無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 練馬区石神井台にて表面の劣化してひび割れを起こした部分の南蛮.....

練馬区石神井台にて表面の劣化してひび割れを起こした部分の南蛮漆喰の詰め直し工事を行いました

【施工前】
施工前

【施工後】
施工後

【お問い合わせのきっかけ】


担当:木下


 練馬区石神井台にて、瓦屋根の点検をしてほしいとのご依頼をいただいたことが調査のきっかけでした。

 屋根の点検を一通り行ったところ、漆喰が一部劣化して来ていることと、隅棟と大棟の取り合い部分が開いてしまっているとこが判明いたしましたので、築年数のことを考慮し、葺き直し工事等をご提案させていただきましたが、ご予算の兼ね合いから今回は漆喰の詰め直し工事を行わせていただくことになりました。

 漆喰とは棟瓦の固定をしている葺き土がこぼれたり、濡れたりしないように保護する目的でつけられます。つまり漆喰が劣化してひび割れてくるとそこに隙間生じてしまい雨水が侵入する可能性が出てきます。そうなると雨漏りにつながりかねませんので注意が必要になります。

 今回は既存の漆喰を剥がして詰め直しを行う工事を行うことになりました。漆喰は増し詰めという手法もあるのですが、既存の漆喰が浮いてしまっている場合にはあまり良い手法とは言えません。既存の漆喰が剥がれてきてしまうとせっかく詰めた新しい漆喰も一緒に剥がれてきてしまうからです。

 新しく詰める漆喰として使用したのは、馬場商店のシルガードという製品です。これは南蛮漆喰にシリコンなどを混ぜ合わせ防水性を高めたものになりますので、雨水の侵入も押さえてくれます。

 詰め直し工事は既存の漆喰を剥がすのでどうしても周りに散らばってしまいます。工事終了後にはしっかりと清掃させていただきますのでご安心ください。

 無事に工事も終了してお客様にも確認していただき、職人さんが頑張ってくれていたので安心できたとのお言葉をいただきました。
 練馬区石神井台にて、瓦屋根の点検をしてほしいとのご依頼をいただいたことが調査のきっかけでした。

 屋根の点検を一通り行ったところ、漆喰が一部劣化して来ていることと、隅棟と大棟の取り合い部分が開いてしまっているとこが判明いたしましたので、築年数のことを考慮し、葺き直し工事等をご提案させていただきましたが、ご予算の兼ね合いから今回は漆喰の詰め直し工事を行わせていただくことになりました。

 漆喰とは棟瓦の固定をしている葺き土がこぼれたり、濡れたりしないように保護する目的でつけられます。つまり漆喰が劣化してひび割れてくるとそこに隙間生じてしまい雨水が侵入する可能性が出てきます。そうなると雨漏りにつながりかねませんので注意が必要になります。

 今回は既存の漆喰を剥がして詰め直しを行う工事を行うことになりました。漆喰は増し詰めという手法もあるのですが、既存の漆喰が浮いてしまっている場合にはあまり良い手法とは言えません。既存の漆喰が剥がれてきてしまうとせっかく詰めた新しい漆喰も一緒に剥がれてきてしまうからです。

 新しく詰める漆喰として使用したのは、馬場商店のシルガードという製品です。これは南蛮漆喰にシリコンなどを混ぜ合わせ防水性を高めたものになりますので、雨水の侵入も押さえてくれます。

 詰め直し工事は既存の漆喰を剥がすのでどうしても周りに散らばってしまいます。工事終了後にはしっかりと清掃させていただきますのでご安心ください。

 無事に工事も終了してお客様にも確認していただき、職人さんが頑張ってくれていたので安心できたとのお言葉をいただきました。


担当:木下


【工事内容】
漆喰詰め直し
【工事詳細】
使用材料
馬場商店 シルガード(白)
施工期間
3日間(足場の架け払い含む)
築年数
築20年
平米数
棟 21.9m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
N様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
施工保証1年
【工事内容】
漆喰詰め直し
【工事詳細】
使用材料
馬場商店 シルガード(白)
施工期間
3日間(足場の架け払い含む)
築年数
築20年
平米数
棟 21.9m
施工金額
詳しくはお問い合わせください
お施主様
N様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
施工保証1年
漆喰詰め直し

漆喰が劣化してしまっておりました

 練馬区上石神井にお住いのお客様より、築20年とのことでメンテナンスを検討しているとのお問い合わせをいただき調査をさせていただいたことがきっかけでした。

 屋根にあがって様々な部分の調査を行ったところ、漆喰が劣化してきており、ひび割れて隙間が出来たり、隅棟と大棟の取り合い部分の漆喰が全くない状態でした。このような状態では冠瓦から雨水が侵入してしまい、雨漏りを引き起こしてしまう可能性もありましたので、漆喰の詰め直し工事をご提案いたしました。
取り合い部分が開いてしまっていました
 下屋根部分にも漆喰の詰まっている部分がありましたが、幸いにもそれほど劣化している状態ではありませんでしたので今回は大屋根のみのメンテナンスを行うこととしました。

