無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 世田谷区深沢で物置を撤去して雨漏りする前に屋上防水工事を実施.....

世田谷区深沢で物置を撤去して雨漏りする前に屋上防水工事を実施しました

【施工前】
防水工事前の屋上の状態

【施工後】
ウレタン塗膜防水工事は完成しました

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


 世田谷区深沢で屋上の防水工事をおこないました。
3階建てのマンションの屋上防水ですが、過去に何度か防水工事をおこなった形跡があります。大分古くなっていますが現時点では雨漏りしている訳ではありません。
建物は鉄骨造で元々コンクリートが打たれている上に防水を施工していあります。以前に一度雨漏りしたそうでその際に上から防水を被せており、その後は雨漏りしていませんでした。
 今回防水工事をおこなったのは、屋上に設置された物置を使用していない事と綺麗にした状態でテラスの様に使用したいという事で防水工事をおこなう事になりました。
以前の防水工事の時には既に物置が設置されていたので、上から被せた防水工事が物置の手前で止まっています。そのために段差が出来ていて物置を解体すると物置の下が低くなっていて水たまりが出来ていました。そのまま防水工事をおこなっても段差が出来てしまうので、下地調整で段差をなくしてからウレタン塗膜防水で仕上げました。
雨漏りする前にしっかりと防水工事をおこないましたので安心してテラスとして使える様になりました。
 世田谷区深沢で屋上の防水工事をおこないました。
3階建てのマンションの屋上防水ですが、過去に何度か防水工事をおこなった形跡があります。大分古くなっていますが現時点では雨漏りしている訳ではありません。
建物は鉄骨造で元々コンクリートが打たれている上に防水を施工していあります。以前に一度雨漏りしたそうでその際に上から防水を被せており、その後は雨漏りしていませんでした。
 今回防水工事をおこなったのは、屋上に設置された物置を使用していない事と綺麗にした状態でテラスの様に使用したいという事で防水工事をおこなう事になりました。
以前の防水工事の時には既に物置が設置されていたので、上から被せた防水工事が物置の手前で止まっています。そのために段差が出来ていて物置を解体すると物置の下が低くなっていて水たまりが出来ていました。そのまま防水工事をおこなっても段差が出来てしまうので、下地調整で段差をなくしてからウレタン塗膜防水で仕上げました。
雨漏りする前にしっかりと防水工事をおこないましたので安心してテラスとして使える様になりました。


担当:富田


【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
ウレタン塗膜防水サラセーヌ
施工期間
5日間
築年数
30年
平米数
40㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
5年間
【工事内容】
防水工事
【工事詳細】
使用材料
ウレタン塗膜防水サラセーヌ
施工期間
5日間
築年数
30年
平米数
40㎡
施工金額
詳しくはお問合せください
お施主様
S様邸
ハウスメーカー
ハウスメーカー不明
保証年数
5年間
マンションアイコン3階建て防水工事

雨漏りする前に防水工事をおこないます

屋上に物置が設置されています

 屋上の防水工事をおこなうのですが、設置された物置は現在使用していませんので、撤去も一緒におこないます。

 物置は床・壁・屋根のパネル状になっていますので、部材ごとにばらして撤去していきます。

屋上に設置された物置 ブロックを基礎にして物置が設置されています

 物置の前に雨水が溜まるという事でセメントが撒かれていましたが、あまり効果が無かったようで物置の回りに水たまりの跡がついていました。水たまりが出来ていますが防水層はしっかりしていますので幸いな事に雨漏りはしていません。

水たまりが出来るのでセメントが撒かれています 排水口回りには泥が溜まっていました

 セメントを撒いた回りに雨水が溜まっています。目の前の部分が高くなった分回りに雨水が溜まる様になっていました。排水口の回りには泥が堆積していて排水がうまくおこなわれていない様なので、排水管の清掃も一緒におこなう必要があります。

使用していない物置を撤去します

解体した物置を積み込んでいきます 物置本体と中にあるタンスも撤去します

 防水工事をおこなう際に使用していない物置を撤去します。物置は床・壁・屋根の各パーツに解体する事が出来ますので、解体後に手作業で3階から降ろしていきます。物置の中には古いタンスなどもありましたので一緒に解体して撤去します。

基礎のブロックも撤去します 物置の下には水たまりが出来ています

 コンクリートブロックが物置の基礎として設置されていましたのでブロックも撤去します。元々屋上の床には防水工事が施工されていて、大分前に雨漏りした際に上から防水工事をおこなったそうですが、上から被せた防水は物置の基礎までて物置の下は施工していませんでしたので雨水が溜まっています。

物置の下でベロベロに剥がれています

 上から被せた防水層は物置の下で切れていましたので、通常ですと雨水が張り込んで雨漏りしそうですが、元々の防水層がまだ大丈夫だったのか雨漏りしないで済んでいました。

 新しく防水工事をおこなう際には、この部分の下地処理をおこなって段差をなくす必要があります。

ウレタン塗膜防水で仕上げます

ウレタン塗膜防水材サラセーヌを使用します

 仕上げに使用する防水はウレタン塗膜防水です。AGCポリマー建材のサラセーヌを使用します。

 ウレタン防水は塗料型の防水材で、複雑な形状の部分に防水をおこなう際に最適な材料です。現在もウレタン防水が施工されていますので、密着性を高めるプライマーを塗布してからウレタンをかけていきます。

清掃と不陸調整をおこないます 密着性を高めるプライマー

 洗浄と汚れをふき取った跡は下地の調整をおこないます。段差が出来ていた部分やこびり付いたセメントなどを綺麗に除去していきます。プライマーをムラなく塗布してウレタン防水がしっかりと密着する様に全体に塗ります。

