無題ドキュメント

HOME > 施工事例 > 江戸川区で南蛮漆喰「シルガード黒」で棟の取り直し工事!室内天.....

江戸川区で南蛮漆喰「シルガード黒」で棟の取り直し工事!室内天井も張替え雨漏り跡を改善

【施工前】
江戸川区,棟の取り直し工事,点検

【施工後】
棟の取り直し工事,江戸川区

【お問い合わせのきっかけ】


担当:渡辺


瓦屋根で漆喰の剥がれが起きているとご相談を頂いたのは、東京都江戸川区のT様邸です。
漆喰が剥がれると今は問題が起きていなくとも、徐々にお住まいに悪影響をもたらします。
今回は、漆喰の剥がれから起こる問題と補修方法をご紹介いたします。
瓦屋根で漆喰の剥がれが起きているとご相談を頂いたのは、東京都江戸川区のT様邸です。
漆喰が剥がれると今は問題が起きていなくとも、徐々にお住まいに悪影響をもたらします。
今回は、漆喰の剥がれから起こる問題と補修方法をご紹介いたします。


担当:渡辺


【工事内容】
屋根補修工事 瓦屋根工事 棟瓦取り直し  漆喰詰め直し 漆喰取り直し 雨漏り修理 室内天井張替工事
【工事詳細】
お施主様
T様邸
【工事内容】
屋根補修工事 瓦屋根工事 棟瓦取り直し  漆喰詰め直し 漆喰取り直し 雨漏り修理 室内天井張替工事
【工事詳細】
お施主様
T様邸
棟瓦取り直し雨漏り修漆喰詰め直し

【漆喰の剥がれ点検】

漆喰の剥がれ点検 下屋の漆喰

漆喰の剥がれでご相談を頂いたのは、江戸川区の2階建て住宅です。

漆喰の補修が必要な屋根材と言えば「瓦」ですが、瓦にも様々な種類があります。

表面がつるつるとし、裏側や重なって見えない部分の色が違う場合は、和瓦(粘土瓦)の中でも釉薬瓦に分類されます。

粘土を瓦の形状にし乾燥、その後にガラス質の釉薬を表面にかけて焼いた瓦ですので、塗装は必要ありません。

耐久性には優れている一方で、重量があるため耐震性には劣ります。長期的に使用できる屋根材ですので、使用できる限りはメンテナンスをし、使い続ける方が多いですね。

 

漆喰の剥がれによる瓦の崩れ

漆喰の剥がれ

下屋の「雨押え」と呼ばれる屋根と外壁の接部は、水が入り込まないように板金が外壁に差し込むように取り付けられています。

板金の下に【のし瓦】と呼ばれる平らな瓦を積み、隙間を防いでいます。

通常、この隙間に漆喰を塗り、内部に積んだ土が流れ出ないように施工するのですが、経年劣化によって剥がれてしまっています。

漆喰が無くなることで土が流れ、瓦が下に落ちてしまっています。

この状態になると、瓦の落下や雨漏りを起こしてしまいますので、早急に補修する必要があります。

大屋根の漆喰点検 漆喰の破片確認

続いては大屋根です。落ちてきた漆喰は既に片付けられたようですが、屋根の上にはまだ漆喰の剥がれた跡が残っていました。

瓦自体がメンテナンスフリー素材だとしても、漆喰まではそうはいきません。築10年程度から点検を行い、剥がれた場所は随時補修を行う必要があります。

また、台風や地震が発生した後には、漆喰が剥がれている事がありますので、特に要注意です。

漆喰の点検 室内のクロス剥がれ

全体を点検すると、広範囲に渡って漆喰に剥がれが見られました。瓦屋根は今の所崩れていませんが、このままにしてしまうと内部の土が流れ、瓦の並びは崩れ、雨漏りを起こしてしまう可能性が高くなります。

漆喰が原因かは不明の様ですが、室内の天井には雨染みと、クロスの剥がれが見られたそうです。

応急措置として、剥がれたクロスをテープで止められたようですが、来客時を考えると綺麗に補修したいというのが本音ですよね。

垂木の濡れ 屋根からの雨漏り

小屋裏を確認すると、ここ数年で雨漏りが発生したような、木材への染みが見られました。濡れた天井材を見る限り、屋根からの雨漏りと考えて良いでしょう。

今の所、カビの発生や木材の腐食等は見当たりませんでしたので、構造部分の補修は必要ないでしょう。

木材の腐食は、シロアリの誘因や耐久性の低下につながりますので、雨漏りの補修は最優先で考えていく必要があります。

室内の補修をご検討中の方は、雨漏りの原因を特定してから行っていきましょう。

霧除けの雨漏り点検 開口部,木部の腐食

街の屋根やさんは無料点検で、お問い合わせ内容の屋根だけでなく、外壁や付帯部に不具合が無いかも見させていただきます。

霧除けや木部を取り付けられた場所に隙間があれば、別の個所でも雨漏りを起こす可能性があります。

モルタル外壁の場合、クラック(ひび割れ)の発生によって、雨水が浸入することもありますので、劣化する前にしっかりとメンテナンスを行っていきましょう。

 

