無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区江戸川にて漆喰の剥がれやのし瓦のずれが発生している瓦.....

江戸川区江戸川にて漆喰の剥がれやのし瓦のずれが発生している瓦屋根の棟取り直し工事を行いました

【施工前】
瓦屋根の漆喰の剥がれ

【施工後】
棟取り直し工事完了

【お問い合わせのきっかけ】


担当:岡野


 江戸川区江戸川にお住まいのW様邸にて行った棟取り直し工事の様子をご紹介致します。「訪問業者に屋根の漆喰が剥がれていると指摘を受けたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致しました。
 梯子を使い屋根に上がると棟の端部に設置されている棟巴瓦の漆喰が剥がれており葺き土が露出しているのを発見しました。露出した葺き土に雨水が浸透してしまうと雨漏りの原因になってしまいます。また、棟に積んであるのし瓦が数枚ずれているのを発見しました。このままですと台風などの強風や突風、地震などの揺れの影響によりのし瓦が外れてしまい、やがては棟が崩れてしまう事に繋がります。棟が崩れてしまうと積んであるのし瓦や冠瓦が周囲の瓦を割ってしまい、割れた箇所から雨水が浸入する危険性や、屋根の上から落下した瓦が近隣の建物に被害を与えてしまったりと二次被害に繋がりますので、お客様に調査のご説明をし棟取り直し工事のご提案をしたところ工事のご依頼をいただきました。
 江戸川区江戸川にお住まいのW様邸にて行った棟取り直し工事の様子をご紹介致します。「訪問業者に屋根の漆喰が剥がれていると指摘を受けたので点検してほしい。」と、お問い合わせをいただき調査にお伺い致しました。
 梯子を使い屋根に上がると棟の端部に設置されている棟巴瓦の漆喰が剥がれており葺き土が露出しているのを発見しました。露出した葺き土に雨水が浸透してしまうと雨漏りの原因になってしまいます。また、棟に積んであるのし瓦が数枚ずれているのを発見しました。このままですと台風などの強風や突風、地震などの揺れの影響によりのし瓦が外れてしまい、やがては棟が崩れてしまう事に繋がります。棟が崩れてしまうと積んであるのし瓦や冠瓦が周囲の瓦を割ってしまい、割れた箇所から雨水が浸入する危険性や、屋根の上から落下した瓦が近隣の建物に被害を与えてしまったりと二次被害に繋がりますので、お客様に調査のご説明をし棟取り直し工事のご提案をしたところ工事のご依頼をいただきました。


担当:岡野


【工事内容】
棟瓦取り直し  漆喰取り直し
【工事詳細】
使用材料
シルガード
施工期間
1日間
築年数
築30年程
平米数
棟:7.1m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
W様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
お付けしておりません
【工事内容】
棟瓦取り直し  漆喰取り直し
【工事詳細】
使用材料
シルガード
施工期間
1日間
築年数
築30年程
平米数
棟:7.1m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
W様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
お付けしておりません
棟瓦取り直し

調査の様子

瓦屋根の棟の調査  瓦屋根の棟の調査

 調査の様子です。W様邸の瓦屋根は段違いの切妻屋根になります。お問い合わせのきっかけになりました漆喰の様子を調査していきます。瓦屋根の漆喰は主に棟の面戸部分に詰められています。棟は屋根の頂点部分に設置されており、屋根材と屋根材が山状に合わさる部分は屋根材だけでは雨水の浸入を防ぐ事ができませんので、のし瓦や冠瓦で覆い、面戸部分に漆喰を詰める事により建物内部への雨水の浸入を防いでいます。

棟巴瓦の漆喰の剥がれを発見

漆喰の剥がれ

 棟巴瓦の漆喰が剥がれている様子です。漆喰は紫外線や風雨の影響により劣化してしまいます。漆喰が劣化して剥がれてしまうと棟巴瓦の土台になっている葺き土が露出してしまいます。露出した葺き土は雨水に晒されてしまいますので雨水が浸透し、外側へと葺き土が流れてしまいます。葺き土が流れてしまいますと漆喰が押し出されてしまいますのでひび割れたり剥がれてしまう事に繋がります。漆喰がひび割れたり剥がれてしまうと葺き土が露出してしまい、雨水に晒されて浸透してしまうと雨漏りの原因になってしまいますので早めの対応が必要です。

のし瓦がずれています

のし瓦がずれています  のし瓦がずれています

 のし瓦がずれている様子です。のし瓦がずれてしまう原因としては、漆喰の劣化や棟の土台の葺き土が痩せてしまう事が挙げられます。このままですと、ずれている箇所ののし瓦がいずれ落下してしまいます。のし瓦が落下してしまうと周囲の瓦に干渉してしまいます。瓦は耐久性に優れていますが瓦同士が干渉すると割れやすいので滑落する際に衝撃で割れてしまいます。周囲の瓦を割ってしまったり瓦が割れた部分から雨水が浸入し防水紙の劣化を早めて雨漏りが発生するなど二次被害に繋がりますので早めの対応が居必要になります。

