無題ドキュメント

HOME > ブログ > 国分寺市にて26年使用したスレート屋根にスーパーガルテクトで.....

国分寺市にて26年使用したスレート屋根にスーパーガルテクトでの屋根カバー工法をご提案

更新日:2018年11月1日

国分寺市にお住まいのお客様よりスレート屋根のメンテナンスに関するご相談を頂きました。築26年で12年前に塗装をされたようですが、スレート屋根材は25~30年の寿命という事で、そろそろ屋根カバーや葺き替えを行っておきたいとのことです。そこで今回は施工前のスレートの状態と屋根カバー工法の特徴、超高耐久ガルバリウム鋼板「スーパーガルテクト」についてご紹介していきたいと思います。

【26年使用し続けたスレート屋根材】

国分寺市で屋根点検 スレート屋根点検

最適な時期で塗装をされているお陰で、現在まで屋根外壁とも大きなトラブルは発生していないようです。メンテナンスはとりあえず行えば良いという訳ではなく、建材が傷む前に適切な補修を行う事で、長期に渡って使用し続けることが出来ますので、初めての塗装は築15年以内に行っておきましょう。その後は立地や使用塗料によって経年劣化の進行が異なりますので、数年ごとに点検し補修時期を決めていきましょう。

雨染みと色褪せ ひび割れと縁切り点検

スレート屋根には全体的な色褪せ・チョーキング現象による白ぼけが見られますが、大きな割れは見られませんでした。屋根材の端に見られる黒ずみは雨水の吸水によるものです。黒ずみよりも苔やカビの付着が目立つお住まいもあると思いますが、全てスレート材を保護している【塗膜の劣化】が原因です。では塗装さえ行っていればスレートは使えるの?とどうしても期待してしまいますが、築年数が経過するにつれスレートの下に葺かれている防水紙(ルーフィングシート)も劣化し雨漏りを起こしてしまいますので、30年以内に屋根材を変更しておくと安心でしょう。瓦の寿命は50年超と言われていますが、防水紙の劣化は起きてしまいますので葺き直し工事で対応していきましょう。

【スーパーガルテクトによる屋根カバー工法をご提案】

防水紙,タディスセルフ スーパーガルテクト

スレート材から屋根材の変更方法として屋根葺き替えと屋根カバー工法が可能です。屋根カバー工法は新たな屋根材を上から被せる為、薄い形状の屋根材にしか行えないのです。また既存屋根材は残した状態ですので、軽量な屋根に仕上げる為にカバーに使用するのは軽量な金属屋根材になります。葺き替えよりも費用を抑えたい、屋根に含まれたアスベストの飛散が怖いという場合は、屋根カバー工法をお奨めしております。

今回はアイジー工業のスーパーガルテクト(5㎏/㎡)をご紹介いたします。遮熱性鋼板と断熱材を一体にすることで、金属屋根材ならではの「屋根表面が熱くなりやすい・薄い屋根材で心配な断熱性能」等の心配を解消することが出来ました。特殊なちぢみ塗装を採用しているため、高い質感や意匠性を感じることが出来ます。5色取り揃えていますので、お住まいの形状や外壁色と合わせて決めていきましょう。

【屋根メンテナンスだけでは雨漏りを防ぐことは出来ません】

モルタル外壁のクラック点検

屋根工事を行えば雨漏りのリスクを抑えることが出来ますが、屋根だけでは雨漏りだけでは完全に防ぐことが出来ません。住宅は様々な建材を組み合わせているため、バルコニーの防水層や外壁から雨水が入り込んでしまえば当然室内に悪影響を及ぼしてしまいます。特に屋根と接触している外壁材に不具合(シーリング目地の劣化やクラック発生)があればどこが雨漏りの原因かがわかりにくくなってしまいますので、出来る限り同時期にメンテナンスを行うようにしていきましょう。

街の屋根やさんでは屋根だけでなく外壁や防水のメンテナンスも承っております。補修に使用する屋根材の特徴や、施工方法のメリット・デメリットをご紹介させて頂きますので、お住まいにとって最適な工事を行いましょう。無料点検依頼・お見積り、ご質問はお気軽にご相談ください。

このページに関連するコンテンツをご紹介

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

スレート屋根(コロニアル、カラーベスト)のチェックポイントとメンテナンス方法

 国内でもっとも使用されている屋根材の一つが今回のテーマにもなっているスレート(化粧スレート)と呼ばれる屋根材です。コロニアルやカラーベストとも呼ばれることも多く、「我が家も屋根材にスレートを使っている」という方も多いかもしれませんね。仮に瓦や金属といった他の屋根材のお住まいに住んでいらっしゃる方で…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介

地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介

 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。 …続きを読む
屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。「屋根カバー工法」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

進化したガルバリウムでより強い屋根材へスーパーガルテクト

耐久性・快適性・意匠性が見事にマッチした屋根材の新しいスタンダード ガルバリウム鋼板の屋根材はリフォーム市場においてナンバー1のシェアを誇ります。そもそも、ガルバリウム銅板とは、JIS規格では「溶融55%アルミニウム亜鉛合金めっき鋼板」と定められています。アルミと亜鉛で鉄を守ることで生まれた鋼板です…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

府中市是政にて、スレート屋根へのカバー工事、アイジー工業のスーパーガルテクトを使用しました

【施工内容】

スレート屋根カバー工事、ガルバリウム鋼板

狛江市西野川で雨漏りで落ちてしまったモルタルの外壁をガルバリウム鋼板でカバー工事

【施工内容】

雨漏り修理、ガルバリウム鋼板

葛飾区立石でスーパーガルテクトのSシェイドブラックを使用してカバー工事を行いました

【施工内容】

屋根カバー工法、ガルバリウム鋼板

その他の施工事例一覧→

国分寺市と近隣地区の施工事例のご紹介

立川市砂川町で固定が弱まってきた棟板金をビス補強いたしました

【施工内容】

その他の工事

小平市鈴木町でトタンの瓦棒葺き屋根を日本ペイントファインルーフのサニーレッドで塗装します

【施工内容】

屋根塗装

国分寺市東元町で雨漏り修理のため瓦屋根の葺き直し工事と壁の板金張替え工事

【施工内容】

瓦屋根工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風14号により被害を受けた・受けたかもしれない方、街の屋根やさんの無料点検をご活用ください 台風14号により被害を受けた・受けたかもしれない方、街の屋根やさんの無料点検をご活用ください
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る