無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 足立区花畑で玄関庇から雨漏り、ゼロ勾配が原因だったので屋根を.....

足立区花畑で玄関庇から雨漏り、ゼロ勾配が原因だったので屋根を作り変えました

【施工前】
雨水のたまったポーチ屋根

【施工後】
勾配のついた新しい屋根

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


 足立区花畑のM様は玄関ポーチ屋根の真ん中あたりの板金部分から雨漏りしているという事で修理かリフォームをしたいというお問い合わせを「街の屋根やさん」に頂きました。
 お問い合わせの内容から推測すると「板金」というワードが出てきていたのでもしかすると昨年の令和元年房総半島台風(台風15号)や令和元年東日本台風(台風19号)の影響もあるのかと考えておりました。
 そこを踏まえながらM様にご連絡をさせていただき現地調査に伺い雨漏りの原因を探っていくと玄関ポーチの屋根は全く勾配がない屋根で大きな板金平板を二枚で継いであるものでした。経年劣化や大雪による重量過多のせいか判断は難しいですが板金継ぎ目がくぼみ雨水が勾配がないせいで溜まってしまい雨漏りを起こしておりました。
 修理かリフォームがご希望とのことでしたが費用や今後の生活様式から修理の方向でご提案をさせていただきました。修理の内容は勾配のない現状の玄関ポーチ屋根に勾配を付けて雨水が溜まらないようにする修理です。お客様のお話では他社さんにももちろん見積もりを取ったそうなのですが弊社提示価格の三倍くらいの内容だったとのこと、もちろん工事内容は違うとは思いますがビックリされていました。比較されて弊社提案内容の修理工事をご納得されて工事を承らせていただくことになりました。
 足立区花畑のM様は玄関ポーチ屋根の真ん中あたりの板金部分から雨漏りしているという事で修理かリフォームをしたいというお問い合わせを「街の屋根やさん」に頂きました。
 お問い合わせの内容から推測すると「板金」というワードが出てきていたのでもしかすると昨年の令和元年房総半島台風(台風15号)や令和元年東日本台風(台風19号)の影響もあるのかと考えておりました。
 そこを踏まえながらM様にご連絡をさせていただき現地調査に伺い雨漏りの原因を探っていくと玄関ポーチの屋根は全く勾配がない屋根で大きな板金平板を二枚で継いであるものでした。経年劣化や大雪による重量過多のせいか判断は難しいですが板金継ぎ目がくぼみ雨水が勾配がないせいで溜まってしまい雨漏りを起こしておりました。
 修理かリフォームがご希望とのことでしたが費用や今後の生活様式から修理の方向でご提案をさせていただきました。修理の内容は勾配のない現状の玄関ポーチ屋根に勾配を付けて雨水が溜まらないようにする修理です。お客様のお話では他社さんにももちろん見積もりを取ったそうなのですが弊社提示価格の三倍くらいの内容だったとのこと、もちろん工事内容は違うとは思いますがビックリされていました。比較されて弊社提案内容の修理工事をご納得されて工事を承らせていただくことになりました。


担当:渡辺


【工事内容】
屋根補修工事 金属屋根葺き替え工事 雨漏り修理 庇工事 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
2日間(塗装作業含め)
築年数
30年
平米数
約4㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
M様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
1年
【工事内容】
屋根補修工事 金属屋根葺き替え工事 雨漏り修理 庇工事 ガルバリウム鋼板
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板
施工期間
2日間(塗装作業含め)
築年数
30年
平米数
約4㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
M様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
1年
屋根葺き替え雨漏り修庇工事

点検調査

軒天からの雨漏り

 足立区花畑のM様と玄関ポーチ屋根の雨漏りの現場調査をお約束した日は、あいにくの雨でした。ですが雨ゆえに雨漏りを起こしている状況をはっきりと確認することが出来ました。玄関ポーチ屋根の軒天からポタポタと雨水が滴って来ています。お問い合わせをいただいたときに、屋根の真ん中あたりから雨漏りがしているというのはまさにこの事だったのが良くわかりました。

 よく見ると軒天だけでなく、玄関ポーチ屋根の軒先部分の鉄部にもサビ状の物と塗膜の剥がれが確認できます。鉄部のサビの様子から、この雨漏りは短期的に始まったものではなくやや長期にわたって雨水が浸入して起きているものと考えられました。

ポーチ屋根に登る 水が溜まったポーチ屋根
 玄関ポーチ屋根の上を確認していきます。するとどうでしょう!M様邸の玄関ポーチ屋根は勾配がほぼ無い状態でむしろ逆に屋根の真ん中あたりが少し下がっており、ちょうど降っている雨が溜まってしまっている状態でした。現場調査日はこれ以上の調査は危険という事もあり天候の回復した日に改めて再調査をさせていただくことになりました。
雨漏りの原因は? 穴の開いたポーチ屋根

 天候が回復した日にお伺いし、詳細な調査を行っていくと屋根の板金部分にはサビて穴が開いてしまっている箇所も確認することが出来ました。やはり雨漏りの原因はこのような穴ではありますが、原因となっているのは屋根の勾配がない事です。そこで勾配を付けて玄関ポーチ屋根に雨水が溜まらないようにする屋根工事をご提案させていただきご契約、工事を承らせていただくことになりました。工事が始まるまでの間、雨漏りを阻止するために板金継ぎ目と穴あき部分には防水テープを貼って養生しておきます。

