無題ドキュメント

HOME > ブログ > ガルバリウム鋼板が人気な理由をリフォームの視点で徹底解説!費.....

ガルバリウム鋼板が人気な理由をリフォームの視点で徹底解説!費用や工事ごとのポイント

更新日:2024年01月17日

 日々のお客様からのお問い合わせの中で、「新しい屋根にはガルバリウム鋼板を考えていて~・・・」「ガルバリウム鋼板ってやっぱり今はよく使われてるんですか?」といった内容をよくお聞きしております(^▽^)/

 そこで今回は、気になる金属材のガルバリウム鋼板の魅力や特徴、注意ポイントなどをリフォームの視点からお伝えいたします!

ガルバリウム鋼板性の屋根

1. ガルバリウム鋼板とは何か?

 ガルバリウム鋼板は、現代の建築現場において欠かせない素材の一つと言えます!

 アメリカのベスレヘムスチール社によって開発されたこの革新的な素材は、アルミニウムと亜鉛の合金でめっきされた鋼板で構成されています。

 

 この合金の組成は、アルミニウムが55%、亜鉛が43.4%、シリコンが1.6%から成り立っており、耐久性、耐熱性、そして加工性に優れた特性を備えています(^▽^)/

 

 これらの特性により、ガルバリウム鋼板は、住宅、事務所、店舗、工場などのさまざまな建築物に広く使用されているんです!

ガルバリウム鋼板の特徴

 ガルバリウム鋼板の最大の特徴は、その耐久性にあります!

 金属製品の耐久性には錆が深く関わってきますが、ガルバリウム鋼板ではアルミニウムによる長期耐久性と亜鉛の犠牲防食作用が融合し、長期にわたって鋼板の錆の発生を防ぎます(*^^)v

 この作用により、表面疵や切断面で鉄が露出しても、亜鉛が溶出し、鉄の腐食を防止してくれるんです!

 

 また、亜鉛が溶出した部分にアルミニウムの酸化生成物が充填され、自己修復作用までもたらします。

 

 さらに、ガルバリウム鋼板は、一般的な鋼板と比較して3〜6倍の耐久性を持ち、高い熱反射性により屋根材として使用すると室内の温度上昇を防ぐ効果も期待できるんです。

ガルバリウム鋼板の屋根材

ガルバリウム鋼板の用途と普及した背景

 ガルバリウム鋼板は、その優れた特性から多岐に渡る用途で使用されています!

 前述しましたが、住宅の屋根材・外壁材としての利用はもちろん、工場や事務所などの建築物でも広く用いられています(^▽^)/

 加えて農業用や海上輸送パイプ、高速道路の防音壁など、その適用範囲は広いです。

 

 ガルバリウム鋼板がここまで普及した背景には、耐久性と経済性のバランスが挙げられます(*^^*)

 また、デザイン性の高さも人気の要因であり、現代建築において重要な役割を果たしています。

 そのため、建築業界やリフォーム業界では、ガルバリウム鋼板の使用が積極的に推進されているんです!

2. ガルバリウム鋼板のメリットとデメリット

 ガルバリウム鋼板は建築業界で広く利用されている素材ですが、その使用には多くの利点といくつかの欠点があります。

 それぞれ、どのような内容なのかを分かりやすくご紹介いたします(^▽^)/

ガルバリウム鋼板の主なメリット

 ガルバリウム鋼板は多くのメリットを持つ建材です!

 その主な利点は以下の通りです。

 

耐久性と耐熱性ガルバリウム鋼板は、アルミニウムと亜鉛の合金でめっきされており、これにより高い耐久性と耐熱性を実現しています(*^^*)

 この素材は、大気中に長時間さらされてもその美しさは衰えにくく、環境や用途に左右されることなく長持ちします。

 

熱反射性: ガルバリウム鋼板の表面は日光の反射率が高いため、表面温度の上昇を抑えることができます!

 これにより、屋根材として使用した場合、室内温度の上昇を防ぐ効果があります。

 

デザイン性: ガルバリウム鋼板はスタイリッシュな外観をもたらしてくれます(*^^*)

 色や形状のバリエーションが豊富であり、建物に今っぽい印象を与えることができますね!

