無題ドキュメント

HOME > ブログ > 大田区下丸子で瓦屋根のメンテナンス、倒壊して棟を棟瓦取り直し.....

大田区下丸子で瓦屋根のメンテナンス、倒壊して棟を棟瓦取り直して工事で直します

更新日:2020年4月21日

 大田区下丸子で棟瓦取り直し工事を行いました。令和元年房総半島台風の影響で大田区下丸子にお住いになられているT様のお宅では、ご自宅の瓦屋根の棟が倒壊しました。倒壊した棟を直すためには棟瓦取りの直し工事を行わないと直りません。瓦屋根の棟は数種類の瓦が積み重なって造られております。積み直すためには、一度綺麗に解体してから再び積み重ねる必要があります。基本的に既存の瓦をし利用すして行いますが、割れた分だけは新しく購入して納品します。

瓦屋根の棟が倒壊

 

倒壊した棟は棟瓦取り直し工事で直ります

棟瓦倒壊の原因は銅線が切れていたから 棟瓦取り直し工事は一度瓦を解体します

 大田区下丸子T様のお宅の瓦屋根は、棟を束ねる銅線が切れておりました。もしかしたら倒壊した棟を銅線が切れていた可能性があります。棟瓦を束ねる銅線が切れていると安定感がありませんので、強い風が当たって倒壊に綱がるケースが多いです。また倒壊した棟は雨漏りのリスクも高くなりますので、早めに直すことをおすすめいたします。大田区下丸子T様の屋根は寄棟と呼ばれる屋根形状で、寄棟の棟瓦は、熨斗瓦(のしかわら)、冠瓦(かんむりかわら)、鬼瓦(おにかわら)の3種類の瓦を使用して造られております。

 

棟瓦取り直し工事は銅線や詰め物も新しくなります

棟瓦取り直し工事は棟瓦を積み直す工事です 棟瓦取り直し工事は銅線や詰め物が新しくなる工事です

 棟瓦取り直し工事は、熨斗瓦(のしかわら)、冠瓦(かんむりかわら)、鬼瓦(おにかわら)の3種類の瓦を全て一度解体します。そして新しい銅線と詰め物を使用して積み直します。詰め物は土や漆喰を使用するのがこれまでは一般的でしたが、現在は耐久性と防水性に優れた詰め物が主流となりつつあります。棟瓦取り直し工事を行うことで倒壊も無くなり固定力が元に戻ります。最近は新型コロナウイルス(COVID-19)の影響で行動が規制されることが多いですが、出来る限りの対策を講じて配慮しつつお伺いしております。私達、街の屋根やさんでは、瓦屋根の部分的な修繕工事も承っております。瓦屋根の部分的な修繕工事は、街の屋根やさんのお任せ下さい。

 

 

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

早めの棟瓦の修理で自然災害・悪徳業者による不安を完全払拭!

早めの棟瓦の修理で自然災害・悪徳業者による不安を完全払拭!

 近年は耐震性を考慮し軽量な屋根材を選ばれる、葺き替える方が非常に多い印象を受けますが、一方で重厚感、耐久性、断熱性等の高さから「やはり瓦屋根が良い!」という方も多いですよね。 和瓦・陶器瓦とよばれる瓦は吸水性が低いため塗装の必要性もなく、一定の周期でメンテナンスを行うことで半永久的に使用…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありません…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

お住まいの寿命を延ばす!季節別・築年数別のメンテナンスポイント

 一生に一度のお買い物と言われるお住まい、手に入れるまでは相当な努力と苦労を伴います。何年もかけて貯めた頭金、購入してからはローンと大変です。手に入れたということで満足してしまい、そこでゴールという方も多いようです。かつては新築だったお住まいも年月を経れば、どんなに大事にしていてもいろいろなところが…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
屋根のメンテナンス・屋根工事・屋根リフォームはなぜ必要?

屋根のメンテナンス・屋根工事・屋根リフォームはなぜ必要?

 普段から屋根のメンテナンスやリフォームを意識して生活している方はほとんどいないでしょう。また新築を建てる際、デザインや内装にこだわる方は多くても、メンテナンス性を重視して屋根材を吟味される方は少ないと思います。  しかし、どんな屋根であってもメンテナンスやリフォームが必要な時期がやってきます。 …続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

江戸川区春江町にて瓦屋根の棟の漆喰詰め直し工事とコーキング処理でのし瓦と冠瓦を固定

【施工内容】

棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

江戸川区江戸川にて漆喰の剥がれやのし瓦のずれが発生している瓦屋根の棟取り直し工事を行いました

【施工内容】

棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

江戸川区西瑞江にて瓦の差し替え工事と棟取り直し工事を実施

【施工内容】

棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

その他の施工事例一覧→

大田区と近隣地区の施工事例のご紹介

品川区荏原にて訪問業者に登らせてしまったスレート屋根、無理に捲った痕跡もあり棟板金交換工事と同時に屋根塗装も実施

【施工内容】

江東区富岡にて陸屋根のウレタン塗膜防水通気緩衝工法を実施

【施工内容】

防水工事

江東区東砂にて瓦棒屋根の棟板金交換工事を実施、貫板にタフモック(樹脂製貫板)を使用致しました

【施工内容】

棟板金交換

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る