無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 西東京市富士町で下地が腐食しているバルコニーの床を下地から直.....

西東京市富士町で下地が腐食しているバルコニーの床を下地から直して防水工事

【施工前】
工事前

【施工後】
ウレタン防水で綺麗に仕上がりました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 西東京市富士町でバルコニーの防水工事をおこないました。以前に雨漏りしていたために防水工事をおこなったそうですが、下地の傷みを直さずにそのままの状態で防水工事をおこなっていた様で、床面に沈みが出来ていました。
 腐食した部分を直したいというご希望がございましたので、下地から直して新たに防水工事をおこなうことになりました。
 排水口の周りが黒く色が変わっているのですが、この部分が下地に傷みが出ている所です。雨漏りしていたため室内の壁や天井を復旧した際に気づかれたそうで、防水層はしっかりとしていますが傷んだ下地がそのままになっているとカビや腐食被害が広がる可能性がありますので、床を剥がしていたんだ分を交換していきます。
 床下地は合板が貼ってありますが、排水口の周りは雨漏りによってグズグズになっていました。床を支える根太(ねだ)も壁際の部分は傷んでいましたので交換します。床を剥がしたのは傷みが出ていた一部分だけですので、既存の部分との取り合いの処理もしっかりとおこなって雨水の侵入を防いでいます。
 上からかける防水はウレタン塗膜防水で、床の繋ぎと元々の床面の上に新しいウレタン防水層がかぶさる様に塗布していきます。最後に紫外線保護のためのトップコートを塗って防水工事が完成です。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しており、オンラインでの打合せ対応もおこなっておりますので、安心して工事をお任せください。
 西東京市富士町でバルコニーの防水工事をおこないました。以前に雨漏りしていたために防水工事をおこなったそうですが、下地の傷みを直さずにそのままの状態で防水工事をおこなっていた様で、床面に沈みが出来ていました。
 腐食した部分を直したいというご希望がございましたので、下地から直して新たに防水工事をおこなうことになりました。
 排水口の周りが黒く色が変わっているのですが、この部分が下地に傷みが出ている所です。雨漏りしていたため室内の壁や天井を復旧した際に気づかれたそうで、防水層はしっかりとしていますが傷んだ下地がそのままになっているとカビや腐食被害が広がる可能性がありますので、床を剥がしていたんだ分を交換していきます。
 床下地は合板が貼ってありますが、排水口の周りは雨漏りによってグズグズになっていました。床を支える根太(ねだ)も壁際の部分は傷んでいましたので交換します。床を剥がしたのは傷みが出ていた一部分だけですので、既存の部分との取り合いの処理もしっかりとおこなって雨水の侵入を防いでいます。
 上からかける防水はウレタン塗膜防水で、床の繋ぎと元々の床面の上に新しいウレタン防水層がかぶさる様に塗布していきます。最後に紫外線保護のためのトップコートを塗って防水工事が完成です。
 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しており、オンラインでの打合せ対応もおこなっておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
ウレタン塗膜防水
施工期間
4日間
築年数
15年
平米数
8㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
Y様邸
保証年数
3年
【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
ウレタン塗膜防水
施工期間
4日間
築年数
15年
平米数
8㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
Y様邸
保証年数
3年
3階建て防水工事

下地の状況を確認

雨漏りでボロボロになっています 下地が傷んで水が溜まった跡

 バルコニーの防水を直した際に雨漏りしている下地は直さずにそのまま上からウレタン防水をかけてありました。階下の天井と壁の張替えの際に撮影した画像をみると、下地のべニアが雨漏りによってボロボロになっているのが確認出来ます。

 横に抜くようになっている排水口部分には雨漏りによって下地が腐食して沈んでいるために雨水が溜まった跡がありました。

 防水層自体はまだ工事を行ったばかりとの事で傷みは出ていませんが、下地がこの状態ですと他に影響が出る場合がありますので、今回の工事では傷んだ床下地を直すことになりました。

傷んだ床下地を撤去します

床に切れ目を入れていきます

 床下地は30センチ間隔に取り付けられた根太(ねだ)の上に合板を敷いていますので、根太の位置で床をカットしていきます。

FRPとウレタン防水 排水口の周りの下地が傷んでいます

 元々はFRP防水が施工されていてその上にウレタン塗膜防水で仕上げてありましたので、下地を直すためにはFRP防水から剥がす必要があります。床下地のべニアが湿っていますので比較的簡単にFRP防水が剥がすことが出来ます。

 排水口の周りは予想通り大分傷みが出ていました。

下地の交換工事

腐食した床下地

 排水口の周りのべニアは手で触ってボロボロととれるくらい腐食が進んでいました。防水層に劣化はありませんでしたが、湿気が抜けませんので腐食したべニアから回りに被害が広がってしまう可能性があります。