 

軽量性と耐震性: この素材は軽量でありながら、耐震性にも優れています。

 地震に強い建築物を作る際に適しており、屋根や外壁を従来よりも軽量化することで建物の基礎部分にかかる負担を軽減します。

ガルバリウム鋼板のデメリットと注意点

 ここまでは多くのメリットをご紹介してきましたが、一方でガルバリウム鋼板にはいくつかのデメリットも存在します。

 それらも理解することで、実際にガルバリウム鋼板を選択するかどうか判断することに役立てていただければ幸いです(^▽^)/

コスト: ガルバリウム鋼板の初期費用は比較的高いです。

 施工には専門的な技術が必要であり、そのコストが製品価格に反映されるため、他の外壁用建築材料と比較して高価になる傾向があります。

 

凹みや傷つきやすさ: 薄くて軽量な特性のため、ガルバリウム鋼板は凹みやすく傷がつきやすいです。

 防錆効果があるとは言え、一度傷がつくとサビが発生する原因となる事は間違いありませんので、取り扱いには注意が必要です。

 

専門業者の選定: 正しい施工を行うためには専門の業者選びが重要です。

 施行中にガルバリウム鋼板を傷つけ過ぎないか、塩害などの被害に対する知識があるかどうかなどは今後の耐久性に大きく関わる部分なため、任せる業者は慎重に選ぶことが重要です(-_-;)

 

環境への影響: 特定の環境下では、ガルバリウム鋼板の性能が十分に発揮されないことがあります。

 例えば、前述した塩害が発生する地域では錆のリスクが高まるため、適切なメンテナンスが必要です。

 これらのメリット・デメリットを考慮することで、ガルバリウム鋼板を使用する際の判断基準を明確にし、満足度が高いリフォームを行うことが出来ますね(^▽^)

3. 屋根材としてのガルバリウム鋼板

 ガルバリウム鋼板は、その優れた特性から屋根材として広く利用されています。

 軽量性、耐久性、そしてスタイリッシュな外観がリフォームでの選択肢として注目されているのです!

 では、屋根材としてのガルバリウム鋼板はどういった点が優れているのでしょうか?

屋根材として評価されている軽量性

 これまでもご紹介してきましたが、ガルバリウム鋼板は特別な構成のメッキ層により、優れた耐久性と耐熱性を持っています(*^^*)

 

 これは、アルミニウムの長期耐久性と亜鉛の犠牲防食作用と自己修復作用がバランスよく発揮されるためでしたね!

 これにより、ガルバリウム鋼板は鋼板の錆を長期にわたって防ぐことが可能なんです(*^^)v

 

 特に屋根材としての使用において、その軽量性が大きな利点です!

 ガルバリウム鋼板は瓦屋根の10分の1程度の重さしかなく、地震時の安全性を高めるために適しています。

 また、その熱反射性により、屋根材として使用した場合、夏場の室内温度の上昇を防ぐ効果もあります。

日光の反射性にも優れています

ガルバリウム鋼板の屋根リフォーム事例

 ガルバリウム鋼板の屋根リフォーム事例を見てみましょう(*^^*)

■屋根カバー工法

 例えば、既存のスレート屋根や瓦屋根の上にガルバリウム鋼板を使用する「カバー工法」は特に人気があります。

 これは、既存の屋根材をそのままにして新たな屋根材を上から被せる方法で、建物への負担を最小限に抑えながら耐久性や断熱性を向上させることができます。

 

 カバー工法の事例では、軽量なガルバリウム鋼板を用いることで、建物の基礎への負担が増加することは殆どなく、耐久性や断熱性の向上が図られます!

 また、ガルバリウム鋼板の耐久性の高さはメンテナンスの頻度を減少させ、長期的なコスト削減にも寄与します。

◆ガルバリウム鋼板を使用した屋根カバー工法の事例をご紹介!

・町田市大蔵町にて屋根カバー工事を行ったS様

屋根カバー工事を行ったS様

 S様にお問い合わせいただいたきっかけは、訪問業者による棟板金の浮きを指摘された事でした(>_<)

 それも複数の業者から立て続けに不具合の指摘を受けたことで、私たち街の屋根やさんに現地調査のご依頼を頂きました(^▽^)/

 

 調査時には確かに換気棟部分の浮きを確認、さらに既存屋根材のスレートが傷んできており、築年数から考えても屋根リフォームが必要な状況でした。

寿命が近づいて来ていたスレート屋根

 そこで選択していただいたのが屋根カバー工法となります(*^^)v

 カバー工法として使用する屋根材には、ガルバリウム鋼板製のスーパーガルテクトをお選びいただきました。色は「Sシェイドチャコール」です!