ウレタン防水とトップコートで仕上げます

ウレタン防水は2回塗ります 仕上げのトップコートを塗布します

 プライマーを乾かした後はウレタン防水をかけます。ウレタンを2回塗った後はトップコートを塗布して仕上げます。

 ウレタン防水は紫外線によって劣化してしまうので、紫外線から防水層を守るために保護材のトップコートを塗布します。防水工事後のメンテナンスはトップコートを塗り重ねることで防水層の劣化を遅らせる事が出来ます。

鉄骨製の手すりの根元には水抜き穴を作ります

鉄骨の柱の中には雨水が入り込みます 鉄骨製の柱の場合は水抜きは必要です

 屋上には鉄骨製の手すりが取り付けてありますが、溶接した部分やサビて劣化して所から柱の中に雨水が入り込んで溜まってしまう事があります。床に柱が固定してある場合は、柱の中の雨水が防水層の下に入り込んでしまう事が有るので、柱の根元に水抜き穴を施工します。

鉄骨製の柱に入った雨水が外に出る様にします

 穴を開けたあとは穴から注入材を入れて、柱の中の底上げをして穴から雨水が外に出る様にしてきます。雨水が溜まった状態ですと鉄骨のサビの進行が早まってしまいますので、この様な納めの場合は必ず水抜きを開けましょう。

ウレタン塗膜防水工事が完成しました

水抜き穴を開けて雨水を外に逃がします 排水口回りも綺麗に納まりました

鉄骨製の柱の水抜きも開け、排水口回りの処理も終わっております。元々雨漏りしている訳ではありませんでしたが、屋上全体をウレタン塗膜防水で仕上げましたので、これで雨漏りの心配もなくなりました。

防水工事が完成しました

 段差も出来ていて水たまりが出来ていた屋上が綺麗に仕上がりました。物置も撤去してスペースも広くなりましたので、これでテラスとして使う事が出来ます。

 私たち街の屋根やさんでは、新型コロナウイルス対策をおこなっておりますので、安心してお問合せください。

 

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
2024年最新情報!補助金でお得にリフォーム!

世田谷区ではたくさんのお客様にご依頼をいただいております!

  • 工事種類

    その他の工事

  • 工事種類

    その他の工事

  • 工事種類

    雨漏り修理

関連動画をチェック!

防水工事で雨漏り防止!陸屋根・屋上のチェックポイント【プロが解説!街の屋根やさん】

 今回の記事で登場した工事やお住まいのトラブルに関連する動画をご紹介します!


 こちらの動画では、工事の内容やお住まいのトラブルの対処方法などをより詳しく説明しています。
 お役立ち情報が満載ですのでぜひご覧になってみてください。


このページに関連するコンテンツをご紹介

【防水工事】ベランダ・バルコニー・陸屋根に!種類を比較

【防水工事】ベランダ・バルコニー・陸屋根に!種類を比較

 防水工事とは、ベランダやバルコニー、屋上(陸屋根)に必要な、雨漏りを防ぐ工事です。  現代は戸建て住宅でも、屋根が屋上(陸屋根)になっているお住まいや、大きなルーフバルコニーがあるお住まいが増えました。  元々防水工事がされていても、年月とともに劣化してしまいます。定期的に点検とメンテナンスをし…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      街の屋根やさん東京
      1. 電話 0120-989-936
        株式会社シェアテック
        1. 〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          店舗詳細はこちら
      1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

        街の屋根やさん横浜
        1. 電話 0120-989-936
          株式会社シェアテック
          1. 〒222-0033
            神奈川県横浜市港北区新横浜3-2-6 VORT新横浜 2F
        1. 街の屋根やさん横浜支店のスタッフ

          お問い合わせはこちらから

          あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

           街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

          お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

          このページと共通する工事内容の新着施工事例

          世田谷区北沢で雨漏りでお困りの建物をウレタン塗膜防水(税込み330,000円)で問題解消しました!

          【施工内容】

          雨漏り修理、防水工事

          町田市南大谷にて雨漏りの発生していたバルコニーのFRP防水工事を税込210,000円で工事を行わせていただきました!

          【施工内容】

          防水工事

          東大和市狭山で改修用ドレンでバルコニーの排水口改修工事

          【施工内容】

          雨漏り修理、防水工事

          その他の施工事例一覧→

          世田谷区と近隣地区の施工事例のご紹介

          目黒区目黒本町にて雪で歪んでしまった雨樋の交換工事を火災保険を使用してご負担なく行わせていただきました!

          【施工内容】

          雨樋交換

          三鷹市井の頭にて屋根からの雨漏り、屋根の葺き直し工事を税込770,000円で行わせていただきました!

          【施工内容】

          瓦屋根工事

          調布市下石原にて塗装後の雨漏り発生、屋根の葺き替え工事(税込200万円)で雨漏りを解消いたしました!

          【施工内容】

          スレート屋根工事

          その他の施工事例一覧→

          屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

          お問い合わせ・資料請求
          • 屋根リフォームの流れ
          • 徹底したお住まい調査
          • 不安ゼロ宣

言
          • 屋根のお役立ち情報
          • 当社のご案内
          • 屋根の資料請求
          点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

          点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

          株式会社シェアテック
          街の屋根やさん東京
          東東京支店
          〒132-0023
          東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
          TEL :0120-989-936 
          E-mail : info@sharetech.co.jp
          多摩川支店
          〒182-0025
          東京都調布市多摩川3-68-1
          Copyright © 2024 街の屋根やさん All Rights Reserved.
          ページトップへ戻る