無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 狛江市西野川にて雨水でお困りの駐車場にポリカーボネートで屋根.....

狛江市西野川にて雨水でお困りの駐車場にポリカーボネートで屋根を新設しました

【施工前】
雨の影響を受けているカーポート

【施工後】
屋根を新設して雨を防ぎます

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 狛江市西野川で屋根の新設工事をおこないました。
 屋根といっても建物の屋根ではなくカーポートに屋根を新設しました。カーポートの上はバルコニーになっているのですが、床がスノコになっているので隙間から雨水がポタポタと垂れてしまいます。その雨水を防ぎたいというのがお問合せのきっかけでした。
 梁が何本もかかっていてその上にスノコが乗せてある造りになっているのですが、よく見る様なアルミ製のカーポートの屋根の取付はスペースがなく出来ませんので、色々と検討した結果梁と梁の間に屋根を新設する事になりました。
 梁の間にアルミのフレームを取り付けていき、その上にポリカーボネートの平板を固定していきます。ポリカーボネートでスノコの間から落ちてきた雨水を受けて、片側に角度をつけているのでそちら側に雨水を流していきます。
 梁の下で受ける方法も考えましたが、高さが低くなる事と吊り下げた場合の固定方法を考えて今回の工事方法で決定しました。片側に流した雨水は雨樋が受けます。通常の屋根で考えますと屋根の方に雨樋を固定するのですが、今回は反対側の壁側に固定した雨樋でポリカーボネートを流れてきた雨水を受ける納め方にしております。
 それ程大量の雨水が流れる訳ではありませんが車の上に落ちる雨水を防ぐ事ができ、流れた雨水も雨樋によってスムーズにカーポートの外側に排出する事が出来る様になりましたので、これで安心して車を止められる様になりました。
 私たち街のやねやさん、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。
 狛江市西野川で屋根の新設工事をおこないました。
 屋根といっても建物の屋根ではなくカーポートに屋根を新設しました。カーポートの上はバルコニーになっているのですが、床がスノコになっているので隙間から雨水がポタポタと垂れてしまいます。その雨水を防ぎたいというのがお問合せのきっかけでした。
 梁が何本もかかっていてその上にスノコが乗せてある造りになっているのですが、よく見る様なアルミ製のカーポートの屋根の取付はスペースがなく出来ませんので、色々と検討した結果梁と梁の間に屋根を新設する事になりました。
 梁の間にアルミのフレームを取り付けていき、その上にポリカーボネートの平板を固定していきます。ポリカーボネートでスノコの間から落ちてきた雨水を受けて、片側に角度をつけているのでそちら側に雨水を流していきます。
 梁の下で受ける方法も考えましたが、高さが低くなる事と吊り下げた場合の固定方法を考えて今回の工事方法で決定しました。片側に流した雨水は雨樋が受けます。通常の屋根で考えますと屋根の方に雨樋を固定するのですが、今回は反対側の壁側に固定した雨樋でポリカーボネートを流れてきた雨水を受ける納め方にしております。
 それ程大量の雨水が流れる訳ではありませんが車の上に落ちる雨水を防ぐ事ができ、流れた雨水も雨樋によってスムーズにカーポートの外側に排出する事が出来る様になりましたので、これで安心して車を止められる様になりました。
 私たち街のやねやさん、新型コロナウイルス対策としてマスク着用・アルコール消毒を徹底しておりますので、安心して工事をお任せください。


担当:富田


【工事内容】
屋根新設
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート,RV105
施工期間
3日間
築年数
15年
平米数
約20㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
M様邸
保証年数
3年間
【工事内容】
屋根新設
【工事詳細】
使用材料
ポリカーボネート,RV105
施工期間
3日間
築年数
15年
平米数
約20㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
M様邸
保証年数
3年間
屋根新設

ご要望をお聞きします

カーポート 車に雨水が落ちる

 今回おこなった工事はカーポートの中に屋根を新設する工事です。お問合せのきっかけは駐車場に止めた車に上から雨水が垂れてくるのを防ぎたい、というご要望がありました。

 外から見ると屋根の下に車が止まっているように見えますが、実際には少し違います。

隙間から雨水が垂れます

 カーポートの上はバルコニーになっていて、床にはスノコが敷かれています。雨が降るとスノコの隙間から雨水がポタポタと垂れて車に当たるので、その雨水を防ぐ工事をご希望されています。

納まりを確認して方法のご提案

バルコニーのスノコ どの様にするか検討

 スノコを剥がして床面で何か良い方法をと考えましたが、バルコニーの一部に箱庭が作られていてスノコを剥がす事が出来ませんでした。色々と納め方を検討した結果、スノコから落ちてきた雨水を受けられる様に、梁と梁の間に屋根を新設する事にしました。

