無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 足立区中川で強風被害による波板破損、ポリカ製波板への新規交換.....

足立区中川で強風被害による波板破損、ポリカ製波板への新規交換工事

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 足立区中川で1階テラスに備え付けられた波板屋根が、先の強風のご被害で一部損壊してしまったとのご相談を頂き、調査にお伺いさせて頂いた事が始まりです。

 この様な自然災害によるご被害、その復旧工事については火災保険の使用が可能です。今回も火災保険の申請に伴う書類関係を作成し申請を行った後、無事承認を得て施工させて頂く運びとなりました。

 使用する材料はポリカーボネート製の波板となります。通称ポリカとも呼ばれますが、10年程度の耐久性は期待出来る建材です。更に軽量でもある事から施工もし易く、現在一般的な波板交換施工においてはこのポリカーボネートが使用される事が多いです。今回はその施工の流れをご紹介致します。
 足立区中川で1階テラスに備え付けられた波板屋根が、先の強風のご被害で一部損壊してしまったとのご相談を頂き、調査にお伺いさせて頂いた事が始まりです。

 この様な自然災害によるご被害、その復旧工事については火災保険の使用が可能です。今回も火災保険の申請に伴う書類関係を作成し申請を行った後、無事承認を得て施工させて頂く運びとなりました。

 使用する材料はポリカーボネート製の波板となります。通称ポリカとも呼ばれますが、10年程度の耐久性は期待出来る建材です。更に軽量でもある事から施工もし易く、現在一般的な波板交換施工においてはこのポリカーボネートが使用される事が多いです。今回はその施工の流れをご紹介致します。


担当:藤崎


【工事内容】
その他の工事 ポリカ波板交換工事
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート
施工期間
1日
築年数
30年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
A様邸
保証年数
お付けしておりません
【工事内容】
その他の工事 ポリカ波板交換工事
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート
施工期間
1日
築年数
30年
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
A様邸
保証年数
お付けしておりません
火災保険アイコン台風アイコン

現地調査

波板の離脱

 こちらが施工前の現地調査の状況です。強風被害で何枚かのポリカ製波板が飛ばされてしまいました。ここ数年来、台風等の著しい気象の状況下でこの様なご被害は年々増加傾向にあります。特に年数を経過して取り付けが若干弱くなってしまっている建材については、こう言ったご被害に遭われてしまう事も少なくありません。

波板が剥がれ掛けている状態です

外れ掛かっている波板  波板の交換前

 外れなかった波板もズレてしまい取れ掛かってしまっている所も見受けられました。ですので今回破損部と言うよりも全体の交換が必要な状態と言えます。但し支柱の部分は幸い変形や曲がりも無く、そのまま活かせる状況でしたので、新しいポリカーボネート製の波板屋根部分のみの交換施工にてご提案させて頂きました。

火災保険を使用して交換施工

ポリカ波板を交換します

 交換施工に当たり、今回自然災害によるご被害と言う事で事前に火災保険の申請を行います。申請に必要な書類関連は、ご本人がご記入する申込書以外は全て当社の方でご準備させて頂き、保険会社より無事承認を得た後、施工に取り掛かる事となりました。

既存波板の撤去

波板の撤去  新しい波板への交換

 作業は先ず既存波板の全撤去から進めて参ります。1枚1枚端材等が残らない様取り外していきますが、その際力任せに作業して支柱に変形を来たさない様に、気を付けながら外していく事も重要です。

撤去した透明クリアの波板

撤去した既存波板

 撤去した既存波板がこちらです。透明クリアの波板で今回施工は15枚の交換となります。外した波板は再利用は出来ませんので、全て廃棄となります。

新しい波板の取り付け

波板にドリルで穴を空けます  ドリルで穴を空けます

 そして新しい波板の取り付け作業となります。1枚が働き幅60センチとなり、6山ごとの山側にフック取り付けを行います。フックを取り付けるに当たり、予めドリルで穴を開けておく事となります。

