無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区一之江で棟板金交換工事を施工、下地貫板には樹脂製のタ.....

江戸川区一之江で棟板金交換工事を施工、下地貫板には樹脂製のタフモックを使用

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 江戸川区一之江のお客様で、訪問してきた業者より棟板金が浮いているのではないかとの指摘を受けられたとの事で、当社にご相談を頂いた事が始まりです。

 現地調査にお伺いすると、さほど浮いていると言った症状は見られませんでした。しかし年数的に約30年経過している事からも、釘抜けなどを始めとした劣化症状は見られます。

 やはり原因として考えられるのは、下地の貫板自体が弱ってしまい、長年の風雨等による影響を受けて取り付けが甘くなってしまっている事が想定されました。

 そこで今回棟板金の交換施工をさせて頂く運びとなり、下地貫板には腐食に強い樹脂製貫板を使用しての施工ご提案を致しました。その工事の流れを御紹介させて頂きます。
 江戸川区一之江のお客様で、訪問してきた業者より棟板金が浮いているのではないかとの指摘を受けられたとの事で、当社にご相談を頂いた事が始まりです。

 現地調査にお伺いすると、さほど浮いていると言った症状は見られませんでした。しかし年数的に約30年経過している事からも、釘抜けなどを始めとした劣化症状は見られます。

 やはり原因として考えられるのは、下地の貫板自体が弱ってしまい、長年の風雨等による影響を受けて取り付けが甘くなってしまっている事が想定されました。

 そこで今回棟板金の交換施工をさせて頂く運びとなり、下地貫板には腐食に強い樹脂製貫板を使用しての施工ご提案を致しました。その工事の流れを御紹介させて頂きます。


担当:藤崎


【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板 タフモック
施工期間
棟板金交換1日
築年数
30年
平米数
25m
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
K様邸
保証年数
お付けしておりません
【工事内容】
棟板金交換
【工事詳細】
使用材料
ガルバリウム鋼板 タフモック
施工期間
棟板金交換1日
築年数
30年
平米数
25m
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
K様邸
保証年数
お付けしておりません
足場アイコン棟板金交換

現地調査、棟板金の状況

棟板金の劣化

 現地調査の状況がこちらです。訪問業者より棟板金が浮いていると言った指摘を受けたとの事でしたが、著しい浮きの症状は見られません。昨今この様な訪問業者による指摘を受けてしまうケースは増加しておりますが、悪徳な業者も存在するので、そう言った方にご相談されるよりは、お知り合いの業者さんや信頼のできる業者さんに見てもらった方が得策です。

釘抜け等の発生

釘抜けの発生した棟板金  釘が抜けて開口状態

 指摘を受けるほどの状況では無い物の、年数的に30年近く経過している事も有るので、釘の抜けや欠損と言った症状は見られました。やはり年数の経過と共に下地の木材製の貫板が弱っている事は否めません。これはどちらのお宅でも起こりうる症状で、風により弱った貫板下地から取り付けている釘が徐々に抜けてしまうと事が原因として考えられます。今回、折角の機会と言う事も有り、棟板金の状況をご覧になられて交換施工の方をご依頼頂く事となりました。原因として木製貫板の腐食から来る症状でしたので、交換施工に当たり新しい下地貫板はプラスティック樹脂製のタフモックを使用しての交換施工となります。

既存の棟板金を撤去

棟板金撤去  既存の棟板金を外します

 施工の方は既存棟板金、及び貫板の撤去から始まりです。取付も若干弱っている事も有り、容易に取り外しが出来る状況でした。こう言った症状を見ると、現状のままであると台風等の影響で飛ばされると言った事も想像に難くありません。

既存貫板の状況

既存貫板の撤去  腐蝕が見られる既存貫板

 棟板金を取り外すと既存の貫板が顕れてきます。黒ずみからも判る様にかなり弱体化している状況が見て取れました。これら既存物は全て解体撤去致します。

既存棟の撤去完了で新規取付へ

既存棟の撤去完了

 全て外すとこの様な形でスレート屋根が残ります。釘止めしていた箇所や割れ等のケアを行い新しい下地貫板の取付から、新規棟板金の構築を行って参ります。

樹脂製貫板タフモックの取付

貫板をビス止め固定  貫板の固定

 新しく使用する貫板はプラスティック樹脂製品のタフモックと呼ばれる材料です。従来の木材は年数を経過すると腐食してしまう事になるので、腐食に強いこのタフモックの登場となります。更にこれまで取り付けにおいては全て釘止めが為されておりましたが、取り付け強度強化の観点からもビス止め固定を行います。貫板の取り付け位置も棟板金のサイズに合わせてしっかりと留めて行き、徹底的に強度の向上に努めました。

貫板取付の完了

新規貫板取付の完了

 タフモックの設置完了です。見るからに強度の強い下地となる事がお判り頂ける事と思います。あとは新設したこの下地貫板に棟板金を被せてビス止め固定を行って参ります。

新規棟板金を被せます

棟板金の取付  隅棟板金から大棟板金の取付へ

 棟板金の重ねの部分は内側にシーリングを入れて水の浸入防止措置を講じて行きます。下側の隅棟から頂上の大棟へ順に取り付けてもう一息で完成です。

仕上げシーリング処理工程

三つ又シーリング処理  シーリングで仕上げ

 仕上げの工程として、頂上部の継ぎ目にはしっかりとシーリングを充填してこちらも水の浸入を防止していきます。マスキングテープを剥がしてシーリングが乾燥すれば作業終了となります。