二重のべニア 雨水が大分回っていました

 二重に重ねてあるべニアを剥がしてそのほかに腐食している部分が無いか確認していきます。黒ずんだ部分は雨漏りの跡でだいぶ範囲が広がっていますが下地の根太には傷みが出ていないようです。

防腐処理をしてから新しい下地工事に進みます

目次の防腐剤 下地に散布します

 腐食していた下地は撤去しましたが、今後の事を考えて防腐剤を塗布していきます。ホームセンターなどにあるスプレータイプの防腐剤ですが、雨漏りしていないところでの腐食を防ぐ目的であれば問題ありません。匂いも少ない物もありますので、今回の様に下地が見える状態の時に対策はおこなっておきましょう。

新しい床下地と防水工事

下地補強 床を貼ります

 防水工事をおこなった際に腐食した床は交換していませんでしたが、補強工事はおこなってありました。床の根太の横に補強の木を打ちつけて、なるべく下がらない様にしてありました。今回は上から工事をおこなっておりますので、必要な補強をプラスして床を貼っていきます。

下地を新しく

 床を貼った跡は防水工事をおこなっていきます。壁際やジョイントなどにコーキングを打って下地処理をおこなってから防水に取り掛かります。防水層で覆われてしまえば雨漏りする事はありませんが、木造住宅は動きの大きい建物ですので、下地が動いた時に防水層が切れない様に力を鑑賞する様に角部分などにコーキングを先に打っておきます。

仮防水 プライマーを塗布します

 今回の工事ではウレタン塗膜防水を使用するのですが、一部の床を剥がしましたので補強クロスをウレタンの中に塗り込んで補強していきます。ウレタン塗膜防水は弾力性のある防水材ですが、動きの大きなところや動きがずれる部分には力がかかり、ウレタンの伸縮で耐えきれない事もありますので、その場合に裂けたりしにくくするためにメッシュ状の補強クロスを敷きます。

ウレタン2層とトップコートで仕上げ

ウレタンの1層目 ウレタンの1層目

 ウレタンは2回塗って仕上げます。外壁塗装などと同じで2層作ることで防水性能を発揮します。排水口の中もウレタンを塗布して一体化していきます。

2層目を塗ります 排水管回り

 2層目を塗って防水層は完成です。この状態でも雨を防ぐことが出来ますが、今のままでは紫外線や風雨によってウレタン防水が劣化してしまいます。塗料型の防水材ですので、劣化してひび割れが起きたり捲れや剥がれが起きてしまうと雨漏りに繋がりますので、防水層を守る必要があります。

トップコートで防水層を保護します

新たな防水層

 防水層を守るために必要なのがトップコートです。ウレタン防水だけでは劣化してしまいますので、防水層を保護するために塗布していきます。

 トップコートはあくまでも防水層の保護が目的であり塗布すると雨水を弾くことは出来ますが、雨漏りしている防水層にトップコートでメンテナンスは出来ません。ウレタン塗膜防水は防水層、トップコートは保護材なのです。

 逆を言えば、トップコートのメンテナンスを適切におこなっていれば防水層の劣化の進行を遅らせることが出来るという事です。

工事完成 全面トップコートで仕上げます

 トップコートを塗布して防水層が仕上がりました。

 雨漏りは止まり腐食していた下地も新しくなりましたので、安心してお住まいになっていただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

バルコニー・ベランダや陸屋根(屋上)のメンテナンスに選ばれる ウレタン防水

 お住まいは屋根材と外壁材で守られている訳ではありません。バルコニー・ベランダや陸屋根と呼ばれる屋上は、防水工事を行い雨水の浸入を防いでいます。特に近年は狭小住宅が多く、庭の代わりにバルコニーをガーデニング等で活用しているお住まいも多く見られます。しかし防水工事の必要性を知らずメンテナンスを怠ると、…続きを読む
ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

ベランダ・バルコニー・陸屋根に必須のメンテナンス、防水工事

 防水工事と聞いてもピンと来られない方も多いと思いますが、具体的にはベランダやバルコニー、屋上(陸屋根)などからの漏水を防ぐための工事がそれにあたります。ご存知のとおり、水分は建物の大敵です。建物内部に浸入してしまうと、木造では大事な柱や梁を腐食させていきます。鉄骨でも骨組みにサビを生じさせ、強度を…続きを読む
街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      八王子市みなみ野で防水工事とシール工事で雨漏り修理工事

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      港区三田でヒビ割れと排水不良のバルコニーをウレタン防水で改修工事

      【施工内容】

      防水工事

      調布市仙川町で雨漏りしているバルコニーをウレタン塗膜防水で止めました

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      西東京市と近隣地区の施工事例のご紹介

      西東京市泉町で旧松下電工製のレサス屋根の葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      屋根葺き替え、スレート屋根葺き替え工事

      小金井市緑町で棟板金のビス補強と割れたスレートの補修工事

      【施工内容】

      屋根補修工事

      練馬区南田中にて雹の被害を受けた波板の交換工事を行いました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る