無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 調布市小島町で雨漏り箇所の部分葺き直しで、最小限の工事費用で.....

調布市小島町で雨漏り箇所の部分葺き直しで、最小限の工事費用で雨漏りを止めました

【施工前】
工事前の状態

【施工後】
下地を新しくしました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 調布市小島町で屋根の部分葺き直し工事をおこないました。
 
 屋根の一部で雨漏りしておりましたので、その部分の雨漏りを止めるために下地を直す必要があります。瓦葺き屋根で下地を直すので一旦瓦を外して下地を直してから瓦を戻す屋根葺き直し工事をおこなう事になりました。
 
 葺き直し工事をおこなうのは雨漏りしている部分のみですが、雨水が入り込まない様にするためには防水紙を棟を超えて福必要がありますので、絡む部分の棟瓦の取り直し工事も一緒に行っていきます。
 
 瓦葺き屋根は、瓦を一枚外して下地の状態を確認することが出来ますが、新しい瓦の場合は釘やビスで固定していたり、回りの瓦とかみ合わさってズレない様にしている防災瓦などがあり、その場合は一枚だけ外すことが難しくなります。
 
 今回は瓦を外して下地の状態を確認することが出来ましたが、経年によって防水紙にも傷みが出ており、裂けたり穴が開いている部分がありました。
 
 屋根材は屋根材の表面と下に葺いている防水紙によって雨から建物を守っていますので、下地の状態は非常に重要になります。
 
 葺き直し工事で下地の防水紙を新しくし、瓦を引っ掛ける瓦桟も新しくしておりますので、これで雨が降っても雨漏りの心配はなくなりました。丁度玄関の上にあたる部分ですので、雪が落ちないように雪止めも併せて取り付けております。
 
 お客様にもこれで安心できると大変喜んでいただけました。
 
 
 調布市小島町で屋根の部分葺き直し工事をおこないました。
 
 屋根の一部で雨漏りしておりましたので、その部分の雨漏りを止めるために下地を直す必要があります。瓦葺き屋根で下地を直すので一旦瓦を外して下地を直してから瓦を戻す屋根葺き直し工事をおこなう事になりました。
 
 葺き直し工事をおこなうのは雨漏りしている部分のみですが、雨水が入り込まない様にするためには防水紙を棟を超えて福必要がありますので、絡む部分の棟瓦の取り直し工事も一緒に行っていきます。
 
 瓦葺き屋根は、瓦を一枚外して下地の状態を確認することが出来ますが、新しい瓦の場合は釘やビスで固定していたり、回りの瓦とかみ合わさってズレない様にしている防災瓦などがあり、その場合は一枚だけ外すことが難しくなります。
 
 今回は瓦を外して下地の状態を確認することが出来ましたが、経年によって防水紙にも傷みが出ており、裂けたり穴が開いている部分がありました。
 
 屋根材は屋根材の表面と下に葺いている防水紙によって雨から建物を守っていますので、下地の状態は非常に重要になります。
 
 葺き直し工事で下地の防水紙を新しくし、瓦を引っ掛ける瓦桟も新しくしておりますので、これで雨が降っても雨漏りの心配はなくなりました。丁度玄関の上にあたる部分ですので、雪が落ちないように雪止めも併せて取り付けております。
 
 お客様にもこれで安心できると大変喜んでいただけました。
 
 


担当:富田


【工事内容】
屋根葺き直し 棟瓦取り直し  雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
シルガード,ルーフィング,強力棟
施工期間
5日間(足場含む)
築年数
40年
平米数
葺き直し6㎡,棟取り直し9m
施工金額
40万円
お施主様
F様邸
保証年数
保証はお付けしておりません
【工事内容】
屋根葺き直し 棟瓦取り直し  雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
シルガード,ルーフィング,強力棟
施工期間
5日間(足場含む)
築年数
40年
平米数
葺き直し6㎡,棟取り直し9m
施工金額
40万円
お施主様
F様邸
保証年数
保証はお付けしておりません
足場アイコン棟瓦取り直し雨漏り修

屋根の状態を確認します

瓦葺き屋根 漆喰が剥がれています

 

 今回お問合せいただいたきかっけは、天井の一部から雨漏りしているという事と棟の漆喰が落ちていると指摘されたという内容でした。

 

 屋根は瓦葺きで、指摘されていた様な棟瓦の漆喰の大きな剥がれなどは確認出来ませんでしたが、雨漏りしている部分の下地の状態を見ていきます。

 

