無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 大田区久が原で強風で破損してしまったベランダの庇をポリカ交換.....

大田区久が原で強風で破損してしまったベランダの庇をポリカ交換工事で改善

【施工前】
庇の破損

【施工後】
庇交換工事完了

【お問い合わせのきっかけ】


ITS事業部:根本


大田区久が原にお住まいのT様より「強風で屋根材が飛んでしまったので補修をお願いしたい」とご相談をいただきました。ベランダに雨水が吹き込まないよう取り付けられている庇が破損してしまうと、ベランダ自体の使い勝手にも大きく影響してしまいます。強風や台風で破損してしまった場合、火災保険や共済にご加入されている方はそれらを利用して補修することも可能ですので、早めに改善工事を行っていきましょう。
大田区久が原にお住まいのT様より「強風で屋根材が飛んでしまったので補修をお願いしたい」とご相談をいただきました。ベランダに雨水が吹き込まないよう取り付けられている庇が破損してしまうと、ベランダ自体の使い勝手にも大きく影響してしまいます。強風や台風で破損してしまった場合、火災保険や共済にご加入されている方はそれらを利用して補修することも可能ですので、早めに改善工事を行っていきましょう。


ITS事業部:根本


【工事内容】
屋根補修工事 庇工事
【工事詳細】
お施主様
T様邸
【工事内容】
屋根補修工事 庇工事
【工事詳細】
お施主様
T様邸
台風アイコン庇工事

【庇のポリカ交換工事】

庇の破損 庇撤去

今回調査にお伺いしたのは大田区久が原のお住まいですが、2階ベランダの庇が強風で吹き飛んでしまっていました。そもそも庇とは、軒から突き出した雨や日光を防ぐ為の屋根を指しますので、多くのお住まいに取り付けられているかと思います。庇に使用されている素材は鋼板製や今回のようなポリカーボネート樹脂板等、様々ですので補修方法も異なります。しかし強風等の自然災害で破損してしまった場合、その使用されている素材に関わらず火災保険や共済を利用して補修することが出来ます。住宅ローンを組む際に火災保険の加入をされているかと思いますので、補償内容や免責等の条件はお時間がある時に一度確認しておきましょう。

足場仮設 庇交換工事

庇は外壁よりも外側に出ていますので安全に工事を行う為に、多くの場合足場の仮設が必要とされます。火災保険や共済等にも補修を行う為の足場仮設費用を申請することが出来ますのでご安心ください。「免責金額が10万円だから屋根材の補修だけでは使えない…」という方も、足場が必要となれば免責金額以上の補修費用が必要となりますので、補修費用に不安を抱えられている方はお気軽に街の屋根やさんへご相談ください。点検・お見積りは無料にて承っております。

屋根材交換を行う前に屋根材の種類やサイズを確認しておく必要があります。木材や鉄骨ではなくアルミ製の場合はメーカーや品番がシールで貼られているかと思います。その場合は規格サイズも把握しやすい為、一度確認してみましょう。既存屋根材は歪みが見られたため、新規のポリカーボネート樹脂製の屋根材を梁や垂木に合わせて取り付けていきます。取り付け方・固定方法は下地の種類や形状によっても異なります。例えば木材の場合は木材の場合には木材用ビス、鉄製の場合はフックボルトを使用しますので無料点検時に確認し適正なお見積書を作成させていただきます。

工事を終えて

庇張替工事完了

下地に屋根材を取り付け庇の復旧工事は完了です。今回火災保険を使用しても今後使用出来ないという事も保険料が高くなるということもありません。強風や積雪により別の箇所が破損しても使用することは出来ますが、申請は被災後3年以内になります。まとめて補修をご検討中の方もいらっしゃると思いますが、その間にも破損によってお住まいへのダメージが拡大する可能性もありますので都度補修を行い、快適かつ安全な状態を維持しましょう。自然災害で破損したのか分からない、火災保険や共済の申請方法が分からないという方もお気軽にご相談ください。無料点検を行った上で最適なメンテナンスをご提案させていただきます。

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

お家の意外と大事な部分、庇(霧除け)の役割とメンテナンス方法

 ちょっと前のお家だと必ずといっていいほど取り付けられている庇、屋根や外壁のようにお手入れの重要性がよく指摘される場所ではないのですが、雨漏りや庇の崩落などの不具合を見てきた経験からやはりメンテナンスは重要です。最近のお家では固定資産税の影響やデザイン性や狭小地等の立地もあって庇を取り付けていないお…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん品川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒141-0031
        東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
        店舗詳細はこちら
    1. お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      調布市仙川町で雨漏りしている玄関庇の防水改修工事

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事、庇工事

      文京区小石川にてパラペットの腰壁板金交換工事と笠木板金交換工事を実施

      【施工内容】

      屋根補修工事、雨漏り修理

      杉並区永福で割れたスレートの差し替えと税込み6,050円/m~で棟板金交換工事

      【施工内容】

      屋根補修工事、棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      大田区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江東区東砂にて瓦棒屋根の棟板金交換工事を実施、貫板にタフモック(樹脂製貫板)を使用致しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      目黒区柿の木坂にて既存雨樋からアーバントップΣ90への雨樋の交換工事を行わせていただきました

      【施工内容】

      雨樋交換

      世田谷区赤堤にて飛散してしまった棟板金を火災保険を使用して交換いたしました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る