無題ドキュメント

HOME > ブログ > 世田谷区成城で7寸丸が使用された棟瓦の漆喰調査

世田谷区成城で7寸丸が使用された棟瓦の漆喰調査

更新日:2022年10月4日

 世田谷区成城で、瓦屋根の漆喰が剥がれているとご相談をいただきました。屋根の上に漆喰が落ちてきているようです。瓦屋根は耐久性が高く、お客様のお住まいも築40年になるということでした。ただ、漆喰は経年によってひび割れや剥落が起こりますので、定期的なメンテナンスが必要です。漆喰に異常がある場合雨漏りの原因にもなりかねません。まずは現地調査にお伺いし、状態を拝見いたします。

棟瓦を調査

 現地にお伺いし、ドローンを使用して調査を始めました。屋根の頂上部、「棟瓦」を固定するように詰められているものが漆喰です。今回調査をさせていただいたお住まいでは棟に7寸丸という丸い瓦が一つ乗せてある納め方が用いられていました。

ドローンで棟瓦調査

ドローンで全体を撮影
隅棟の様子

 非常に大きい屋根でしたが、ドローンを使用することよって全体像を把握することができます。屋根が2面に分かれており、棟も複数ありましたのでそれぞれ状態を確認していきましょう。
 右側の写真は隅棟という、斜めに設置されている棟部分を撮影した様子なのですが、棟瓦を固定するための釘が浮いてしまっておりました。7寸丸の下には芯木という木材があり、この芯木へ釘を打ち付けることで棟瓦が固定されています。そのため、どこからか入り込んだ水分によって芯木が腐食してくると、釘が固定されなくなり次第に抜けてきてしまうのです。

漆喰が剥がれ落ち芯木が露出

剥がれ落ちた漆喰
割れている瓦

 続いて大棟を見ていきましょう。こちらも隅棟と同様、釘が浮き上がっています。そして問題の漆喰ですが、一部では完全に剥がれ落ちている箇所もあり、内部の芯木が露出しているような状態となっていました。漆喰には棟瓦の内部へ雨水が入り込まないよう防ぐという役割も担っていますので、このように剥がれたり、隙間が生じたりすると芯木が腐食したり、雨漏りが起きる原因になります。

 7寸丸が使用されているこちらのお住まいでは棟瓦、漆喰の詰め直し工事ではなく棟瓦の取り直し工事を行うことが必要です。一度瓦を取り外し、芯木を新しいものに交換したあと、改めて元の棟瓦を設置する工事です。また、瓦の中には割れているものがありましたので、こちらも併せて差し替えさせていただきます。

 私たち、街の屋根やさんでは瓦屋根や漆喰工事の施工経験も豊富です。ホームページには瓦屋根漆喰施工事例など様々な記事を掲載しておりますので工事のことでお悩みの際は是非ご参考ください。
 棟瓦の取り直し工事を行う場合、街の屋根やさんでは1m当たり税込12,100円より施工が可能です。詰め直し工事の場合は1m当たり税込5,000円からとなります。
 新型コロナウイルス対策にも気を引き締めて取り組んでまいりますので、無料の現地調査をご利用の際はそちらもご安心いただけますと幸いです。お客様からお問い合わせいただけることを心よりお待ちしております。

 記事内に記載されている金額は2022年10月04日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう

 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。 瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰…続きを読む
早めの棟瓦の修理で自然災害・悪徳業者による不安を完全払拭!

早めの棟瓦の修理で自然災害・悪徳業者による不安を完全払拭!

 近年は耐震性を考慮し軽量な屋根材を選ばれる、葺き替える方が非常に多い印象を受けますが、一方で重厚感、耐久性、断熱性等の高さから「やはり瓦屋根が良い!」という方も多いですよね。 和瓦・陶器瓦とよばれる瓦は吸水性が低いため塗装の必要性もなく、一定の周期でメンテナンスを行うことで半永久的に使用…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

江戸川区春江町にて瓦屋根の棟の漆喰詰め直し工事とコーキング処理でのし瓦と冠瓦を固定

【施工内容】

棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

江戸川区江戸川にて漆喰の剥がれやのし瓦のずれが発生している瓦屋根の棟取り直し工事を行いました

【施工内容】

棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

江戸川区西瑞江にて瓦の差し替え工事と棟取り直し工事を実施

【施工内容】

棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

その他の施工事例一覧→

世田谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

三鷹市牟礼にて飛散した棟板金の交換工事を行わせていただきました

【施工内容】

棟板金交換

目黒区柿の木坂にて既存雨樋からアーバントップΣ90への雨樋の交換工事を行わせていただきました

【施工内容】

雨樋交換

世田谷区赤堤にて飛散してしまった棟板金を火災保険を使用して交換いたしました

【施工内容】

棟板金交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る