 スーパーガルテクトはより耐久性が強化されたガルバリウム鋼板のようなイメージで、屋根材の裏面には発砲ウレタンの断熱材がついているため、お住いの断熱性向上に大きく貢献してくれます(*^^*)

スーパーガルテクトによる施工が完了

 無事に工事が完了し、元々抱えていた棟板金の不安の解消に加え、屋根の耐久性が飛躍的にアップしたことでご満足いただけました\(^_^)/

 詳細な点検・工事の様子はこちらからご覧いただけます!

■屋根葺き替え工事

 続いては屋根葺き替え工事でガルバリウム鋼板を使用した事例をご紹介いたします(^▽^)/

 屋根の完全な葺き替えを伴うリフォームでは、ガルバリウム鋼板の選択によって耐震性の大幅な向上が見込めます!

◆ガルバリウム鋼板を使用した屋根葺き替え工事の事例をご紹介!

・台東区千束にてガルバリウム鋼板で屋根葺き替え工事を行ったT様

ガルバリウム鋼板で屋根葺き替え工事を行ったT様

 築40年以上が経過した日本瓦の屋根で雨漏りが発生し、その解消と重量のある瓦屋根のリフォームをご検討されていたT様よりご連絡頂いたことが工事のきっかけでした。

重量のある瓦屋根から金属屋根への葺き替え

 屋根の軽量化はアスファルトシングルやスレートへの葺き替えでも可能ではありますが、より軽量である金属屋根材の使用をお考えでしたので、アイジー工業社のガルバリウム鋼板製品「スーパーガルテクト」での葺き替えをご提案。

 実際にサンプルなどをお見せし、屋根材としてのメリットなどをご理解いただいた上で工事をご用命いただけました(^▽^)

 

 無事に工事が完了し、雨漏りが直ったことや新しいガルバリウム鋼板の屋根の見た目にお喜びいただき、ご満足いただける結果になりました!

スーパーガルテクトへの葺き替えが完了

 これらの事例から、ガルバリウム鋼板が屋根材としてどのように活用され、そのメリットを最大限に引き出しているかが分かりますね(^▽^)/

  詳細な点検・工事の様子はこちらからご覧いただけます!

4. 外壁材としてのガルバリウム鋼板

 ガルバリウム鋼板はその耐久性とデザイン性の両面で、外壁材としても高く評価されています!

外壁材としての使用事例

 ガルバリウム鋼板はその金属本来の光沢とシンプルさが特徴であり、近代的な建築においてスタイリッシュで洗練された印象をもたらしてくれます。

 例えば、住宅やオフィスビルの外壁に使用された場合、金属特有の質感が建物に現代的な美観を与えてくれますね(*^^)v

 

 また、ガルバリウム鋼板は、サビに強く耐久性が高いため、長期にわたって外観の美しさを保つことができる実用性の利点も大きいです!

 特に、シンプルでありながらも高級感を演出することができるため、デザイン性を重視する建築においては理想的な選択肢となります!

 

 さらに、ガルバリウム鋼板は加工しやすいため、複雑な形状の外壁や特殊なデザインにも対応可能なんです(*^^*)

加工が容易なガルバリウム鋼板

外壁リフォームにおけるガルバリウム鋼板の効果

 外壁リフォームにおいてガルバリウム鋼板を使用すると、多くの利点があります!

 

 まずは軽量性に注目してみましょう!

 ガルバリウム鋼板製の外壁材の軽量さは建物への負担を軽減するため、特に耐震性を高めたいリフォームに適しています。

 加えて耐熱性が高く、温度の変化による割れや劣化が少ないため、外壁の耐久性を大幅に向上させることができます。

 

 外壁リフォームにおけるガルバリウム鋼板のもう一つの重要な効果は、その独特の美観です。

ガルバリウム鋼板を外壁に使用した例

 金属ならではの光沢とシンプルなデザインは、古くなった住宅やビルにこれまでとは異なった印象を与えてくれますし、建物の価値を高めることができます(*^^*)

 特に、暗めの色のラインナップが豊富で、都会的な外観を好む方には最適と言えるのではないでしょうか。

 

 外壁リフォーム事例を見ると、ガルバリウム鋼板はその施工のしやすさから、既存の外壁材の上から重ね張りを行うカバー工法にも適しています!

