無題ドキュメント

HOME > ブログ > 長寿命の瓦屋根を再利用!屋根葺き直しとガーデニングへの活用方.....

長寿命の瓦屋根を再利用!屋根葺き直しとガーデニングへの活用方法

更新日:2024年01月24日

 瓦屋根は屋根材の中でもダントツの耐久性を誇っています。
 寿命もなんと50年~100年と非常に長く、中古で購入した家の瓦屋根がまだまだ続けられるという方も多いかと思います。

 ですが屋根は瓦だけで構成されてはいないため、防水紙や野地板の寿命に合わせてメンテナンスを実施していく必要があります(^▽^)/

 そこでこれまでの瓦をどうするか考える必要が出てくるのですが、今回はそんな瓦の再利用での活用方法について見ていきたいと思います!

瓦の再利用について

瓦は再利用できる

 瓦の再利用として、今回は大きく2つに分けて考えたいと思います!

 その2つとは、
「屋根葺き直しで屋根材として再利用する」
「瓦をお庭の砂利やガーデニングの一部として再利用する」

 です(^▽^)/

■屋根葺き直しで屋根材として再利用する

瓦屋根葺き直しの様子

 屋根葺き直し工事をご存知でしょうか?
 これは屋根材を傷めずに取り外すことが可能な瓦屋根で実施可能な工事です。

 葺き直し工事では瓦の下にある野地板・防水紙等を補修した後、これまでの瓦を文字通りに葺き直します(^^)

 

 既存瓦の処分費や新しい屋根材の資材費が掛からないため、葺き替えよりも金額を抑えてメンテナンスすることが可能なんですね(^▽^)/

 また、瓦を再利用することで印象が変わらないという利点もあります。
 「これまでの屋根の雰囲気が好きだから継続したい」というご要望にもお応えしやすい工事です!

瓦屋根葺き直しにもデメリットはある?

 一方で、瓦を葺き直しする際には注意点やデメリットもあります。

 まず、印象が変わらないというのはメリットですが、イメージチェンジを望む方にとってはデメリットとなります。

瓦の印象を変えたい方には不向き

 また、メリットとして資材費や処分費が抑えられるとご紹介しましたが、こちらは言い換えればそれらを足すことで新しい屋根を手に入れることができるという事です(^▽^)/

 重量のある瓦屋根ではなく軽量な金属屋根へ葺き替えると、お住いの耐震性も大幅にアップいたしますので、予算や今後も長く住むかどうかなどを考えると葺き替えの方が適していることが多いことも踏まえて、工事を選択することが重要です。

 どちらが良いか決めにくい……という場合には、ぜひ無料診断時で街の屋根やさんのスタッフに相談してみてください(*^^)v

瓦をお庭の砂利やガーデニングの一部として再利用する

ガーデニングにも使用可能な瓦屋根材

 瓦は粘土を焼いた吸水性の低い素材であり、その特性を活かして水や湿気の多い庭に使用することができます!

 瓦を使ったガーデニングでは、例えば瓦を区切りとして使うことで、庭や花壇をこれまでと変わった雰囲気で仕分けることができます。

 また、基本的に瓦は自然素材ですので、ガーデニングへの使用は環境に優しい再利用方法です(*^^)v

 瓦を再利用することで、新たな資源を使わずに済むため、環境に負荷をかけることなく、ガーデニングを楽しむことができます。

砂利としても使用可能

 瓦を粉砕することで、砂利のように地面へ敷くことも可能です。

 瓦は吸水性が低いため水が捌けるのも早く、日光を遮ることで防草効果も期待できるんです(^^♪

 今後も瓦屋根の葺き替え件数は増えていくかと思いますので、こうして別の用途に再利用できるとエコで次の世代に引き継ぐこともできるため、嬉しいですね(^▽^)/

 瓦チップの名称でホームセンターでも販売されていることがありますので、もしご自宅の瓦屋根を葺き替える際にはお庭への再利用も検討してみると楽しいかもしれません(*^^)v

瓦屋根の再利用方法とは

 最後に、葺き替え工事と葺き直し工事の気になる参考費用をご紹介いたします。

■屋根葺き替え工事:税込20,900円/㎡~
■屋根葺き直し工事:税込13,200円/㎡~

 記事内に記載されている金額は2024年01月24日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

どのリフォームが最適?屋根リフォームの種類【街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています 。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 「瓦屋根はメンテナンスフリーだから安心」  と、ご自宅の瓦屋根のメンテナンスを怠っていませんか?  瓦屋根は半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですが、台風や強風が吹いた際に最も多くの補修や点検のご依頼をいただきます。  長寿命の瓦屋根をさらに安全に、安心してお住ま…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

足立区保木間にて強風で飛散したベランダ屋根のポリカ波板の交換工事を実施

【施工内容】

品川区荏原にて訪問業者に登らせてしまったスレート屋根、無理に捲った痕跡もあり棟板金交換工事と同時に屋根塗装も実施

【施工内容】

中野区上高田でマンションエントランス庇の雨樋と排水管清掃工事

【施工内容】

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る