無題ドキュメント

HOME > ブログ > 西東京市中町でコロニアルNEOの屋根を点検。2000年前後に.....

西東京市中町でコロニアルNEOの屋根を点検。2000年前後に施工されたスレート屋根は注意?

更新日:2022年5月24日

 西東京市中町で屋根・外壁塗装をご検討中というお客様からお問い合わせをいただき、現地調査にお伺いしました。今回のブログでは屋根点検中の様子についてご紹介していきます!

塗装工事のご依頼です

 お客様のお住まいは築15年になるそうですが、今回が初めてのメンテナンス依頼だとお話いただきました。屋根材として使用されていたのはスレート材で、長く維持するためには定期的な塗装メンテナンスが必要になる素材です。スレート屋根は塗膜が劣化してしまうと屋根材が紫外線・雨の影響を直接受けてしまうことになり、様々な劣化症状を引き起こします。屋根材の劣化は、屋根の下に設置されている防水紙の劣化にも繋がり雨漏りを起こす危険性もあるため、しばらくスレート屋根の塗装をしていないという方は点検をご検討されることをオススメいたします。

屋根に上り調査開始

スレート屋根を調査
スレート屋根拡大写真

 ただ、屋根の劣化具合によっては塗装によるメンテナンスが適切でない場合があります。最適な施工方法ご提案のため、屋根に上り調査をしていきます。

屋根材は塗装メンテナンスができないコロニアルNEOでした

ひび割れが複数箇所で
コロニアルNEOの特徴です

 屋根にはひび割れが入っている箇所がありますが、そのひび割れが屋根全体で発生していました。これは飛来物による衝撃で割れてしまったのではなく、製品自体に問題があるために起こったひび割れです。
 以前はスレートにはアスベストが含まれておりましたが、健康への影響が考慮されるようになり現在ではアスベストを使用した屋根材は製造が中止されています。2000年前後に製作されたスレート屋根材は規制が始まってから間もない時期であったため完全に適応ができておらず、不具合のあるものが多いです。お客様のお住まいに使われていたのはコロニアルNEOというもので、まさに規制がかかってすぐに発売されるようになった屋根材です。
 コロニアルNEOは不規則なひび割れや欠けが多発してしまうため、塗装をしてもまた被害が広がってしまい塗装によるメンテナンスができません。そのため、お客様に写真をご覧いただきながら事情をご説明し、屋根塗装工事ではなく屋根カバー工法によるメンテナンス方法をご提案させていただきました。

 屋根カバー工法は既存の屋根材の上から新しい防水紙と屋根材を被せていく手法で、下地の損傷がない場合にメリットが多い施工方法です。屋根葺き替え工事と比較すると、既存屋根材の撤去費用がかからないためコストを削減することができます。
 私たち、街の屋根やさんでは60㎡の切妻屋根への屋根カバー工法を税込み767,800円から承っております。スタッフ一同新型コロナウイルス対策に取り組んでおり、点検・工事ご依頼の際はマスク・消毒・体温管理等徹底したスタッフがまいりますのでご安心ください。また、点検やお見積りの作成は無料で承っておりますので、お気軽にご連絡いただけますと幸いです。

 記事内に記載されている金額は2022年05月24日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。「屋根カバー工法」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ…続きを読む
コロニアルNEO(ノンアスベスト屋根材)の<br>最適なメンテナンス方法をご紹介

コロニアルNEO(ノンアスベスト屋根材)の
最適なメンテナンス方法をご紹介

 スレート屋根材を使用しているお住まいは多く見かけますが、皆さんはその屋根材がどのメーカーの何という商品目かまではご存知ないですよね?また築何年かは知っていてもその屋根材が何年製造であるのかはわかりませんよね? 現在築10年程度のお住まいに使われているスレート屋根材には全く問題ありませんが、安定した…続きを読む
スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

中野区中央にてトップライトの交換と、スーパーガルテクトでの屋根のカバー工事をおこないました

【施工内容】

スレート屋根カバー工事

杉並区和泉にてディプロマットスターを使用して屋根のカバー工事を行いました

【施工内容】

スレート屋根カバー工事

稲城市坂浜にてヒランビーで屋根のカバー工事を行いました

【施工内容】

金属屋根工事、スレート屋根カバー工事

その他の施工事例一覧→

西東京市と近隣地区の施工事例のご紹介

練馬区上石神井にて訪問業者に棟板金の浮きの指摘を受けたお住まいの棟板金補強工事

【施工内容】

練馬区貫井で雨漏りの起きたバルコニーの通気緩衝工法による防水工事

【施工内容】

西東京市泉町で旧松下電工製のレサス屋根の葺き替え工事を行いました

【施工内容】

屋根葺き替え

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る