補助工具を使用して穴開け位置がずれない様に開けます

穴開け位置をズレない様的確に空けます

 穴を開ける際はこの補助工具を使用して穴を開けて行きます。山の頂上部分でドリルを充てた際にズレてしまう事が有り、そうなると若干ズレた状態となって、フックの取り付け強度が弱まってしまい兼ねません。そう言ったズレ防止を図るべく波板規格に合わせたこの補助工具を使用する事で、穴開け位置がズレる事無く的確な場所で取り付け位置を設定する事が出来ます。

長さカット位置も墨出しで正確に行います

墨出しで採寸  カットする位置を墨出し

 更に長さを裁断調整する際も、墨出しでカットする位置取りを確認していきます。要は少しでも長い短いが発生すると、それだけ適正な取り付けに繋がらず、強度の向上が図れなくなるのです。

墨出ししたラインに沿ってカットします

墨出しした位置でカット

 墨出ししたラインに合わせて裁断して参ります。この長さの調整についてもこの様に細かく適正サイズで設置していく事が、取り付け強度を維持していく上でも重要と言えます。

新しい波板はブロンズカラー

ポリフックを締めて取り付けます

 一つ一つの取り付けフックを締めて作業の完了となります。既存波板は透明クリアのタイプでしたが、イメージを変えたいとのご希望も有り、ブロンズカラーを使用しての交換施工でした。落ち着いた非常に良い色合いで、お客様にも気に入って頂ける事と思います。

交換取り付け施工の完了

波板交換完了

 こうして確認チェックと清掃も完了し施工の方が完了です。15枚の波板交換でしたが各所とも取り付け強度も問題も無く、無事工事の方も終了致しました。

自然災害によるご被害は火災保険で修繕が出来ます

ブロンズカラーのポリカ波板

 これでしばらくは安心してお過ごし頂ける事と思います。私たち街の屋根やさんではこの様なポリカ波板屋根交換等も含め、あらゆる屋根関連工事についてご対応させて頂いております。更に火災保険の使用、それに伴う申請のお手伝いについてもご対応致しております。新型コロナウィルスの状況下ですが新型コロナ対策も徹底しつつ取り組んでおりますので、是非皆様もお気軽にお声掛けご相談頂ければ幸いです。

 記事内に記載されている金額は2022年01月28日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

【最新版】火災保険が適用される屋根工事

 保険が適用される屋根工事、ってどういうことをイメージされるでしょうか?  特にそれが「火災保険」となると「屋根修理に使えるの?」と繋がらないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?昨今は大型台風の上陸、そしてそれらの被害が頻発したことにより火災保険という名前や保険の支払い規…続きを読む
ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

ベランダ・バルコニーの屋根の補修・修理、防水工事もお任せください

 ベランダやバルコニーで必要なメンテナンスと言えば、「防水工事」だけてなく「ポリカの屋根」のお手入れです。夏の暑さが気になる方には遮熱の防水工事もありますし、窓ガラスの断熱化でも対処できます。窓ガラスの断熱化で紫外線をカットするものを使えば夏の夜に寄ってくる虫も少なくなります。 【動画で確認「ベコ…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      渋谷区千駄ヶ谷にて破損した波板の交換工事を行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      杉並区大宮にて雹の被害にあった波板の交換を火災保険を適応して行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      杉並区清水にて腐食した破風板の交換工事を行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      足立区と近隣地区の施工事例のご紹介

      墨田区本所で雨漏りのご相談からアールロックの屋根のカバー工事(料金目安:60㎡で税込767,800円~)を施工

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      足立区青井で棟の取り直し工事、漆喰材はシルガードを使用して施工致しました

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 、漆喰詰め直し

      葛飾区南水元で令和元年東日本台風による棟板金飛散のご被害、屋根カバー工事を施工し棟板金下地には樹脂製貫板を使用

      【施工内容】

      屋根カバー工法

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る