると台風での被害で棟瓦の歪みや、棟瓦のズレその他の瓦にも浮きなどが目立っている状況です。屋根全体が劣化により少々傷んできておりましたので、現在雨漏りが生じていなくてもこのままにしていると棟瓦は崩れてしまい、必ず雨漏りが発生してしまう状態だと判断しました。

ルーフィングの劣化による雨漏りリスク

屋根の劣化 屋根の不具合の原因

 屋根の構造は瓦でも金属でも多少の違いはありますが、下地の構造はほとんど同じ工法となっています。まず根太材と言われる骨組みがあり、野地板という平らな面を構成して在ります。ここまでが屋根本体の工事になります。この上にある物が防水紙になっており雨水を防ぐ最終防衛線となっています。この防水紙が劣化して、切れ目などがあると、雨漏りが発生してしまいます。瓦や金属屋根材が破損しても防水紙が問題ないと雨漏れのリスクは低くなり、ほとんど雨漏りは発生しません。

仮設足場工事実施

仮設足場工事 仮設足場工事

 仮設足場は住宅の外部工事をする時には必ず設置しなくてはいけない工事項目となります。安全労働基準法で定められている工事です。高さ2メートル以上になる工事では仮設足場を設置が義務付けられており必ず設置が必要です。一般的に仮設足場には大きく分けて3分類あります。楔緊結式足場・枠組足場・単管足場があります。その中でも低層住宅では、楔緊結式足場が主流でハンマー一本あれば簡単かつ安全に足場を組むことが出来ます。大体一般住宅に足場を設置するのに2~3人で約半日もあれば工事を完結できます。

既存瓦の撤去工事

瓦撤去 瓦撤去

 台風での被害を受けて、一番心配していたのが雨漏りでした。台風の影響は大きく屋根が破損していたのではないのですが、屋根の状態が劣化していたのでいつ棟瓦が崩れてもおかしくない状態でした。火災保険を解約されていましたので、限られている予算で工事を致します。屋根を葺き替える工事に伴い、既存の瓦を一度全て取り除く作業を実施いたしました。瓦を均一に重ね合わせる調整材として屋根土を使用していたので、瓦を取り除いてみると屋根全体に屋根土が確認できます。

屋根葺き替え工事

アスファルトルーフィング 

 屋根を金属屋根に葺き替えます。使用した屋根材は、稲垣商事株式会社のIC立平スタンビーです。ガルバリウム鋼板で屋根の頂上から軒先まで一枚の合板にて設置できる為途中に継ぎ目が無く、穴が開かない限り雨漏りが生じにくい屋根材です。当時使われていた瓦棒屋根材の最新型版となっていまして、一番の改善点が、表面上に一切釘やビスが現れないと言う所です。雨水など劣化による釘の錆や劣化が軽減され、耐用年数が格段に向上しました。(葺き替えなどの事はこちらまで)

樹脂製木材の使用により、災害対策

タフモック使用  樹脂製木材

 台風被害で多く相談をいただくのが棟板金の飛散です。屋根は雨漏りや破損が無い限り修理する方は少なく、破損してから悪くなった部分の工事をされる方々が多くいますが、屋根は住宅の中でも一番悪条件下にあり、数十年で何処よりもしっかりメンテナンスをしておかないといけない場所です。特に棟板金はあまり知られていませんが、約10年程で交換しておかないといけない所です。下地に木材が使用されているものが一般的になっており、板金は釘で固定して在ります。木材が劣化する事で、強風に耐えられなくなり飛散してしまいますので、私達、街の屋根やさんでは、今回の工事でも樹脂製木材を使用しています。基本プラスチックですので、雨水で腐らなく釘抜けリスクが軽減できます。

葺き替えにより住宅に優しい屋根

ヒランビー施工

 今回屋根は金属に葺き替える事が出来ました。お客様のご要望どおり雨漏りがしない、価格がリーズナブルな建材で災害に強い屋根になりました。瓦屋根から金属系屋根建材に葺き替えると、屋根自体の重量が約10分の1以下になりますので、台風のみならず地震災害にも構造的に強くなっています。今後20年以上ノンメンテナンスとしてランニングコストも掛らずに、安心して生活できます。

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

三鷹市で令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風によって被災してしまった方へ

 2019年9月9日の台風15号、10月12日の台風19号の勢力は凄まじく、各地より被害のご相談をいただきました。三鷹市にお住まいのお客様からもお問合せをいただき、私たち街の屋根やさんでは、数多くの災害復旧工事を実施してきました。
 台風発生当時に比べて、ブルーシートがかかった屋根を見かける機会も減り、それだけ復旧工事が進んでいるように感じますが、中には、まだ工事を行えていない方もいらっしゃると思います。台風シーズン前にしっかりと補修を行いましょう。

令和元年房総半島台風・令和元年東日本台風に関する三鷹市特設ページはこちら 屋根葺き替え813,000円~(消費税・諸経費別)

関連動画をチェック!

