無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 葛飾区東四つ木で横葺きから縦葺きへの屋根カバー工法を施工。排.....

葛飾区東四つ木で横葺きから縦葺きへの屋根カバー工法を施工。排水性を高めて雨漏りに強い屋根に

【施工前】

【施工後】

【お問い合わせのきっかけ】


担当:藤崎


 葛飾区東四つ木で雨漏りでお悩みのお客様よりご相談を頂いた事が始まりとなります。と言うのも約2年前に同様の箇所からの雨漏りが発生したとのお話から、一度他業者で屋根の葺き替え施工を行っており、それでも解消されなかった為弊社へのご相談に至りました。

 現地調査にお伺いし状況の確認をしたところ、対象箇所は1階上部の下屋根で、非常に緩い勾配の箇所に横葺き形式の屋根材を葺いておりました。こう言った緩勾配屋根においての横葺きは、水の滞留や場合によっては逆流を呼び込む事に繋がり、雨漏り症状を来たす原因と成り得ます。

 そこでお客様へ雨漏りのお悩みを解消するべく、横葺き屋根から防水性の高い縦葺き形式へのカバー工法をご提案させていただきました。既存の屋根の上から新しく下地野地板を設置し防水紙を敷設後、立平葺き(縦葺きの一種です)の屋根材を取付ていきます。今回はその一連の工事の流れをご紹介させて頂きます。
 葛飾区東四つ木で雨漏りでお悩みのお客様よりご相談を頂いた事が始まりとなります。と言うのも約2年前に同様の箇所からの雨漏りが発生したとのお話から、一度他業者で屋根の葺き替え施工を行っており、それでも解消されなかった為弊社へのご相談に至りました。

 現地調査にお伺いし状況の確認をしたところ、対象箇所は1階上部の下屋根で、非常に緩い勾配の箇所に横葺き形式の屋根材を葺いておりました。こう言った緩勾配屋根においての横葺きは、水の滞留や場合によっては逆流を呼び込む事に繋がり、雨漏り症状を来たす原因と成り得ます。

 そこでお客様へ雨漏りのお悩みを解消するべく、横葺き屋根から防水性の高い縦葺き形式へのカバー工法をご提案させていただきました。既存の屋根の上から新しく下地野地板を設置し防水紙を敷設後、立平葺き(縦葺きの一種です)の屋根材を取付ていきます。今回はその一連の工事の流れをご紹介させて頂きます。


担当:藤崎


【工事内容】
屋根カバー工法 雨樋交換 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
アールロック(嵌合式屋根材)ガルバリウム鋼板
施工期間
2日間
築年数
40年
平米数
5.0㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
I様邸
保証年数
お付けしておりません
【工事内容】
屋根カバー工法 雨樋交換 雨漏り修理
【工事詳細】
使用材料
アールロック(嵌合式屋根材)ガルバリウム鋼板
施工期間
2日間
築年数
40年
平米数
5.0㎡
施工金額
詳しくはお問い合わせ下さい
お施主様
I様邸
保証年数
お付けしておりません
屋根カバー工事雨樋交換雨漏り修

横葺きと縦葺きの違い

横葺き 縦葺き

 金属屋根で多く採用されている葺き方には横葺きと縦葺きの2種類が存在します。横葺きであれば横縞、縦葺きであれば縦縞のような見え方となりますが、文章よりも画像をご覧いただいた方がわかりやすいかもしれませんね。上の二つの画像は今回の工事の施工前と施工後の写真なのですが、左側の写真が横葺き、右側の写真が縦葺きとなっています。

横葺きの特徴

 横葺きの屋根材のメリットはやはりそのデザイン性ではないでしょうか。横葺きでは様々なデザインを表現することができ、横縞の間隔や長さなどを縦葺きよりも柔軟に組み合わせることができます。
 一方で横葺きには緩勾配の屋根への施工に不向きであるという点があります。重なり部分によって雨水がスムーズに流れづらく、斜面が緩やかである場合は特に排水性を意識する必要があるのです。今回工事をさせていただいた下屋根は緩勾配であったため、横葺きによって雨水が滞留し、雨漏りが発生しやすい状態となっていました。