棟板金の交換完了

棟板金交換の完了

 朝から施工し、夕方前に終了することが出来ました。夕陽に染まった新しい棟板金が輝いて見えます。そして何よりも取り付け強の強化が図れた事は言うまでも有りません。

取付も問題無し

隅棟板金の交換も問題無し

 4箇所の隅棟の方も問題無く取り付けられております。この棟板金交換施工は御覧の様に足場を設置しての施工となります。効率を考えてこの交換施工と同時に屋根塗装工事を行う事も、お住まいの維持の観点からはベストなお手入れと繋がります。

強風が来てもご安心頂ける強度です

棟板金交換工事の終了

 翌日晴れ渡った空の下、棟板金の取付の完了確認を行わせて頂きました。私たち街の屋根やさんでは、少しでも長く持たせられる様なメンテナンスとなる様、新型コロナウィルス対策が必要な状況下ではありますが、工事のご提案と施工に取り組ませて頂いております。そして今回、お客様の方より追加で屋根外壁も含めた塗装工事の方も考えたいとのお話しを承り、引き続きご提案の方をさせて頂く事となりました。この様に屋根を始めとしたお住まいのメンテナンスをご検討されているお客様がいらっしゃいましたら、是非お気軽にお声かけ頂ければ幸いです。

 

 記事内に記載されている金額は2021年11月25日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

江戸川区ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

  • 35059-SR15ET

    工事種類

    雪止め設置

  • 工事種類

    外壁塗装, 屋根塗装

  • 34906-SR15ET

    工事種類

    外壁塗装, 屋根塗装

  • 工事種類

    屋根カバー工事

  • 工事種類

    防水工事

  • 工事種類

    その他の工事

  • 工事種類

    屋根葺き替え

  • 工事種類

    破風板板金巻き工事

  • 工事種類

    その他の工事

関連動画をチェック!

【棟板金】釘浮き・錆 雨漏りを防ぐ棟板金チェックポイント【プロが解説!アメピタ!】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

屋根工事の訪問販売で起こったトラブルをご紹介!屋根業者の訪問販売には注意が必要

屋根工事の訪問販売で起こったトラブルをご紹介!屋根業者の訪問販売には注意が必要

「訪問販売」についての漫画コンテンツはこちら 漫画で読むならコチラ 動画で見るならコチラ 【動画で確認「訪問販売トラブル事例」】 長い文章のページとなっていますので、内容を動画でもまとめています。動画で見たいという方はこちらをご…続きを読む
棟板金の交換・修理ガイド【事例・費用】も豊富にご紹介

棟板金の交換・修理ガイド【事例・費用】も豊富にご紹介

 毎年9月、10月の台風の時期になると特に増えるのが、「棟板金の交換・修理」に関するお問合せです。  「屋根の上から異音がする」  「屋根のてっぺんが浮いている」 など屋根の上の異変に不安を抱えていらっしゃる方はいらっしゃいませんでしょうか?  台風に限らず春一番や竜巻、木枯らしなど突発性の強風…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      街の屋根やさん多摩川
      1. 電話 0120-989-936
        株式会社シェアテック
        1. 〒182-0025
          東京都調布市多摩川3-68-1
          店舗詳細はこちら
      1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

        街の屋根やさん横浜
        1. 電話 0120-989-936
          株式会社シェアテック
          1. 〒222-0033
            神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜 2F
        1. 街の屋根やさん横浜支店のスタッフ

          お問い合わせはこちらから

          あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

           街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

          お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

          このページと共通する工事内容の新着施工事例

          世田谷区鎌田で棟板金交換工事、樹脂製貫板を使用して税込み490,000円で実施しました!

          【施工内容】

          棟板金交換

          板橋区前野町にて、¥534,000(足場含む)で棟板金交換工事を行いました。

          【施工内容】

          棟板金交換

          杉並区成田西で足場も含めて税込み286,000円で樹脂製貫板使用の棟板金交換工事

          【施工内容】

          棟板金交換

          その他の施工事例一覧→

          江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

          葛飾区西亀有にてトップライトから雨漏りが発生していたスレート屋根を屋根葺き替え工事で解消!低価格高耐久のスーパーガルテクト(Sシェイドチャコール)を使用致しました

          【施工内容】

          屋根葺き替え

          江戸川区東小岩にて雨漏りが発生していたセメント瓦屋根を屋根葺き替え工事で解消、アイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブラウン)を使用致しました

          【施工内容】

          屋根葺き替え

          江戸川区平井にて強風の影響により割れてしまったベランダ屋根のポリカ波板交換工事を実施

          【施工内容】

          その他の工事

          その他の施工事例一覧→

          屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

          お問い合わせ・資料請求
          • 屋根リフォームの流れ
          • 徹底したお住まい調査
          • 不安ゼロ宣

言
          • 屋根のお役立ち情報
          • 当社のご案内
          • 屋根の資料請求
          点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

          点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

          株式会社シェアテック
          街の屋根やさん東京
          東東京支店
          〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          TEL :0120-989-936 
          E-mail : info@sharetech.co.jp
          多摩川支店
          〒182-0025
          東京都調布市多摩川3-68-1
          Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
          ページトップへ戻る