【棟の取り直し工事】

棟瓦を取り外し 残土撤去

今回は全体の漆喰の剥がれ、土の流出が進行している事が考えられた為、棟の取り直し工事を行っていきましょう。

まずは瓦を剥がし、既存の漆喰・土を取り除いていきます。

10m程の補修ですが、撤去する土は土嚢袋10袋に及ぶほど、非常に多い土が乗っかっています。

瓦屋根が非常に重たいと言われているのは、瓦のせいだけでなく、隙間を塞ぐ漆喰や土が原因でもあります。

軽量化を図る為に、湿式工法(土を使用)ではなく乾式工法(ハイロール等の乾式棟防水材)を使用することも出来ますので、お気軽にお申し付けください。

南蛮漆喰詰め

前回施工では土で土台を形成していましたが、今回は南蛮漆喰を積み上げて、瓦の下地を作っていきます。

漆喰詰め直し工事では、表面を綺麗に仕上げることしかできません。対して棟の取り直し工事は、下地部分からのやり直しが出来ますし、瓦のズレも修正することが出来ます。

築年数が経過している場合、漆喰の剥がれが重度な場合は、棟の取り直し工事を行っていきましょう。

軽量南蛮漆喰シルガード 南蛮漆喰による棟取り直し工事

今回使用した漆喰は、軽量な南蛮漆喰「シルガード」と呼ばれる材料です。

屋根には昔ながらの漆喰が使用されていると思われがちですが、実は大変高価な材料の為、現在は南蛮漆喰と呼ばれる材料が多く使用されています。

シルガードは、フノリの煮汁に消石灰・骨材・着色剤・防水材・繊維・水分を混ぜ合わせたものです。

粘土が含まれていないため、割れにくく頑丈と言われています。

施工時には水分が多い為、泥のようなさわり心地です。これをコテで瓦の隙間に押し込んでいきますが、完全に乾燥するまでは2ヶ月ほどかかります。

そして今回は、黒色のシルガードを使用していますが、水分がなくなることで主成分が滲み出し、白色に代わっていきます。

本来、土と漆喰を使い分けていたところを、シルガードのみでの施工が可能ですので、工期も短縮することが出来ました。

部分張替 室内養生

屋根補修後は、室内天井の貼り替えです。まずは埃の飛散が多い為、養生テープで埃を抑えていきます。

今回は部分補修の為、1日で作業が可能ですが、大部分となりますと数日かかる恐れがあります。

その際には、養生範囲を変えたり、毎日養生作業から始めたりと、状況に応じて対応させて頂きます。

天井剥がし 下地ボード取り付け

張り替える天井材を剥がし、取付下地の確認・補強を行い、ボードを取り付けます。

ハイクリンボード,布目 天井張替

仕上げ天井材は、ハイクリンボード アートタイプ 木目です。

ボードの表面が既にクロス仕上げになっていますので、ここからクロス張付の施工手間や費用は不要です。

但しビス止めを行いますので、ビス穴は残ってしまいます。

また部分的な張替補修ですので、既存との多少の段差が出来てしまうと思います、あらかじめご了承ください。

養生を剥がし清掃を行えば、室内工事は完了です。

 

【工事を終えて】

瓦屋根は棟の取り直し工事を行う事で、瓦のズレ・崩壊を防ぐことが出来ました。

南蛮漆喰にはシリコン等の防水材が含まれている為、雨水の浸入もブロックし、長期にわたって雨漏りの発生を防ぎます。

建物の揺れでひび割れが起きる可能性がありますので、その都度の定期点検は怠らずに行っていきましょう。

室内天井も部分的な張替を行い、天井のたわみを改善することが出来ました。

仕上げ材によっては、クロス張り替えや塗装補修が不要になりますので、ご希望等を一度お聞かせください。

構造的なトラブルが発生する前に補修が行えたことで、T様にもご安心していただけました。

 

漆喰の剥がれが気になる・雨漏りの点検・補修のご相談等、お住まいで気になる事がありましたら、お気軽に街の屋根やさん東東京店へお問い合わせください。

ご相談はもちろん、点検も無料にて承っております。

 記事内に記載されている金額は2021年05月13日時点での費用となります。
 街の屋根やさんでは無料でのお見積りを承っておりますので、現在の詳細な費用をお求めの際はお気軽にお問い合わせください。
 そのほかの料金プランはこちらからご確認いただけます。
雨漏り修理30,000円~(消費税・諸経費別) 散水検査30,000円~(消費税・諸経費別)

