無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 多摩区で下地に穴が開いて雨漏りしている瓦屋根の葺き直し工事

多摩区で下地に穴が開いて雨漏りしている瓦屋根の葺き直し工事

【施工前】
工事前

【施工後】
葺き直し工事完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


川崎市多摩区で瓦屋根の葺き直し工事をおこないました。築40年の瓦葺きの屋根で、雨漏りしているので直したい、というお問合せでした。土が原料の陶器瓦は瓦自体の劣化は殆どありませんが、下地は経年によって必ず劣化していきますので、定期的にメンテナンスが必要です。見た目は問題が無くても劣化しているのに気付かずに雨漏りしてしまう事もあります。今回は、瓦が明らかにズレているのが分かりましたので、雨漏りしている個所は直ぐに特定出来ました。下地が大分腐っていたので直さなければなりませんが、数年後に建て替えを検討されているので、今回は破損カ所のみ直す事になりました。瓦をそのまま使用して下地を直す、『葺き直し工事』で雨漏りを止めました。穴が開いてズレていた瓦も元通りに戻ったので今後は安心です。
川崎市多摩区で瓦屋根の葺き直し工事をおこないました。築40年の瓦葺きの屋根で、雨漏りしているので直したい、というお問合せでした。土が原料の陶器瓦は瓦自体の劣化は殆どありませんが、下地は経年によって必ず劣化していきますので、定期的にメンテナンスが必要です。見た目は問題が無くても劣化しているのに気付かずに雨漏りしてしまう事もあります。今回は、瓦が明らかにズレているのが分かりましたので、雨漏りしている個所は直ぐに特定出来ました。下地が大分腐っていたので直さなければなりませんが、数年後に建て替えを検討されているので、今回は破損カ所のみ直す事になりました。瓦をそのまま使用して下地を直す、『葺き直し工事』で雨漏りを止めました。穴が開いてズレていた瓦も元通りに戻ったので今後は安心です。


担当:富田


【工事内容】
屋根葺き直し
【工事詳細】
使用材料
シルガード
施工期間
1日
築年数
40年
お施主様
I様邸
【工事内容】
屋根葺き直し
【工事詳細】
使用材料
シルガード
施工期間
1日
築年数
40年
お施主様
I様邸

【雨漏りしている瓦屋根】

雨漏りしている天井です。大分前から雨漏りしていた様で真っ黒なカビが生えていました。放置してしまうと更に被害が拡大しますので、早急に直さなければなりません。

雨漏りしている部分の上は瓦がズレています。日本瓦は瓦桟という横に打ち付けた木に引っ掛けて葺いてあるのですが、瓦桟が折れたり腐食してしまいズレる場合や、地震などで外れてズレてしまう事がります。

多摩区の建物の雨もりの原因は下地が腐ってしまい穴が開いてしまった事が原因で、瓦桟も腐って無くなっていました。これでは更に腐食が進んでしまい、雨漏りどころか屋根が瓦の重みで倒壊してしまう危険もあります。屋根全体的に傷みが出始めていますが、数年後に建て替えの計画があるとの事で、腐食部分のみ直す事になりました。

【葺き直し工事で腐食部分を直します】

工事までの間、穴を剥き出しに出来ないので引っ掛かる部分が無いのですが、穴を塞ぐように瓦を戻しておきました。今回行う補修工事は『葺き直し工事』です。瓦は既存の物を使用して下地を新しく直す工事です。

 

古い瓦を一旦取り外していきます。葺き替え工事と違いまた瓦を使用しますので、割れない様に注意しながら丁寧に剥がしていきます。

瓦の下は防水紙が敷いてあるのですが、こちらの屋根は木を薄く削いでシート状に編み込んである『とんとん』が葺いてありました。アスファルトを含ませたルーフィングや一時期あったビニール製の防水紙もそうですが、見えない部分で劣化が進んでいますので、瓦は問題無くても下地を直す工事は必須です。

【腐食した部分直していきます】

今回は腐食した部分のみの下地を直すので、新しい下地として薄いべニアを敷いた後、アスファルトルーフィングを葺いていきます。瓦を引っ掛ける瓦桟を打ち付けますが、雨水の流れを止めてしまう事になるので、画像の白い部分のキズリテープの上に瓦桟を打って、防水紙と瓦桟の間に隙間を作って雨水が流れる易い造りにしていきます。

破損した瓦も中にはありますので、予備の瓦も用意しています。若干色が変わりますが、まだ製造している瓦なのでこの様な葺き直し工事が可能なんです。廃盤の瓦などの場合には万が一割れた時の事を考えて、葺き直し工事は出来ません。南蛮漆喰のシルガードを棟瓦の下地に使うので、耐久性が上がって劣化しにくくなります。

瓦桟に瓦を引っ掛けて最後に棟を積んで完成です。棟瓦の下地には元々土が使われていましたが、土の代わりにシルガードを詰めましたので、崩れにくくなっています。

屋根に残った土を綺麗に掃除して葺き直し工事の完成です。ズレていた瓦も元通りになって、雨漏りの心配も無くなり安心ですね!屋根回りのメンテナンスが建物にとって非常に重要ですので、雨漏りする前に定期的な点検をおこなって、被害を最小限に抑える事をお薦めします。

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

東久留米市八幡町にて雨漏りを起こしていた瓦屋根の部分葺き直し工事を行いました

【施工内容】

屋根葺き直し

江東区富岡で店舗入り口庇の瓦屋根を、新しい瓦への葺き替え工事を行いました

【施工内容】

瓦屋根工事、屋根葺き直し、棟瓦取り直し 

江戸川区西一之江で雨漏りの発生に伴い屋根の部分葺き直し工事を施工致しました

【施工内容】

屋根葺き直し、棟瓦取り直し 、雨漏り修理

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る