 これにより、外壁の断熱性の向上や、リフォーム工事における時間とコストの削減が可能になるため、工事費の削減にも繋がっています(*^^)v

 

 ガルバリウム鋼板を外壁材として採用することは、デザインと機能性のバランスを重視する現代建築において理想的な選択です。

 美観と耐久性を両立させるガルバリウム鋼板は、建物の価値を高めるだけでなく長期的な安全性と快適性に大きく貢献してくれます(^_^)

5. ガルバリウム鋼板のメンテナンスと寿命

 ガルバリウム鋼板は、その耐久性と維持管理の容易さから、屋根材や外壁材として広く利用されていることをご紹介してきました。

 新しい屋根や外壁材として選んだ後も、適切なメンテナンスを行うことで性能を最大限に活かし、長寿命化を実現することが可能ですので、その方法について確認していきましょう!

ガルバリウム鋼板のメンテナンス方法

 ガルバリウム鋼板のメンテナンスは、基本的には定期的な清掃が中心です。

 屋根や外壁に使用された場合、汚れやゴミの長期付着はサビの発生や劣化につながる可能性があります(-_-;)

 したがって、年に数回程度、外壁にはホースなどで水をかけ、汚れを洗い流すことが推奨されます。

 屋根の場合は雨によって定期的に汚れが流れますので、定期的に業者による点検を行い錆や変形などの不具合が発生していないかを確かめてみると良いでしょう。

 

 注意点として、潮風が当たりやすい地域や酸性雨が多い地域では、これらのメンテナンスをより頻繁に行うことが必要です!

 特に沿岸部の近くでは塩害に注意していくことが大切ですね(^▽^)/

 

 適切なメンテナンスと管理を行うことで、ガルバリウム鋼板は、耐候性と美観を長期間維持する、信頼性の高い建材として機能してくれます!

 ガルバリウム鋼板の使用を考える際には、そのメンテナンス方法と耐久性を考慮し、長期的な視点でのコストと効果を総合的に判断することが重要です!

6. ガルバリウム鋼板の選び方と注意点

 ガルバリウム鋼板は、その耐久性と美観で多くのリフォームに採用されています。

施工途中のガルバリウム鋼板

適切なガルバリウム鋼板を決める際のポイント

 ガルバリウム鋼板を選ぶ際には、まずその使用目的を明確にすることが重要になります(^▽^)/

 屋根材として使用する場合は軽量性や耐震性が求められ、壁材として使用する場合はデザイン性や耐候性が重視されます。

 そのため、建物のデザインや地域の気候条件(海沿いかどうか)に合わせた選択が大切ですね!

 

 また、ガルバリウム鋼板の質感や色合いも重要な選択基準です。

 建物の外観に合わせて適切なカラーやテクスチャーを選ぶことで、独特の美しさを演出できます。

 最新の製品では、さまざまなカラーバリエーションが提供されており、建築デザインに応じて選ぶことが可能ですので、工事前の選ぶ時間が楽しいという方も多いでしょう(^^)v

ガルバリウム鋼板のカラーバリエーション

 

 耐久性や耐食性に優れた高品質なガルバリウム鋼板を選択することも大切です。

 安価な製品も魅力的ですが、長期的な視点で見ると、耐久性が高くメンテナンス費用が少ない製品がコストパフォーマンスに優れています。

施工時の注意事項

 ガルバリウム鋼板の施工には特別な注意が必要です。

 まず、ガルバリウム鋼板は傷つきやすいため、施工中の取り扱いには細心の注意を払う必要があります。

 特に、施工中に他の金属との接触を避けることで、サビや腐食のリスクを最小限に抑えることができます!

 

 また、正確な施工方法を理解し、適切な業者を選ぶことが重要です。

 ガルバリウム鋼板は技術を要する材料ですので、経験豊富な施工業者に依頼することで、施工不良などの問題を防ぐことができます。

 施工業者を選ぶ際には、過去の施工実績や専門的な資格、顧客からの評価を参考にすると良いでしょう(^▽^)/

 

 施工時には屋根の勾配や建物の構造に合わせて適切な施工方法を選ぶことが重要です。

 勾配によっては縦葺きか横葺きかで雨水の流れに大きく影響しますので、業者とじっくり相談してみましょう。

 カバー工法や葺き替え工法など、異なる施工方法があるため、建物の状態や目的に応じて最適な方法を選択する必要があります!