瓦屋根のメンテナンス・瓦交換~葺き替えまで【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

屋根葺き替えで不安を解消しませんか?

 これまでの屋根を解体・撤去し、新しい屋根材に葺き替える工事です。屋根材を取り外しますので、その下の防水紙や野地板といった手の入れにくい部分も同時にメンテナンスや補修を行うことができます。屋根の葺き替えというと老朽化した屋根というイメージがありますが、最近では耐震対策としての軽い屋根へ葺き…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

屋根葺き替えと屋根カバー工法 どちらを選ぶのが正解?

 屋根工事の中で大型リフォームと言えば屋根葺き替えと屋根カバー工法が挙げられます。いずれも屋根材を新設するリフォームですが、工期やコストの違いがあるなどそれぞれにメリットやデメリット、特徴があります。 こうした大型の屋根葺き替えや屋根カバー工法を検討するタイミングとしては経年劣化により屋根…続きを読む
早めに台風対策!被害を抑える屋根とお住まいのチェックポイント

早めに台風対策!被害を抑える屋根とお住まいのチェックポイント

 毎年、台風の後には屋根修理や雨漏りに関するお問い合わせを多くいただきます。近年では特に台風の大型化が見られ、復旧が間に合っておらずブルーシートで応急処置が施された屋根をいたるところで見かける、ということもあります。 ・台風被害を未然に防ぐために ・台風被害を最小限にするために  こちらのページ…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 「前回の台風で屋根が被害を受けてしまった」  街の屋根やさんでは、季節に関係なく台風によるご相談をいただいております。そして被害を受けた屋根の多くが、シーズン前に点検やメンテナンスを行っていれば未然に被害を防止できたかもしれない例が多いのです。  「こんなことなら台風前にメンテナンスしておけばよ…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

街の屋根やさん東京ではお客様にご安心とご満足いただけるよう10のルールを定めました。スタッフ一同、このルールを厳守し、お客様がご納得されるサービスを提供することを。お約束いたします。…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      街の屋根やさん東京
      1. 電話 0120-989-936
        株式会社シェアテック
        1. 〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          店舗詳細はこちら
      1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

        街の屋根やさん横浜
        1. 電話 0120-989-936
          株式会社シェアテック
          1. 〒222-0033
            神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜 2F
        1. 街の屋根やさん横浜支店のスタッフ

          お問い合わせはこちらから

          あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

           街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

          お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

          このページと共通する工事内容の新着施工事例

          立川市富士見町で雨漏りしている瓦棒葺き屋根を税込み380,000円で実施しました!

          【施工内容】

          金属屋根工事、屋根葺き替え

          多摩市連光寺にて棟の取り直しと屋根の部分葺き直し工事を税込420,000円で行わせていただきました

          【施工内容】

          瓦屋根工事

          八王子市諏訪町で破損したテラス屋根は、費用を抑えてポリカーボネートカバー工事で対応します!

          【施工内容】

          屋根補修工事、屋根カバー工法、雨漏り修理

          その他の施工事例一覧→

          三鷹市と近隣地区の施工事例のご紹介

          小金井市緑町にてスーパーガルテクトを使用して屋根のカバー工事を税込1,400,000円で行わせていただきました!

          【施工内容】

          スレート屋根工事

          調布市下石原にて塗装後の雨漏り発生、屋根の葺き替え工事(税込200万円)で雨漏りを解消いたしました!

          【施工内容】

          スレート屋根工事

          三鷹市大沢にてアスベスト含有スレートからスーパーガルテクトへの葺き替え工事を税込235万円でおこないました(※足場代別途、屋根面積95㎡)

          【施工内容】

          スレート屋根工事

          その他の施工事例一覧→

          屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

          お問い合わせ・資料請求
          • 屋根リフォームの流れ
          • 徹底したお住まい調査
          • 不安ゼロ宣

言
          • 屋根のお役立ち情報
          • 当社のご案内
          • 屋根の資料請求
          点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

          点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

          株式会社シェアテック
          街の屋根やさん東京
          東東京支店
          〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          TEL :0120-989-936 
          E-mail : info@sharetech.co.jp
          多摩川支店
          〒182-0025
          東京都調布市多摩川3-68-1
          Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
          ページトップへ戻る