屋根工事開始です

アルミのフレーム フレームの取付

 屋根を付ける為に梁の間に骨組みを作っていきます。屋根にするためには雨水を流す必要があるので、アルミフレームも角度を付けて片側に雨水が流れる様に取り付けます。

 左右の梁と中間にもフレームを入れて骨組みは完成です。

ポリカーボネート 組み上げていきます

 屋根材に使用するのはポリカーボネートです。梁と梁の間の幅が均一ではないので現場でカットしてサイズを併せて納めていきます。フレームにポリカーボネートを固定して屋根が完成します。

屋根新設が完了

屋根の取付完了

 片側から角度を付けたアルミフレームにポリカーボネートを固定して屋根が完成です。スノコの隙間から落ちてきた雨水をポリカーボネートが受けて片側に流していきますが、このままでは片側で雨水が落ちてしまいますので、雨樋で雨水を受ける様にします。

雨樋の取付工事

屋根からの雨水は雨樋で受けます 雨樋工事

 片側に屋根の角度を付けて雨水を流していき、その先に雨樋を吊って雨水を受けられる様にしていきます。

雨水を受けます

 通常の雨樋工事の場合、屋根の軒先に雨樋を吊り込んで雨水を受けますが、今回は通常と反対向きに取り付けます。壁の方に雨樋を吊り込んで雨水を受けられる様に納めていきます。

 壁とポリカーボネートの間に隙間を付けて屋根を取り付けましたので、ここから落ちてきた雨水を雨樋で受ける様にします。

軒樋を取り付け 上手く雨水を受けています

 雨樋の取り付けも角度を付けて雨水が流れる様にします。1カ所雨水を集める集水器を取り付けて端から流れてきた雨水を立てに落とします。

 通常の屋根の様に大量の雨水が流れてくるわけではありませんが、ポリカーボネートの屋根と雨樋を取り付けた事によってスノコから落ちてくる雨水が車の上に落ちるのを防ぐ事が出来ました。

雨樋の取付が完成しました

竪樋を繋げて完成 竪樋は裏側を通します

 梁と梁の間にポリカーボネートの屋根を取り付けて、流れてきた雨水を雨樋で受けてカーポートの外側に流れる様に納めました。外から見ても屋根が取り付けてあるのは殆ど分かりませんので、見た目もスッキリとし効果的な屋根工事をおこなう事が出来ました。

 お客様もお打合せ通りに納めることができ、大変喜んでいただけました。

 記事内に記載されている金額は2021年09月10日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。

関連動画をチェック!

火災保険が適用できる?屋根工事・屋根修理【プロが解説!街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

カーポートの建て直しが自己負担なしでできる条件・施工費用をご紹介

カーポートの建て直しが自己負担なしでできる条件・施工費用をご紹介

 このところ台風による甚大な被害が非常に目立ちましたね。記憶に新しい所では2019年9月の台風15号(令和元年房総半島台風)、同年10月の台風19号(令和元年東日本台風)、2018年8月の台風21号(平成30年台風第21号)が挙げられますが、いずれも被害総額が500億円を超え、令和元年東日本台風に至…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      街の屋根やさん東京
      1. 電話 0120-989-936
        株式会社シェアテック
        1. 〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          店舗詳細はこちら
      1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

        街の屋根やさん横浜
        1. 電話 0120-989-936
          株式会社シェアテック
          1. 〒222-0033
            神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜 2F
        1. 街の屋根やさん横浜支店のスタッフ

          お問い合わせはこちらから

          あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

           街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

          お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

          このページと共通する工事内容の新着施工事例

          足立区西新井でずっとお悩みだった病院廊下庇屋根の雨漏りを改修して解決しました

          【施工内容】

          金属屋根工事、金属屋根補修工事、雨漏り修理、ガルバリウム鋼板、屋根新設

          その他の施工事例一覧→

          狛江市と近隣地区の施工事例のご紹介

          調布市下石原にて塗装後の雨漏り発生、屋根の葺き替え工事(税込200万円)で雨漏りを解消いたしました!

          【施工内容】

          スレート屋根工事

          調布市下石原にて棟の取り直し工事を行わせていただきました、棟の取り直しは税込18,150円/mから承っております

          【施工内容】

          瓦屋根工事

          調布市布田にて軽量金属屋根のスーパーガルテクトを使用して屋根のカバー工事を行わせていただきました

          【施工内容】

          スレート屋根工事

          その他の施工事例一覧→

          屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

          お問い合わせ・資料請求
          • 屋根リフォームの流れ
          • 徹底したお住まい調査
          • 不安ゼロ宣

言
          • 屋根のお役立ち情報
          • 当社のご案内
          • 屋根の資料請求
          点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

          点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

          株式会社シェアテック
          街の屋根やさん東京
          東東京支店
          〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          TEL :0120-989-936 
          E-mail : info@sharetech.co.jp
          多摩川支店
          〒182-0025
          東京都調布市多摩川3-68-1
          Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
          ページトップへ戻る