屋根葺き替え工事の約55%でガルバリウム鋼板を使用しています!

 実際のところ、どれくらいのお客様がガルバリウム鋼板で工事をしているかは気にになりますよね(^▽^)/

 街の屋根やさんでは約55%、つまり半数以上のお客様が葺き替え工事の際にガルバリウム鋼板製の屋根材をご使用されています!

 残りはスレートが約35%、アスファルトシングル材が約10%といったところです。

 

 ガルバリウム鋼板製の屋根材は、震災後の日本においてお住いの耐震性を重視するようになってから一気にシェア率を伸ばしています。

 新築・リフォームの両方で採用されることが多くなっていますので、現在は半数以上の数値ですが、今後は葺き替え工事で軽量なガルバリウム鋼板が選ばれる機会もより増加することが予想されますね(*^^)

7. ガルバリウム鋼板の実際のコストは?

 ここでは、実際の施工事例とそのコストを紹介し、予算計画の立て方についても説明します。

ガルバリウム鋼板の施工コストと予算計画

 ガルバリウム鋼板の施工コストは、使用する鋼板の種類、建物の規模、施工方法によって大きく異なります。

 例えば屋根の葺き替えの場合、一般的な価格は約10,000円から15,000円/㎡です。瓦屋根からの葺き替えの場合、約19,000円/㎡でのご案内になることもございます。

 

 一方、カバー工法を使用すると、スレート屋根からスーパーガルテクトの場合の目安料金は約12,500円/㎡となります(^▽^)/

 これは、既存の屋根材の上から新しい屋根材を重ねるため、撤去や廃材処理のコストが削減されるためです。

 外壁リフォームの場合、ガルバリウム鋼板の施工単価は一般的に5,000円から6,000円/㎡ですが、建物の形状や面積によってやはり異なります。

スーパーガルテクト

 また、高い耐久性とメンテナンスのしやすさを考慮すると、初期コストが高めであっても長期的な視点で見るとコストパフォーマンスは非常に高いと言えます!

 予算計画を立てる際には、これらの平均コストを基にしつつ、具体的な建物の状況や要望に合わせて見積もりを取ることが重要です。

 

 また、施工業者の選定にも注意が必要で、実績と信頼性のある業者を選ぶことで、予期せぬ追加コストの発生を避けることができます(*^^)v

8. ガルバリウム鋼板の未来と環境への影響

 ガルバリウム鋼板は、建築業界において、環境への影響と持続可能性にも注目が集まっている部材なんです!

 近年の技術革新により、新しいガルバリウム鋼板の開発が進み、その将来性は非常に明るいものとなっています(*^^*)

スーパーガルテクトを使用した例

ガルバリウム鋼板の持続可能性と環境への影響

 ガルバリウム鋼板は、その耐久性と再利用可能性から環境に優しい建材として評価されています!

 アルミニウム、亜鉛、シリコンで構成されたガルバリウム鋼板は、長期間にわたって建物を保護することができ、頻繁な交換や修理が不要なため、資源の節約に寄与します。

 

 また、使用済みの鋼板はリサイクルが可能であり、廃棄物の削減にも貢献します!

 環境への影響を考慮すると、ガルバリウム鋼板は低熱伝導率を持ち、建物内の温度調節にも効果的です。

 これにより、冷暖房の効きが良くなることでエネルギー消費を減少させることが可能となり、CO2排出量の削減にもつながります(*^^)v

 また、ガルバリウム鋼板は、表面反射率が高いため、太陽の熱を効果的に反射し、建物内部の過熱を防ぐことにも期待できます。

新しいガルバリウム鋼板の開発と将来性は?

 技術の進展に伴い、より高機能なガルバリウム鋼板の開発が進んでいます。

 例えば、SGL鋼板は、従来のガルバリウム鋼板にマグネシウムを追加することで、耐食性を大幅に向上させています!