下屋の部分の漆喰 劣化した漆喰

漆喰詰め直し工事の開始です

 工事を行うにあたって勾配もある屋根だったので足場の仮設を行わせていただきました。簡単そうに見えますが屋根の上で作業を行うことは危険を伴います。作業性の問題からも足場の仮設が必要と判断した場合にはそういった旨のご提案になります事、あらかじめお含みおきいただければ幸いです。

 まずは既存の漆喰を剥がしていきます。漆喰は浮いている箇所に関しては簡単に削ることができるのですが、しっかりとくっついている部分もありましたので根気よく剥がし作業を行っていきました。

 漆喰を剥がしていくと内部の葺き土が出てくるので適度に清掃を行いながら作業を進めていきます。

古い漆喰を剥がしていきます

 また、既存の瓦が釉薬瓦で勾配が6寸勾配だったのでかなり滑りやすくなっておりました。滑って転んでしまわないように気を付けながらの作業になりました。

ごみを取りながら撤去していきます 表面が白くなった漆喰

 今回は隅棟4本と大棟1本の工事でしたのでなかなか大変な作業ではありましたが、職人さんがスムーズに作業を進めてくれたので一安心です。

剥がし作業中 少しずつ剥がしていきます

南蛮漆喰「シルガード」を使用しました

 新規の漆喰には、馬場商店のシルガード(白)を使用しました。このシルガードは南蛮漆喰と言われるものにシリコンなどを混ぜ合わせたもので防水性に優れたものです。耐用年数も15年以上もちますので申し分ない性能があります。シルガードには白と黒があるのですが、今回は既存の色に合わせて白のものを使用しました。

シルガード 成形しながら詰めていきます

 シルガードは空気に触れると硬化を始めていきますので、手早く作業を進めていかなければなりません。綺麗に仕上げるのも職人さんの腕次第という事になります。また、厚く塗りすぎてものし瓦からはみ出してしまいそこから雨水が侵入してしまうこともありますので適度な厚さに仕上げることが重要です。

新しく詰めていきます

 1本目の隅棟が終わったので残りの隅棟と、大棟を同様に仕上げていきます。

漆喰の詰め作業 仕上げをしていきます

工事完了です。

 すべての棟の漆喰を詰め終わりましたのでしっかりと乾燥期間を設けて作業の終了です。

 足場の解体前にも確認させていただき問題ないかをしっかりとみて足場の解体を行いました。

完成 綺麗に仕上がりました

 足場の撤去後も、確認してほしいとのご依頼がありましたので梯子をかけて確認させていただきました。

 特に問題のあった隅棟と大棟の取り合い部分も問題なく施工しております。これでここから雨水が侵入する心配はなくなりました。

取り合い部 隙間を漆喰で埋めました

 瓦屋根はメンテナンス不要とよく言われますが、それは瓦自体の話であって今回のように漆喰や防水紙に関してはメンテナンスの必要があります。特に防水紙の寿命は25~30年程度と言われておりますので築年数が20年を越えてきた場合は屋根の葺き直しや葺き替え工事なども視野に入れておいた方が良いかと思います。

施工後

 お客様にも写真でご確認いただき、職人さんが頑張ってくれていた姿をみて安心したと言っていただけました。

 私達、街の屋根やさんでは新型コロナウイルス感染拡大防止対策としてマスクの着用を徹底しております。また、手指のアルコール消毒やソーシャルディスタンスの遵守を行い感染リスクの低減に努めております。何かお困りごとありましたら安心してご相談ください。

 記事内に記載されている金額は2021年10月29日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

このページに関連するコンテンツをご紹介

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう

瓦屋根の方へ、漆喰詰め直し・漆喰取直しで長寿命な屋根を目指しましょう

 漆喰の歴史は古く、約5000年前から世界中で使われています。瓦や石材の接着、目地の充填、壁の上塗りなど漆喰は様々な場面に用いられてきました。日本が世界に誇る世界遺産「姫路城」、その白鷺と形容される美しい白壁にも漆喰が用いられています。 瓦屋根では瓦の固定や接着に漆喰が用いられています。この漆喰…続きを読む

あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

 街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

このページと共通する工事内容の新着施工事例

墨田区立花にて瓦屋根の棟の崩れを未然に防ぐために漆喰詰め直し工事を実施、袖瓦の交換も実施致しました

【施工内容】

漆喰詰め直し

江戸川区西瑞江にて雨漏りを未然に防ぐために漆喰が剥がれている瓦屋根の棟の漆喰詰め直し工事を実施

【施工内容】

漆喰詰め直し

足立区青井で棟の取り直し工事、漆喰材はシルガードを使用して施工致しました

【施工内容】

棟瓦取り直し 、漆喰詰め直し

その他の施工事例一覧→

屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

お問い合わせ・資料請求
新型コロナウィルス
対策について
オンラインでの無料相談・ご提案について
  • 屋根リフォームの流れ
  • 徹底したお住まい調査
  • 不安ゼロ宣

言
  • 屋根のお役立ち情報
  • 当社のご案内
  • 屋根の資料請求
点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

株式会社シェアテック
街の屋根やさん東京
東東京支店
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
TEL :0120-989-936 
E-mail : info@sharetech.co.jp
品川支店
〒141-0031
東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
多摩川支店
〒182-0025
東京都調布市多摩川3-68-1
Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
ページトップへ戻る