縦葺きの特徴

 縦葺きを採用するメリットは雨水がスムーズに流れやすいという点です。屋根の頂上から下側まで段差がなく、雨水の流れを遮るものがありません。屋根の傾斜がなだらかであるという場合に、ぜひオススメさせていただきたい工法となっています。
 今回は雨漏りのある横葺きのお住まいということで、縦葺き屋根へのカバー工法によって雨水の排水性を高め、防水性も一新し雨漏りを解消いたします。
 このあと、縦葺きではなく「立平葺き」と何度か記述させていただきますが、これは縦葺きの一種です。縦葺きには瓦棒葺きと立平葺きとさらに細かく分類できるのですが、今回は軽量性に優れ、よりスタイリッシュな見た目となる立平葺きを採用させていただきました。

雨漏り状況の現地調査

雨漏りで天井材が落下

 こちらが雨漏りの状況となります。天井材に不具合が生じたとの事で1枚完全に外してしまったとのお話でした。廻りの天井材にも若干水染みが発生しておりこの直上と周囲に原因が有る事は明白な状況です。

雨漏り箇所の特定

下屋根直下の防水紙から雨漏り 野地板、垂木にも腐蝕

 部分的に言うとこの外した天井材の丁度中央部分に水染みの広がりが見受けられました。野地板が黒ずんでいる症状が水染みとなります。バラ板の野地板ですので隙間から屋根の防水シートの方も見えています。要はこの防水シートに劣化、或いは穴あきの症状が有り、そこから水の浸入が想定される訳です。

下屋根の状況

緩勾配に横葺き屋根

 実際その直上の屋根がこちらです。1階上部の下屋根の部分で、実はこちらの下屋根は2年前に今回と同じような雨漏りが発生したとの事で、他業者でこの横葺きの金属屋根に葺き替えたそうです。そして2年を経て、また前回と同様な雨漏りを来たしてしまったと言う事で今回は当社へのご相談となりました。

緩勾配に横葺きは禁物

勾配の緩い屋根に横葺き 雨押えと屋根本体に隙間

 間違いなくこの屋根材の下の防水紙から水が漏っている状態です。見解としては非常に緩い勾配においてこの横葺きの屋根材を葺いてしまっている事から、雨量の多い際やこの面に向かって吹く風を伴う降雨の際、水の滞留が多くなりその水が逆流してしまう事で雨漏りの発生に繋がったと推測されました。よって今回はこの屋根に立平葺きの屋根材でカバー施工する事で工事提案をし、お客様よりご依頼を頂き施工する運びとなりました。

野地板下地の設置からスタート

カバー工事、野地板から取り付け サイズに合わせて野地板をカット

 屋根工事のスタートとなります。今回の工法は既存屋根に重ね葺きとなりますが、新規の野地板を取り付けてカバー施工する事と致しました。先ずは構造用合板と呼ばれる厚さ12ミリの板を屋根の規格に合わせてカットしていき、一旦屋根全体を覆う様に新たな屋根下地の構築を図って参ります。

野地板の設置完了

野地板設置の完了

 こちらが野地板の設置完了状況となります。屋根が少し変形した形状でしたので、当然これから葺いていく屋根本体についてもこの形状に合わせた現地でのサイズ加工が必要となります。

防水シートの敷設

改質アスファルトルーフィングを使用 ルーフィングシートの敷設完了

 続いて作業は防水シートの敷設作業です。新たに設置した屋根下地の野地板を守る為に、非常に重要な役割を担う下葺き材です。改質アスファルトルーフィングと呼ばれる材料で機能性、耐久性共に高く、現在屋根施工において多くで使用される防水シートとなります。

立平葺きの屋根材を取り付けます

嵌合式のアールロックを使用 立平葺きの屋根材

 防水シートの敷設を終えた後、屋根材本体の取り付けとなります。今回は前回の轍を踏まぬ様、立平葺きの屋根材で雨漏り防止対策に重点を置いて施工していきます。使用した材料は協和と言う会社の製品でアールロックと言う屋根材です。嵌合式と呼ばれ隣同士1枚ずつ嵌めかみ合わせる方式で取り付ける形となります。

雨押え役物の取り付け

板金をカットしサイズ合わせ 壁雨押え役物

 屋根本体の設置完了し、壁際の雨押え役物の取付となります。こちらも採寸を行いその場でサイズに合わせてカットして取り付けを行って参ります。

雨押えのシーリング処理

雨押えのシーリング処理 雨押え開口箇所のシーリング処理

 壁際との取り合い箇所や開口箇所にはシーリング材を充填して水の浸入防止措置を講じて行きます。これが仕上げ工程となり、屋根の重ね葺き、所謂屋根カバー工法の完成となります。

天井材も修復

天井の修復作業 天井材復旧完了

 屋根施工と同時に抜けてしまった天井材もきちんと修復して差し上げました。色は若干異なってしまいますが、屋根のカバー施工によりこれで雨漏りの心配もなく解消されるので、天井の修復作業も行えます。