 これにより、塩害や酸性雨の影響を受けやすい地域でも、より長期間の使用が可能となり、建材としての適用範囲が広がります。

 実際に、従来のガルバリウム鋼板よりもSGL鋼板の錆への保証範囲は沿岸部にぐっと近づいているため、メーカーの自信が伺えますね(*^^*)

環境にも優しいガルバリウム鋼板

 将来性としては、ガルバリウム鋼板はその軽量性と高い耐久性から、災害に強い建築物の構築に重要な役割を果たすことが期待されています。

 地震や台風などの自然災害が多い日本や特定の地域において、ガルバリウム鋼板を使用した建物は、その損傷を最小限に抑えることができ、安全な住環境を提供してくれるでしょう(^▽^)/

 

 また、新しいガルバリウム鋼板の開発は、建築デザインの多様化にも寄与しています。

 従来のガルバリウム鋼板よりもさまざまな色や形状で製造できるため、より個性的で革新的な建築物の実現が可能となります!

 記事内に記載されている金額は2024年01月17日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

スレート屋根カバー工事はなぜ金属屋根?他の選択肢は?【プロが解説!街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

ガルバリウム鋼板とは?屋根・外壁で人気の理由とメンテナンス

ガルバリウム鋼板とは?屋根・外壁で人気の理由とメンテナンス

 ガルバリウム鋼板製の屋根材、外壁材が人気です。  現在、屋根や外壁のリフォームをお考えの方ならきっと見聞きされているでしょう。リフォーム会社からガルバリウム鋼板の屋根材や外壁材を薦められているという方もいらっしゃるかもしれません。  でも初めて聞いた素材だから、本当にガルバリウム鋼板は良いもの…続きを読む
屋根リフォーム会社を選ぶ6つのポイント

屋根リフォーム会社を選ぶ6つのポイント

「新築から10年が経過したからそろそろ塗装を考えなきゃ」 「雨漏りが急に始まってしまったから修理してほしい」 「地震が心配だから屋根を軽くしたいな」 など屋根リフォームや屋根工事を考えるきっかけは築年数やお住まいの状況によってそのタイミングはそれぞれです。共通しているのはお住まいを末永く維持してい…続きを読む
リフォーム中や工事中の職人さんへの不安、マイスター制度によって全て解消致します

リフォーム中や工事中の職人さんへの不安、マイスター制度によって全て解消致します

 これから外装リフォームを行うというお客様、職人さん達に対してさまざまな不安を抱えていませんか。『休憩時のお茶のこと』、『工事中、不在にしてしまうこと』、『喫煙のこと』、さまざまなことが気になるでしょうし、お客様のご希望もあるでしょう。こうしたお悩みに対してお客様のご負担を減らすのがマイス…続きを読む
屋根の維持費はどれくらい?各屋根材のコストを比較してみました!

屋根の維持費はどれくらい?各屋根材のコストを比較してみました!

 お住まいのご購入、そして住み続けるための維持管理、人間が生活していく上で基本となる「衣食住」はいずれもお金がかかります。  特に「住」、お家のことに関しては購入する際にかなりの金額を必要としますし、数十年に渡って維持していくのにも相当な費用がかかります。また、お子様がいるご家庭では「学」…続きを読む
屋根工事の料金っていくらなの?各屋根工事の費用をお教えします

屋根工事の料金っていくらなの?各屋根工事の費用をお教えします

街の屋根やさん東京ではお客様にご安心とご満足いただけるよう10のルールを定めました。スタッフ一同、このルールを厳守し、お客様がご納得されるサービスを提供することを。お約束いたします。…続きを読む
お客様に最高のリフォームを届けるための街の屋根やさんの10のお約束

お客様に最高のリフォームを届けるための街の屋根やさんの10のお約束

 街の屋根やさんではお客様に対して私達の基本姿勢を表明するために10のお約束を定めています。このお約束はお客様が私達に対して安心して工事を頼めることと満足度の向上を目指して策定いたしました。 また、工事中、お気遣いなく普段通り過ごせるようにマイスター制度も実施しております。 【…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

立川市富士見町で雨漏りしている瓦棒葺き屋根を税込み380,000円で実施しました!

【施工内容】

金属屋根工事、屋根葺き替え

世田谷区奥沢にて屋根の改修工事、バルコニーに設置された屋根から雨漏りが生じているとのことでした

【施工内容】

金属屋根工事

八王子市大船町にてスレートから石粒付きのディプロマットスターへ屋根の葺き替え工事を行いました

【施工内容】

金属屋根工事

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る