 

下地の状態 古い防水紙

 

 日本瓦は瓦桟に瓦を引っ掛けて葺いているので、一枚だけ剥がして下地の状態を確認することが出来ます。

 

 防水紙が敷いてありますが、大分劣化していることや屋根の雨水が流れる方向に対して横向きに瓦桟が取り付けてありますので、この部分に雨水が溜まったりしやすく、実際に土埃などが結構溜まっている状態でした。

 

 瓦屋根に限らず屋根は、屋根材と屋根材の下に葺いている防水紙によって雨から建物を守っていますので、瓦の様に何十年ももつ屋根材であっても、防水紙は経年によって劣化してしまいますので、必ず直す必要があります。

 

 今回は屋根の葺き直し工事と棟取り直し工事をおこなって問題を解決することになりました。屋根葺き直し工事1㎡税込み13,200円から承っております。工事範囲などによっても変わりますのでまずはお気軽にご相談ください。

 

調布飛行場に向かっています

 

 屋根を調べているとプロペラ機が直ぐ上を飛んでいきました。

 

 近くに都営の飛行場があり、丁度着陸する飛行機が飛んで行ったようです。屋根の調査にドローンを使用することがありますが、飛行場の近くは細かく規制区域が指定されていて、場所によっては飛行できないところもありますので、必ず事前の確認と申請が必要になります。

 

屋根工事を開始します

棟の撤去 棟瓦の土

 

 雨漏りを止めるには下地を直す必要がありますが、下地を直すためには瓦を一旦取り外す必要があります。この様な瓦を再利用して下地を直す工事を葺き直し工事といいます。

 

 日本瓦屋根は一枚ずつ瓦を剥がすことが出来ますので、雨漏り箇所だけを部分的に葺き直すことも可能です。全体を直してしまえば安心はできますが、被害が出ている部分をピンポイントで直すことで費用を抑えることができ、お困りになっている部分を直すことが出来ます。

 

 棟瓦は丸い冠瓦の下には土が詰めていて下地になっています。斜めに下がっている隅棟は土の外側に漆喰が詰めてあり、一番高い部分は漆喰ではなく樹脂製の面戸が使用されていました。

 

瓦撤去

 

 平らな面に葺いてある桟瓦を剥がしていきます。剥がした瓦は下地を直した後に元の状態に戻しますので、破損しない様に丁寧に扱います。瓦を剥がした後は瓦桟を剥がすと防水紙の状態が確認出来ます。

 

下地に新しい防水紙を葺きます

防水紙が劣化しています 新しい下地

 

 雨漏りしている場所は防水紙の張り継ぎが集中している部分になっていました。大分劣化しているので最初からなのか途中で上から被せたのかまでは確認出来ませんでしたが、切れたり裂けたりしていて回った雨水を防げない様になり雨漏りしたようです。

 

 新しい防水紙と水抜きがついている新しい瓦桟を葺いて雨漏りの心配を解消していきます。

 

瓦の復旧作業

瓦桟に引っ掛けます 瓦を戻します

 

 下地を直しましたので桟瓦を元の状態に戻していきます。隅棟部分は元々斜めに瓦がカットしてありますので、位置を併せて戻します。年数が経過していると瓦の重さで下地自体が沈んでいることがありますので、復旧の際にはガタ付きなどが無いように調整しながら瓦を葺いていきます。

 

棟の復旧は強力棟にします

棟の下地を新しくします

 

 桟瓦を戻した後は棟瓦の復旧をおこないます。

 

 元々は土を下地にして瓦を乗せていましたが、今回は強力棟で施工します。金物を取り付けた上に芯木を固定して、そのうえに棟の冠瓦を乗せて芯木に対してパッキン付きのビスで固定します。

 

 土が下地の場合は地震などで棟瓦が崩れ落ちてしまう事がありますが、強力棟は屋根に棟瓦がしっかりと固定されますので、今までの棟瓦と比べて耐震性も向上します。漆喰の代わりに乾式面戸を使用する場合もありますが、今回は部分的な作業になるために回りと併せて漆喰を詰めて仕上げます。

 

漆喰 棟瓦を戻す

 

 芯木の下にも全て漆喰が詰めてありますので、棟からの雨漏りの浸入を防ぐことが出来ます。下地と一体になっていますので、漆喰が剥がれるという心配もありません。棟を被せてビスで固定して棟の復旧は完成です。

 

