無題ドキュメント

HOME > ブログ > 調布市飛田給で飛散物が当たり凹んでしまった棟板金を交換しまし.....

調布市飛田給で飛散物が当たり凹んでしまった棟板金を交換しました

更新日:2019年2月27日

棟板金は厚さ0.35mm程度の薄い板金を使用するケースが殆どです。軽いという点と曲げ加工が可能な点により、あまり厚さのない板金が使用されます。普段は問題ありませんが、飛散物が当たると簡単に凹んでしまいます。調布市飛田給にお住いのY様のお宅では、化粧スレート屋根に使用されている棟板金が強風により凹んでしまいましたので、棟板金の交換を行いました。

 

【板金内部には隙間があるので凹みやすい】

凹んだ棟板金

調布市飛田給にお住いのY様のお宅の棟板金は、かなり大きく凹んでおりました。「下から見てこの部分だけ形が違く見えた」ことで調布市飛田給Y様がご不安になったそうです。棟に使用される板金が厚さで言うと0.35mmのものを使用することが多く、普段から何かが当たりやすい訳ではないので、そこまで心配する必要はございませんが、当たったときはこのように大きく凹みます。

 

【交換する際は貫板も交換します】

凹んでしまった棟板金 既存棟板金撤去

凹んだり曲がったした板金はしっかりと元に戻ることはございません。従って新しいものと交換することになります。棟板金の内部には貫板という棟板金を固定するための下地があります。この貫板も新しいものに交換します。

 

貫板取付け棟板金取付け 棟板金交換完成

既存の貫板は木製ですが、新しい貫板には樹脂製を使用します。樹脂製は軽量で耐久性に優れており施工性も高い材料です。棟板金の交換工事は、屋根表面の滑り具合や勾配によっては足場を架けなくても施工可能なことあります。街の屋根やさんでは、屋根とその周辺の工事も対応しております。屋根に関することは街の屋根やさんにお任せください。

 

 

このページに関連するコンテンツをご紹介

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

棟板金の飛散がご心配な方へ、棟板金交換工事でお悩み解決!

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるお問い合わせがあります。それは「棟板金交換」です。こちらのページをお読みの方でも「屋根の上から異音がする」など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風でも被害を受けるこ…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

豊島区高田にて強風の影響により飛散した棟板金の交換工事を実施、貫板に樹脂製貫板を使用致しました

【施工内容】

棟板金交換

八王子市北野台で強風で飛ばされた棟板金を樹脂製の貫板を使用して交換工事

【施工内容】

棟板金交換、ガルバリウム鋼板

江戸川区一之江で棟板金交換工事を施工、下地貫板には樹脂製のタフモックを使用

【施工内容】

棟板金交換

その他の施工事例一覧→

調布市と近隣地区の施工事例のご紹介

世田谷区成城で漆喰が剥がれた棟瓦の取り直し工事と雪止め工事

【施工内容】

瓦屋根工事

狛江市元和泉にてスレートからエコグラーニへの葺き替え工事を行いました

【施工内容】

世田谷区喜多見で雨漏りの原因になっているトップライトの交換と一緒に葺き替え工事

【施工内容】

スレート屋根工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る