無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 日野市で雨漏りの原因だったラバーロックを解消するため、瓦屋根.....

日野市で雨漏りの原因だったラバーロックを解消するため、瓦屋根を葺き直します

【施工前】
工事前

【施工後】
葺き直し工事完成

【お問い合わせのきっかけ】


担当:富田


日野市で雨漏りしている屋根の工事をおこないました。瓦葺きの屋根で雨漏りの原因になっていたのは、瓦と瓦の隙間をコーキングで埋めてしまう『ラバーロック』にありました。瓦がズレない様にする為に隙間にコーキングを詰めるのですが、隙間がなくなる事で雨水や湿気の逃げ道がなくなってしまい、逆に雨漏りの原因になってしまいます。隙間が空いていると雨水が入って雨漏りしてしまうのではないか、と心配になると思いますが、屋根には必要な隙間がありますので知識が無く何でも埋めてしまうような業者には注意してください。今回はラバーロックが原因での雨漏りでしたので、コーキングを綺麗に除去して瓦を一旦取り外し、下地を直してから瓦を元に戻す『葺き直し工事』をおこないました。雨漏りの原因も無くなりこれで安心です!
日野市で雨漏りしている屋根の工事をおこないました。瓦葺きの屋根で雨漏りの原因になっていたのは、瓦と瓦の隙間をコーキングで埋めてしまう『ラバーロック』にありました。瓦がズレない様にする為に隙間にコーキングを詰めるのですが、隙間がなくなる事で雨水や湿気の逃げ道がなくなってしまい、逆に雨漏りの原因になってしまいます。隙間が空いていると雨水が入って雨漏りしてしまうのではないか、と心配になると思いますが、屋根には必要な隙間がありますので知識が無く何でも埋めてしまうような業者には注意してください。今回はラバーロックが原因での雨漏りでしたので、コーキングを綺麗に除去して瓦を一旦取り外し、下地を直してから瓦を元に戻す『葺き直し工事』をおこないました。雨漏りの原因も無くなりこれで安心です!


担当:富田


【工事内容】
瓦屋根補修工事 屋根葺き直し
【工事詳細】
使用材料
シルガード
施工期間
2日間
築年数
35年
平米数
25㎡
お施主様
H様邸
【工事内容】
瓦屋根補修工事 屋根葺き直し
【工事詳細】
使用材料
シルガード
施工期間
2日間
築年数
35年
平米数
25㎡
お施主様
H様邸

【雨漏りの原因はラバーロック】

大分前から雨漏りしていて和室の天井が今にも落っこちてきそうな状態です。下地の木が腐っていて天井を支えられなくなっている様です。和室の上は屋根になっているので、原因は間違いなく屋根にあります。

瓦葺きの屋根ですが、何だかベタベタと塗りたくった跡があります。平らな桟瓦部分よりも棟部分が酷いようです。

瓦の隙間という隙間にコーキングがベッタリと詰めてありました。以前に雨漏りした時に直してもらったそうですが、この修理はあまりにも酷い状態です。瓦屋根は瓦と瓦の間には必ず隙間が開きます。この隙間は雨水の逃げ道になり、湿気を逃がすための通風の為にとても重要な隙間なんです。

瓦に限らず屋根材は屋根の表面と屋根材の下に葺いてある防水紙(ルーフィング)によって雨から建物を守っています。この防水紙に傷みがなければ簡単に雨漏りする訳ではありません。しかし、今回工事した建物は築年数が35年経っていて防水紙が木を薄くそいだものをシート状に編み込んだ『とんとん』が葺いてあり、ボロボロになっていたので、これでは雨漏りしてしまいます。瓦自体の雨水を流す溝も土ぼこりで埋まっていたので更に雨水が屋根の下にとどまってしまう状態になっていました。ラバーロックによって逃げ道を無くした雨水が、劣化している防水紙によって天井裏へ雨漏りとして現れてしまったのが今回の原因ですので、葺き直し工事で直す事になりました。ラバーロックをしても地震などで瓦がズレてしまう事にはほぼ効力を発揮しませんので、ラバーロックは絶対に止めましょう。

【屋根葺き直し工事】

葺き直しをおこなうのは一階の屋根『下屋(げや)』です。今回は下屋の反面だけの葺き直し工事です。

瓦をどかすと大量の土が出てきます。棟瓦の下地や瓦の不陸調整に使われていた土を綺麗に取り除いていきます。雨漏りしているのは屋根の中腹位でしたが、棟を超えて反対部分まで防水紙を届かせなければ雨水が入り込んでしまうので、この様な修理の場合は必ず棟まで直す事になります。

瓦の置き場所を考えて何層かに分けて下地を直していきます。棟部分から下地を直していき下の段の防水紙を差し込んで雨水がちゃんと流れる様にしていきます。

日本瓦は、瓦桟という横に打ち付けた木に引っ掛けて葺いていくのですが、流れてきた雨水が瓦桟によって止まってしまわない様に『キズリテープ』をタテ向きに打ち付けて、その上に瓦桟を固定していきます。この様にする事でキズリテープの厚みの隙間が出来、雨水が軒先までスムーズに流れる様になります。

