無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 足立区にて棟板金交換工事、貫板に腐食しにくいプラスチック木材.....

足立区にて棟板金交換工事、貫板に腐食しにくいプラスチック木材「タフモック」を使用

【施工前】
棟板金の飛散

【施工後】
棟板金交換工事完了

【お問い合わせのきっかけ】


ITS事業部:根本


東京都足立区にお住まいのお客様より、棟板金の補修依頼を承りました。台風24号の通過後という事ですので恐らく強風により煽られてしまったのでしょう。今回は、腐食しにくいプラスチック樹脂製の貫板「タフモック」を用いて棟板金の復旧工事をご提案させて頂きました。
東京都足立区にお住まいのお客様より、棟板金の補修依頼を承りました。台風24号の通過後という事ですので恐らく強風により煽られてしまったのでしょう。今回は、腐食しにくいプラスチック樹脂製の貫板「タフモック」を用いて棟板金の復旧工事をご提案させて頂きました。


ITS事業部:根本


【工事内容】
屋根補修工事 スレート屋根工事 棟板金交換
【工事詳細】
お施主様
棟板金補修依頼
【工事内容】
屋根補修工事 スレート屋根工事 棟板金交換
【工事詳細】
お施主様
棟板金補修依頼
火災保険アイコン棟板金交換

【台風により落下した棟板金】

足立区にて屋根点検 棟板金の落下

無料点検にお伺いしたのは東京都足立区にある2階建てのお住まいです。台風通過後に外に出てみると敷地内に棟板金が落下してしたようです。住宅にも近隣にも被害が無かったという事で不幸中の幸いと言えますが、また落下するのではないかと不安を感じていらっしゃいました。

強風時の被害に遭われた際にまず行ってほしいことが今回の様に屋根業者への連絡です。自然災害時はお問い合わせを多く頂きますので、点検日時が遅くなってしまう事があります。気づいた時点でご連絡を頂きます様宜しくお願い致します。同時に行ってほしい事として「火災保険・共済の申請手続き」です。申請には現況写真とお見積書を提出しなければなりませんので、同時に連絡をして頂いて構いません。火災保険・共済の利用は強風時のみでなく積雪・雹・落雷等も可能ですが、地震による被害は地震保険の対象ですのでご注意ください。

棟板金の欠損 棟板金の飛散

早速屋根の点検を行ったところ、屋根の形状が複雑なため多方面に棟板金が取り付けられており、そのうちの1箇所が外れ落下してしまったようです。棟板金に色の異なる場所がない為、同時期に取り付けられた板金のようです。つまり今回運よく外れませんでしたが、強風時に煽られて飛散する恐れがあります。棟板金自体は錆びにくいガルバリウム鋼板やアルミ製が使用されていますが、その板金を固定するために【貫板】と呼ばれる木材を下地にしています。

貫板の露出 既存板金の浮き

常に板金でカバーはされていますが、わずかな隙間から雨水が入り込み徐々に腐食や割れを起こしてしまいます。すると棟板金が固定しきれずに飛散してしまうトラブルが起きてしまうのです。板金の釘が抜けてしまえば、飛散していなくともこれだけ板金が浮き上がってしまいます。強風で煽られても仕方がないでしょう。釘を打ち込んで固定できればまだ良いのですが、貫板が劣化していればすぐに抜けてしまうでしょう。その為、飛散した箇所同様に貫板からの交換工事をご提案させて頂きました。

近隣住宅 近隣住宅の被害

近隣を見渡してみると、今回の台風通過によって他のお住まいでも棟板金の飛散・落下が見られました。このような事故が多く「敷地内に板金が落下しているが我が家の物か分からない」とご相談を頂きました。もちろん無料点検をさせて頂き、問題があれば補修工事をご提案させて頂きますのでお気軽にご相談ください。

今回は火災保険にご加入されていましたので、お見積りと写真をお持ちし保険の手続きを優先致しました。写真撮影後は先に補修を行っても構いませんし、保険の申請結果を待っていただいても構いません。火災保険の結果は数週間かかる可能性もありますので、予め保険会社に確認してみましょう。

【棟板金交換工事】

板金の撤去 貫板の撤去

今回は全体の棟板金交換を行い、今後の飛散トラブルを防止していきます。まずは既存の棟板金と貫板を取り外し清掃を行います。貫板の黒ずみを見ると分かりますが、雨水が入り込み経年劣化を起こしています。正しい施工をしていたとしても数年ごとに点検を行い必要に応じてメンテナンスを行いましょう。

樹脂製貫板

ここに新たな貫板を取り付け直していきますが、改修にはプラスチック木材の「タフモック」を使用していきます。ポリスチレンにゴムを添加・発泡した素材を主材にすることで、軽量で優れた耐久性をもつ貫板です。雨水で腐食しにくい他、下面に溝を設けて排水しますので瓦の横桟として利用することもあります。タフモックと同メーカーKMEW(ケイミュー)のROOGA(ルーガ)雅・鉄平の施工でも使用され、長寿命・高耐久が認められています。

棟板金の取付 固定方法

棟板金を軒先から少しずつ被せながら取り付けていきます。取り付け時には重なり部分にシーリング材を充填し、接着と雨水の吹き込みを防いでいきます。ステンレスビスでの固定は板金に対して真横から打ち込んでいきます。ビス頭が真上に来る脳天打ちは、雨漏りを起こす可能性がありますので応急措置にも行わないように気をつけましょう。

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

 

 

【工事完了後】

棟板金の継目にシーリング材

最後に棟板金の継目をシーリング材で埋めて工事は完了です。シーリング材は太陽光や雨水に晒され続けることで経年劣化してしまいますので、数年ごとに状態を確認し、必要に応じてシーリング補修を行いましょう。 火災保険の申請方法が分からない、応急措置の仕方が分からない、雨漏りをしているから養生をしてほしいという方は、お気軽に街の屋根やさんへご相談ください。お住まいの状態に合わせて適切なメンテナンスをご提案させて頂きます。

工事を行なったS様のご感想をご紹介いたします

S様のアンケート

【工事前】

工事前アンケート

Q1.工事を検討したきっかけは何ですか?どんなことで悩まれていましたか?
台風による被害
Q2.業者や工事会社をどのように探されましたか?
インターネット
Q3.当社を知りすぐにお問合せをされましたか?もし悩まれたとしたらどんなことがご不安でしたか?
すぐ問い合せました
Q4.何が決め手となり当社にお問合せをされましたか?
地域業者、過大見積もりが無さそう
Q5.実際に当社担当者がお伺いしていかがでしたでしょうか?
丁寧

S様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江東区東砂にて瓦棒屋根の棟板金交換工事を実施、貫板にタフモック(樹脂製貫板)を使用致しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      世田谷区赤堤にて飛散してしまった棟板金を火災保険を使用して交換いたしました

      【施工内容】

      棟板金交換

      杉並区宮前で下地の劣化により浮いてしまった棟板金を樹脂製貫板で棟板金交換工事

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      足立区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区堀切にて強風の影響で棟板金が飛散したスレート屋根を屋根カバー工事、アイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)を使用

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      北区神谷にてアイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドチャコール)を使用した屋根カバー工事を実施

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      墨田区立花にて瓦屋根の棟の崩れを未然に防ぐために漆喰詰め直し工事を実施、袖瓦の交換も実施致しました

      【施工内容】

      漆喰詰め直し

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風15号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る