工事

作業前準備

 いよいよ玄関ポーチ屋根に勾配を付ける工事が始まりました。工事着工の前日にも雨が降ってしまい玄関ポーチ屋根の上は大きな水たまりとなっておりました。勾配を付けるために二寸角(6センチ×6センチ)の角材を壁際に配置し、屋根の中央部分にはインニッサン(3センチ×4センチ)の木材を仮置きして確認していきます。

作業開始 作業準備

 屋根に溜まった雨水をかき出し、ある程度乾いた状態にまで拭きあげてからの作業となりました。先ほど仮置きした木材の上に新しい玄関ポーチ屋根の下地となるコンパネを仮置きし、軒先の出幅を決めている様子です。壁が凹凸のある模様の為、微調整が必要になります。多少の誤差は軒先につける唐草で最終調整を行います。

野地貼り 野地板固定

 勾配を付けるために置いた角材や木材を既存屋根に固定した後、屋根下地になるコンパネを角材にビス止めしていきます。今回の工事で勾配を付けたのはもちろん雨水を溜まらない様にすることが一番の目的ですが、外壁際の配管の問題もありました。配管をかわして処理をしないと壁際の雨仕舞が悪く、最悪は屋根面ではなく壁際から雨水が浸入して雨漏りを起こさせてしまうからです。

壁際ルーフィング立ち上げ ルーフィング配管回り

 屋根下地のコンパネを既存玄関ポーチ屋根に敷設した後は、防水紙を敷設します。使用した防水紙はコロニアル屋根のカバー工事によく使用する田島タディスセルフという遅延接着型の防水紙です。この防水紙は裏面が粘着テープのようになっている為、タッカーで野地板に固定する必要がありません。壁際にも立ち上げて雨水の浸入を防ぎます。

ケラバ軒先 新規屋根葺き

 軒先唐草とケラバ水切りも付け終わりました。新しい屋根材はガルバリウム鋼板の平板を作業場で加工してきたものを使用します。吊り子という金具を使って野地板に固定し水上側の屋根材をひっかけて掴む構造になります。

工事完了

完成

 勾配を付けた玄関ポーチ屋根作成工事が終了いたしました。単純そうに見える玄関ポーチ屋根ですが、実は入隅・出隅、エアコンのダクトなど雨仕舞に苦労する部分も多くありました。

屋根完成

 使用したガルバリウム鋼板は、皆様もすでにご存じのように非常にサビにくい素材です。また勾配を付けたことで雨が溜まらなくなっておりますので余計に長持ちする事でしょう。

壁複雑おさめ

 単なる入隅ではなく、エアコンダクトが絡んでいたので手間がかかっています。雨水は「こんなところから?」という場所から入り込みます。経験を積んだ職人ならではの作業といえるでしょう。

壁際おさめ

 板金の平板を使った工事が出来る経験豊富な職人が「街の屋根やさん」にはおります。屋根の事でお困りの際はお気軽にご相談ください。

塗装手直し

 雨漏り跡のあった軒天や鉄部も再塗装を行いスッカリキレイになりました。M様にも雨漏りも止まり雨漏りのシミもなくなってとても喜んでいただけました。

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

このページに関連するコンテンツをご紹介

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

 ちょっと前のお家だと必ずといっていいほど取り付けられている庇、屋根や外壁のようにお手入れの重要性がよく指摘される場所ではないのですが、雨漏りや庇の崩落などの不具合を見てきた経験からやはりメンテナンスは重要です。最近のお家では固定資産税の影響やデザイン性や狭小地等の立地もあって庇を取り付けていないお…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根の専門家が教えます、屋根の勾配(角度)と屋根材の関係

屋根の専門家が教えます、屋根の勾配(角度)と屋根材の関係

 普段、生活している限り、屋根のことはあまり気にしない方がほとんどだと思います。それでも、屋根というと大半の方は三角屋根を思い浮かべるのではないでしょうか。見慣れた街並みを思い出してください。大方の屋根には勾配(傾斜)が付けられています。屋根勾配は雨水を効率良く流すのに必要です。積雪地ではその勾配を…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      練馬区石神井町で雨漏りしているアーバーニーの屋根をコロニアルクアッドで葺き替え工事

      【施工内容】

      屋根葺き替え、雨漏り修理

      世田谷区北沢にて、雨漏りの発生している可能性のある笠木の交換工事を行いました

      【施工内容】

      雨漏り修理

      杉並区成田西でトップライトのガラス回りからの雨漏りをシール工事で直します

      【施工内容】

      雨漏り修理、天窓工事

      その他の施工事例一覧→

      足立区と近隣地区の施工事例のご紹介

      足立区扇にて雨漏りが発生した瓦屋根の部分葺き直し工事を実施

      【施工内容】

      屋根葺き直し

      葛飾区堀切にて強風の影響で棟板金が飛散したスレート屋根を屋根カバー工事、アイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)を使用

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      北区神谷にてアイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドチャコール)を使用した屋根カバー工事を実施

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る