雨樋の破損も交換済みです

雨樋の破損が発生 雨樋を復旧いたしました

 更に今回別の場所で雨樋の損壊部分が有りましたので、こちらも交換施工を致しました。壁際の飾り桝から落下して雨樋が部分的に外れてしまったので、この際ですので、飾り桝から下まで全て交換を行いました。

カバー工事の終了

下屋根カバー工事の完了

 以上で一連の工事も完了となります。立平葺きのアールロック屋根も非常にしっかりと仕上がった印象です。縦葺きの屋根材になったことで、横葺きとは異なり水が滞留したりする事は解消され、雨漏りの心配もなくなる事で、お客様にもご安心頂き過ごして頂ける事と思います。

仕上がりの方も問題なく雨漏りも解消

下屋根カバー工事の仕上がり

 私たち街の屋根やさんでは、屋根工事における基本原則に則った施工で、お客様にご安心頂ける様取り組ませて頂いております。新型コロナウィルス対策の方も採りながら業務を進めておりますので、皆様もお気軽にお声掛け、ご相談頂ければ幸いです。

 記事内に記載されている金額は2023年01月20日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
屋根カバー工法・屋根カバー工事698,000円~(消費税・諸経費別) 雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

工事を行なったI様のご感想をご紹介いたします

I様のアンケート

【工事後】

工事後アンケート

Q2.当初、工事を依頼する会社にどんなことを期待されていましたか?
親切で又ていねいにやってくれそうです
Q3.弊社にご依頼いただく際に他社と比較しました方はどこの会社と比較しましたか?
してません。
Q4.弊社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
とても良さそうでしたので。
Q5.工事が終わってみていかがですか?良かった事・嬉しかったことを忌憚なく頂戴出来ましたら幸いです。
保険の中で出来たのでとても助かりました
Q6.街の屋根やさんを他の方に紹介するとしたらなんと紹介しますか?
一生懸命やってくれる会社だと思います

I様のアンケートを詳しく見る→

このページに関連するコンテンツをご紹介

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

雨樋工事でお家を雨水から守る!雨樋の修理・交換、お任せください

 戸建てやマンション、ビルなどどんな建物にも必ず取り付けられている雨樋(あまどい)。ほとんどの方が雨樋という名前やどの部分が雨樋なのかご存じですよね。 ただ「雨樋がなかったらどうなるんだろう?」と考えたことってありますか?あまりに当たり前のように取り付けられているためその役割や必要性を考えたこともな…続きを読む
地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介

地震に備えるなら軽い屋根を!スレート屋根へのカバー工法と種類をご紹介

 スレート屋根への屋根リフォームとして行われる屋根カバー工法。これまでの屋根の上に新しい屋根を被せる工法で、その新しい屋根には金属屋根材が用いられることがほとんどです。実は金属屋根材以外でも屋根カバー工法は可能ということをご存知ですか。それでも金属屋根材が使われるのには合理的な理由があるのです。 …続きを読む
屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

屋根カバー工法を行う4つのメリットをご紹介

 現在の屋根をほぼそのまま残し、その上に新しい屋根を載せて、覆うのが屋根カバー工法です。文字通り、屋根を屋根でカバーする工法です。よって、屋根が二重になります。屋根を重ねて葺くので、「重ね葺き」という呼ばれ方もします。 「屋根カバー工法」についての漫画コンテンツはこちら …続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む

このページに関連する漫画コンテンツ動画をご紹介

漫画で読むならコチラ

動画で見るならコチラ

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      目黒区緑が丘で雨漏りしているルーフバルコニーの防水工事

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      世田谷区八幡山で雨漏りの原因になっている排水管の交換工事

      【施工内容】

      雨漏り修理

      府中市清水が丘で雨漏りしているマンションの排水口の防水工事

      【施工内容】

      雨漏り修理、防水工事

      その他の施工事例一覧→

      葛飾区と近隣地区の施工事例のご紹介

      葛飾区東金町にて雹被害でスレート屋根の破損、火災保険を使用しスーパーガルテクト(Sシェイドモスグリーン)への屋根葺き替え工事を実施

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      江戸川区船堀にて瓦屋根から金属屋根への屋根葺き替え工事を実施、アイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブルー)を使用致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      足立区扇にて雨漏りが発生した瓦屋根の部分葺き直し工事を実施

      【施工内容】

      屋根葺き直し

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る