無題ドキュメント

HOME > ブログ > 墨田区|台風後の雨漏りを散水検査で解明していきます

墨田区|台風後の雨漏りを散水検査で解明していきます

更新日:2017年10月5日

リノベーション直後に雨漏り発生!?

 

墨田区のお客様は築数十年になる家をリノベーションされたそうなのですが、先の台風のあとに雨染みが出来ていることに気が付いたそうです。外装も内装もすっかり新築の様になっているのにいったい何が起きているのでしょうか。

墨田区雨漏りと補修跡大001

内装も完全にやり直しを行った墨田区のお客様の家。クーラーの上に雨染みが発生してしまったそうです。これはショックですよね・・・。二階の外壁に面した部屋の天井です。この雨漏りはどこからきているのかを調査していきます。

 

雨漏りの原因となりそうなところはあるのだが現時点では問題なし

 

墨田区雨漏りと補修跡002 墨田区雨漏りと補修跡003

まず、外装の部分で気になるのは雨水の排水口です。クーラーの配管が見えていることからわかるとおり可能性の1つではありそうです。屋根の上はパラペットと呼ばれる壁が立ち上がっています。

ここには屋根に降った雨水がすべて集まってきます。その為、雨漏りの原因として過去にも多く見られた場所です。ただし、建物の改修時に補修を行っているとの事で見た目には問題は無いようでした。

墨田区雨漏りと補修跡005 墨田区雨漏りと補修跡004

それでは、という事で更に水上側に調査を進めていくことにしました。屋根の上にはベランダが置かれていますが、不自然に屋根が凹んでいるようなところも見られません。屋根に出れるようになっているため、小屋裏は無く、屋根なりに天井が形成されています。万一、漏水が起きていれば直下に雨漏りの跡が出てくるでしょう。

墨田区雨漏りと補修跡006 墨田区雨漏りと補修跡008

 

散水試験で雨漏りの原因の特定へ

 

目で見て確認できる漏水原因は確認できなかったのですが、もともと連棟だった家をつなげている部分の納まりに無理がある様に感じられました。「雨漏りした室内は再度補修を行う」とのことですのでシミの出来た天井を一部剥がして、内部を確認させていただく許可を頂き見てみると、雨が降った訳でもないのに,茶色い水が垂れてくる部分がありました。

変色している水という事は、しばらく滞留している水であると考えられます。水の浸入経路を確定させるために散水検査を実施することとなりました。

 

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和元年台風15号・19号で被災され、屋根工事をお待ちいただいている方へ

令和2年6月1日更新 現在、台風に関するお問い合わせは落ち着いてきており、現地調査や工事着工についても通常通りお伺いすることができます。街の屋根やさんでは工事後、長く安心して暮らしていただくため、品質の高い適切な施工を行っています。お気軽にお問い合わせください。現在の東東京支店と品川支店、多摩川支店…続きを読む
台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

台風被害に遭う前に屋根とお住まいの対策をしておきましょう

 私たちの住んでいる日本は世界的に見ても台風や地震といった自然災害が非常に多い地域です。台風の数で言うと気象庁の発表では2000年以降462(年間平均24)の台風が発生し、58もの台風が日本に上陸しました。年間平均で3、最も多い2004年には10を超える台風が日本に上陸し私たちの生活を脅かしました。…続きを読む
その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

その台風による屋根への被災、予防できたかもしれません

 台風銀座と呼ばれている沖縄・九州・地方・近畿地方南部だけでなく、毎年のようにさまざまな地域に被害をもたらす台風。台風の通過により各地で被害が発生し、毎年多くのお問合せをいただきます。また、台風の通過からかなりの日数が経っているというのに街の屋根やさんにでは季節に関係なく「前回の台風で屋根が被害を受…続きを読む
台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

台風や地震の後の二次災害を防ぐと共に災害便乗商法に注意しましょう

 日本全土のほとんどが台風の通り道であり、地震大国でもあるという日本、豊かな気候など温泉やメリットもあるのですが、災害が多いというデメリットもあります。地震や台風で被災してしまった場合、最も大切なのは二次被害を防ぐということです。二次被害は心掛け次第でゼロにすることができるはずです。 【動画で確認…続きを読む
雨漏りの原因を徹底追究、散水検査

雨漏りの原因を徹底追究、散水検査

 このページをご覧頂いているみなさんももしかしたら雨漏りで悩んでいる方もいらっしゃるかもしれません。雨漏りに関しては当社に雨漏り診断のできるアドバイザーが多数在籍しております。今までの経験と日々の研鑽により雨漏りを突き止めることに長けているスタッフが細かい調査をいたします。なぜ散水試験が必要なの?そ…続きを読む
屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

屋根の台風対策|雨漏り対策|無料点検実施中

  お住いの台風対策はお済みですか?   台風対策に向け、お住まいのココがチェックポイント!   ※特に屋根の点検は危険ですので、専門家にお任せください! 問題があった方は要注意!台風被害にあう可能性があります…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

このページと共通する工事内容の新着施工事例

調布市緑が丘で劣化により剥がれた幕板の張り替え工事

【施工内容】

練馬区上石神井にて訪問業者に棟板金の浮きの指摘を受けたお住まいの棟板金補強工事

【施工内容】

練馬区貫井で雨漏りの起きたバルコニーの通気緩衝工法による防水工事

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

墨田区と近隣地区の施工事例のご紹介

台東区日本堤にてマンション屋上の陸屋根防水工事を実施、ウレタン塗膜防水通気緩衝工法にて施工致しました

【施工内容】

防水工事

墨田区立花にて瓦屋根の棟の崩れを未然に防ぐために漆喰詰め直し工事を実施、袖瓦の交換も実施致しました

【施工内容】

漆喰詰め直し

江戸川区西瑞江にて雨漏りを未然に防ぐために漆喰が剥がれている瓦屋根の棟の漆喰詰め直し工事を実施

【施工内容】

漆喰詰め直し

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください 台風8号によりお住まいに被害を受けた、受けたかもしれない方は街の屋根やさんの無料点検をご利用ください
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る