屋根葺き直しと棟取り直し工事が完成しました

葺き直しと棟取り直し完成

 

 屋根の部分葺き直しと棟瓦の取り直し工事が完成しました。

 

 棟は土から出した銅線で縛って固定してありましたが、パッキン付きのビスでしっかりと固定しました。下地の直して雨漏りの心配もなくなり、お客様にもこれで安心できると大変喜んでいただきました。(^o^)/

 

富士型の雪止め 雪止め

 

 玄関ポーチへの落雪を防ぐために雪止めを設置しました。瓦屋根に乗った雪は滑りやすいので、安全面を考えて取り付けました。

 

 私たち街の屋根やさんでは、お客様のお困りごとの原因をしっかりと特定し、必要のない工事のご提案は致しません。点検・お見積もりを無料で対応しておりますので、お住まいの事でお悩みやお困りのことがございましたら、お気軽にお問合せいただけますと幸いです。

 

 

 記事内に記載されている金額は2023年10月27日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!
雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

工事を行なったF様のご感想をご紹介いたします

F様のアンケート

【工事前】

工事前お客様写真

工事前アンケート

Q2.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
近所の屋根工事の業者さんからの声かけ、棟かわらのずれ
Q3.弊社をどのように探しましたか?
ネット
Q4.弊社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐにお電話させて頂きました
Q5.何が決め手となり弊社にお問合せをされましたか?
口こみ 近くである事から
Q6.実際に弊社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
対応も良く、色々と相談にものって下さいました

【工事後】

工事後アンケート

Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
しっかりと見て下さる事と、こちらの意向を聞いて下さる事
Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
A社 O社
Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
近い事で何かあればこちらからも伺えるので
Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
急なお願いしも快く聞いて下さり、すぐ対応して下さり安心出来ました(少し連絡がうまくいっていなかった所もありましたが…)
Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
みなさんとても親切に対応して下さるので安心できるかと思います

F様のアンケートを詳しく見る→

関連動画をチェック!

屋根葺き直しとは?瓦屋根雨漏り解消方法【アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
屋根の維持費はどれくらい?各屋根材のコストを比較してみました!

屋根の維持費はどれくらい?各屋根材のコストを比較してみました!

 お住まいのご購入、そして住み続けるための維持管理、人間が生活していく上で基本となる「衣食住」はいずれもお金がかかります。  特に「住」、お家のことに関しては購入する際にかなりの金額を必要としますし、数十年に渡って維持していくのにも相当な費用がかかります。また、お子様がいるご家庭では「学」…続きを読む
屋根工事の料金っていくらなの?各屋根工事の費用をお教えします

屋根工事の料金っていくらなの?各屋根工事の費用をお教えします

街の屋根やさん東京ではお客様にご安心とご満足いただけるよう10のルールを定めました。スタッフ一同、このルールを厳守し、お客様がご納得されるサービスを提供することを。お約束いたします。…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      街の屋根やさん東京
      1. 電話 0120-989-936
        株式会社シェアテック
        1. 〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          店舗詳細はこちら
      1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

        街の屋根やさん横浜
        1. 電話 0120-989-936
          株式会社シェアテック
          1. 〒222-0033
            神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜 2F
        1. 街の屋根やさん横浜支店のスタッフ

          お問い合わせはこちらから

          あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

           街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

          お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

          このページと共通する工事内容の新着施工事例

          調布市上石原で笠木からの雨漏り修理工事、散水試験(税込み44,000円)を実施して雨水の浸入箇所を特定!

          【施工内容】

          雨漏り修理

          世田谷区北沢で雨漏りでお困りの建物をウレタン塗膜防水(税込み330,000円)で問題解消しました!

          【施工内容】

          雨漏り修理、防水工事

          三鷹市野崎で天窓からの雨漏り修理工事、天窓メンテナンスは税込み66,000円から実施します!

          【施工内容】

          雨漏り修理、天窓工事

          その他の施工事例一覧→

          屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

          お問い合わせ・資料請求
          • 屋根リフォームの流れ
          • 徹底したお住まい調査
          • 不安ゼロ宣

言
          • 屋根のお役立ち情報
          • 当社のご案内
          • 屋根の資料請求
          点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

          点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

          株式会社シェアテック
          街の屋根やさん東京
          東東京支店
          〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          TEL :0120-989-936 
          E-mail : info@sharetech.co.jp
          多摩川支店
          〒182-0025
          東京都調布市多摩川3-68-1
          Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
          ページトップへ戻る