工事を行なったT様のご感想をご紹介いたします

T様のアンケート

【工事後】

工事後アンケート

Q1.工事を依頼する会社を決める時にどんなことで悩まれていましたか?
今まで、屋根に関心を持ったことなど無かったので、どこに依頼すれば良いか全くわからず、費用も心配でした。
Q2.当社にご依頼いただく際にどのような点を比較・検討されましたか?
ホームページをたまたま見つけ、他社に比べ、写真等沢山ありわかりやすかったです。作業の流れも写真があるのでよくわかりました。検討する立場から言えば、費用金額が書いてないのが残念でした。(一番知りたいのは金額です。)
Q3.お見積り提出後すぐに工事をご依頼されましたか?もしご依頼されなかったとしたらどんな点が不安でしたか?
ほぼ即決でした。
Q4.数ある会社の中から当社に工事をご依頼いただいた決め手は何ですか?
見積りに来ていただいた時、とても親切に色々見て下さり、契約を押しつける感じが一切無かったので、逆にそこが信頼出来て他社の見積りをすることなく契約しました。 
Q5.工事が終わってみていかがですか?忌憚のないご意見を頂戴出来ましたら幸いです。
とても満足しています。この先何年も安心して暮らせると思えば決して高い買い物ではなかったと思います。屋根以外もお願い出来ると聞き、何かあったら又お願いしようと思いました。

T様のアンケートを詳しく見る→

街の屋根やさん東京
    1. 電話 0120-989-936
      株式会社シェアテック
      1. 〒132-0023
        東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
        店舗詳細はこちら
    1. 街の屋根やさん東東京支店のスタッフ

      お問い合わせはこちらから

      あなたの近くの街の屋根やさんはこちら

       街の屋根やさんは東京都以外にも神奈川県、千葉県などでも屋根工事を承っております。日本全国に展開中ですので、貴方のお住まいの街の屋根さんをお選びください。

      お近くの施工店を探す 北海道 宮城県 福島県 茨城県 栃木県 群馬県 埼玉県 千葉県 神奈川県 新潟県 石川県 山梨県 長野県 岐阜県 静岡県 愛知県 三重県 滋賀県 京都府 大阪府 兵庫県 奈良県 和歌山県 岡山県 広島県 山口県 香川県 愛媛県 熊本県 宮崎県 鹿児島県

      このページと共通する工事内容の新着施工事例

      武蔵野市中町で雨漏りで腐食した玄関の庇をアルミ製の庇に交換工事

      【施工内容】

      雨漏り修理、庇工事

      江戸川区春江町にて瓦屋根の棟の漆喰詰め直し工事とコーキング処理でのし瓦と冠瓦を固定

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      東久留米市下里にて瓦屋根からローマンへの葺き替え工事を行わせていただきました

      【施工内容】

      瓦屋根工事

      その他の施工事例一覧→

      江戸川区と近隣地区の施工事例のご紹介

      江戸川区船堀にて瓦屋根から金属屋根への屋根葺き替え工事を実施、アイジー工業のスーパーガルテクト(Sシェイドブルー)を使用致しました

      【施工内容】

      屋根葺き替え

      江戸川区江戸川にて漆喰の剥がれやのし瓦のずれが発生している瓦屋根の棟取り直し工事を行いました

      【施工内容】

      棟瓦取り直し 、漆喰取り直し

      江東区東砂にて瓦棒屋根の棟板金交換工事を実施、貫板にタフモック(樹脂製貫板)を使用致しました

      【施工内容】

      棟板金交換

      その他の施工事例一覧→

      屋根工事なら街の屋根やさんにおまかせください!!

      お問い合わせ・資料請求
      新型コロナウィルス
      対策について
      オンラインでの無料相談・ご提案について
      • 屋根リフォームの流れ
      • 徹底したお住まい調査
      • 不安ゼロ宣

言
      • 屋根のお役立ち情報
      • 当社のご案内
      • 屋根の資料請求
      点検・調査・お見積りなど無料で承ります!お電話でのお問い合わせは0120-989-936へ。8時半から20時まで受付中!メールでのお問合せは24時間受付中。

      点検・調査・お見積もり

など無料で承ります。

      株式会社シェアテック
      街の屋根やさん東京
      東東京支店
      〒132-0023
      東京都江戸川区西一之江2-10-17 大場ビル1F
      TEL :0120-989-936 
      E-mail : info@sharetech.co.jp
      品川支店
      〒141-0031
      東京都品川区西五反田7-22-17 TOCビル10F
      多摩川支店
      〒182-0025
      東京都調布市多摩川3-68-1
      Copyright © 2021 街の屋根やさん All Rights Reserved.
      ページトップへ戻る