鬼瓦周りの漆喰も剥がれていました

鬼瓦周りの漆喰の剥がれ  鬼瓦周りの漆喰の剥がれ

 鬼瓦周りの漆喰が剥がれている様子です。棟の端部には鬼瓦が設置されています。鬼瓦の周りにも漆喰が詰められているのですが剥がれている状態でした。鬼瓦周りの漆喰は鬼瓦と棟本体を固定する役割を果たしていますが剥がれてしまうと冠瓦がずれてしまい落下に繋がります。また、漆喰が剥がれているという事は鬼瓦を固定する力が弱くなっておりますので、このままですと外れて落下してしまう危険性があります。その他にも漆喰が剥がれて出来た隙間から雨水が浸入すると雨漏りに繋がります。こちらも二次被害に繋がる危険性があり、早めの対応が必要になりますのでお客様に調査のご報告とご説明をしたところ、しっかりとしたメンテナンスを行いたいとの事でしたので棟取り直し工事のご提案し、工事のご依頼をいただきました。

 棟取り直し工事の工事費用につきましては、税込12,100円/mから承っております。棟の段数や使用する材料により金額が異なりますので詳しくは私たち街の屋根やさんまでお気軽にお問い合わせください。

施工の様子

棟取り直し工事にて既存の棟を解体  棟取り直し工事にて既存の棟を解体

 棟取り直し工事の様子です。棟取り直し工事は先ず、既存の棟を解体する工程から行います。棟を解体する際には、既存の棟に使用されている冠瓦やのし瓦に割れや欠け等の不具合が無いか確認しながら解体していきます。

棟取り直し工事にて既存の棟を解体

 既存の棟を解体し、冠瓦やのし瓦に不具合が無いようでしたら再利用致します。解体した瓦は屋根の下に降ろしてしまうと時間が掛かり作業の効率が悪くなってしまい、工事期間が長くなってしまいますので屋根の上に仮置きしておきます。既存の棟の解体作業が終了しましたら、葺き土等の残土を撤去し、必ず清掃してから次の工程に移ります。

新しい棟の土台を造ります

棟取り直し工事にてシルガードを使用  棟取り直し工事にてシルガードで土台を造ります

 新しい棟の土台を造る様子です。既存の棟は土台が葺き土でしたが、新しい棟は南蛮漆喰の軽量シルガードを使用し、土台を造ります。棟を直線にするための目安となる水糸を張り土台を造っていきます。軽量シルガードは葺き土が不要で一回で仕上げる事ができます。軽量骨材を使用していますので比重を大幅に低減しています。また、特殊なシリコンと防水剤を配合していますので防水率も低減しています。

のし瓦を積んでいきます

棟取り直し工事にてのし瓦を積んでいきます  棟取り直し工事にてのし瓦を積む様子

 のし瓦を積む様子です。新しい棟の土台を造りましたらのし瓦を積んでいきます。のし瓦も棟の土台を造る工程と同様に直線になる目安の水糸を張り積んでいきます。

棟取り直し工事にてのし瓦を積む様子

 のし瓦を積む際には、雨水を外側へ流すために片仮名の「ハの字型」になるように積んでいきます。ハの字型にしないと雨水が棟の中心部へと流れてしまうため雨漏りの原因になってしまいます。高さを調整しながらのし瓦同士を銅線で結んでいきます。

2段目・3段目ののし瓦を積んでいきます

棟取り直し工事にてのし瓦を積んでいきます  棟取り直し工事にてのし瓦を積む様子

 2段目と3段目ののし瓦を積む様子です。のし瓦を積む際には必ず互い違いに積んでいきます。互い違いに積むことで継目が重ならず、雨水の浸入防止や耐久性の向上に繋がります。のし瓦を積む際にも割れた瓦を隙間に入れていき強度を高めます。

冠瓦を積みます

棟取り直し工事にて冠瓦を設置  棟取り直し工事にて冠瓦を設置

 3段目ののし瓦を積み終わりましたら、その上に南蛮漆喰を積み冠瓦をのし瓦の上に積んでいきます。予め仕込んでおいた銅線で結んで固定し、飛んできたビニール袋等が引っ掛からないように銅線を丸めて結びます。銅線を結ぶ事により、風や地震等の揺れに耐えられる強固な棟になります。

棟取り直し工事が完了です

棟取り直し工事が完了です

 冠瓦を固定しましたら棟取り直し工事が完了になります。漆喰の剥がれやのし瓦のずれのご心配も解消されましたのでお客様に大変満足していただきました。

 私たち街の屋根やさんでは引き続き新型コロナウィルス対策を行っており、必ずマスク着用でお伺いさせていただいております。ソーシャルディスタンスを徹底し、お客様やスタッフの安全管理を徹底致します。

 記事内に記載されている金額は2022年10月28日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう

 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。 瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰…続きを読む
4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありません…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      江戸川区春江町にて瓦屋根の棟の漆喰詰め直し工事とコーキング処理でのし瓦と冠瓦を固定

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      江戸川区西瑞江にて瓦の差し替え工事と棟取り直し工事を実施

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      台東区橋場にて瓦屋根の棟の漆喰の剥がれやのし瓦のズレが発生していましたので棟取り直し工事を実施し解消

      【施工内容】

      瓦屋根工事、棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区船堀にて瓦屋根から金属屋根への屋根葺き替え工事を実施、アイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブルー)を使用致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      江東区東砂にて瓦棒屋根の棟板金交換工事を実施、貫板にタフモック(樹脂製貫板)を使用致しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      葛飾区堀切にて強風の影響で棟板金が飛散したスレート屋根を屋根カバー工事、アイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)を使用

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る