無題ドキュメント

HOME > ブログ > 目黒区駒場にて屋根の点検、瓦屋根のパッキンビスが浮いてきてお.....

目黒区駒場にて屋根の点検、瓦屋根のパッキンビスが浮いてきておりました

更新日:2023年05月26日

瓦屋根のメンテナンス方法は

 目黒区駒場にお住いのお客様より屋根の調査をしてほしいとのご依頼いただきましたので現地調査にお伺いしてまいりました。

 既存の屋根材は防災で、今までメンテナンスをおこなったことはないとのことでした。防災瓦とは通常の釉薬瓦とは異なり、1枚1枚釘打ちされている屋根材です。また、嵌合式(かんごうしき)になっており、それぞれが組み合わされているのでずれが生じにくい屋根材になっております。

 瓦屋根はメンテナンスがいらないと思われがちですが、そのようなことはありません。瓦本体のメンテナンスは少ないとしても屋根としてのメンテナンスは必要になるのです。

棟瓦
パッキンビス

 瓦屋根で最も最初に来るメンテナンスとしては棟のメンテナンスになるでしょう。通常の釉薬瓦の場合ですと、棟は盛土と漆喰、のし瓦、冠瓦で形成されており、漆喰の劣化によって中の盛土が出てきてしまい、棟がずれてきたりしてしまいます。

 一方、今回のような防災瓦や洋瓦の棟は上記の釉薬瓦とは異なる納めになっております。盛土の代わりに強力棟という納めになっており、芯木に対して冠瓦をかぶせ、上から芯木に対してパッキンビスを打ち、再度は漆喰を詰めて固定しております。芯木には基本木材が使用されますので経年劣化によって痩せてきてしまい、下記写真のように釘浮きが生じてきます。

釘浮き

 釘が浮くとそこから更に雨水が入ってしまい、芯木の劣化につながります。最悪の場合は固定が利かなくなり棟瓦がカパカパしてしまいます。

 漆喰などの寿命も15~20年程度なので、築年数に応じてメンテナンスを行うようにいたしましょう。

棟の取り付け位置には注意です

 今回調査をさせていただく中で気になるポイントがありました。

 棟瓦の近くなのですが、平瓦を固定する釘が露出しておりました。釘は下地まで貫通しているので釘穴を伝って下地にまで雨水が入り込んでしまっている可能性があります。

 棟をかぶせる際に調整するのは難しいのですが、こういう細かな部分からダメージが蓄積してしまうのでご注意ください。

防災瓦
瓦の釘露出

 今回は棟の取り直し工事のご提案をさせていただきました。棟瓦の施工を行う際にも湿式工法と乾式工法の2種類があり、湿式工法は漆喰でサイドの納めをするのに対し、乾式工法はハイロールという防水性の高い面戸シートを取り付けていく工法です。乾式工法の方が乾燥を待たなくて済む分日数を抑えられるのと、漆喰に比べ軽量なので屋根の重量を抑えられます。しかし費用は乾式工法の方が高くなりますので、ご費用感、ご要望に沿ってご提案できればと思います。

 棟の取り直し工事は税込16,500円/m~承っております。足場の有無や、工法によっても価格は変動いたしますので詳しくはお問い合わせください。

 記事内に記載されている金額は2023年05月26日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

目黒区ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

  • 工事種類

    屋根塗装

  • 工事種類

    その他の工事

  • 工事種類

    雨漏り修理

関連動画をチェック!

どのリフォームが最適?屋根リフォームの種類【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています 。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

地震などの災害に強い! 従来のイメージを覆す防災瓦

地震などの災害に強い! 従来のイメージを覆す防災瓦

 「屋根の重量が嵩む瓦屋根は地震に弱い…」、阪神・淡路大震災以降、瓦が落下し、倒壊した家屋の映像が繰り返し、流され続けたため、そういったイメージが刷り込まれてしまいました。特に熊本・大分地震では熊本城の瓦が落下していく様子が映像で流されたため、そういった思いを強くした方も多いでしょう。  また近年…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 「瓦屋根はメンテナンスフリーだから安心」  と、ご自宅の瓦屋根のメンテナンスを怠っていませんか?  瓦屋根は半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですが、台風や強風が吹いた際に最も多くの補修や点検のご依頼をいただきます。  長寿命の瓦屋根をさらに安全に、安心してお住ま…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

三鷹市中原にて令和元年東日本台風で発生した雨漏りを葺き直し工事で改善

【施工内容】

屋根補修工事、瓦屋根工事、瓦屋根補修工事、屋根葺き直し

世田谷区宇奈根にて令和元年東日本台風で剥がれ始めた漆喰の劣化を含め棟瓦取り直し工事で改善

【施工内容】

屋根補修工事、瓦屋根工事、瓦屋根補修工事、棟瓦取り直し 

墨田区立花で台風被害に遭った廃版セメント瓦屋根を火災保険併用でコロニアル屋根に葺き替えしました

【施工内容】

瓦屋根補修工事、瓦屋根葺き替え、雨樋交換、雨漏り修理、雪止め設置

その他の施工事例一覧→

目黒区と近隣地区の施工事例のご紹介

世田谷区奥沢にて屋根の改修工事、バルコニーに設置された屋根から雨漏りが生じているとのことでした

【施工内容】

金属屋根工事

目黒区中目黒にてアスファルトシングルのオークリッジスーパーを使用しての屋根のカバー工事を行わせていただきました。

【施工内容】

アスファルトシングル屋根工事

アスファルト防水からウレタン防水への施工の工程は?調査から工事完了までの流れを写真付きでご紹介

【施工内容】

陸屋根工事 

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る