下地が作り終わったらあとは瓦を元に戻していきます。瓦屋根は瓦のサイズによって下地を造ってありますので、割付がおかしくならない様に、軒先一列と屋根の側面のケラバ部分に位置を決めてから瓦を戻していきます。

平らな桟瓦(さんかわら)を葺きなおしたら後は棟を積み上げていきます。元々は土が下地として使われていましたが、新しく棟を積む下地にはシルガードを使います。画像の黒いものがシルガードで、南蛮漆喰に分類され耐久性と施工性が高い漆喰(しっくい)です。

今回ラバーロックでベタベタに塗られていたコーキングを除去したのですが、完全には取り切れず瓦に残ってしまいました。しかし隙間を塞いでいた部分は取れましたので問題ありません。

熨斗瓦(のしかわら)を三段積んだ後、丸い瓦を乗せて銅線で固定していきます。棟が積み終われば、屋根に上に乗っている土ぼこりを綺麗に掃除して葺き直し工事の完成です。

隙間が開いていると雨水が入って雨漏りしてしまうのではないか、という心配は良く分かります。しかし、屋根には必要な隙間があり、そこを塞いでしまう事によって逆に雨漏りの原因になってしまう事もありますので、注意が必要です。屋根葺き直し工事で下地も直して、隙間を埋めていたコーキングも除去しましたので、これでお困りになっていた雨漏りが直って、安心して住めるようになったとお客様にも大変喜んでいただけました。

このページに関連するコンテンツをご紹介

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

4つのチェックポイントで瓦屋根の点検・メンテナンスのタイミングを知ろう

 瓦屋根というと半世紀、またはそれ以上もの耐用年数を期待できる大変寿命の長い屋根材ですよね。そのため瓦屋根にお住まいの方の中にはどうしてもメンテナンスが怠りがちになってしまっているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかし瓦屋根と言えども経年劣化がまったくないかというとそうではありませんし、…続きを読む
粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

粘土瓦・コンクリート瓦・セメント瓦、 瓦の種類・見分け方とメンテナンス方法

  古くから使用されている屋根材、それはなんといっても「瓦」でしょう。皆さんが瓦と言ってイメージするのは寺社仏閣のような和風建築のものですか?それとも地中海風の建物に見られるオレンジ色のグラデーションのかかった屋根でしょうか?瓦屋根はその形状により分類もできますし、使用している材質によっても分類でき…続きを読む
瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

瓦屋根のさまざまな補修とリフォームの費用と価格

 瓦に飛来物が当たり割れてしまった場合、また風によって少しずれてしまっている場合、雨漏りが起きていなくとも防水紙の劣化に繋がりますので、補修は必要です。瓦の差し替え工事瓦の並び戻し工事 漆喰が剥がれることによって内部の土が露出し、雨水で流れ出てしまいます。そのまま放置してしまうと棟自体の並びも変形・…続きを読む
知ってお得!屋根の便利な豆知識

知ってお得!屋根の便利な豆知識

 普段に何気なく眺めている屋根ですが、近所のお住まいを見渡しただけでも、様々な形、様々な材料が使われていることが分かと思います。 また、グーグルアースなどでは世界中の屋根を眺めることができます。素敵なデザインのものもあれば、ユニークでかわいらしいものもあります。屋根の勾配とデザイン屋根の勾配が緩やか…続きを読む
これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用!瓦屋根葺き直しの2つのメリット・デメリット

これまでの瓦を再利用して屋根を葺き替えるから地球に優しい 一旦、屋根材(瓦・天然スレート)を取り外し、防水紙や野地板を交換・補修してから、これまでの屋根材を再利用して屋根を葺き直す工事です。既存の屋根材を新しい屋根材に交換する屋根葺き替えと似ていますが、これまでの屋根材を再利用するところが大きく違い…続きを読む
街の屋根やさん多摩川
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒182-0025
        東京都調布市多摩川3-68-1
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん多摩川支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      東久留米市八幡町にて雨漏りを起こしていた瓦屋根の部分葺き直し工事を行いました

      【施工内容】

      屋根葺き直し

      江東区富岡で店舗入り口庇の瓦屋根を、新しい瓦への葺き替え工事を行いました

      【施工内容】

      瓦屋根工事、屋根葺き直し、棟瓦取り直し 

      江戸川区西一之江で雨漏りの発生に伴い屋根の部分葺き直し工事を施工致しました

      【施工内容】

      屋根葺き直し、棟瓦取り直し 、雨漏り修理

      その他の施工事例一覧→

      日野市と近隣地区の施工事例のご紹介

      国立市西で下地が腐食して脱落したモルタルの軒天をカラーべニアで修復工事

      【施工内容】

      屋根補修工事

      三鷹市井口で強風により屋根が飛散、縦ハゼ葺きの金属屋根スタンビーで葺き替え工事しました

      【施工内容】

      金属屋根工事、屋根葺き替え

      立川市砂川町で固定が弱まってきた棟板金をビス補強いたしました

      【施工内容】

      その他の工事

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る