無題ドキュメント

HOME > ブログ > 西東京市中町でヒビ割れたコロニアルNEOをガルバリウム鋼板で.....

西東京市中町でヒビ割れたコロニアルNEOをガルバリウム鋼板で屋根カバー工事します

更新日:2019年5月30日

西東京市中町で屋根の調査をおこないました。スレート葺きの屋根は今まで一度もメンテナンスをした事が無いそうで、表面が大分劣化していました。撥水性が無くなり雨が降ると雨水を吸いこんでしまう状態です。通常のスレート屋根の場合は、塗装工事をおこなう事で撥水性を戻して雨水を弾く様にするのですが、全体的にヒビ割れが入っていて塗装では対応できません。葺いてあるスレートはコロニアルNEOという屋根材で、耐久性に問題が有る為にヒビ割れが出てしまいます。塗装してもヒビ割れは止まりませんので、屋根工事が必要です。

 

塗装が出来るスレートかを確認します

塗装で表面を保護しても割れを止められません

スレート葺きの屋根は、基本的に定期的な塗装工事でのメンテナンスが必要な屋根材です。新しい状態であれば、表面が着色された面によって雨が降っても雨水を弾く事が出来ます。しかし、経年によって表面が劣化していくと、雨が降っても雨水を弾かずに吸い込んでしまう様になり、更に劣化が進んでいきます。濡れたスレートの表面だけが先に乾く事で反りが出ていき、割れてしまう事もあります。

ヒビ割れていると塗装をしても効果がありません ヒビ割れは製品の耐久性に問題が有る為に現れます

パッと見た時には表面の劣化だけの様ですが、良く見てみると全体にヒビが割れが入っている事が確認出来ます。スレートを葺き時には釘で固定するのですが、釘を打ち込む時にヒビ割れが出来てしまい、それが年月が経過すると共に広がってくる事があります。しかし、今回調査した屋根はそれが原因ではありません。屋根に葺いてあるのはノンアスベストのコロニアルNEOです。スレート自体の耐久性に問題が有り、ヒビ割れや欠けが出てしまう屋根材です。塗装工事で保護出来るのは表面だけですので、製品自体に問題が有る時には塗装工事は効果がありません。下地には全く傷みが出ていませんので、上からガリバリウム鋼板製の屋根材を被せる屋根カバー工事をご提案しました。

 

屋根材には必要な勾配(角度)があります

勾配が緩い屋根には横葺きは不向きです 横拭きの重なり部分から雨水が入り込みます

一部屋根の角度が違う部分があり、スレートよりも屋根の角度(勾配)が緩くなっています。この部分には横葺きのガルバリウム鋼板が葺かれていますが、この角度(勾配)では雨水が入り込んでしまう危険性があります。屋根材には必要な確度があり、スレート葺き屋根も横葺きになるのですが、横葺きの場合には最低でも3寸勾配が必要になります。これは、水平に1m移動した時に垂直に30センチ上がった角度をいい、これ以下の角度になると雨水がスムーズに流れずに、屋根材の裏側に溜まってしまい雨漏りの可能性が非常に高くなってしまいます。西東京市中町で調査した屋根も、金属での横葺き部分は、ジョイントに雨水が溜まった跡もあり、下地の状態によっては雨漏りしてしまいます。スレート部分はガルバリウム鋼板での屋根カバー工事で、勾配(角度)が緩い横葺き部分は、棟から軒先までが一枚の金属板で製作されているタテ葺きへの葺き替え工事が必要です。適材適所で屋根材を選択する事が建物を長持ちさせる事に繋がりますので、一番良いご提案をさせていただきます。

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

コロニアルNEO(ノンアスベスト屋根材)の<br>最適なメンテナンス方法をご紹介

コロニアルNEO(ノンアスベスト屋根材)の
最適なメンテナンス方法をご紹介

 スレート屋根材を使用しているお住まいは多く見かけますが、皆さんはその屋根材がどのメーカーの何という商品目かまではご存知ないですよね?また築何年かは知っていてもその屋根材が何年製造であるのかはわかりませんよね? 現在築10年程度のお住まいに使われているスレート屋根材には全く問題ありませんが、安定した…続きを読む
屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説

屋根材や外壁材の素材であるガルバリウム鋼板とは?特徴とメリットを徹底解説

 一般的な戸建て住宅においては今や使われていない建物を探す方が難しいと思わせる素材がガルバリウム鋼板です。軽いことから屋根リフォームで人気の高い屋根カバー工法の選択肢となりやすい屋根材ですし、耐用年数が長いことから屋根葺き替えでも選ばれることが多くなってきました。2014年には従来のガルバリウム鋼…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別)

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

三鷹市新川で破損したスレート屋根をアスファルトシングルのリッジウェイで屋根カバー工事

【施工内容】

アスファルトシングル屋根工事、屋根カバー工法

府中市天神町で破損したスレートはスーパーガルテクトで屋根カバー工事

【施工内容】

屋根カバー工法

北区神谷にてアイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドチャコール)を使用した屋根カバー工事を実施

【施工内容】

屋根カバー工法

その他の施工事例一覧→

西東京市と近隣地区の施工事例のご紹介

練馬区上石神井にて訪問業者に棟板金の浮きの指摘を受けたお住まいの棟板金補強工事

【施工内容】

練馬区貫井で雨漏りの起きたバルコニーの通気緩衝工法による防水工事

【施工内容】

西東京市泉町で旧松下電工製のレサス屋根の葺き替え工事を行いました

【施工内容】

屋根葺き替え

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る